門前牛 の変更点

Last-modified:

作成:はづきてる
チェック:暁の円卓

#contents

*部品構造 [#ja6e5106]

-大部品: 門前牛 RD:8 評価値:5
--部品: 産地
--部品: 飼料の選択肢の増加
--部品: 飼料の改善
--部品: 食肉用としての品種改良
--部品: 肉質の改善
--部品: 牛舎での生育
--部品: 熟成
--部品: 特別な時のご馳走



*部品定義 [#g779c354]

**部品: 産地 [#f9b939dd]
明刻社分社の一つである震王神社の門前町として作られた暁山高原特産の牛。初めは門前町内での荷役の補助として使われていたものを食肉用に改良されていった。


**部品: 飼料の選択肢の増加 [#y49d8db3]
農業生産が各地で活発になったことから、栽培されるものにも種類が出始め、家畜に対する飼料も選択肢の幅が増えた。


**部品: 飼料の改善 [#q063abbc]
与えられる飼料によって、肉質にも大きな差が生まれる。より上手いとされる肉質を得る為、時に同じ牧場でも別の配合の飼料を与えるグループを作り、研究を重ねた。


**部品: 食肉用としての品種改良 [#e2530bbb]
温和な性質で、かつ体がなるべく大きくなるように、さまざまな種の牛を交配させて品種改良を目指していった。


**部品: 肉質の改善 [#df1a9433]
筋繊維の中にまで脂肪分がよく入り込むように品種改良された種に、よりためやすい飼料や生育法を与えることで、模様のように白い筋の入った肉が出来上がる。


**部品: 牛舎での生育 [#s44cece8]
牛舎で生育し、運動をほぼ行わずに済む環境に置くことで、やわらかい肉質を生み出すとともに、病気など健康面の管理も行いやすくしている。


**部品: 熟成 [#c1425dc8]
屠殺の後にすぐに肉を卸すのではなく、熟成場でしばらく熟成させることで、より風味の立った味わい深い肉になっていく。


**部品: 特別な時のご馳走 [#xe49748e]
美味しい肉ではあるものの、より廉価でヘルシーな豚・鶏もいる為、どちらかというと何かのお祝いの時など、特別な時のご馳走として楽しまれている。




*提出書式 [#d9a16b8d]

  大部品: 門前牛 RD:8 評価値:5
  -部品: 産地
  -部品: 飼料の選択肢の増加
  -部品: 飼料の改善
  -部品: 食肉用としての品種改良
  -部品: 肉質の改善
  -部品: 牛舎での生育
  -部品: 熟成
  -部品: 特別な時のご馳走
  
  
  部品: 産地
  明刻社分社の一つである震王神社の門前町として作られた暁山高原特産の牛。初めは門前町内での荷役の補助として使われていたものを食肉用に改良されていった。
  
  
  部品: 飼料の選択肢の増加
  農業生産が各地で活発になったことから、栽培されるものにも種類が出始め、家畜に対する飼料も選択肢の幅が増えた。
  
  
  部品: 飼料の改善
  与えられる飼料によって、肉質にも大きな差が生まれる。より上手いとされる肉質を得る為、時に同じ牧場でも別の配合の飼料を与えるグループを作り、研究を重ねた。
  
  
  部品: 食肉用としての品種改良
  温和な性質で、かつ体がなるべく大きくなるように、さまざまな種の牛を交配させて品種改良を目指していった。
  
  
  部品: 肉質の改善
  筋繊維の中にまで脂肪分がよく入り込むように品種改良された種に、よりためやすい飼料や生育法を与えることで、模様のように白い筋の入った肉が出来上がる。
  
  
  部品: 牛舎での生育
  牛舎で生育し、運動をほぼ行わずに済む環境に置くことで、やわらかい肉質を生み出すとともに、病気など健康面の管理も行いやすくしている。
  
  
  部品: 熟成
  屠殺の後にすぐに肉を卸すのではなく、熟成場でしばらく熟成させることで、より風味の立った味わい深い肉になっていく。
  
  
  部品: 特別な時のご馳走
  美味しい肉ではあるものの、より廉価でヘルシーな豚・鶏もいる為、どちらかというと何かのお祝いの時など、特別な時のご馳走として楽しまれている。
  
  
  


*インポート用定義データ [#h0a940d3]

  [
    {
      "title": "門前牛",
      "part_type": "group",
      "children": [
        {
          "title": "産地",
          "description": "明刻社分社の一つである震王神社の門前町として作られた暁山高原特産の牛。初めは門前町内での荷役の補助として使われていたものを食肉用に改良されていった。\n",
          "part_type": "part"
        },
        {
          "title": "飼料の選択肢の増加",
          "description": "農業生産が各地で活発になったことから、栽培されるものにも種類が出始め、家畜に対する飼料も選択肢の幅が増えた。\n",
          "part_type": "part"
        },
        {
          "title": "飼料の改善",
          "description": "与えられる飼料によって、肉質にも大きな差が生まれる。より上手いとされる肉質を得る為、時に同じ牧場でも別の配合の飼料を与えるグループを作り、研究を重ねた。\n",
          "part_type": "part"
        },
        {
          "title": "食肉用としての品種改良",
          "description": "温和な性質で、かつ体がなるべく大きくなるように、さまざまな種の牛を交配させて品種改良を目指していった。\n",
          "part_type": "part"
        },
        {
          "title": "肉質の改善",
          "description": "筋繊維の中にまで脂肪分がよく入り込むように品種改良された種に、よりためやすい飼料や生育法を与えることで、模様のように白い筋の入った肉が出来上がる。\n",
          "part_type": "part"
        },
        {
          "title": "牛舎での生育",
          "description": "牛舎で生育し、運動をほぼ行わずに済む環境に置くことで、やわらかい肉質を生み出すとともに、病気など健康面の管理も行いやすくしている。\n",
          "part_type": "part"
        },
        {
          "title": "熟成",
          "description": "屠殺の後にすぐに肉を卸すのではなく、熟成場でしばらく熟成させることで、より風味の立った味わい深い肉になっていく。\n",
          "part_type": "part"
        },
        {
          "title": "特別な時のご馳走",
          "description": "美味しい肉ではあるものの、より廉価でヘルシーな豚・鶏もいる為、どちらかというと何かのお祝いの時など、特別な時のご馳走として楽しまれている。\n",
          "part_type": "part"
        }
      ],
      "expanded": true
    }
  ]