ハチミツ の変更点

Last-modified:

Idress 4 Tools
Group Viewer
Tree Editor
データ作成:はづきてる
チェック:暁の円卓

Tree Editor v0.2.0 - alpha
#contents

ハチミツ
RD:5 評価値:3 
 Export
 編集
 大部品を追加
 部品を追加
養蜂の始まり
 詳細
 編集
 削除
抽出
 詳細
 編集
 削除
濾過
 詳細
 編集
 削除
ハチミツ酒として
 詳細
 編集
 削除
食用として
 詳細
 編集
 削除
RD: 5
評価値: 3
最初からやりなおす
文殊から大部品を読み込み
文殊に保存
一時的書式
提出書式にエクスポート
@wiki書式にエクスポート
JSON処理
JSONにエクスポート
JSONからインポート
Preview: ハチミツ
大部品: ハチミツ RD:5 評価値:3
部品: 養蜂の始まり
部品: 抽出
部品: 濾過
部品: ハチミツ酒として
部品: 食用として
*部品構造 [#i3696dc0]


ハチミツ
養蜂の始まり
虫媒花であるりんごなどを受粉させるために、ミツバチを育てるようになったのが始まりで、ミツバチの巣は養蜂家がひそかに楽しむだけであった。
抽出
ミツバチの巣からミツバチを丁寧に払い落とし、遠心分離器にかける。すると巣にあるハチミツが取り出されるので別の容器に貯める。
濾過
ミツバチの巣から抽出されたハチミツには、巣枠の欠片やゴミなどが含まれているため、、濾過器にかけてそれらを取り除く。
ハチミツ酒として
ほほにしきを用いた清酒が大規模生産に乗る前は、ハチミツを水で薄めて発酵して作られるハチミツ酒の原料として利用されていた。
食用として
清酒がつくられてからは、一般家庭にハチミツとして出回るようになり、料理の調味料などに利用されるようになっていった。
注意事項
使い方
参考
注意事項
ツールの利用試験による使い心地の評価とバグフィックスのため、文殊連携したツールを機能限定で公開します。


以下注意事項。

・文殊に部品を登録できる。
・文殊に登録済みの部品を検索し、子部品として追加できる。
・テスト公開なので本運用時には削除する。(なんでEXPORTしてるテキストは保存しておいてね)
・部品への作成者記名はまだ対応してない。
・なので、誰でも登録済み部品を編集・改変できる。
@Wiki

*部品構造 [#j72009cc]

-大部品: ハチミツ RD:5 評価値:3
--部品: 養蜂の始まり
--部品: 抽出
--部品: 濾過
--部品: ハチミツ酒として
--部品: 食用として



*部品定義 [#a153b979]
*部品定義 [#kf26af12]

**部品: 養蜂の始まり [#je921f9f]
**部品: 養蜂の始まり [#e7f22c64]
虫媒花であるりんごなどを受粉させるために、ミツバチを育てるようになったのが始まりで、ミツバチの巣は養蜂家がひそかに楽しむだけであった。


**部品: 抽出 [#p64fb126]
**部品: 抽出 [#f4bb0d33]
ミツバチの巣からミツバチを丁寧に払い落とし、遠心分離器にかける。すると巣にあるハチミツが取り出されるので別の容器に貯める。


**部品: 濾過 [#i9f2cb34]
**部品: 濾過 [#b03d6b1c]
ミツバチの巣から抽出されたハチミツには、巣枠の欠片やゴミなどが含まれているため、、濾過器にかけてそれらを取り除く。


**部品: ハチミツ酒として [#j97d8e4b]
**部品: ハチミツ酒として [#u958f341]
ほほにしきを用いた清酒が大規模生産に乗る前は、ハチミツを水で薄めて発酵して作られるハチミツ酒の原料として利用されていた。


**部品: 食用として [#hab264e0]
**部品: 食用として [#bdc83def]
清酒がつくられてからは、一般家庭にハチミツとして出回るようになり、料理の調味料などに利用されるようになっていった。




*提出書式 [#y6700bd8]
*提出書式 [#p6a81686]

  大部品: ハチミツ RD:5 評価値:3
  -部品: 養蜂の始まり
  -部品: 抽出
  -部品: 濾過
  -部品: ハチミツ酒として
  -部品: 食用として
  
  
  部品: 養蜂の始まり
  虫媒花であるりんごなどを受粉させるために、ミツバチを育てるようになったのが始まりで、ミツバチの巣は養蜂家がひそかに楽しむだけであった。
  
  
  部品: 抽出
  ミツバチの巣からミツバチを丁寧に払い落とし、遠心分離器にかける。すると巣にあるハチミツが取り出されるので別の容器に貯める。
  
  
  部品: 濾過
  ミツバチの巣から抽出されたハチミツには、巣枠の欠片やゴミなどが含まれているため、、濾過器にかけてそれらを取り除く。
  
  
  部品: ハチミツ酒として
  ほほにしきを用いた清酒が大規模生産に乗る前は、ハチミツを水で薄めて発酵して作られるハチミツ酒の原料として利用されていた。
  
  
  部品: 食用として
  清酒がつくられてからは、一般家庭にハチミツとして出回るようになり、料理の調味料などに利用されるようになっていった。
  
  
  


*インポート用定義データ [#f0f719f6]
*インポート用定義データ [#xbfa9a76]

  [
    {
      "title": "ハチミツ",
      "part_type": "group",
      "children": [
        {
          "title": "養蜂の始まり",
          "description": "虫媒花であるりんごなどを受粉させるために、ミツバチを育てるようになったのが始まりで、ミツバチの巣は養蜂家がひそかに楽しむだけであった。\n",
          "part_type": "part"
        },
        {
          "title": "抽出",
          "description": "ミツバチの巣からミツバチを丁寧に払い落とし、遠心分離器にかける。すると巣にあるハチミツが取り出されるので別の容器に貯める。\n",
          "part_type": "part"
        },
        {
          "title": "濾過",
          "description": "ミツバチの巣から抽出されたハチミツには、巣枠の欠片やゴミなどが含まれているため、、濾過器にかけてそれらを取り除く。\n",
          "part_type": "part"
        },
        {
          "title": "ハチミツ酒として",
          "description": "ほほにしきを用いた清酒が大規模生産に乗る前は、ハチミツを水で薄めて発酵して作られるハチミツ酒の原料として利用されていた。\n",
          "part_type": "part"
        },
        {
          "title": "食用として",
          "description": "清酒がつくられてからは、一般家庭にハチミツとして出回るようになり、料理の調味料などに利用されるようになっていった。\n",
          "part_type": "part"
        }
      ],
      "expanded": true
    }
  ]