Top / 装蹄師
HTML convert time: 0.030 sec.

装蹄師

Last-modified: 2017-08-20 (日) 03:18:07

データ作成:はづきてる
チェック:暁の円卓

部品構造

  • 大部品: 装蹄師 RD:8 評価値:5
    • 部品: 厳しい修行期間と資格の取得
    • 部品: 蹄鉄の作成・加工技術
    • 部品: 削蹄技術
    • 部品: 装蹄技術
    • 部品: 脚関節に対する理解
    • 部品: 用途に応じた蹄鉄
    • 部品: 先任者の元での作業
    • 部品: 反応をよく見る

部品定義

部品: 厳しい修行期間と資格の取得

装蹄師は基本的に徒弟制度に近いもので技術を継承しており、一人前になるまで少なくとも3年以上かかると言われている。
まずは師匠格の先輩に技術を習い、政府にて認定される資格の試験に合格して初めて装蹄師と名乗ることができるのだ。

部品: 蹄鉄の作成・加工技術

鉄の棒を加熱して成型、あるいは量産された蹄鉄に手を加えて、一頭一頭に合う形に成型する技術。必要に応じて金型のデザインまでも行う。

部品: 削蹄技術

伸びた蹄を切削することで、家畜の負担を抑え、病気を予防することができる。適切な長さを守るほか、各蹄の対称性を守るなど、バランス感覚が必要となる。

部品: 装蹄技術

蹄に対して、釘を打ち付けることで蹄鉄を固定する。釘打ちの際、神経を傷つけないように、打ち付けた時の馬の反応に注視する必要がある。

部品: 脚関節に対する理解

歩行・走行時にどのように関節が使用され、どこに負担がかかるかについての知識。また、負担がかかった時の故障とその対処法も併せて学ぶ必要がある。

部品: 用途に応じた蹄鉄

蹄鉄といっても鉄によって作成されているとは限らない。速く走る場合には軽い材質で、こまめに変える。耐久性が求められる場合には、耐摩耗性の高いものを使用するなど、その用途及び土地柄に合った材質・形状の蹄鉄が使用される。

部品: 先任者の元での作業

それまで作業を行っていた元で作業を手伝うことで、先任者の技術やノウハウを学ぶ。もし、悪い結果が起きた場合には、反面教師とする。

部品: 反応をよく見る

言語の通じないものを相手取る際、自分の行動に対して対象がどのような反応を返すのかを注意深く観察することで、対象の快・不快状態について推察を繰り返し、精度を上げていく。

提出書式

 大部品: 装蹄師 RD:8 評価値:5
 -部品: 厳しい修行期間と資格の取得
 -部品: 蹄鉄の作成・加工技術
 -部品: 削蹄技術
 -部品: 装蹄技術
 -部品: 脚関節に対する理解
 -部品: 用途に応じた蹄鉄
 -部品: 先任者の元での作業
 -部品: 反応をよく見る
 
 
 部品: 厳しい修行期間と資格の取得
 装蹄師は基本的に徒弟制度に近いもので技術を継承しており、一人前になるまで少なくとも3年以上かかると言われている。
 まずは師匠格の先輩に技術を習い、政府にて認定される資格の試験に合格して初めて装蹄師と名乗ることができるのだ。
 
 部品: 蹄鉄の作成・加工技術
 鉄の棒を加熱して成型、あるいは量産された蹄鉄に手を加えて、一頭一頭に合う形に成型する技術。必要に応じて金型のデザインまでも行う。
 
 
 部品: 削蹄技術
 伸びた蹄を切削することで、家畜の負担を抑え、病気を予防することができる。適切な長さを守るほか、各蹄の対称性を守るなど、バランス感覚が必要となる。
 
 
 部品: 装蹄技術
 蹄に対して、釘を打ち付けることで蹄鉄を固定する。釘打ちの際、神経を傷つけないように、打ち付けた時の馬の反応に注視する必要がある。
 
 
 部品: 脚関節に対する理解
 歩行・走行時にどのように関節が使用され、どこに負担がかかるかについての知識。また、負担がかかった時の故障とその対処法も併せて学ぶ必要がある。
 
 
 部品: 用途に応じた蹄鉄
 蹄鉄といっても鉄によって作成されているとは限らない。速く走る場合には軽い材質で、こまめに変える。耐久性が求められる場合には、耐摩耗性の高いものを使用するなど、その用途及び土地柄に合った材質・形状の蹄鉄が使用される。
 
 
 部品: 先任者の元での作業
 それまで作業を行っていた元で作業を手伝うことで、先任者の技術やノウハウを学ぶ。もし、悪い結果が起きた場合には、反面教師とする。
 
 
 部品: 反応をよく見る
 言語の通じないものを相手取る際、自分の行動に対して対象がどのような反応を返すのかを注意深く観察することで、対象の快・不快状態について推察を繰り返し、精度を上げていく。
 
 
 

インポート用定義データ

 [
   {
     "title": "装蹄師",
     "children": [
       {
         "title": "厳しい修行期間と資格の取得",
         "description": "装蹄師は基本的に徒弟制度に近いもので技術を継承しており、一人前になるまで少なくとも3年以上かかると言われている。\nまずは師匠格の先輩に技術を習い、政府にて認定される資格の試験に合格して初めて装蹄師と名乗ることができるのだ。",
         "part_type": "part"
       },
       {
         "title": "蹄鉄の作成・加工技術",
         "description": "鉄の棒を加熱して成型、あるいは量産された蹄鉄に手を加えて、一頭一頭に合う形に成型する技術。必要に応じて金型のデザインまでも行う。\n",
         "part_type": "part"
       },
       {
         "title": "削蹄技術",
         "description": "伸びた蹄を切削することで、家畜の負担を抑え、病気を予防することができる。適切な長さを守るほか、各蹄の対称性を守るなど、バランス感覚が必要となる。\n",
         "part_type": "part"
       },
       {
         "title": "装蹄技術",
         "description": "蹄に対して、釘を打ち付けることで蹄鉄を固定する。釘打ちの際、神経を傷つけないように、打ち付けた時の馬の反応に注視する必要がある。\n",
         "part_type": "part"
       },
       {
         "title": "脚関節に対する理解",
         "description": "歩行・走行時にどのように関節が使用され、どこに負担がかかるかについての知識。また、負担がかかった時の故障とその対処法も併せて学ぶ必要がある。\n",
         "part_type": "part"
       },
       {
         "title": "用途に応じた蹄鉄",
         "description": "蹄鉄といっても鉄によって作成されているとは限らない。速く走る場合には軽い材質で、こまめに変える。耐久性が求められる場合には、耐摩耗性の高いものを使用するなど、その用途及び土地柄に合った材質・形状の蹄鉄が使用される。\n",
         "part_type": "part"
       },
       {
         "title": "先任者の元での作業",
         "description": "それまで作業を行っていた元で作業を手伝うことで、先任者の技術やノウハウを学ぶ。もし、悪い結果が起きた場合には、反面教師とする。\n",
         "part_type": "part"
       },
       {
         "title": "反応をよく見る",
         "description": "言語の通じないものを相手取る際、自分の行動に対して対象がどのような反応を返すのかを注意深く観察することで、対象の快・不快状態について推察を繰り返し、精度を上げていく。\n",
         "part_type": "part"
       }
     ],
     "expanded": true,
     "part_type": "group"
   }
 ]