Top / 炭焼き工房
HTML convert time: 0.022 sec.

炭焼き工房

Last-modified: 2017-08-31 (木) 21:53:18

作者:風杜神奈
チェック:暁の円卓

部品構造

  • 大部品: 炭焼き工房 RD:9 評価値:5
    • 部品: 炭焼き工房とは
    • 部品: 炭の需要
    • 部品: 木伐り3年、窯作り10年、炭焼き一生
    • 大部品: 製炭作業過程 RD:6 評価値:4
      • 部品: 原木伐採、運搬、木拵工程
      • 部品: 炭材詰め工程
      • 部品: 着火工程
      • 部品: 精錬工程
      • 部品: 窯出し工程
      • 部品: 出荷工程

部品定義

部品: 炭焼き工房とは

炭焼工房とは木炭を生産する作業に炭焼き職人が作業に従事している工房のことである。製炭用の工房と共に寝泊まりする小屋が付属している。

部品: 炭の需要

低物理域においては薪炭は重要な火力源であり一定の需要が見込めた。料理の上での炭火焼き用の炭や刀鍛冶の炉における炭の需要も多い。また中物理域以上においても汚水浄化における汚染物質を吸着するための活性炭として炭の需要は無くなることはなかった。

部品: 木伐り3年、窯作り10年、炭焼き一生

木伐り3年、窯作り10年、炭焼き一生と言われるように、炭焼き職人は自ら山に入って炭材となる木材を伐採して原木を集める。窯作りは様々な技術が集まっており、これを習得するにも時間がかかる。そして炭焼きというものはその時々の環境によって空気の入れ方から素材の選択まで大きく変わる一生かかって修練するものだということだ。

部品: 原木伐採、運搬、木拵工程

炭にするのに適した木材を伐採し、運搬し、炭焼き用の原料を用意する工程である。広葉樹が好まれるが炭の質を一定にするために1種類の木を使って焼かれることが多い。これらの木は伐採した後は植樹が行われる事になっている。
こうして炭材が確保できなくなることを防いでいる。

部品: 炭材詰め工程

この工程では原木を窯の大きさに合わせ密集させて詰め込む工程である。なるべく緊密に詰め込み、隙間を作らないよう注意する。その後口火を焚いて炭材を乾燥させる。

部品: 着火工程

炭化させるために空気を絞りながら炭材に着火する。通常の燃焼とは異なり、酸素の供給を最小限に抑え窯内を高温にしていく。
この時乾留が行われ副産物として木酢液が製造される。これらは副収入として販売されることもあった。
窯のサイズによってかかる日数は異なる。

部品: 精錬工程

着火し、十分に火が回ったら空気量を増やし炭を硬く締めて行く工程である。このあたりは炭焼き職人の経験と勘により判断する工程である。失敗すれば消し炭になってしまったり、精錬が進みすぎて燃え尽きてしまう。

部品: 窯出し工程

炭の精錬度を見極めて最適と判断した場合、窯口を塞ぎ密閉することで消火する。消火してから数日おいて完全に消火が終わったら窯口を開ける。

部品: 出荷工程

窯口を開けたら次は出荷工程である。これは炭の質を見て選別を行い、場合によっては使いやすいように形を整えてから出荷することになる。出荷される炭は炭焼き工房まで延伸された道をつかって最寄りの町や村へ送られ、そこから全国へ出荷される。

提出書式

 大部品: 炭焼き工房 RD:9 評価値:5
 -部品: 炭焼き工房とは
 -部品: 炭の需要
 -部品: 木伐り3年、窯作り10年、炭焼き一生
 -大部品: 製炭作業過程 RD:6 評価値:4
 --部品: 原木伐採、運搬、木拵工程
 --部品: 炭材詰め工程
 --部品: 着火工程
 --部品: 精錬工程
 --部品: 窯出し工程
 --部品: 出荷工程
 
 
 部品: 炭焼き工房とは
 炭焼工房とは木炭を生産する作業に炭焼き職人が作業に従事している工房のことである。製炭用の工房と共に寝泊まりする小屋が付属している。
 
 部品: 炭の需要
 低物理域においては薪炭は重要な火力源であり一定の需要が見込めた。料理の上での炭火焼き用の炭や刀鍛冶の炉における炭の需要も多い。また中物理域以上においても汚水浄化における汚染物質を吸着するための活性炭として炭の需要は無くなることはなかった。
 
 部品: 木伐り3年、窯作り10年、炭焼き一生
 木伐り3年、窯作り10年、炭焼き一生と言われるように、炭焼き職人は自ら山に入って炭材となる木材を伐採して原木を集める。窯作りは様々な技術が集まっており、これを習得するにも時間がかかる。そして炭焼きというものはその時々の環境によって空気の入れ方から素材の選択まで大きく変わる一生かかって修練するものだということだ。
 
 部品: 原木伐採、運搬、木拵工程
 炭にするのに適した木材を伐採し、運搬し、炭焼き用の原料を用意する工程である。広葉樹が好まれるが炭の質を一定にするために1種類の木を使って焼かれることが多い。これらの木は伐採した後は植樹が行われる事になっている。
 こうして炭材が確保できなくなることを防いでいる。
 
 部品: 炭材詰め工程
 この工程では原木を窯の大きさに合わせ密集させて詰め込む工程である。なるべく緊密に詰め込み、隙間を作らないよう注意する。その後口火を焚いて炭材を乾燥させる。
 
 部品: 着火工程
 炭化させるために空気を絞りながら炭材に着火する。通常の燃焼とは異なり、酸素の供給を最小限に抑え窯内を高温にしていく。
 この時乾留が行われ副産物として木酢液が製造される。これらは副収入として販売されることもあった。
 窯のサイズによってかかる日数は異なる。
 
 
 部品: 精錬工程
 着火し、十分に火が回ったら空気量を増やし炭を硬く締めて行く工程である。このあたりは炭焼き職人の経験と勘により判断する工程である。失敗すれば消し炭になってしまったり、精錬が進みすぎて燃え尽きてしまう。
 
 部品: 窯出し工程
 炭の精錬度を見極めて最適と判断した場合、窯口を塞ぎ密閉することで消火する。消火してから数日おいて完全に消火が終わったら窯口を開ける。
 
 部品: 出荷工程
 窯口を開けたら次は出荷工程である。これは炭の質を見て選別を行い、場合によっては使いやすいように形を整えてから出荷することになる。出荷される炭は炭焼き工房まで延伸された道をつかって最寄りの町や村へ送られ、そこから全国へ出荷される。
 
 

インポート用定義データ

 [
   {
     "title": "炭焼き工房",
     "part_type": "group",
     "children": [
       {
         "title": "炭焼き工房とは",
         "part_type": "part",
         "description": "炭焼工房とは木炭を生産する作業に炭焼き職人が作業に従事している工房のことである。製炭用の工房と共に寝泊まりする小屋が付属している。"
       },
       {
         "title": "炭の需要",
         "part_type": "part",
         "description": "低物理域においては薪炭は重要な火力源であり一定の需要が見込めた。料理の上での炭火焼き用の炭や刀鍛冶の炉における炭の需要も多い。また中物理域以上においても汚水浄化における汚染物質を吸着するための活性炭として炭の需要は無くなることはなかった。"
       },
       {
         "title": "木伐り3年、窯作り10年、炭焼き一生",
         "part_type": "part",
         "description": "木伐り3年、窯作り10年、炭焼き一生と言われるように、炭焼き職人は自ら山に入って炭材となる木材を伐採して原木を集める。窯作りは様々な技術が集まっており、これを習得するにも時間がかかる。そして炭焼きというものはその時々の環境によって空気の入れ方から素材の選択まで大きく変わる一生かかって修練するものだということだ。"
       },
       {
         "title": "製炭作業過程",
         "part_type": "group",
         "children": [
           {
             "title": "原木伐採、運搬、木拵工程",
             "part_type": "part",
             "description": "炭にするのに適した木材を伐採し、運搬し、炭焼き用の原料を用意する工程である。広葉樹が好まれるが炭の質を一定にするために1種類の木を使って焼かれることが多い。これらの木は伐採した後は植樹が行われる事になっている。\nこうして炭材が確保できなくなることを防いでいる。",
             "expanded": true
           },
           {
             "title": "炭材詰め工程",
             "part_type": "part",
             "description": "この工程では原木を窯の大きさに合わせ密集させて詰め込む工程である。なるべく緊密に詰め込み、隙間を作らないよう注意する。その後口火を焚いて炭材を乾燥させる。"
           },
           {
             "title": "着火工程",
             "part_type": "part",
             "description": "炭化させるために空気を絞りながら炭材に着火する。通常の燃焼とは異なり、酸素の供給を最小限に抑え窯内を高温にしていく。\nこの時乾留が行われ副産物として木酢液が製造される。これらは副収入として販売されることもあった。\n窯のサイズによってかかる日数は異なる。\n",
             "expanded": true
           },
           {
             "title": "精錬工程",
             "part_type": "part",
             "description": "着火し、十分に火が回ったら空気量を増やし炭を硬く締めて行く工程である。このあたりは炭焼き職人の経験と勘により判断する工程である。失敗すれば消し炭になってしまったり、精錬が進みすぎて燃え尽きてしまう。"
           },
           {
             "title": "窯出し工程",
             "part_type": "part",
             "description": "炭の精錬度を見極めて最適と判断した場合、窯口を塞ぎ密閉することで消火する。消火してから数日おいて完全に消火が終わったら窯口を開ける。"
           },
           {
             "title": "出荷工程",
             "part_type": "part",
             "description": "窯口を開けたら次は出荷工程である。これは炭の質を見て選別を行い、場合によっては使いやすいように形を整えてから出荷することになる。出荷される炭は炭焼き工房まで延伸された道をつかって最寄りの町や村へ送られ、そこから全国へ出荷される。",
             "expanded": true
           }
         ],
         "expanded": true
       }
     ],
     "expanded": true
   }
 ]