Top / 赤月の刃物
HTML convert time: 0.027 sec.

赤月の刃物

Last-modified: 2017-08-15 (火) 21:57:36

作成:gumholic
チェック:暁の円卓

部品構造

  • 大部品: 赤月の刃物 RD:17 評価値:6
    • 大部品: 赤月ブランドとは RD:4 評価値:3
      • 部品: 赤月の理念
      • 部品: 職人の技術
      • 部品: 用途に合った素材選び
      • 部品: 継承された技術
    • 大部品: 赤月の刃物の特徴 RD:8 評価値:5
      • 部品: 片刃の刃
      • 部品: 秘伝の小刃付け
      • 部品: 美しい刃紋
      • 部品: 刀と同じ複合材料
      • 部品: 研磨を前提とした作り
      • 部品: 長時間の作業に耐える工夫
      • 部品: 抜群の切れ味と滑らかな断面
      • 部品: 抗菌仕様の釉薬
    • 大部品: 赤月の刃物の製品群 RD:5 評価値:3
      • 部品: 包丁、調理用ナイフ類
      • 部品: その他調理器具
      • 部品: 手術用器具、メス等
      • 部品: 鋏、園芸用品等
      • 部品: 工作機械、産業機械用の刃物

部品定義

部品: 赤月の理念

原始人間世界の夜明けより、道具は人の生活の一部であった。連綿と続く人類の歴史の中で、常に人の一部であった道具達。赤月はこの道具をより良くすることで人間の生活自体をより良くすることを目標として掲げている。

部品: 職人の技術

赤月の刃物は名工の鍛冶場、及びそれに並ぶ実力を持った鍛冶場によって生産されている。親方、職人たちが一流の技術で作る一品である。

部品: 用途に合った素材選び

用途に合った材料特性を選んで加工している。調理器具では包丁の場合は硬質でよく切れる材料を、鍋やフライパンには熱伝導率が高く比重の軽い材質を選んでいる。

部品: 継承された技術

名工の鍛冶場では長年に渡って技術継承が繰り返されており、鍛冶のノウハウが多く蓄積している。このノウハウを活用することで普通の刃物とは一味違った品質を生み出している。

部品: 片刃の刃

赤月の刃物の切れ味の秘密に片刃の刃がある。利き手の選別が必要になったり刃の向きを考えて使用する必要があるものの、片刃にすることで先端に重量が乗りやすく更に切れ味が増す。

部品: 秘伝の小刃付け

刃の先端は二段構造になっており、先端を小刃付けすることによって刃の耐久力を高める狙いがある。一般的には耐久力と引き換えに切れ味が鈍ると言われるが、赤月の刃物では研ぎの妙技によって切れ味がほとんど鈍らないといわれる。

部品: 美しい刃紋

刃の先端は砥師によって作られた美しい刃紋がある。まるで鏡のように光を反射する刃紋から、刃が砥師によって丹念に研がれたことが分かる。

部品: 刀と同じ複合材料

先端に近い部分には硬質な高炭素鋼を使用して切れ味の鋭さを出し、芯金には極低炭の軟鉄を用いることによって衝撃で刃全体が折れない作りになっている。

部品: 研磨を前提とした作り

摩耗した刃は研磨されることが前提となっており、軽い研磨で切れ味が元に戻るようになっている。砥石によって適切に研磨していけば長持ちするため、使い捨ての刃よりもランニングコストで上回る可能性もある。

部品: 長時間の作業に耐える工夫

長時間使用しても疲れないように重さ、長さ、持ち手の握りが計算されて設計されている。料理人など職業的に長時間の調理を行う人、あるいは逆に下手で時間がかかってしまう人は疲労度から顕著な差を感じられるという。

部品: 抜群の切れ味と滑らかな断面

切れ味は抜群で、柔らかなものを切るときはほとんど抵抗を感じずに切ることが出来てしまうほど。あまりの切れ味の良さに子供の使用は非推奨となっている。
野菜などの食材を調理した際、切断面が光を反射するほど滑らかで、切れ味の悪い包丁に見られる水分の溶出はまず見受けられない。

部品: 抗菌仕様の釉薬

刃となる部位以外では生薬を練り込んだ釉薬を付けて焼入れが行われている。釉薬が熱と反応し、成分が変化することで表面には菌が繁殖しにくい皮膜層が形成されている。

部品: 包丁、調理用ナイフ類

調理に使われる刃物全般を指す。肉を解体する大きな牛刀から小型のペティナイフまで様々なラインナップが存在する。

部品: その他調理器具

皮むき器、ペッパーミル等その他の調理器具。ペッパーミルでは内部の粉砕構造に刃が使われている。他にクッキー等の抜き型にも使われることがある。

部品: 手術用器具、メス等

医療従事者の使用する器具のうち、主に切開に使われるもの。切れ味の鋭さから開口部の細胞の損傷を軽微に止めることができる。

部品: 鋏、園芸用品等

工作用の鋏や園芸用の枝切り鋏、芝刈り機の刃などにも使われる。切れ味が鋭く、力の弱い人間でも作業が行える。

部品: 工作機械、産業機械用の刃物

一部の藩国への輸出用として工作機械、産業機械で使われる刃物を作成することもある。食品加工工場や破砕処理場等用途は多岐にわたる。

提出書式

 大部品: 赤月の刃物 RD:17 評価値:6
 -大部品: 赤月ブランドとは RD:4 評価値:3
 --部品: 赤月の理念
 --部品: 職人の技術
 --部品: 用途に合った素材選び
 --部品: 継承された技術
 -大部品: 赤月の刃物の特徴 RD:8 評価値:5
 --部品: 片刃の刃
 --部品: 秘伝の小刃付け
 --部品: 美しい刃紋
 --部品: 刀と同じ複合材料
 --部品: 研磨を前提とした作り
 --部品: 長時間の作業に耐える工夫
 --部品: 抜群の切れ味と滑らかな断面
 --部品: 抗菌仕様の釉薬
 -大部品: 赤月の刃物の製品群 RD:5 評価値:3
 --部品: 包丁、調理用ナイフ類
 --部品: その他調理器具
 --部品: 手術用器具、メス等
 --部品: 鋏、園芸用品等
 --部品: 工作機械、産業機械用の刃物
 
 
 部品: 赤月の理念
 原始人間世界の夜明けより、道具は人の生活の一部であった。連綿と続く人類の歴史の中で、常に人の一部であった道具達。赤月はこの道具をより良くすることで人間の生活自体をより良くすることを目標として掲げている。
 
 部品: 職人の技術
 赤月の刃物は名工の鍛冶場、及びそれに並ぶ実力を持った鍛冶場によって生産されている。親方、職人たちが一流の技術で作る一品である。
 
 部品: 用途に合った素材選び
 用途に合った材料特性を選んで加工している。調理器具では包丁の場合は硬質でよく切れる材料を、鍋やフライパンには熱伝導率が高く比重の軽い材質を選んでいる。
 
 部品: 継承された技術
 名工の鍛冶場では長年に渡って技術継承が繰り返されており、鍛冶のノウハウが多く蓄積している。このノウハウを活用することで普通の刃物とは一味違った品質を生み出している。
 
 部品: 片刃の刃
 赤月の刃物の切れ味の秘密に片刃の刃がある。利き手の選別が必要になったり刃の向きを考えて使用する必要があるものの、片刃にすることで先端に重量が乗りやすく更に切れ味が増す。
 
 部品: 秘伝の小刃付け
 刃の先端は二段構造になっており、先端を小刃付けすることによって刃の耐久力を高める狙いがある。一般的には耐久力と引き換えに切れ味が鈍ると言われるが、赤月の刃物では研ぎの妙技によって切れ味がほとんど鈍らないといわれる。
 
 部品: 美しい刃紋
 刃の先端は砥師によって作られた美しい刃紋がある。まるで鏡のように光を反射する刃紋から、刃が砥師によって丹念に研がれたことが分かる。
 
 部品: 刀と同じ複合材料
 先端に近い部分には硬質な高炭素鋼を使用して切れ味の鋭さを出し、芯金には極低炭の軟鉄を用いることによって衝撃で刃全体が折れない作りになっている。
 
 部品: 研磨を前提とした作り
 摩耗した刃は研磨されることが前提となっており、軽い研磨で切れ味が元に戻るようになっている。砥石によって適切に研磨していけば長持ちするため、使い捨ての刃よりもランニングコストで上回る可能性もある。
 
 部品: 長時間の作業に耐える工夫
 長時間使用しても疲れないように重さ、長さ、持ち手の握りが計算されて設計されている。料理人など職業的に長時間の調理を行う人、あるいは逆に下手で時間がかかってしまう人は疲労度から顕著な差を感じられるという。
 
 部品: 抜群の切れ味と滑らかな断面
 切れ味は抜群で、柔らかなものを切るときはほとんど抵抗を感じずに切ることが出来てしまうほど。あまりの切れ味の良さに子供の使用は非推奨となっている。
 野菜などの食材を調理した際、切断面が光を反射するほど滑らかで、切れ味の悪い包丁に見られる水分の溶出はまず見受けられない。
 
 部品: 抗菌仕様の釉薬
 刃となる部位以外では生薬を練り込んだ釉薬を付けて焼入れが行われている。釉薬が熱と反応し、成分が変化することで表面には菌が繁殖しにくい皮膜層が形成されている。
 
 部品: 包丁、調理用ナイフ類
 調理に使われる刃物全般を指す。肉を解体する大きな牛刀から小型のペティナイフまで様々なラインナップが存在する。
 
 部品: その他調理器具
 皮むき器、ペッパーミル等その他の調理器具。ペッパーミルでは内部の粉砕構造に刃が使われている。他にクッキー等の抜き型にも使われることがある。
 
 部品: 手術用器具、メス等
 医療従事者の使用する器具のうち、主に切開に使われるもの。切れ味の鋭さから開口部の細胞の損傷を軽微に止めることができる。
 
 部品: 鋏、園芸用品等
 工作用の鋏や園芸用の枝切り鋏、芝刈り機の刃などにも使われる。切れ味が鋭く、力の弱い人間でも作業が行える。
 
 部品: 工作機械、産業機械用の刃物
 一部の藩国への輸出用として工作機械、産業機械で使われる刃物を作成することもある。食品加工工場や破砕処理場等用途は多岐にわたる。
 
 

インポート用定義データ

 [
   {
     "title": "赤月の刃物",
     "children": [
       {
         "title": "赤月ブランドとは",
         "children": [
           {
             "title": "赤月の理念",
             "description": "原始人間世界の夜明けより、道具は人の生活の一部であった。連綿と続く人類の歴史の中で、常に人の一部であった道具達。赤月はこの道具をより良くすることで人間の生活自体をより良くすることを目標として掲げている。",
             "expanded": true,
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "職人の技術",
             "description": "赤月の刃物は名工の鍛冶場、及びそれに並ぶ実力を持った鍛冶場によって生産されている。親方、職人たちが一流の技術で作る一品である。",
             "expanded": true,
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "用途に合った素材選び",
             "description": "用途に合った材料特性を選んで加工している。調理器具では包丁の場合は硬質でよく切れる材料を、鍋やフライパンには熱伝導率が高く比重の軽い材質を選んでいる。",
             "expanded": true,
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "継承された技術",
             "description": "名工の鍛冶場では長年に渡って技術継承が繰り返されており、鍛冶のノウハウが多く蓄積している。このノウハウを活用することで普通の刃物とは一味違った品質を生み出している。",
             "part_type": "part"
           }
         ],
         "expanded": true,
         "part_type": "group"
       },
       {
         "title": "赤月の刃物の特徴",
         "children": [
           {
             "title": "片刃の刃",
             "description": "赤月の刃物の切れ味の秘密に片刃の刃がある。利き手の選別が必要になったり刃の向きを考えて使用する必要があるものの、片刃にすることで先端に重量が乗りやすく更に切れ味が増す。",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "秘伝の小刃付け",
             "description": "刃の先端は二段構造になっており、先端を小刃付けすることによって刃の耐久力を高める狙いがある。一般的には耐久力と引き換えに切れ味が鈍ると言われるが、赤月の刃物では研ぎの妙技によって切れ味がほとんど鈍らないといわれる。",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "美しい刃紋",
             "description": "刃の先端は砥師によって作られた美しい刃紋がある。まるで鏡のように光を反射する刃紋から、刃が砥師によって丹念に研がれたことが分かる。",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "刀と同じ複合材料",
             "description": "先端に近い部分には硬質な高炭素鋼を使用して切れ味の鋭さを出し、芯金には極低炭の軟鉄を用いることによって衝撃で刃全体が折れない作りになっている。",
             "expanded": true,
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "研磨を前提とした作り",
             "description": "摩耗した刃は研磨されることが前提となっており、軽い研磨で切れ味が元に戻るようになっている。砥石によって適切に研磨していけば長持ちするため、使い捨ての刃よりもランニングコストで上回る可能性もある。",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "長時間の作業に耐える工夫",
             "description": "長時間使用しても疲れないように重さ、長さ、持ち手の握りが計算されて設計されている。料理人など職業的に長時間の調理を行う人、あるいは逆に下手で時間がかかってしまう人は疲労度から顕著な差を感じられるという。",
             "expanded": true,
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "抜群の切れ味と滑らかな断面",
             "description": "切れ味は抜群で、柔らかなものを切るときはほとんど抵抗を感じずに切ることが出来てしまうほど。あまりの切れ味の良さに子供の使用は非推奨となっている。\n野菜などの食材を調理した際、切断面が光を反射するほど滑らかで、切れ味の悪い包丁に見られる水分の溶出はまず見受けられない。",
             "part_type": "part",
             "expanded": true
           },
           {
             "title": "抗菌仕様の釉薬",
             "description": "刃となる部位以外では生薬を練り込んだ釉薬を付けて焼入れが行われている。釉薬が熱と反応し、成分が変化することで表面には菌が繁殖しにくい皮膜層が形成されている。",
             "expanded": true,
             "part_type": "part"
           }
         ],
         "expanded": true,
         "part_type": "group"
       },
       {
         "title": "赤月の刃物の製品群",
         "children": [
           {
             "title": "包丁、調理用ナイフ類",
             "description": "調理に使われる刃物全般を指す。肉を解体する大きな牛刀から小型のペティナイフまで様々なラインナップが存在する。",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "その他調理器具",
             "description": "皮むき器、ペッパーミル等その他の調理器具。ペッパーミルでは内部の粉砕構造に刃が使われている。他にクッキー等の抜き型にも使われることがある。",
             "expanded": true,
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "手術用器具、メス等",
             "description": "医療従事者の使用する器具のうち、主に切開に使われるもの。切れ味の鋭さから開口部の細胞の損傷を軽微に止めることができる。",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "鋏、園芸用品等",
             "description": "工作用の鋏や園芸用の枝切り鋏、芝刈り機の刃などにも使われる。切れ味が鋭く、力の弱い人間でも作業が行える。",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "工作機械、産業機械用の刃物",
             "description": "一部の藩国への輸出用として工作機械、産業機械で使われる刃物を作成することもある。食品加工工場や破砕処理場等用途は多岐にわたる。",
             "part_type": "part"
           }
         ],
         "expanded": true,
         "part_type": "group"
       }
     ],
     "expanded": true,
     "part_type": "group"
   }
 ]