Top / 鍛冶職人
HTML convert time: 0.067 sec.

鍛冶職人

Last-modified: 2017-08-20 (日) 03:25:43

データ作成:gumholic
チェック:暁の円卓

部品構造

部品構造

  • 大部品: 鍛冶職人 RD:12 評価値:6
    • 部品: 厳しい修行期間
    • 大部品: 鍛造の技術 RD:4 評価値:3
      • 部品: 材料鉄の選り分け
      • 部品: 折り返し鍛錬の技術
      • 部品: 材料の復合化
      • 部品: 熱処理の技術
    • 大部品: たたら製鉄の知識 RD:3 評価値:2
      • 部品: たたら製鉄の概要
      • 部品: 使用する材料と生産物
      • 部品: 長時間の操業
    • 部品: 研磨の技術
    • 部品: 鋳物の技術
    • 部品: 植林事業者としての側面
    • 部品: 水源の保護

部品定義

部品: 厳しい修行期間

鍛冶師は基本的に徒弟制度で技術を継承しており、一人前になるまで少なくとも10年以上かかると言われている。
まずは師匠格の先輩に技術を習い、徐々にやれることを増やしていき、師匠に認められてて初めて一人前を名乗ることができるのだ。

部品: 材料鉄の選り分け

材料となる鉄にも悪い部分と良質な部分が存在する。一度小さく小割りして使えない部分を取り除くことで良質な部位のみを使用することができる。

部品: 折り返し鍛錬の技術

熱した鉄を金槌で叩き、何度も折り返して鍛える技術。鉄の温度、炭素含有量、最終的な形などを計算しながら叩くことで、不純物が少なく、粘りがあり、安定した品質の鉄が鍛えられる。鍛えすぎても極低炭の軟鉄となってしまうため15回ほどの折り返しで留めると言われる。

部品: 材料の復合化

刀剣においては硬度を必要とする刃の部分と粘りが必要な芯の部分で要求される性質が違う。そのため刃となる皮鉄と芯になる芯鉄で別々に鍛え上げて、後に合成するという複合化の技術を有している。

部品: 熱処理の技術

硬化させるための焼入れ、そこから粘りを付ける焼戻し、鉄の内部の歪みを除去する焼きなましなどを最終的な用途に応じて使い分けることができる。

部品: たたら製鉄の概要

砂鉄や鉄鉱石を大きな鞴で還元し、純度の高い鉄を作る生産法。比較的低音で還元を行うため、不純物が混じりにくく純度の高い鉄が生産できる。長時間の操業で人力に頼ることが多く、大量生産には向いていない。

部品: 使用する材料と生産物

稀に鉄鉱石を加工して使用するが大部分は砂鉄を使用する。燃料は木炭を使用する。原材料から作られる鉄の割合は30%ほどで、更にその3分の一が玉鋼と呼ばれる上質な鉄材である。

部品: 長時間の操業

一度火を入れた炉は冷却すると再度の加熱に多大なエネルギーが必要となってします。そのため、熱で削れていく炉壁をぎりぎりまで活用するため一回の火入れで70時間ほど連続して創業すると言われる。

部品: 研磨の技術

材料の表面を摩擦によって削ぎ落とすことで表面を磨き上げる技術。光沢をもたせたり、塗装のためにわざと荒くすることもできる。

部品: 鋳物の技術

金属を熱して溶解させた後、型に流し込むことで成形する技術。鉄器や、寺の鐘や仏像、貨幣などもこの方法で作られる。当然貨幣は個人で作成することは禁じられている。

部品: 植林事業者としての側面

山林に植林を行っている。製鋼に大量の木炭を使うため、生態系への影響を常に考えて定期的に植林を行っている。松や楢などは木炭に適するため良く植えている。

部品: 水源の保護

使用する水に不純物が含まれていると良い鉄が出来上がらない。鍛冶職人は常に水源を見回り、整備することによって水源が汚染されないよう気を使っている。

提出書式

 大部品: 鍛冶職人 RD:12 評価値:6
 -部品: 厳しい修行期間
 -大部品: 鍛造の技術 RD:4 評価値:3
 --部品: 材料鉄の選り分け
 --部品: 折り返し鍛錬の技術
 --部品: 材料の復合化
 --部品: 熱処理の技術
 -大部品: たたら製鉄の知識 RD:3 評価値:2
 --部品: たたら製鉄の概要
 --部品: 使用する材料と生産物
 --部品: 長時間の操業
 -部品: 研磨の技術
 -部品: 鋳物の技術
 -部品: 植林事業者としての側面
 -部品: 水源の保護
 
 
 部品: 厳しい修行期間
 鍛冶師は基本的に徒弟制度で技術を継承しており、一人前になるまで少なくとも10年以上かかると言われている。
 まずは師匠格の先輩に技術を習い、徐々にやれることを増やしていき、師匠に認められてて初めて一人前を名乗ることができるのだ。
 
 部品: 材料鉄の選り分け
 材料となる鉄にも悪い部分と良質な部分が存在する。一度小さく小割りして使えない部分を取り除くことで良質な部位のみを使用することができる。
 
 部品: 折り返し鍛錬の技術
 熱した鉄を金槌で叩き、何度も折り返して鍛える技術。鉄の温度、炭素含有量、最終的な形などを計算しながら叩くことで、不純物が少なく、粘りがあり、安定した品質の鉄が鍛えられる。鍛えすぎても極低炭の軟鉄となってしまうため15回ほどの折り返しで留めると言われる。
 
 部品: 材料の復合化
 刀剣においては硬度を必要とする刃の部分と粘りが必要な芯の部分で要求される性質が違う。そのため刃となる皮鉄と芯になる芯鉄で別々に鍛え上げて、後に合成するという複合化の技術を有している。
 
 部品: 熱処理の技術
 硬化させるための焼入れ、そこから粘りを付ける焼戻し、鉄の内部の歪みを除去する焼きなましなどを最終的な用途に応じて使い分けることができる。
 
 部品: たたら製鉄の概要
 砂鉄や鉄鉱石を大きな鞴で還元し、純度の高い鉄を作る生産法。比較的低音で還元を行うため、不純物が混じりにくく純度の高い鉄が生産できる。長時間の操業で人力に頼ることが多く、大量生産には向いていない。
 
 部品: 使用する材料と生産物
 稀に鉄鉱石を加工して使用するが大部分は砂鉄を使用する。燃料は木炭を使用する。原材料から作られる鉄の割合は30%ほどで、更にその3分の一が玉鋼と呼ばれる上質な鉄材である。
 
 部品: 長時間の操業
 一度火を入れた炉は冷却すると再度の加熱に多大なエネルギーが必要となってします。そのため、熱で削れていく炉壁をぎりぎりまで活用するため一回の火入れで70時間ほど連続して創業すると言われる。
 
 部品: 研磨の技術
 材料の表面を摩擦によって削ぎ落とすことで表面を磨き上げる技術。光沢をもたせたり、塗装のためにわざと荒くすることもできる。
 
 部品: 鋳物の技術
 金属を熱して溶解させた後、型に流し込むことで成形する技術。鉄器や、寺の鐘や仏像、貨幣などもこの方法で作られる。当然貨幣は個人で作成することは禁じられている。
 
 部品: 植林事業者としての側面
 山林に植林を行っている。製鋼に大量の木炭を使うため、生態系への影響を常に考えて定期的に植林を行っている。松や楢などは木炭に適するため良く植えている。
 
 部品: 水源の保護
 使用する水に不純物が含まれていると良い鉄が出来上がらない。鍛冶職人は常に水源を見回り、整備することによって水源が汚染されないよう気を使っている。
 
 

インポート用定義データ

 [
   {
     "title": "鍛冶職人",
     "children": [
       {
         "title": "厳しい修行期間",
         "description": "鍛冶師は基本的に徒弟制度で技術を継承しており、一人前になるまで少なくとも10年以上かかると言われている。\nまずは師匠格の先輩に技術を習い、徐々にやれることを増やしていき、師匠に認められてて初めて一人前を名乗ることができるのだ。",
         "part_type": "part"
       },
       {
         "title": "鍛造の技術",
         "children": [
           {
             "title": "材料鉄の選り分け",
             "description": "材料となる鉄にも悪い部分と良質な部分が存在する。一度小さく小割りして使えない部分を取り除くことで良質な部位のみを使用することができる。",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "折り返し鍛錬の技術",
             "description": "熱した鉄を金槌で叩き、何度も折り返して鍛える技術。鉄の温度、炭素含有量、最終的な形などを計算しながら叩くことで、不純物が少なく、粘りがあり、安定した品質の鉄が鍛えられる。鍛えすぎても極低炭の軟鉄となってしまうため15回ほどの折り返しで留めると言われる。",
             "expanded": true,
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "材料の復合化",
             "description": "刀剣においては硬度を必要とする刃の部分と粘りが必要な芯の部分で要求される性質が違う。そのため刃となる皮鉄と芯になる芯鉄で別々に鍛え上げて、後に合成するという複合化の技術を有している。",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "熱処理の技術",
             "description": "硬化させるための焼入れ、そこから粘りを付ける焼戻し、鉄の内部の歪みを除去する焼きなましなどを最終的な用途に応じて使い分けることができる。",
             "part_type": "part"
           }
         ],
         "expanded": false,
         "part_type": "group"
       },
       {
         "title": "たたら製鉄の知識",
         "children": [
           {
             "title": "たたら製鉄の概要",
             "description": "砂鉄や鉄鉱石を大きな鞴で還元し、純度の高い鉄を作る生産法。比較的低音で還元を行うため、不純物が混じりにくく純度の高い鉄が生産できる。長時間の操業で人力に頼ることが多く、大量生産には向いていない。",
             "expanded": true,
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "使用する材料と生産物",
             "description": "稀に鉄鉱石を加工して使用するが大部分は砂鉄を使用する。燃料は木炭を使用する。原材料から作られる鉄の割合は30%ほどで、更にその3分の一が玉鋼と呼ばれる上質な鉄材である。",
             "expanded": true,
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "長時間の操業",
             "description": "一度火を入れた炉は冷却すると再度の加熱に多大なエネルギーが必要となってします。そのため、熱で削れていく炉壁をぎりぎりまで活用するため一回の火入れで70時間ほど連続して創業すると言われる。",
             "part_type": "part"
           }
         ],
         "expanded": false,
         "part_type": "group"
       },
       {
         "title": "研磨の技術",
         "description": "材料の表面を摩擦によって削ぎ落とすことで表面を磨き上げる技術。光沢をもたせたり、塗装のためにわざと荒くすることもできる。",
         "part_type": "part"
       },
       {
         "title": "鋳物の技術",
         "description": "金属を熱して溶解させた後、型に流し込むことで成形する技術。鉄器や、寺の鐘や仏像、貨幣などもこの方法で作られる。当然貨幣は個人で作成することは禁じられている。",
         "expanded": true,
         "part_type": "part"
       },
       {
         "title": "植林事業者としての側面",
         "description": "山林に植林を行っている。製鋼に大量の木炭を使うため、生態系への影響を常に考えて定期的に植林を行っている。松や楢などは木炭に適するため良く植えている。",
         "expanded": true,
         "part_type": "part"
       },
       {
         "title": "水源の保護",
         "description": "使用する水に不純物が含まれていると良い鉄が出来上がらない。鍛冶職人は常に水源を見回り、整備することによって水源が汚染されないよう気を使っている。",
         "part_type": "part"
       }
     ],
     "expanded": true,
     "part_type": "group"
   }
 ]