Top / 軍馬
HTML convert time: 0.071 sec.

軍馬

Last-modified: 2017-08-15 (火) 21:51:25

作成:はづきてる
チェック:暁の円卓

部品構造

  • 大部品: 軍馬 RD:23 評価値:7
    • 大部品: 馬の特徴 RD:5 評価値:3
      • 部品: 体が大きい
      • 部品: 足が速い
      • 部品: 馬力
      • 部品: 広い視野
      • 部品: 集団行動
    • 大部品: 軍馬としての能力 RD:4 評価値:3
      • 部品: 落ち着いている
      • 部品: 平準化
      • 部品: 高いスタミナ
      • 部品: 騎兵に慣れている
    • 大部品: 装備 RD:4 評価値:3
      • 部品: 取り回しやすい銜
      • 部品: 鞍
      • 部品: 鐙
      • 部品: 軽い蹄鉄
    • 大部品: 訓練 RD:7 評価値:4
      • 部品: 人に慣れさせる
      • 部品: 耐刺激訓練
      • 部品: 厳しいしつけ
      • 部品: 長時間の走り込み
      • 部品: 高たんぱくな栄養
      • 部品: 休める時に休ませる
      • 部品: 人馬一体の訓練
    • 部品: 選別
    • 部品: 短い脚
    • 部品: 貴重な軍備

部品定義

部品: 体が大きい

乗れば群衆から頭一つ抜き出し、周りを見渡すことができる。また、走り向かう姿にも迫力が生まれ、慣れないものを震え上がらせる。

部品: 足が速い

肉食動物から逃げるために脚力が発達しており、特に早い種の馬では、人はおろか、より速く走れる動物は多くない。

部品: 馬力

仕事率の単位となるほどに象徴的であったその力は、瞬間的には原動機付自転車を越えるほどに出る。重いものを引くことも、上に乗せて運ぶことも出来る。

部品: 広い視野

目が離れて付いていることで、視野を広く保つことができる。天敵や目標物への方向を探すのに適しているが、その分立体視はできない。

部品: 集団行動

馬は群棲動物であり、集団生活を行うことが基本であり、その為集団で息を合わせて行動するのが得意で、より落ち着きやすい。

部品: 落ち着いている

常日頃から大きな音や強い光、水しぶきなどを当てるなど、刺激の多い戦場においても、パニックを起こさないようによく訓練されているため、安定した運用が可能である。

部品: 平準化

良くしつけを受け、馬によって大きく能力が違うことのないようにすることで、集団行動に向き、かつ取り回しのしやすい馬となる。

部品: 高いスタミナ

日々の走り込みによって、重装備の騎兵を乗せ、長時間戦場を走り回るのに耐えられるだけのスタミナを持つようになっている。

部品: 騎兵に慣れている

一生のほとんどを人と共に過ごし、また十分に騎馬としての訓練を過ごした軍馬は、人に対して怯えることはない。

部品: 取り回しやすい銜

馬に騎手の意図を伝えるために口に付けられる。重装備の中でも邪魔になりにくい形状になっており、引っかかりにくい。

部品: 鞍

馬の背に付けて、乗馬を安定させるための馬具。上下に激しく動く馬との間のクッションになるほか、騎乗面を人間の尻に合わせることで、滑り落ちにくくなっている。

部品: 鐙

鞍から吊り下げ、騎手の足をかけられるようにする馬具。これによって足から間接的に馬に体重をかけられるため、より楽に騎乗できるようになる。

部品: 軽い蹄鉄

蹄につけることで、蹄が摩耗して傷つく、あるいはバランスが崩れることを防ぐ。軽い素材を使用することで馬への負担を減らしているが、数週間ほどで変える必要がある。

部品: 人に慣れさせる

仔馬の頃から、母牛以外にも人の手を受けつつ育てられることで、人に対する恐怖心が薄く、また従順となりやすい。

部品: 耐刺激訓練

本来臆病な性格の馬が、戦場で怯えないようにするために、大きな音や強い光など、戦場で起こりうる刺激を浴びさせ、それに慣れさせる。

部品: 厳しいしつけ

悪い癖が出ないようにするために、 厳しくしつけを施される。ただし、厳しくするだけではなく、うまくやった時のご褒美を渡されることで、モチベーションも維持されている。

部品: 長時間の走り込み

普段から牧場内を、成長に合わせて段階的に長時間走りこませることで、スタミナを付け、また悪路などを用意することで、様々な環境で走ることに慣れさせる。

部品: 高たんぱくな栄養

より高たんぱくな飼葉を中心に、バランスの良い飼料を与えられたことによって、筋肉質でスタミナ貯める余地を体に作っている。

部品: 休める時に休ませる

厳しい訓練のために、寿命が短くなりやすい軍馬を少しでも長く生きながらえさせるためにも、休める時にはゆっくりと休ませるようにする。

部品: 人馬一体の訓練

一年強軍馬としてのトレーニングを終えた軍馬と、練習馬との訓練で馬に慣れた軍人とで、実際の装備状態での訓練を行うことで、より実践的な経験を積む。

部品: 選別

軍馬に向いている体格、性格の馬を選別して調教を行うことで、効率を上げる。選ばれるのは、家畜として生まれるうちのおよそ3割ほどで、選ばれなかった馬は、軍事以外の用途、農耕馬や初期訓練用の馬などとして育てられる。

部品: 短い脚

いわゆるサラブレッド種と比べて短い脚をしており、その分重い物を背負ったり悪路を走ったりする事に向いている。

部品: 貴重な軍備

軍馬を育てるには時間とともに、十分な資金が必要であり、また訓練中に駄目になってしまう馬も多いため、軍馬をそろえることは時間を必要とする。しかし、その分大事にされ、警備も重くなりやすい。

提出書式

 大部品: 軍馬 RD:23 評価値:7
 -大部品: 馬の特徴 RD:5 評価値:3
 --部品: 体が大きい
 --部品: 足が速い
 --部品: 馬力
 --部品: 広い視野
 --部品: 集団行動
 -大部品: 軍馬としての能力 RD:4 評価値:3
 --部品: 落ち着いている
 --部品: 平準化
 --部品: 高いスタミナ
 --部品: 騎兵に慣れている
 -大部品: 装備 RD:4 評価値:3
 --部品: 取り回しやすい銜
 --部品: 鞍
 --部品: 鐙
 --部品: 軽い蹄鉄
 -大部品: 訓練 RD:7 評価値:4
 --部品: 人に慣れさせる
 --部品: 耐刺激訓練
 --部品: 厳しいしつけ
 --部品: 長時間の走り込み
 --部品: 高たんぱくな栄養
 --部品: 休める時に休ませる
 --部品: 人馬一体の訓練
 -部品: 選別
 -部品: 短い脚
 -部品: 貴重な軍備
 
 
 部品: 体が大きい
 乗れば群衆から頭一つ抜き出し、周りを見渡すことができる。また、走り向かう姿にも迫力が生まれ、慣れないものを震え上がらせる。
 
 部品: 足が速い
 肉食動物から逃げるために脚力が発達しており、特に早い種の馬では、人はおろか、より速く走れる動物は多くない。
 
 部品: 馬力
 仕事率の単位となるほどに象徴的であったその力は、瞬間的には原動機付自転車を越えるほどに出る。重いものを引くことも、上に乗せて運ぶことも出来る。
 
 部品: 広い視野
 目が離れて付いていることで、視野を広く保つことができる。天敵や目標物への方向を探すのに適しているが、その分立体視はできない。
 
 部品: 集団行動
 馬は群棲動物であり、集団生活を行うことが基本であり、その為集団で息を合わせて行動するのが得意で、より落ち着きやすい。
 
 部品: 落ち着いている
 常日頃から大きな音や強い光、水しぶきなどを当てるなど、刺激の多い戦場においても、パニックを起こさないようによく訓練されているため、安定した運用が可能である。
 
 部品: 平準化
 良くしつけを受け、馬によって大きく能力が違うことのないようにすることで、集団行動に向き、かつ取り回しのしやすい馬となる。
 
 部品: 高いスタミナ
 日々の走り込みによって、重装備の騎兵を乗せ、長時間戦場を走り回るのに耐えられるだけのスタミナを持つようになっている。
 
 部品: 騎兵に慣れている
 一生のほとんどを人と共に過ごし、また十分に騎馬としての訓練を過ごした軍馬は、人に対して怯えることはない。
 
 部品: 取り回しやすい銜
 馬に騎手の意図を伝えるために口に付けられる。重装備の中でも邪魔になりにくい形状になっており、引っかかりにくい。
 
 部品: 鞍
 馬の背に付けて、乗馬を安定させるための馬具。上下に激しく動く馬との間のクッションになるほか、騎乗面を人間の尻に合わせることで、滑り落ちにくくなっている。
 
 部品: 鐙
 鞍から吊り下げ、騎手の足をかけられるようにする馬具。これによって足から間接的に馬に体重をかけられるため、より楽に騎乗できるようになる。
 
 部品: 軽い蹄鉄
 蹄につけることで、蹄が摩耗して傷つく、あるいはバランスが崩れることを防ぐ。軽い素材を使用することで馬への負担を減らしているが、数週間ほどで変える必要がある。
 
 部品: 人に慣れさせる
 仔馬の頃から、母牛以外にも人の手を受けつつ育てられることで、人に対する恐怖心が薄く、また従順となりやすい。
 
 部品: 耐刺激訓練
 本来臆病な性格の馬が、戦場で怯えないようにするために、大きな音や強い光など、戦場で起こりうる刺激を浴びさせ、それに慣れさせる。
 
 部品: 厳しいしつけ
 悪い癖が出ないようにするために、 厳しくしつけを施される。ただし、厳しくするだけではなく、うまくやった時のご褒美を渡されることで、モチベーションも維持されている。
 
 部品: 長時間の走り込み
 普段から牧場内を、成長に合わせて段階的に長時間走りこませることで、スタミナを付け、また悪路などを用意することで、様々な環境で走ることに慣れさせる。
 
 部品: 高たんぱくな栄養
 より高たんぱくな飼葉を中心に、バランスの良い飼料を与えられたことによって、筋肉質でスタミナ貯める余地を体に作っている。
 
 部品: 休める時に休ませる
 厳しい訓練のために、寿命が短くなりやすい軍馬を少しでも長く生きながらえさせるためにも、休める時にはゆっくりと休ませるようにする。
 
 
 部品: 人馬一体の訓練
 一年強軍馬としてのトレーニングを終えた軍馬と、練習馬との訓練で馬に慣れた軍人とで、実際の装備状態での訓練を行うことで、より実践的な経験を積む。
 
 
 部品: 選別
 軍馬に向いている体格、性格の馬を選別して調教を行うことで、効率を上げる。選ばれるのは、家畜として生まれるうちのおよそ3割ほどで、選ばれなかった馬は、軍事以外の用途、農耕馬や初期訓練用の馬などとして育てられる。
 
 
 部品: 短い脚
 いわゆるサラブレッド種と比べて短い脚をしており、その分重い物を背負ったり悪路を走ったりする事に向いている。
 
 部品: 貴重な軍備
 軍馬を育てるには時間とともに、十分な資金が必要であり、また訓練中に駄目になってしまう馬も多いため、軍馬をそろえることは時間を必要とする。しかし、その分大事にされ、警備も重くなりやすい。
 
 
 

インポート用定義データ

 [
   {
     "title": "軍馬",
     "children": [
       {
         "title": "馬の特徴",
         "children": [
           {
             "title": "体が大きい",
             "description": "乗れば群衆から頭一つ抜き出し、周りを見渡すことができる。また、走り向かう姿にも迫力が生まれ、慣れないものを震え上がらせる。",
             "expanded": true,
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "足が速い",
             "description": "肉食動物から逃げるために脚力が発達しており、特に早い種の馬では、人はおろか、より速く走れる動物は多くない。",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "馬力",
             "description": "仕事率の単位となるほどに象徴的であったその力は、瞬間的には原動機付自転車を越えるほどに出る。重いものを引くことも、上に乗せて運ぶことも出来る。",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "広い視野",
             "description": "目が離れて付いていることで、視野を広く保つことができる。天敵や目標物への方向を探すのに適しているが、その分立体視はできない。",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "集団行動",
             "description": "馬は群棲動物であり、集団生活を行うことが基本であり、その為集団で息を合わせて行動するのが得意で、より落ち着きやすい。",
             "part_type": "part"
           }
         ],
         "expanded": true,
         "part_type": "group"
       },
       {
         "title": "軍馬としての能力",
         "children": [
           {
             "title": "落ち着いている",
             "description": "常日頃から大きな音や強い光、水しぶきなどを当てるなど、刺激の多い戦場においても、パニックを起こさないようによく訓練されているため、安定した運用が可能である。",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "平準化",
             "description": "良くしつけを受け、馬によって大きく能力が違うことのないようにすることで、集団行動に向き、かつ取り回しのしやすい馬となる。",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "高いスタミナ",
             "description": "日々の走り込みによって、重装備の騎兵を乗せ、長時間戦場を走り回るのに耐えられるだけのスタミナを持つようになっている。",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "騎兵に慣れている",
             "description": "一生のほとんどを人と共に過ごし、また十分に騎馬としての訓練を過ごした軍馬は、人に対して怯えることはない。",
             "part_type": "part"
           }
         ],
         "expanded": true,
         "part_type": "group"
       },
       {
         "title": "装備",
         "children": [
           {
             "title": "取り回しやすい銜",
             "description": "馬に騎手の意図を伝えるために口に付けられる。重装備の中でも邪魔になりにくい形状になっており、引っかかりにくい。",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "鞍",
             "description": "馬の背に付けて、乗馬を安定させるための馬具。上下に激しく動く馬との間のクッションになるほか、騎乗面を人間の尻に合わせることで、滑り落ちにくくなっている。",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "鐙",
             "description": "鞍から吊り下げ、騎手の足をかけられるようにする馬具。これによって足から間接的に馬に体重をかけられるため、より楽に騎乗できるようになる。",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "軽い蹄鉄",
             "description": "蹄につけることで、蹄が摩耗して傷つく、あるいはバランスが崩れることを防ぐ。軽い素材を使用することで馬への負担を減らしているが、数週間ほどで変える必要がある。",
             "part_type": "part"
           }
         ],
         "expanded": true,
         "part_type": "group"
       },
       {
         "title": "訓練",
         "children": [
           {
             "title": "人に慣れさせる",
             "description": "仔馬の頃から、母牛以外にも人の手を受けつつ育てられることで、人に対する恐怖心が薄く、また従順となりやすい。",
             "expanded": true,
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "耐刺激訓練",
             "description": "本来臆病な性格の馬が、戦場で怯えないようにするために、大きな音や強い光など、戦場で起こりうる刺激を浴びさせ、それに慣れさせる。",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "厳しいしつけ",
             "description": "悪い癖が出ないようにするために、 厳しくしつけを施される。ただし、厳しくするだけではなく、うまくやった時のご褒美を渡されることで、モチベーションも維持されている。",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "長時間の走り込み",
             "description": "普段から牧場内を、成長に合わせて段階的に長時間走りこませることで、スタミナを付け、また悪路などを用意することで、様々な環境で走ることに慣れさせる。",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "高たんぱくな栄養",
             "description": "より高たんぱくな飼葉を中心に、バランスの良い飼料を与えられたことによって、筋肉質でスタミナ貯める余地を体に作っている。",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "休める時に休ませる",
             "description": "厳しい訓練のために、寿命が短くなりやすい軍馬を少しでも長く生きながらえさせるためにも、休める時にはゆっくりと休ませるようにする。\n",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "人馬一体の訓練",
             "description": "一年強軍馬としてのトレーニングを終えた軍馬と、練習馬との訓練で馬に慣れた軍人とで、実際の装備状態での訓練を行うことで、より実践的な経験を積む。\n",
             "part_type": "part"
           }
         ],
         "expanded": true,
         "part_type": "group"
       },
       {
         "title": "選別",
         "description": "軍馬に向いている体格、性格の馬を選別して調教を行うことで、効率を上げる。選ばれるのは、家畜として生まれるうちのおよそ3割ほどで、選ばれなかった馬は、軍事以外の用途、農耕馬や初期訓練用の馬などとして育てられる。\n",
         "expanded": true,
         "part_type": "part"
       },
       {
         "title": "短い脚",
         "description": "いわゆるサラブレッド種と比べて短い脚をしており、その分重い物を背負ったり悪路を走ったりする事に向いている。",
         "part_type": "part"
       },
       {
         "title": "貴重な軍備",
         "description": "軍馬を育てるには時間とともに、十分な資金が必要であり、また訓練中に駄目になってしまう馬も多いため、軍馬をそろえることは時間を必要とする。しかし、その分大事にされ、警備も重くなりやすい。\n",
         "expanded": true,
         "part_type": "part"
       }
     ],
     "expanded": true,
     "part_type": "group"
   }
 ]