Top / 粟果附松
HTML convert time: 0.082 sec.

粟果附松

Last-modified: 2017-08-15 (火) 22:24:32

作成:gumholic
チェック:暁の円卓

部品構造

  • 大部品: 粟果附松 RD:7 評価値:4
    • 部品: 粟果附松の生態
    • 部品: 大きな松かさと可食種子(粟果)
    • 部品: 建築資材としての粟果附松
    • 部品: 鍛冶場と亜果附松
    • 部品: 粟果附松茸とキノコ狩り
    • 部品: 土壌の浄化と環境の影響
    • 部品: 魔除けの樹木

部品定義

部品: 粟果附松の生態

全長30m、幹は直径1.5mほどまで成長し樹齢80年~100年程の常緑樹である。発芽から20~30年ほどで成木になる。一本で雄花と雌花に分かれ、こぶし大の大きな松かさを作る。乾燥に強く、亜寒帯から亜熱帯まで幅広い地域で生育が可能である。

部品: 大きな松かさと可食種子(粟果)

秋から初冬にかけてこぶし大の大きな松かさを作る。松かさの中には大きな種子が入っており、そのまま食することができる。種子は粟果と呼ばれ栗のような甘みがあり、低カロリーで栄養価が高いことから酒のツマミや子供のおやつにぴったりである。

部品: 建築資材としての粟果附松

粟果附松は建築資材としても利用される。木材として松脂を含み湿気に強いことから水辺の地域で好んで使われる。荷重耐性も高く家屋や橋梁の土台として最適な素材である。

部品: 鍛冶場と亜果附松

粟果附松は成長が比較的早く、油分を含み木炭としても上質であることから鍛冶場の近くでは計画的に植林される。成木後に伐採して木炭として利用されることが多い。

部品: 粟果附松茸とキノコ狩り

粟果附松の根本には初夏から初秋にかけて茸が生えることがある。粟果附松茸と呼ばれるその茸は栽培も難しいため、高級食材として取引されている。初秋は可食種子である粟果と粟果松茸が同時に取れるため、キノコ狩りが盛んになる。

部品: 土壌の浄化と環境の影響

粟果附松は他の樹木よりも土壌の汚染を吸い上げて取り除く力が強いと言われる。そのせいで環境汚染の影響を受けやすく、他の樹木よりもすぐに葉や樹皮に影響が現れ、粟果や粟果附松茸が実らなくなると言われている。

部品: 魔除けの樹木

粟果附松は神社の最外周縁部に植えられることが多い。環境の変化に敏感なことから、悪い気が入りこんでいるときはすぐに変調を観察することができるためである。このことから魔除けの木として見る国民も多い。

提出書式

 大部品: 粟果附松 RD:7 評価値:4
 -部品: 粟果附松の生態
 -部品: 大きな松かさと可食種子(粟果)
 -部品: 建築資材としての粟果附松
 -部品: 鍛冶場と亜果附松
 -部品: 粟果附松茸とキノコ狩り
 -部品: 土壌の浄化と環境の影響
 -部品: 魔除けの樹木
 
 
 部品: 粟果附松の生態
 全長30m、幹は直径1.5mほどまで成長し樹齢80年~100年程の常緑樹である。発芽から20~30年ほどで成木になる。一本で雄花と雌花に分かれ、こぶし大の大きな松かさを作る。乾燥に強く、亜寒帯から亜熱帯まで幅広い地域で生育が可能である。
 
 部品: 大きな松かさと可食種子(粟果)
 秋から初冬にかけてこぶし大の大きな松かさを作る。松かさの中には大きな種子が入っており、そのまま食することができる。種子は粟果と呼ばれ栗のような甘みがあり、低カロリーで栄養価が高いことから酒のツマミや子供のおやつにぴったりである。
 
 部品: 建築資材としての粟果附松
 粟果附松は建築資材としても利用される。木材として松脂を含み湿気に強いことから水辺の地域で好んで使われる。荷重耐性も高く家屋や橋梁の土台として最適な素材である。
 
 部品: 鍛冶場と亜果附松
 粟果附松は成長が比較的早く、油分を含み木炭としても上質であることから鍛冶場の近くでは計画的に植林される。成木後に伐採して木炭として利用されることが多い。
 
 部品: 粟果附松茸とキノコ狩り
 粟果附松の根本には初夏から初秋にかけて茸が生えることがある。粟果附松茸と呼ばれるその茸は栽培も難しいため、高級食材として取引されている。初秋は可食種子である粟果と粟果松茸が同時に取れるため、キノコ狩りが盛んになる。
 
 部品: 土壌の浄化と環境の影響
 粟果附松は他の樹木よりも土壌の汚染を吸い上げて取り除く力が強いと言われる。そのせいで環境汚染の影響を受けやすく、他の樹木よりもすぐに葉や樹皮に影響が現れ、粟果や粟果附松茸が実らなくなると言われている。
 
 部品: 魔除けの樹木
 粟果附松は神社の最外周縁部に植えられることが多い。環境の変化に敏感なことから、悪い気が入りこんでいるときはすぐに変調を観察することができるためである。このことから魔除けの木として見る国民も多い。
 
 

インポート用定義データ

 [
   {
     "title": "粟果附松",
     "children": [
       {
         "title": "粟果附松の生態",
         "description": "全長30m、幹は直径1.5mほどまで成長し樹齢80年~100年程の常緑樹である。発芽から20~30年ほどで成木になる。一本で雄花と雌花に分かれ、こぶし大の大きな松かさを作る。乾燥に強く、亜寒帯から亜熱帯まで幅広い地域で生育が可能である。",
         "expanded": true,
         "part_type": "part"
       },
       {
         "title": "大きな松かさと可食種子(粟果)",
         "description": "秋から初冬にかけてこぶし大の大きな松かさを作る。松かさの中には大きな種子が入っており、そのまま食することができる。種子は粟果と呼ばれ栗のような甘みがあり、低カロリーで栄養価が高いことから酒のツマミや子供のおやつにぴったりである。",
         "expanded": true,
         "part_type": "part"
       },
       {
         "title": "建築資材としての粟果附松",
         "description": "粟果附松は建築資材としても利用される。木材として松脂を含み湿気に強いことから水辺の地域で好んで使われる。荷重耐性も高く家屋や橋梁の土台として最適な素材である。",
         "expanded": true,
         "part_type": "part"
       },
       {
         "title": "鍛冶場と亜果附松",
         "description": "粟果附松は成長が比較的早く、油分を含み木炭としても上質であることから鍛冶場の近くでは計画的に植林される。成木後に伐採して木炭として利用されることが多い。",
         "expanded": true,
         "part_type": "part"
       },
       {
         "title": "粟果附松茸とキノコ狩り",
         "description": "粟果附松の根本には初夏から初秋にかけて茸が生えることがある。粟果附松茸と呼ばれるその茸は栽培も難しいため、高級食材として取引されている。初秋は可食種子である粟果と粟果松茸が同時に取れるため、キノコ狩りが盛んになる。",
         "expanded": true,
         "part_type": "part"
       },
       {
         "title": "土壌の浄化と環境の影響",
         "description": "粟果附松は他の樹木よりも土壌の汚染を吸い上げて取り除く力が強いと言われる。そのせいで環境汚染の影響を受けやすく、他の樹木よりもすぐに葉や樹皮に影響が現れ、粟果や粟果附松茸が実らなくなると言われている。",
         "expanded": true,
         "part_type": "part"
       },
       {
         "title": "魔除けの樹木",
         "description": "粟果附松は神社の最外周縁部に植えられることが多い。環境の変化に敏感なことから、悪い気が入りこんでいるときはすぐに変調を観察することができるためである。このことから魔除けの木として見る国民も多い。",
         "expanded": true,
         "part_type": "part"
       }
     ],
     "expanded": true,
     "part_type": "group"
   }
 ]