Top / 番屋
HTML convert time: 0.027 sec.

番屋

Last-modified: 2017-08-29 (火) 03:05:03

作成:白石裕
チェック:暁の円卓

部品構造

  • 大部品: 番屋 RD:8 評価値:5
    • 部品: 番屋とは
    • 部品: 警官系アイドレス着用者が常駐する
    • 部品: 剣士経験者の配置
    • 部品: 3交代制
    • 大部品: 番屋での仕事 RD:4 評価値:3
      • 部品: 見回り
      • 部品: 火の番を兼ねる
      • 部品: 管理区内トラブル相談
      • 部品: 有事の避難誘導・交通整理

部品定義

部品: 番屋とは

番屋とは町人地に設けられた番所のことを指し。町内警備を主な役割とした治安維持施設。
管理担当区域が定められており、基本はその区域の治安維持にあたる。

部品: 警官系アイドレス着用者が常駐する

警官系アイドレスの着用者が番屋に常駐する。番屋ではその着用者を番太郎と呼び、番屋での様々な仕事をこなしている。

部品: 剣士経験者の配置

常駐する警官の中でも見回り等の危険性が伴う任務に対しては、元剣士だとか大剣士という肉体的に秀でた人材を配置する。
通常の警官レベルでは暁の剣士達に対抗するのが難しい為の措置である。剣士には同じ剣士経験者で抗することにした。

部品: 3交代制

基本は3人一組の3交代制で24時間警戒にあたる。
番屋の規模によっては5人一組だったり、3人以下での運用の番屋も存在するが、3交代制なのは変わらなかった。

部品: 見回り

自身の番屋の担当範囲を見回り、不審者への職務質問や捕縛、困った住人がいればその相談にのったりする。
基本的には徒歩で見回ることがが稀に馬を使うこともある。

部品: 火の番を兼ねる

多くの番屋では火の番を兼ねており、屋根に梯子(小規模な火の見櫓)や半鐘が備えられている。
合わせて火消道具が番屋内に用意され、有事には火消達と協力して対処にあたった。

部品: 管理区内トラブル相談

管理区内の住人同士の揉め事等、ただちに逮捕・捕縛等が必要ない案件に対して、事前に諌めることで事態の鎮静化の為、相談に応じることがある。
揉め事等でなくても住人が困った時の相談所的な役割を持っている。

部品: 有事の避難誘導・交通整理

火災や地震等の天災に際しては、地域住民の避難誘導や交通整理を行い、被害がこれ以上拡大しないように努めた。

提出書式

 大部品: 番屋 RD:8 評価値:5
 -部品: 番屋とは
 -部品: 警官系アイドレス着用者が常駐する
 -部品: 剣士経験者の配置
 -部品: 3交代制
 -大部品: 番屋での仕事 RD:4 評価値:3
 --部品: 見回り
 --部品: 火の番を兼ねる
 --部品: 管理区内トラブル相談
 --部品: 有事の避難誘導・交通整理
 
 
 部品: 番屋とは
 番屋とは町人地に設けられた番所のことを指し。町内警備を主な役割とした治安維持施設。
 管理担当区域が定められており、基本はその区域の治安維持にあたる。
 
 部品: 警官系アイドレス着用者が常駐する
 警官系アイドレスの着用者が番屋に常駐する。番屋ではその着用者を番太郎と呼び、番屋での様々な仕事をこなしている。
 
 部品: 剣士経験者の配置
 常駐する警官の中でも見回り等の危険性が伴う任務に対しては、元剣士だとか大剣士という肉体的に秀でた人材を配置する。
 通常の警官レベルでは暁の剣士達に対抗するのが難しい為の措置である。剣士には同じ剣士経験者で抗することにした。
 
 部品: 3交代制
 基本は3人一組の3交代制で24時間警戒にあたる。
 番屋の規模によっては5人一組だったり、3人以下での運用の番屋も存在するが、3交代制なのは変わらなかった。
 
 部品: 見回り
 自身の番屋の担当範囲を見回り、不審者への職務質問や捕縛、困った住人がいればその相談にのったりする。
 基本的には徒歩で見回ることがが稀に馬を使うこともある。
 
 
 部品: 火の番を兼ねる
 多くの番屋では火の番を兼ねており、屋根に梯子(小規模な火の見櫓)や半鐘が備えられている。
 合わせて火消道具が番屋内に用意され、有事には火消達と協力して対処にあたった。
 
 部品: 管理区内トラブル相談
 管理区内の住人同士の揉め事等、ただちに逮捕・捕縛等が必要ない案件に対して、事前に諌めることで事態の鎮静化の為、相談に応じることがある。
 揉め事等でなくても住人が困った時の相談所的な役割を持っている。
 
 部品: 有事の避難誘導・交通整理
 火災や地震等の天災に際しては、地域住民の避難誘導や交通整理を行い、被害がこれ以上拡大しないように努めた。
 
 
 

インポート用定義データ

 [
   {
     "title": "番屋",
     "children": [
       {
         "title": "番屋とは",
         "description": "番屋とは町人地に設けられた番所のことを指し。町内警備を主な役割とした治安維持施設。\n管理担当区域が定められており、基本はその区域の治安維持にあたる。",
         "expanded": true,
         "part_type": "part"
       },
       {
         "title": "警官系アイドレス着用者が常駐する",
         "description": "警官系アイドレスの着用者が番屋に常駐する。番屋ではその着用者を番太郎と呼び、番屋での様々な仕事をこなしている。",
         "part_type": "part",
         "expanded": true
       },
       {
         "title": "剣士経験者の配置",
         "description": "常駐する警官の中でも見回り等の危険性が伴う任務に対しては、元剣士だとか大剣士という肉体的に秀でた人材を配置する。\n通常の警官レベルでは暁の剣士達に対抗するのが難しい為の措置である。剣士には同じ剣士経験者で抗することにした。",
         "part_type": "part"
       },
       {
         "title": "3交代制",
         "description": "基本は3人一組の3交代制で24時間警戒にあたる。\n番屋の規模によっては5人一組だったり、3人以下での運用の番屋も存在するが、3交代制なのは変わらなかった。",
         "part_type": "part",
         "expanded": true
       },
       {
         "title": "番屋での仕事",
         "children": [
           {
             "title": "見回り",
             "description": "自身の番屋の担当範囲を見回り、不審者への職務質問や捕縛、困った住人がいればその相談にのったりする。\n基本的には徒歩で見回ることがが稀に馬を使うこともある。\n",
             "expanded": true,
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "火の番を兼ねる",
             "description": "多くの番屋では火の番を兼ねており、屋根に梯子(小規模な火の見櫓)や半鐘が備えられている。\n合わせて火消道具が番屋内に用意され、有事には火消達と協力して対処にあたった。",
             "expanded": true,
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "管理区内トラブル相談",
             "description": "管理区内の住人同士の揉め事等、ただちに逮捕・捕縛等が必要ない案件に対して、事前に諌めることで事態の鎮静化の為、相談に応じることがある。\n揉め事等でなくても住人が困った時の相談所的な役割を持っている。",
             "expanded": true,
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "有事の避難誘導・交通整理",
             "description": "火災や地震等の天災に際しては、地域住民の避難誘導や交通整理を行い、被害がこれ以上拡大しないように努めた。\n",
             "part_type": "part"
           }
         ],
         "expanded": true,
         "part_type": "group"
       }
     ],
     "expanded": true,
     "part_type": "group"
   }
 ]