れんげ畑 の変更点

Last-modified:

*部品構造 [#z4b2ab16]

-大部品: れんげ畑 RD:13 評価値:6
--部品: 歴史
--部品: 憩いの場所
--部品: れんげ草
--部品: みつ源
--部品: 食用
--部品: 民間薬として
--部品: 育て方
--部品: 害虫駆除
--部品: 景観の美しさ
--大部品: 草遊び RD:3 評価値:2
---部品: 花輪
---部品: 指輪
---部品: 風車
--部品: ベンチ



*部品定義 [#g823f4bb]

**部品: 歴史 [#ada0b18d]
もともとは田んぼに肥料をまく代わりにれんげの花が植えられた。花の可憐さかられんげの畑そのものを楽しむようになった。

**部品: 憩いの場所 [#m093b39a]
多くのれんげ畑は一般の人に開放されている。そこに散歩にきたり、子どもたちが花輪を編んだり、草遊びをしたり楽しんでいる。

**部品: れんげ草 [#j6a96b24]
湿ったところに生えるやわらかな草。茎の高さは15~20センチ。暖かい地方では水平方向に匍匐して60-150 cmまで伸びる場合もある。花は先端に輪生状にひとまとまりにつく。紅紫や白色の花をつける。

**部品: みつ源 [#cd4aff0c]
れんげの花は良質の蜜がとれる。はちみつをとるための蜜源植物としても利用されている。蜜は淡い黄金色でほのかな花の香りがする。まろやかな味のはちみつがとれる。

**部品: 食用 [#h2abe570]
摘み取り、ゆでた若芽は食べることができる。おひたしや汁の実、油いためなど調理法も様々で、春の恵みを感じることができる。

**部品: 民間薬として [#t59f0b10]
薬効があり、民間薬として用いられることもある。全草を干して煎じる。効能は利尿、解熱、リウマチである。

**部品: 育て方 [#ia11dfba]
稲刈り前の8月から9月頃、水田の水を抜き、種をまく。翌春には花を咲かせる。湿っぽい土を好む。乾燥に弱いのでしっかり水をやるがやりすぎると生育不良になる。。肥料はいらないがやったほうがしっかり育つ。

**部品: 害虫駆除 [#m42b08a5]
春先のアブラムシや、アルファルファタコゾウムシが有名である。ヨーロッパトビチビアメバチやテントウムシなどを生物農薬として使い駆除する。

**部品: 景観の美しさ [#x0e7b3a3]
れんげの花は歌としてうたわれるほどなじみのある花である。牧歌的な土地に咲くれんげの花のやわらかな美しさ、花畑の景観は地元民だけでなく観光客にも人気である。

**部品: 花輪 [#s25a7354]
花と葉を交互に編む。茎付きの花のすぐ下に、茎付きの葉を横にあて、葉の茎を花茎の後から回して、手前へ曲げおろす。次に花付きの茎を、葉の下に横にあて、同じように曲げおろす。これを繰り返して完成。みつあみなどもできる。

**部品: 指輪 [#r530ff43]
花つきの茎を5センチくらいに切る。花の近くに爪で傷をつけ、茎を通して、できあがり。乙女心をきゅんきゅんいわせる指輪になる。

**部品: 風車 [#e5e139a9]
タンポポの茎にれんげの茎を差し込む。別のタンポポの茎で息を吹きかけると風車になる。また、松葉をれんげの花付きの茎に刺して、松葉の両端を持って吹くというやりかたもある。

**部品: ベンチ [#uefab744]
好意でベンチがおいてあるところも多い。休憩したりゆっくり景色を見たりできる。安全には十分配慮され、壊れていないか、危険なものがくっついたりしていないかチェックされている。



*提出書式 [#x1229a3b]

  大部品: れんげ畑 RD:13 評価値:6
  -部品: 歴史
  -部品: 憩いの場所
  -部品: れんげ草
  -部品: みつ源
  -部品: 食用
  -部品: 民間薬として
  -部品: 育て方
  -部品: 害虫駆除
  -部品: 景観の美しさ
  -大部品: 草遊び RD:3 評価値:2
  --部品: 花輪
  --部品: 指輪
  --部品: 風車
  -部品: ベンチ
  
  
  部品: 歴史
  もともとは田んぼに肥料をまく代わりにれんげの花が植えられた。花の可憐さかられんげの畑そのものを楽しむようになった。
  
  部品: 憩いの場所
  多くのれんげ畑は一般の人に開放されている。そこに散歩にきたり、子どもたちが花輪を編んだり、草遊びをしたり楽しんでいる。
  
  部品: れんげ草
  湿ったところに生えるやわらかな草。茎の高さは15~20センチ。暖かい地方では水平方向に匍匐して60-150 cmまで伸びる場合もある。花は先端に輪生状にひとまとまりにつく。紅紫や白色の花をつける。
  
  部品: みつ源
  れんげの花は良質の蜜がとれる。はちみつをとるための蜜源植物としても利用されている。蜜は淡い黄金色でほのかな花の香りがする。まろやかな味のはちみつがとれる。
  
  部品: 食用
  摘み取り、ゆでた若芽は食べることができる。おひたしや汁の実、油いためなど調理法も様々で、春の恵みを感じることができる。
  
  部品: 民間薬として
  薬効があり、民間薬として用いられることもある。全草を干して煎じる。効能は利尿、解熱、リウマチである。
  
  部品: 育て方
  稲刈り前の8月から9月頃、水田の水を抜き、種をまく。翌春には花を咲かせる。湿っぽい土を好む。乾燥に弱いのでしっかり水をやるがやりすぎると生育不良になる。。肥料はいらないがやったほうがしっかり育つ。
  
  部品: 害虫駆除
  春先のアブラムシや、アルファルファタコゾウムシが有名である。ヨーロッパトビチビアメバチやテントウムシなどを生物農薬として使い駆除する。
  
  部品: 景観の美しさ
  れんげの花は歌としてうたわれるほどなじみのある花である。牧歌的な土地に咲くれんげの花のやわらかな美しさ、花畑の景観は地元民だけでなく観光客にも人気である。
  
  部品: 花輪
  花と葉を交互に編む。茎付きの花のすぐ下に、茎付きの葉を横にあて、葉の茎を花茎の後から回して、手前へ曲げおろす。次に花付きの茎を、葉の下に横にあて、同じように曲げおろす。これを繰り返して完成。みつあみなどもできる。
  
  部品: 指輪
  花つきの茎を5センチくらいに切る。花の近くに爪で傷をつけ、茎を通して、できあがり。乙女心をきゅんきゅんいわせる指輪になる。
  
  部品: 風車
  タンポポの茎にれんげの茎を差し込む。別のタンポポの茎で息を吹きかけると風車になる。また、松葉をれんげの花付きの茎に刺して、松葉の両端を持って吹くというやりかたもある。
  
  部品: ベンチ
  好意でベンチがおいてあるところも多い。休憩したりゆっくり景色を見たりできる。安全には十分配慮され、壊れていないか、危険なものがくっついたりしていないかチェックされている。
  
  


*インポート用定義データ [#s35b5811]

  [
    {
      "title": "れんげ畑",
      "type": "group",
      "children": [
        {
          "title": "歴史",
          "description": "もともとは田んぼに肥料をまく代わりにれんげの花が植えられた。花の可憐さかられんげの畑そのものを楽しむようになった。",
          "type": "parts"
        },
        {
          "title": "憩いの場所",
          "description": "多くのれんげ畑は一般の人に開放されている。そこに散歩にきたり、子どもたちが花輪を編んだり、草遊びをしたり楽しんでいる。",
          "type": "parts"
        },
        {
          "title": "れんげ草",
          "description": "湿ったところに生えるやわらかな草。茎の高さは15~20センチ。暖かい地方では水平方向に匍匐して60-150 cmまで伸びる場合もある。花は先端に輪生状にひとまとまりにつく。紅紫や白色の花をつける。",
          "type": "parts"
        },
        {
          "title": "みつ源",
          "description": "れんげの花は良質の蜜がとれる。はちみつをとるための蜜源植物としても利用されている。蜜は淡い黄金色でほのかな花の香りがする。まろやかな味のはちみつがとれる。",
          "type": "parts"
        },
        {
          "title": "食用",
          "description": "摘み取り、ゆでた若芽は食べることができる。おひたしや汁の実、油いためなど調理法も様々で、春の恵みを感じることができる。",
          "type": "parts"
        },
        {
          "title": "民間薬として",
          "description": "薬効があり、民間薬として用いられることもある。全草を干して煎じる。効能は利尿、解熱、リウマチである。",
          "type": "parts"
        },
        {
          "title": "育て方",
          "description": "稲刈り前の8月から9月頃、水田の水を抜き、種をまく。翌春には花を咲かせる。湿っぽい土を好む。乾燥に弱いのでしっかり水をやるがやりすぎると生育不良になる。。肥料はいらないがやったほうがしっかり育つ。",
          "type": "parts",
          "expanded": true
        },
        {
          "title": "害虫駆除",
          "description": "春先のアブラムシや、アルファルファタコゾウムシが有名である。ヨーロッパトビチビアメバチやテントウムシなどを生物農薬として使い駆除する。",
          "type": "parts"
        },
        {
          "title": "景観の美しさ",
          "description": "れんげの花は歌としてうたわれるほどなじみのある花である。牧歌的な土地に咲くれんげの花のやわらかな美しさ、花畑の景観は地元民だけでなく観光客にも人気である。",
          "type": "parts"
        },
        {
          "title": "草遊び",
          "type": "group",
          "children": [
            {
              "title": "花輪",
              "description": "花と葉を交互に編む。茎付きの花のすぐ下に、茎付きの葉を横にあて、葉の茎を花茎の後から回して、手前へ曲げおろす。次に花付きの茎を、葉の下に横にあて、同じように曲げおろす。これを繰り返して完成。みつあみなどもできる。",
              "type": "parts"
            },
            {
              "title": "指輪",
              "description": "花つきの茎を5センチくらいに切る。花の近くに爪で傷をつけ、茎を通して、できあがり。乙女心をきゅんきゅんいわせる指輪になる。",
              "type": "parts"
            },
            {
              "title": "風車",
              "description": "タンポポの茎にれんげの茎を差し込む。別のタンポポの茎で息を吹きかけると風車になる。また、松葉をれんげの花付きの茎に刺して、松葉の両端を持って吹くというやりかたもある。",
              "type": "parts"
            }
          ],
          "expanded": true
        },
        {
          "title": "ベンチ",
          "description": "好意でベンチがおいてあるところも多い。休憩したりゆっくり景色を見たりできる。安全には十分配慮され、壊れていないか、危険なものがくっついたりしていないかチェックされている。",
          "type": "parts"
        }
      ],
      "expanded": true
    }
  ]