保育教諭 の変更点

Last-modified:

*部品構造 [#hf69165f]

-大部品: 保育教諭 RD:16 評価値:6
--部品: 保育教諭とは
--部品: 法令の遵守
--部品: 保育原理、教育原理
--部品: 保育教諭になるには
--大部品: 養護的知識 RD:4 評価値:3
---部品: 養護とは
---部品: 発達心理学
---部品: 保健的内容
---部品: 子どもの食と栄養
--大部品: 教育的知識 RD:7 評価値:4
---部品: 幼児教育における見方、考え方
---大部品: 資質・能力の3つの柱 RD:3 評価値:2
----部品: 知識及び技能の基礎
----部品: 思考力、判断力、表現力等の基礎
----部品: 遊びに向かう力、人間性等
 ----部品: 知識及び技能の基礎
 ----部品: 思考力、判断力、表現力等の基礎
 ----部品: 遊びに向かう力、人間性等
---部品: 幼児期の終わりまでに育ってほしい10の姿
---部品: 主体的・相対的で深い学び
---部品: カリキュラム・マネージメントの確立
--部品: 子育て支援



*部品定義 [#mb70ccba]

**部品: 保育教諭とは [#of8f2a7c]
養護と教育の観点から生活のなかで子どもを育てる保育士。そして幼児教育の専門家である幼稚園教諭。この二つの性質を併せ持つ職業である。暁の円卓は学校要塞による教育と保育が同時に行われている。こうしたことから、二つの職業の性質を受け継いだ職業が生まれた。

**部品: 法令の遵守 [#v7421a2a]
世の中には様々なきまりがある。それを守ってこそ安全で適切な保育や教育が行えるのである。そしてそれは社会人としての基本でもある。

**部品: 保育原理、教育原理 [#b0310d52]
保育とは何か。教育とは何かについて学ぶ。内容は、制度であったり、法令であったり、過去の教育についてであったり、それからの課題についてである。

**部品: 保育教諭になるには [#t39a9ed4]
5年以上教育や児童福祉施設に努めたものは試験ののちに資格が与えられる。また、短大や大学で児童教育に必要な単位を修得した後、実習を経て資格をとることもできる。

**部品: 養護とは [#w5b73902]
保育における養護の働きとは生命の保持と情緒の安定ということを指している。生命の保持とは健康安全に子どもが生活できるようにすること。情緒の安定とは子どもが落ち着いて過ごせるようにし、さらに自己肯定感を抱けるようにすることである。そのため、保育教諭は施設の安全に配慮するとともに、子どもがゆったりと過ごせるようにする。

**部品: 発達心理学 [#b61ebfb6]
「人間は一生を通じて発達していく」というのが発達心理学の基本となる考え方である。発達心理学全般を学び、その中でも乳幼児期の心理学を深く学ぶことで適切な働きかけができる。

**部品: 保健的内容 [#e8a2ea9d]
子どもの健康を守るために必要な知識を学ぶ。発育・発達、感染症、小児期特有の疾患、心の健康、現場の安全管理、母子保健などである。

**部品: 子どもの食と栄養 [#we26f4be]
乳幼児期における食事についてや、子どもの食生活の現状と課題、栄養について、配慮事項、などについて学ぶ。

**部品: 幼児教育における見方、考え方 [#jff570ab]
様々な発達の子どもたちが、主体的に周りの環境(人、物)と関わりながら、心動かされる体験、遊びをする。そういった子どもたちのありかたを大切にしていくのが、幼児教育の本質である。

**部品: 知識及び技能の基礎 [#ue9e1352]
何かに気づいたり、分かったりできるようになるか、という部分に焦点をあてている。おもに環境を通じて行う教育で、基本的な生活習慣や生活に必要な技能の獲得、身体能力の育成、規則性・法則性・関連性等の発見、様々な気づきや発見の喜び、などである。

**部品: 思考力、判断力、表現力等の基礎 [#k8aeb960]
どう考えたり、試したり、工夫したり、表現したりするかという内容である。試行錯誤の工夫、言葉による伝えあい、自分なりの表現などがこれにあたる。

**部品: 遊びに向かう力、人間性等 [#s8140a52]
意欲、意思、がんばる力がこれにあたる。思いやり、安定した情緒、自信、相手の気持ちの受容、好奇心・探求心などがこれにあたる。

**部品: 幼児期の終わりまでに育ってほしい10の姿 [#m77fb48e]
3つの資質・能力を柱とし、さらにより具体的な目標として定めたもの。
健康な心と体。自立心。協調性。道徳的・規範意識の芽生え。社会生活との関わり。思考力の芽生え。自然との関わり。生命尊重。数量や図形、標識や文字などへの関心・感覚。言葉による伝えあい。豊かな感性と表現。
以上が10の姿である。

**部品: 主体的・相対的で深い学び [#f80953b0]
指導におけるポイントとして3つの点がある。
主体的な学びの視点。対話的な学びの視点。深い学びの視点の3点である。
こちらの視点を指導した結果を大きくとらえ、数か月単位で見渡し、育っている力を評価する。
その際は、ひとりひとりの発達にあわせ、その方向に育っていると認められることが大切である。


**部品: カリキュラム・マネージメントの確立 [#mc0985d0]
これまで述べてきた
資質・能力の3つの柱
幼児期の終わりまでに育ってほしい10の姿
主体的・対話的で深い学び
を実際に実現するためにカリキュラム・マネージメントを確立させることが求められる。
子どもの姿や園の環境から教育課程を編成し、職員全体でカリキュラムを改善、預かり保育も含め、生活全体の計画を作成する。

**部品: 子育て支援 [#e3395d12]
保育教諭の専門知識は、乳幼児だけでなく、保護者や地域に向けても開かれている。子育て相談やあそぼう会などの開催、家庭への訪問など幅広く行われている。



*提出書式 [#k298d83c]

  大部品: 保育教諭 RD:16 評価値:6
  -部品: 保育教諭とは
  -部品: 法令の遵守
  -部品: 保育原理、教育原理
  -部品: 保育教諭になるには
  -大部品: 養護的知識 RD:4 評価値:3
  --部品: 養護とは
  --部品: 発達心理学
  --部品: 保健的内容
  --部品: 子どもの食と栄養
  -大部品: 教育的知識 RD:7 評価値:4
  --部品: 幼児教育における見方、考え方
  --大部品: 資質・能力の3つの柱 RD:3 評価値:2
  ---部品: 知識及び技能の基礎
  ---部品: 思考力、判断力、表現力等の基礎
  ---部品: 遊びに向かう力、人間性等
  --部品: 幼児期の終わりまでに育ってほしい10の姿
  --部品: 主体的・相対的で深い学び
  --部品: カリキュラム・マネージメントの確立
  -部品: 子育て支援
  
  
  部品: 保育教諭とは
  養護と教育の観点から生活のなかで子どもを育てる保育士。そして幼児教育の専門家である幼稚園教諭。この二つの性質を併せ持つ職業である。暁の円卓は学校要塞による教育と保育が同時に行われている。こうしたことから、二つの職業の性質を受け継いだ職業が生まれた。
  
  部品: 法令の遵守
  世の中には様々なきまりがある。それを守ってこそ安全で適切な保育や教育が行えるのである。そしてそれは社会人としての基本でもある。
  
  部品: 保育原理、教育原理
  保育とは何か。教育とは何かについて学ぶ。内容は、制度であったり、法令であったり、過去の教育についてであったり、それからの課題についてである。
  
  部品: 保育教諭になるには
  5年以上教育や児童福祉施設に努めたものは試験ののちに資格が与えられる。また、短大や大学で児童教育に必要な単位を修得した後、実習を経て資格をとることもできる。
  
  部品: 養護とは
  保育における養護の働きとは生命の保持と情緒の安定ということを指している。生命の保持とは健康安全に子どもが生活できるようにすること。情緒の安定とは子どもが落ち着いて過ごせるようにし、さらに自己肯定感を抱けるようにすることである。そのため、保育教諭は施設の安全に配慮するとともに、子どもがゆったりと過ごせるようにする。
  
  部品: 発達心理学
  「人間は一生を通じて発達していく」というのが発達心理学の基本となる考え方である。発達心理学全般を学び、その中でも乳幼児期の心理学を深く学ぶことで適切な働きかけができる。
  
  部品: 保健的内容
  子どもの健康を守るために必要な知識を学ぶ。発育・発達、感染症、小児期特有の疾患、心の健康、現場の安全管理、母子保健などである。
  
  部品: 子どもの食と栄養
  乳幼児期における食事についてや、子どもの食生活の現状と課題、栄養について、配慮事項、などについて学ぶ。
  
  部品: 幼児教育における見方、考え方
  様々な発達の子どもたちが、主体的に周りの環境(人、物)と関わりながら、心動かされる体験、遊びをする。そういった子どもたちのありかたを大切にしていくのが、幼児教育の本質である。
  
  部品: 知識及び技能の基礎
  何かに気づいたり、分かったりできるようになるか、という部分に焦点をあてている。おもに環境を通じて行う教育で、基本的な生活習慣や生活に必要な技能の獲得、身体能力の育成、規則性・法則性・関連性等の発見、様々な気づきや発見の喜び、などである。
  
  部品: 思考力、判断力、表現力等の基礎
  どう考えたり、試したり、工夫したり、表現したりするかという内容である。試行錯誤の工夫、言葉による伝えあい、自分なりの表現などがこれにあたる。
  
  部品: 遊びに向かう力、人間性等
  意欲、意思、がんばる力がこれにあたる。思いやり、安定した情緒、自信、相手の気持ちの受容、好奇心・探求心などがこれにあたる。
  
  部品: 幼児期の終わりまでに育ってほしい10の姿
  3つの資質・能力を柱とし、さらにより具体的な目標として定めたもの。
  健康な心と体。自立心。協調性。道徳的・規範意識の芽生え。社会生活との関わり。思考力の芽生え。自然との関わり。生命尊重。数量や図形、標識や文字などへの関心・感覚。言葉による伝えあい。豊かな感性と表現。
  以上が10の姿である。
  
  部品: 主体的・相対的で深い学び
  指導におけるポイントとして3つの点がある。
  主体的な学びの視点。対話的な学びの視点。深い学びの視点の3点である。
  こちらの視点を指導した結果を大きくとらえ、数か月単位で見渡し、育っている力を評価する。
  その際は、ひとりひとりの発達にあわせ、その方向に育っていると認められることが大切である。
  
  
  部品: カリキュラム・マネージメントの確立
  これまで述べてきた
  資質・能力の3つの柱
  幼児期の終わりまでに育ってほしい10の姿
  主体的・対話的で深い学び
  を実際に実現するためにカリキュラム・マネージメントを確立させることが求められる。
  子どもの姿や園の環境から教育課程を編成し、職員全体でカリキュラムを改善、預かり保育も含め、生活全体の計画を作成する。
  
  部品: 子育て支援
  保育教諭の専門知識は、乳幼児だけでなく、保護者や地域に向けても開かれている。子育て相談やあそぼう会などの開催、家庭への訪問など幅広く行われている。
  
  


*インポート用定義データ [#w3869d44]

  [
    {
      "title": "保育教諭",
      "part_type": "group",
      "children": [
        {
          "title": "保育教諭とは",
          "description": "養護と教育の観点から生活のなかで子どもを育てる保育士。そして幼児教育の専門家である幼稚園教諭。この二つの性質を併せ持つ職業である。暁の円卓は学校要塞による教育と保育が同時に行われている。こうしたことから、二つの職業の性質を受け継いだ職業が生まれた。",
          "part_type": "part",
          "expanded": true
        },
        {
          "title": "法令の遵守",
          "description": "世の中には様々なきまりがある。それを守ってこそ安全で適切な保育や教育が行えるのである。そしてそれは社会人としての基本でもある。",
          "part_type": "part",
          "expanded": true
        },
        {
          "title": "保育原理、教育原理",
          "description": "保育とは何か。教育とは何かについて学ぶ。内容は、制度であったり、法令であったり、過去の教育についてであったり、それからの課題についてである。",
          "part_type": "part"
        },
        {
          "title": "保育教諭になるには",
          "description": "5年以上教育や児童福祉施設に努めたものは試験ののちに資格が与えられる。また、短大や大学で児童教育に必要な単位を修得した後、実習を経て資格をとることもできる。",
          "part_type": "part",
          "expanded": true
        },
        {
          "title": "養護的知識",
          "part_type": "group",
          "children": [
            {
              "title": "養護とは",
              "description": "保育における養護の働きとは生命の保持と情緒の安定ということを指している。生命の保持とは健康安全に子どもが生活できるようにすること。情緒の安定とは子どもが落ち着いて過ごせるようにし、さらに自己肯定感を抱けるようにすることである。そのため、保育教諭は施設の安全に配慮するとともに、子どもがゆったりと過ごせるようにする。",
              "part_type": "part"
            },
            {
              "title": "発達心理学",
              "description": "「人間は一生を通じて発達していく」というのが発達心理学の基本となる考え方である。発達心理学全般を学び、その中でも乳幼児期の心理学を深く学ぶことで適切な働きかけができる。",
              "part_type": "part"
            },
            {
              "title": "保健的内容",
              "description": "子どもの健康を守るために必要な知識を学ぶ。発育・発達、感染症、小児期特有の疾患、心の健康、現場の安全管理、母子保健などである。",
              "part_type": "part"
            },
            {
              "title": "子どもの食と栄養",
              "description": "乳幼児期における食事についてや、子どもの食生活の現状と課題、栄養について、配慮事項、などについて学ぶ。",
              "part_type": "part"
            }
          ],
          "expanded": true
        },
        {
          "title": "教育的知識",
          "part_type": "group",
          "children": [
            {
              "title": "幼児教育における見方、考え方",
              "description": "様々な発達の子どもたちが、主体的に周りの環境(人、物)と関わりながら、心動かされる体験、遊びをする。そういった子どもたちのありかたを大切にしていくのが、幼児教育の本質である。",
              "part_type": "part",
              "expanded": true
            },
            {
              "title": "資質・能力の3つの柱",
              "part_type": "group",
              "children": [
                {
                  "title": "知識及び技能の基礎",
                  "description": "何かに気づいたり、分かったりできるようになるか、という部分に焦点をあてている。おもに環境を通じて行う教育で、基本的な生活習慣や生活に必要な技能の獲得、身体能力の育成、規則性・法則性・関連性等の発見、様々な気づきや発見の喜び、などである。",
                  "part_type": "part"
                },
                {
                  "title": "思考力、判断力、表現力等の基礎",
                  "description": "どう考えたり、試したり、工夫したり、表現したりするかという内容である。試行錯誤の工夫、言葉による伝えあい、自分なりの表現などがこれにあたる。",
                  "part_type": "part"
                },
                {
                  "title": "遊びに向かう力、人間性等",
                  "description": "意欲、意思、がんばる力がこれにあたる。思いやり、安定した情緒、自信、相手の気持ちの受容、好奇心・探求心などがこれにあたる。",
                  "part_type": "part"
                }
              ],
              "expanded": true
            },
            {
              "title": "幼児期の終わりまでに育ってほしい10の姿",
              "description": "3つの資質・能力を柱とし、さらにより具体的な目標として定めたもの。\n健康な心と体。自立心。協調性。道徳的・規範意識の芽生え。社会生活との関わり。思考力の芽生え。自然との関わり。生命尊重。数量や図形、標識や文字などへの関心・感覚。言葉による伝えあい。豊かな感性と表現。\n以上が10の姿である。",
              "part_type": "part"
            },
            {
              "title": "主体的・相対的で深い学び",
              "description": "指導におけるポイントとして3つの点がある。\n主体的な学びの視点。対話的な学びの視点。深い学びの視点の3点である。\nこちらの視点を指導した結果を大きくとらえ、数か月単位で見渡し、育っている力を評価する。\nその際は、ひとりひとりの発達にあわせ、その方向に育っていると認められることが大切である。\n",
              "part_type": "part"
            },
            {
              "title": "カリキュラム・マネージメントの確立",
              "description": "これまで述べてきた\n資質・能力の3つの柱\n幼児期の終わりまでに育ってほしい10の姿\n主体的・対話的で深い学び\nを実際に実現するためにカリキュラム・マネージメントを確立させることが求められる。\n子どもの姿や園の環境から教育課程を編成し、職員全体でカリキュラムを改善、預かり保育も含め、生活全体の計画を作成する。",
              "part_type": "part"
            }
          ],
          "expanded": true
        },
        {
          "title": "子育て支援",
          "description": "保育教諭の専門知識は、乳幼児だけでなく、保護者や地域に向けても開かれている。子育て相談やあそぼう会などの開催、家庭への訪問など幅広く行われている。",
          "part_type": "part"
        }
      ],
      "expanded": true
    }
  ]