養蜂家(暁の円卓版) の変更点

Last-modified:

*部品構造 [#c41cac8f]

-大部品: 養蜂家(暁の円卓版) RD:21 評価値:7
--大部品: まわりの環境 RD:4 評価値:3
---部品: みつのある環境
---部品: 養蜂への理解
---部品: 広葉樹の森林
---部品: 適した環境
--大部品: 内部検査 RD:3 評価値:2
---部品: 産卵の確認
---部品: 餌の確認
---部品: 病害虫の発見
--部品: 採蜜の方法
--部品: 管理
--大部品: 道具 RD:8 評価値:5
---部品: 巣箱
---部品: みつばち
---部品: 燻煙器
---部品: ハイブツール
---部品: 服装
---部品: 遠心分離機
---部品: 蜂ブラシ
---部品: ナイフ
--大部品: 庭 RD:3 評価値:2
---部品: 春の植物
---部品: 夏の植物
---部品: 秋、冬の植物。
--部品: ボツリヌス菌について



*部品定義 [#vbaf9025]

**部品: みつのある環境 [#vcc1f078]
ミツバチの餌となるみつや花粉をよく出してくれる花がある場所で養蜂は行われる。四季を通じて花が多い場所がよい。

**部品: 養蜂への理解 [#cc86f033]
周りに住む住人が養蜂への理解をもってくれるところで営まれる。多くは、田舎で土地の多い場所で行われる。

**部品: 広葉樹の森林 [#j692d5b0]
針葉樹はみつを出さず花粉を風でとばすため、養蜂に向かない。ブナ、カシワ、クヌギなどの広葉樹林や、そこに咲く小さな花が蜜源植物となる。

**部品: 適した環境 [#k121d42c]
夏の暑さ、冬の寒さをしのげるような地形であり、土地が南向きに広がってるのがよいとされる。また、道があったり、冠水被害のない場所というのも重要である。乾燥や湿り気の多い土地でもうまくいかない。

**部品: 産卵の確認 [#da5c9c23]
何枚かの巣枠を見て、問題なく産卵しているか確かめる。これにより異常があったら早期に発見できるので欠かさず行う。

**部品: 餌の確認 [#wfc9816c]
はちみつの貯蔵状態を確認する。貯蜜量が少ない場合は、何らかの原因があるので確認し調査することになる。

**部品: 病害虫の発見 [#t5844939]
ミツバチの体液を吸いとってしまうダニを発見したり、病気に気づいたときは、すみやかに対処する。薬は使用量を守り、食用のはちに入らないように十分注意する。

**部品: 採蜜の方法 [#g3d58fa7]
蜜蓋がされたときがはちみつの完成となる。このタイミングでみつをとることで糖度の高いよいみつがとれる。まず採蜜の一週間前に古いはちみつをとりのぞく。採蜜はその日ミツバチが集めてくる薄いみつがまじらないように朝早くから行う。

**部品: 管理 [#v157e1a5]
春には巣が分離しないように新しい女王バチの王台を取り除く。夏には直射日光をさけ、暑さ対策をする。またスズメバチからみつばちを守る。冬にはみつばちの冬支度を手伝う。必要に応じてはちにみつをやったり、巣門の広さの調整、巣箱の保温などを行う。

**部品: 巣箱 [#jf6f588f]
ミツバチの家。木製で中には巣枠がはめこまれている。この中に8~10の巣ができる。箱の下にある隙間を巣門といい、ここからミツバチが入る。

**部品: みつばち [#i211ca03]
養蜂をはじめるにあたって、まずみつばちが重要である。種蜂(一匹の嬢王蜂とたくさんの働き蜂の入った巣箱)を用意し増やしていく。

**部品: 燻煙器 [#y8a8fafa]
巣箱の蓋をあけたときに、ミツバチに煙を吹きかけておとなしくさせる道具。これにより効率的に煙を巣に送ることができる。

**部品: ハイブツール [#e8692225]
先端がかぎのようになっている、20センチ程度の板状の金具で、固まった巣をこれを使い動かしていく。作業には欠かせない。

**部品: 服装 [#o0ffe4aa]
滑らかな素材のつなぎ服のような作業着がよい。ミツバチを刺激しないように黒系はさけられる。つばのある帽子に網をかけて顔を守る。

**部品: 遠心分離機 [#h3340fb0]
はちみつがたまった巣枠を円筒の中に放射状におき、回転させてその遠心力ではちみつだけを絞り出す道具である。

**部品: 蜂ブラシ [#fcda5c57]
みつをとるときに、巣箱についたみつばちを払い落すブラシ。ぬらして使う。はちみつがつかないようにこまめに洗う。

**部品: ナイフ [#sd839c5f]
刃渡りが35センチくらいのもの。熟成したはちみつに出来る「蜜ブタ」を切り落とすために使う。巣ブタからは蜜蝋がとれ、これも採取されて様々に利用される。

**部品: 春の植物 [#cc929dd4]
イヌノフグリ、ウメ、ツバキ、タンポポ、桜、ナタネ、れんげ、みかんなどを植え、春にみつがとれるようにする。

**部品: 夏の植物 [#x3633d4b]
カキ、クロガネモチ、ソヨゴ、クリ、トチ、リョウブ、ナツハゼ、ウリ類、ヒマワリ、ヤブカラシ、カラスザンショ、ソバなどを植え、夏の養蜂植物にする。

**部品: 秋、冬の植物。 [#w675d98d]
秋にはコスモス、ハギ、クズ、セイタカアワダチソウからみつがとれる。セイタカアワダチソウはアレルゲンにもなるので多くは植えない。冬はびわなどがよい。

**部品: ボツリヌス菌について [#wbd5a3cc]
はちみつは巣とともに食用、薬用、化粧品など様々な用途がある。しかしボツリヌス菌の中毒症状をおこさないために「1歳未満の乳児には与えてはならない」ということを広報し安全を守っている。



*提出書式 [#i965c636]

  大部品: 養蜂家(暁の円卓版) RD:21 評価値:7
  -大部品: まわりの環境 RD:4 評価値:3
  --部品: みつのある環境
  --部品: 養蜂への理解
  --部品: 広葉樹の森林
  --部品: 適した環境
  -大部品: 内部検査 RD:3 評価値:2
  --部品: 産卵の確認
  --部品: 餌の確認
  --部品: 病害虫の発見
  -部品: 採蜜の方法
  -部品: 管理
  -大部品: 道具 RD:8 評価値:5
  --部品: 巣箱
  --部品: みつばち
  --部品: 燻煙器
  --部品: ハイブツール
  --部品: 服装
  --部品: 遠心分離機
  --部品: 蜂ブラシ
  --部品: ナイフ
  -大部品: 庭 RD:3 評価値:2
  --部品: 春の植物
  --部品: 夏の植物
  --部品: 秋、冬の植物。
  -部品: ボツリヌス菌について
  
  
  部品: みつのある環境
  ミツバチの餌となるみつや花粉をよく出してくれる花がある場所で養蜂は行われる。四季を通じて花が多い場所がよい。
  
  部品: 養蜂への理解
  周りに住む住人が養蜂への理解をもってくれるところで営まれる。多くは、田舎で土地の多い場所で行われる。
  
  部品: 広葉樹の森林
  針葉樹はみつを出さず花粉を風でとばすため、養蜂に向かない。ブナ、カシワ、クヌギなどの広葉樹林や、そこに咲く小さな花が蜜源植物となる。
  
  部品: 適した環境
  夏の暑さ、冬の寒さをしのげるような地形であり、土地が南向きに広がってるのがよいとされる。また、道があったり、冠水被害のない場所というのも重要である。乾燥や湿り気の多い土地でもうまくいかない。
  
  部品: 産卵の確認
  何枚かの巣枠を見て、問題なく産卵しているか確かめる。これにより異常があったら早期に発見できるので欠かさず行う。
  
  部品: 餌の確認
  はちみつの貯蔵状態を確認する。貯蜜量が少ない場合は、何らかの原因があるので確認し調査することになる。
  
  部品: 病害虫の発見
  ミツバチの体液を吸いとってしまうダニを発見したり、病気に気づいたときは、すみやかに対処する。薬は使用量を守り、食用のはちに入らないように十分注意する。
  
  部品: 採蜜の方法
  蜜蓋がされたときがはちみつの完成となる。このタイミングでみつをとることで糖度の高いよいみつがとれる。まず採蜜の一週間前に古いはちみつをとりのぞく。採蜜はその日ミツバチが集めてくる薄いみつがまじらないように朝早くから行う。
  
  部品: 管理
  春には巣が分離しないように新しい女王バチの王台を取り除く。夏には直射日光をさけ、暑さ対策をする。またスズメバチからみつばちを守る。冬にはみつばちの冬支度を手伝う。必要に応じてはちにみつをやったり、巣門の広さの調整、巣箱の保温などを行う。
  
  部品: 巣箱
  ミツバチの家。木製で中には巣枠がはめこまれている。この中に8~10の巣ができる。箱の下にある隙間を巣門といい、ここからミツバチが入る。
  
  部品: みつばち
  養蜂をはじめるにあたって、まずみつばちが重要である。種蜂(一匹の嬢王蜂とたくさんの働き蜂の入った巣箱)を用意し増やしていく。
  
  部品: 燻煙器
  巣箱の蓋をあけたときに、ミツバチに煙を吹きかけておとなしくさせる道具。これにより効率的に煙を巣に送ることができる。
  
  部品: ハイブツール
  先端がかぎのようになっている、20センチ程度の板状の金具で、固まった巣をこれを使い動かしていく。作業には欠かせない。
  
  部品: 服装
  滑らかな素材のつなぎ服のような作業着がよい。ミツバチを刺激しないように黒系はさけられる。つばのある帽子に網をかけて顔を守る。
  
  部品: 遠心分離機
  はちみつがたまった巣枠を円筒の中に放射状におき、回転させてその遠心力ではちみつだけを絞り出す道具である。
  
  部品: 蜂ブラシ
  みつをとるときに、巣箱についたみつばちを払い落すブラシ。ぬらして使う。はちみつがつかないようにこまめに洗う。
  
  部品: ナイフ
  刃渡りが35センチくらいのもの。熟成したはちみつに出来る「蜜ブタ」を切り落とすために使う。巣ブタからは蜜蝋がとれ、これも採取されて様々に利用される。
  
  部品: 春の植物
  イヌノフグリ、ウメ、ツバキ、タンポポ、桜、ナタネ、れんげ、みかんなどを植え、春にみつがとれるようにする。
  
  部品: 夏の植物
  カキ、クロガネモチ、ソヨゴ、クリ、トチ、リョウブ、ナツハゼ、ウリ類、ヒマワリ、ヤブカラシ、カラスザンショ、ソバなどを植え、夏の養蜂植物にする。
  
  部品: 秋、冬の植物。
  秋にはコスモス、ハギ、クズ、セイタカアワダチソウからみつがとれる。セイタカアワダチソウはアレルゲンにもなるので多くは植えない。冬はびわなどがよい。
  
  部品: ボツリヌス菌について
  はちみつは巣とともに食用、薬用、化粧品など様々な用途がある。しかしボツリヌス菌の中毒症状をおこさないために「1歳未満の乳児には与えてはならない」ということを広報し安全を守っている。
  
  


*インポート用定義データ [#v3d597dd]

  [
    {
      "title": "養蜂家(暁の円卓版)",
      "children": [
        {
          "title": "まわりの環境",
          "children": [
            {
              "title": "みつのある環境",
              "description": "ミツバチの餌となるみつや花粉をよく出してくれる花がある場所で養蜂は行われる。四季を通じて花が多い場所がよい。",
              "expanded": true,
              "part_type": "part"
            },
            {
              "title": "養蜂への理解",
              "description": "周りに住む住人が養蜂への理解をもってくれるところで営まれる。多くは、田舎で土地の多い場所で行われる。",
              "expanded": true,
              "part_type": "part"
            },
            {
              "title": "広葉樹の森林",
              "description": "針葉樹はみつを出さず花粉を風でとばすため、養蜂に向かない。ブナ、カシワ、クヌギなどの広葉樹林や、そこに咲く小さな花が蜜源植物となる。",
              "expanded": true,
              "part_type": "part"
            },
            {
              "title": "適した環境",
              "description": "夏の暑さ、冬の寒さをしのげるような地形であり、土地が南向きに広がってるのがよいとされる。また、道があったり、冠水被害のない場所というのも重要である。乾燥や湿り気の多い土地でもうまくいかない。",
              "expanded": true,
              "part_type": "part"
            }
          ],
          "expanded": true,
          "part_type": "group"
        },
        {
          "title": "内部検査",
          "children": [
            {
              "title": "産卵の確認",
              "description": "何枚かの巣枠を見て、問題なく産卵しているか確かめる。これにより異常があったら早期に発見できるので欠かさず行う。",
              "part_type": "part"
            },
            {
              "title": "餌の確認",
              "description": "はちみつの貯蔵状態を確認する。貯蜜量が少ない場合は、何らかの原因があるので確認し調査することになる。",
              "expanded": true,
              "part_type": "part"
            },
            {
              "title": "病害虫の発見",
              "description": "ミツバチの体液を吸いとってしまうダニを発見したり、病気に気づいたときは、すみやかに対処する。薬は使用量を守り、食用のはちに入らないように十分注意する。",
              "expanded": true,
              "part_type": "part"
            }
          ],
          "expanded": true,
          "part_type": "group"
        },
        {
          "title": "採蜜の方法",
          "description": "蜜蓋がされたときがはちみつの完成となる。このタイミングでみつをとることで糖度の高いよいみつがとれる。まず採蜜の一週間前に古いはちみつをとりのぞく。採蜜はその日ミツバチが集めてくる薄いみつがまじらないように朝早くから行う。",
          "expanded": true,
          "part_type": "part"
        },
        {
          "title": "管理",
          "description": "春には巣が分離しないように新しい女王バチの王台を取り除く。夏には直射日光をさけ、暑さ対策をする。またスズメバチからみつばちを守る。冬にはみつばちの冬支度を手伝う。必要に応じてはちにみつをやったり、巣門の広さの調整、巣箱の保温などを行う。",
          "expanded": true,
          "part_type": "part"
        },
        {
          "title": "道具",
          "children": [
            {
              "title": "巣箱",
              "description": "ミツバチの家。木製で中には巣枠がはめこまれている。この中に8~10の巣ができる。箱の下にある隙間を巣門といい、ここからミツバチが入る。",
              "expanded": true,
              "part_type": "part"
            },
            {
              "title": "みつばち",
              "description": "養蜂をはじめるにあたって、まずみつばちが重要である。種蜂(一匹の嬢王蜂とたくさんの働き蜂の入った巣箱)を用意し増やしていく。",
              "expanded": true,
              "part_type": "part"
            },
            {
              "title": "燻煙器",
              "description": "巣箱の蓋をあけたときに、ミツバチに煙を吹きかけておとなしくさせる道具。これにより効率的に煙を巣に送ることができる。",
              "expanded": true,
              "part_type": "part"
            },
            {
              "title": "ハイブツール",
              "description": "先端がかぎのようになっている、20センチ程度の板状の金具で、固まった巣をこれを使い動かしていく。作業には欠かせない。",
              "expanded": true,
              "part_type": "part"
            },
            {
              "title": "服装",
              "description": "滑らかな素材のつなぎ服のような作業着がよい。ミツバチを刺激しないように黒系はさけられる。つばのある帽子に網をかけて顔を守る。",
              "expanded": true,
              "part_type": "part"
            },
            {
              "title": "遠心分離機",
              "description": "はちみつがたまった巣枠を円筒の中に放射状におき、回転させてその遠心力ではちみつだけを絞り出す道具である。",
              "expanded": true,
              "part_type": "part"
            },
            {
              "title": "蜂ブラシ",
              "description": "みつをとるときに、巣箱についたみつばちを払い落すブラシ。ぬらして使う。はちみつがつかないようにこまめに洗う。",
              "expanded": true,
              "part_type": "part"
            },
            {
              "title": "ナイフ",
              "description": "刃渡りが35センチくらいのもの。熟成したはちみつに出来る「蜜ブタ」を切り落とすために使う。巣ブタからは蜜蝋がとれ、これも採取されて様々に利用される。",
              "expanded": true,
              "part_type": "part"
            }
          ],
          "expanded": true,
          "part_type": "group"
        },
        {
          "title": "庭",
          "children": [
            {
              "title": "春の植物",
              "description": "イヌノフグリ、ウメ、ツバキ、タンポポ、桜、ナタネ、れんげ、みかんなどを植え、春にみつがとれるようにする。",
              "part_type": "part"
            },
            {
              "title": "夏の植物",
              "description": "カキ、クロガネモチ、ソヨゴ、クリ、トチ、リョウブ、ナツハゼ、ウリ類、ヒマワリ、ヤブカラシ、カラスザンショ、ソバなどを植え、夏の養蜂植物にする。",
              "part_type": "part"
            },
            {
              "title": "秋、冬の植物。",
              "description": "秋にはコスモス、ハギ、クズ、セイタカアワダチソウからみつがとれる。セイタカアワダチソウはアレルゲンにもなるので多くは植えない。冬はびわなどがよい。",
              "part_type": "part"
            }
          ],
          "expanded": true,
          "part_type": "group"
        },
        {
          "title": "ボツリヌス菌について",
          "description": "はちみつは巣とともに食用、薬用、化粧品など様々な用途がある。しかしボツリヌス菌の中毒症状をおこさないために「1歳未満の乳児には与えてはならない」ということを広報し安全を守っている。",
          "expanded": true,
          "part_type": "part"
        }
      ],
      "expanded": true,
      "part_type": "group"
    }
  ]