Top / 火子桃
HTML convert time: 0.021 sec.

火子桃

Last-modified: 2017-08-15 (火) 22:41:50

作成:はづきてる
チェック:暁の円卓

部品構造

  • 大部品: 火子桃 RD:4 評価値:3
    • 部品: 火子桃と呼ばれるゆえん
    • 部品: みずみずしい甘さ
    • 部品: 甘いものの入口
    • 部品: 看病に

部品定義

部品: 火子桃と呼ばれるゆえん

元々桃の木の多かった暁において、灯火の守り手である火子のうちの一人が育てていたのが始まりと言われている。

部品: みずみずしい甘さ

よく熟れた果肉を一口かじると、溢れる果汁が口いっぱいに広がる。桃独特の風味とともに、後を引かない甘さがもう一口を誘う。

部品: 甘いものの入口

甘いものが贅沢品であった暁の円卓においては手に入れやすい甘味という立ち位置にあり、多くの暁の民にとって、初めて食べる甘いものとなっている。

部品: 看病に

水分が多くくどすぎない甘さのある火子桃は、特に熱に苦しむ子供に安らぎを与える。病気で床についた子供たちが親に桃をねだる姿は珍しいものではない。

提出書式

 大部品: 火子桃 RD:4 評価値:3
 -部品: 火子桃と呼ばれるゆえん
 -部品: みずみずしい甘さ
 -部品: 甘いものの入口
 -部品: 看病に
 
 
 部品: 火子桃と呼ばれるゆえん
 元々桃の木の多かった暁において、灯火の守り手である火子のうちの一人が育てていたのが始まりと言われている。
 
 
 部品: みずみずしい甘さ
 よく熟れた果肉を一口かじると、溢れる果汁が口いっぱいに広がる。桃独特の風味とともに、後を引かない甘さがもう一口を誘う。
 
 
 部品: 甘いものの入口
 甘いものが贅沢品であった暁の円卓においては手に入れやすい甘味という立ち位置にあり、多くの暁の民にとって、初めて食べる甘いものとなっている。
 
 
 部品: 看病に
 水分が多くくどすぎない甘さのある火子桃は、特に熱に苦しむ子供に安らぎを与える。病気で床についた子供たちが親に桃をねだる姿は珍しいものではない。
 
 
 

インポート用定義データ

 [
   {
     "title": "火子桃",
     "part_type": "group",
     "children": [
       {
         "title": "火子桃と呼ばれるゆえん",
         "description": "元々桃の木の多かった暁において、灯火の守り手である火子のうちの一人が育てていたのが始まりと言われている。\n",
         "part_type": "part"
       },
       {
         "title": "みずみずしい甘さ",
         "description": "よく熟れた果肉を一口かじると、溢れる果汁が口いっぱいに広がる。桃独特の風味とともに、後を引かない甘さがもう一口を誘う。\n",
         "part_type": "part"
       },
       {
         "title": "甘いものの入口",
         "description": "甘いものが贅沢品であった暁の円卓においては手に入れやすい甘味という立ち位置にあり、多くの暁の民にとって、初めて食べる甘いものとなっている。\n",
         "part_type": "part"
       },
       {
         "title": "看病に",
         "description": "水分が多くくどすぎない甘さのある火子桃は、特に熱に苦しむ子供に安らぎを与える。病気で床についた子供たちが親に桃をねだる姿は珍しいものではない。\n",
         "part_type": "part"
       }
     ],
     "expanded": true
   }
 ]