Top / 水道
HTML convert time: 0.041 sec.

水道

Last-modified: 2017-08-12 (土) 00:19:16

データ作成:gumholic
チェック:暁の円卓

部品構造

大部品: 水道 RD:18 評価値:7

  • 大部品: 水道の役割 RD:3 評価値:2
    • 部品: 水の貯蔵
    • 部品: 水の浄化
    • 部品: 水の配送
  • 大部品: 水源の種類 RD:9 評価値:5
    • 大部品: ダム RD:7 評価値:4
      • 部品: ダムの概要
      • 部品: 取水堰
      • 部品: 取水門
      • 部品: 取水口
      • 部品: 沈砂池
      • 部品: 余水路
      • 部品: 環境への配慮
    • 部品: 水源林
    • 部品: 湖沼や貯水池
  • 大部品: 水道管 RD:4 評価値:3
    • 部品: 傾斜付き水道管
    • 部品: サイフォンの利用
    • 部品: 水道橋
    • 部品: バルブ
  • 部品: 緩速ろ過
  • 部品: 急速ろ過

部品設定文

部品: 水の貯蔵

水道の大事な機能の一つ。水源林に降った雨水や雪どけ水を貯蔵するために、大きな溜池を作って利用可能な水を確保している。

部品: 水の浄化

天然の水を濾過して不純物を取り除き、飲料水として利用できる水準まで水を綺麗にする。大別して緩速濾過方式と急速濾過方式がある。

部品: 水の配送

水を水道管に引き入れて流し込むことによって遠方の地まで水を運ぶことが出来る。分岐便やバルブを取り付けることで流量の調節や流量の分解が可能となる。

部品: ダムの概要

治水、利水、砂防などのために、河川や渓流を横断して堰き止める構造物。ビーバーなどの自然動物が作るときもあるが、ここではコンクリートや土砂、岩石などによって築く人工物を指す。

部品: 取水堰

河川などを横断する堰を設けることで水位を高くし、安定した取水を可能にする。水圧に耐えうる強度が要求されるため、一般にコンクリートやモルタル、土砂、岩石などによって厚みを増し、堅牢な作りにする。

部品: 取水門

開閉機能をもった取水堰で水位や取水量を調節するためのゲート。取水堰の上部に設置され格子が設置され流木や浮遊物を除去する。水の流量は取水口に及ばず、また渇水時にはダムの水位が下がるために安定供給に難がある。

部品: 取水口

取水堰で貯めた水を取り出す水路。一般的には取水堰の手前の岸に設置され、どの程度の水量を水道に流すかをコントロールできるようになっている。

部品: 沈砂池

利水施設などの導水部に設けられ、水利用や水処理の障害となる浮遊物や固体を沈殿除去するための人工池。取水堰に至るまでに複数箇所設けられることがあり、池まで徐々に広く(深く)なるが出口は上澄みを通すために狭く(浅く)作られている。

部品: 余水路

大雨などでダムの水位が上昇した場合に一定量より多くなった余分の水を流すため、ダムの上段に設けられる水路。これによってダムから水が溢れることを防ぐ。

部品: 環境への配慮

ダムは河川を堰き止めることから環境破壊につながる可能性が高い。そのため自然水路を一部残す、大きすぎるダムは作らない等、環境への悪影響を極力抑える形で開発されている。

部品: 水源林

落ち葉や枯れ木によってスポンジのように柔らかな土を持った山林。降雨や積雪の保水力が高く、河川や湖への水の流出を均等に保つ機能を有している。

部品: 湖沼や貯水池

湖沼や貯水池は水深により水温や水質が異なり、特に湖底近くには濁水が溜まりやすい。また、季節や天候による変動もある。このため、状況に応じて任意の水深から取水できるような構造にすることが望ましく、取水塔が建てられることが多い。

部品: 傾斜付き水道管

高さ:距離=1:3000の規格にもとづいて傾斜が設計されている。10キロメートル辺り3.3メートルの傾斜が付いており、重力を利用して水が流れる設計になっている。

部品: サイフォンの利用

高い位置にある出発地点と低い位置にある目的地点を管でつないで流す際、管内が液体で満たされていれば、管の途中に出発地点より高い地点があってもポンプでくみ上げることなく流れ続ける。

部品: 水道橋

河川や深い渓谷を超えて水を運ぶための橋。橋の内部が水道になっており、谷の場合は凹型の、川の場合は凸型の形でサイフォンの原理が利用されている。

部品: バルブ

流体の通路を開閉することのできる可動機構を持った装置。流用を調節することで圧力を高めたり、組み合わせて流路の変更や分岐を可能とする。

部品: 緩速ろ過

水を砂や木炭を重ねた層の中に通すことで不純物を取り除く方式。砂の場合は微生物の分解、木炭は吸着孔によって不純物を取り除く。木炭の場合は定期的な入替えが必要となる。比較的ろ過の速度が遅いがおいしい水が出来るとされる。

部品: 急速ろ過

水に凝集剤を入れることで緩速ろ過の速度を早めた方式。基本的に粒度の違う何層もの砂を通すことで短時間で濾過できる。砂の層の体積あたりのろ過速度が早く、コンパクトな設計が可能とされる。

提出書式

大部品: 水道 RD:18 評価値:7
-大部品: 水道の役割 RD:3 評価値:2
--部品: 水の貯蔵
--部品: 水の浄化
--部品: 水の配送
-大部品: 水源の種類 RD:9 評価値:5
--大部品: ダム RD:7 評価値:4
---部品: ダムの概要
---部品: 取水堰
---部品: 取水門
---部品: 取水口
---部品: 沈砂池
---部品: 余水路
---部品: 環境への配慮
--部品: 水源林
--部品: 湖沼や貯水池
-大部品: 水道管 RD:4 評価値:3
--部品: 傾斜付き水道管
--部品: サイフォンの利用
--部品: 水道橋
--部品: バルブ
-部品: 緩速ろ過
-部品: 急速ろ過

部品: 水の貯蔵
水道の大事な機能の一つ。水源林に降った雨水や雪どけ水を貯蔵するために、大きな溜池を作って利用可能な水を確保している。

部品: 水の浄化
天然の水を濾過して不純物を取り除き、飲料水として利用できる水準まで水を綺麗にする。大別して緩速濾過方式と急速濾過方式がある。

部品: 水の配送
水を水道管に引き入れて流し込むことによって遠方の地まで水を運ぶことが出来る。分岐便やバルブを取り付けることで流量の調節や流量の分解が可能となる。

部品: ダムの概要
治水、利水、砂防などのために、河川や渓流を横断して堰き止める構造物。ビーバーなどの自然動物が作るときもあるが、ここではコンクリートや土砂、岩石などによって築く人工物を指す。

部品: 取水堰
河川などを横断する堰を設けることで水位を高くし、安定した取水を可能にする。水圧に耐えうる強度が要求されるため、一般にコンクリートやモルタル、土砂、岩石などによって厚みを増し、堅牢な作りにする。

部品: 取水門
開閉機能をもった取水堰で水位や取水量を調節するためのゲート。取水堰の上部に設置され格子が設置され流木や浮遊物を除去する。水の流量は取水口に及ばず、また渇水時にはダムの水位が下がるために安定供給に難がある。

部品: 取水口
取水堰で貯めた水を取り出す水路。一般的には取水堰の手前の岸に設置され、どの程度の水量を水道に流すかをコントロールできるようになっている。

部品: 沈砂池
利水施設などの導水部に設けられ、水利用や水処理の障害となる浮遊物や固体を沈殿除去するための人工池。取水堰に至るまでに複数箇所設けられることがあり、池まで徐々に広く(深く)なるが出口は上澄みを通すために狭く(浅く)作られている。

部品: 余水路
大雨などでダムの水位が上昇した場合に一定量より多くなった余分の水を流すため、ダムの上段に設けられる水路。これによってダムから水が溢れることを防ぐ。

部品: 環境への配慮
ダムは河川を堰き止めることから環境破壊につながる可能性が高い。そのため自然水路を一部残す、大きすぎるダムは作らない等、環境への悪影響を極力抑える形で開発されている。

部品: 水源林
落ち葉や枯れ木によってスポンジのように柔らかな土を持った山林。降雨や積雪の保水力が高く、河川や湖への水の流出を均等に保つ機能を有している。

部品: 湖沼や貯水池
湖沼や貯水池は水深により水温や水質が異なり、特に湖底近くには濁水が溜まりやすい。また、季節や天候による変動もある。このため、状況に応じて任意の水深から取水できるような構造にすることが望ましく、取水塔が建てられることが多い。

部品: 傾斜付き水道管
高さ:距離=1:3000の規格にもとづいて傾斜が設計されている。10キロメートル辺り3.3メートルの傾斜が付いており、重力を利用して水が流れる設計になっている。

部品: サイフォンの利用
高い位置にある出発地点と低い位置にある目的地点を管でつないで流す際、管内が液体で満たされていれば、管の途中に出発地点より高い地点があってもポンプでくみ上げることなく流れ続ける。

部品: 水道橋
河川や深い渓谷を超えて水を運ぶための橋。橋の内部が水道になっており、谷の場合は凹型の、川の場合は凸型の形でサイフォンの原理が利用されている。

部品: バルブ
流体の通路を開閉することのできる可動機構を持った装置。流用を調節することで圧力を高めたり、組み合わせて流路の変更や分岐を可能とする。

部品: 緩速ろ過
水を砂や木炭を重ねた層の中に通すことで不純物を取り除く方式。砂の場合は微生物の分解、木炭は吸着孔によって不純物を取り除く。木炭の場合は定期的な入替えが必要となる。比較的ろ過の速度が遅いがおいしい水が出来るとされる。

部品: 急速ろ過
水に凝集剤を入れることで緩速ろ過の速度を早めた方式。基本的に粒度の違う何層もの砂を通すことで短時間で濾過できる。砂の層の体積あたりのろ過速度が早く、コンパクトな設計が可能とされる。

インポート書式

[
{
"title": "水道",
"type": "group",
"children": [
{
"title": "水道の役割",
"type": "group",
"children": [
{
"title": "水の貯蔵",
"description": "水道の大事な機能の一つ。水源林に降った雨水や雪どけ水を貯蔵するために、大きな溜池を作って利用可能な水を確保している。",
"type": "parts"
},
{
"title": "水の浄化",
"description": "天然の水を濾過して不純物を取り除き、飲料水として利用できる水準まで水を綺麗にする。大別して緩速濾過方式と急速濾過方式がある。",
"type": "parts",
"expanded": true
},
{
"title": "水の配送",
"description": "水を水道管に引き入れて流し込むことによって遠方の地まで水を運ぶことが出来る。分岐便やバルブを取り付けることで流量の調節や流量の分解が可能となる。",
"type": "parts"
}
],
"expanded": true
},
{
"title": "水源の種類",
"type": "group",
"children": [
{
"title": "ダム",
"type": "group",
"children": [
{
"title": "ダムの概要",
"description": "治水、利水、砂防などのために、河川や渓流を横断して堰き止める構造物。ビーバーなどの自然動物が作るときもあるが、ここではコンクリートや土砂、岩石などによって築く人工物を指す。",
"type": "parts",
"expanded": true
},
{
"title": "取水堰",
"description": "河川などを横断する堰を設けることで水位を高くし、安定した取水を可能にする。水圧に耐えうる強度が要求されるため、一般にコンクリートやモルタル、土砂、岩石などによって厚みを増し、堅牢な作りにする。",
"type": "parts",
"expanded": true
},
{
"title": "取水門",
"description": "開閉機能をもった取水堰で水位や取水量を調節するためのゲート。取水堰の上部に設置され格子が設置され流木や浮遊物を除去する。水の流量は取水口に及ばず、また渇水時にはダムの水位が下がるために安定供給に難がある。",
"type": "parts",
"expanded": true
},
{
"title": "取水口",
"description": "取水堰で貯めた水を取り出す水路。一般的には取水堰の手前の岸に設置され、どの程度の水量を水道に流すかをコントロールできるようになっている。",
"type": "parts",
"expanded": true
},
{
"title": "沈砂池",
"description": "利水施設などの導水部に設けられ、水利用や水処理の障害となる浮遊物や固体を沈殿除去するための人工池。取水堰に至るまでに複数箇所設けられることがあり、池まで徐々に広く(深く)なるが出口は上澄みを通すために狭く(浅く)作られている。",
"type": "parts",
"expanded": true
},
{
"title": "余水路",
"description": "大雨などでダムの水位が上昇した場合に一定量より多くなった余分の水を流すため、ダムの上段に設けられる水路。これによってダムから水が溢れることを防ぐ。",
"type": "parts",
"expanded": true
},
{
"title": "環境への配慮",
"description": "ダムは河川を堰き止めることから環境破壊につながる可能性が高い。そのため自然水路を一部残す、大きすぎるダムは作らない等、環境への悪影響を極力抑える形で開発されている。",
"type": "parts"
}
],
"expanded": true
},
{
"title": "水源林",
"description": "落ち葉や枯れ木によってスポンジのように柔らかな土を持った山林。降雨や積雪の保水力が高く、河川や湖への水の流出を均等に保つ機能を有している。",
"type": "parts",
"expanded": true
},
{
"title": "湖沼や貯水池",
"description": "湖沼や貯水池は水深により水温や水質が異なり、特に湖底近くには濁水が溜まりやすい。また、季節や天候による変動もある。このため、状況に応じて任意の水深から取水できるような構造にすることが望ましく、取水塔が建てられることが多い。",
"type": "parts"
}
],
"expanded": true
},
{
"title": "水道管",
"type": "group",
"children": [
{
"title": "傾斜付き水道管",
"description": "高さ:距離=1:3000の規格にもとづいて傾斜が設計されている。10キロメートル辺り3.3メートルの傾斜が付いており、重力を利用して水が流れる設計になっている。",
"type": "parts",
"expanded": true
},
{
"title": "サイフォンの利用",
"description": "高い位置にある出発地点と低い位置にある目的地点を管でつないで流す際、管内が液体で満たされていれば、管の途中に出発地点より高い地点があってもポンプでくみ上げることなく流れ続ける。",
"type": "parts",
"expanded": true
},
{
"title": "水道橋",
"description": "河川や深い渓谷を超えて水を運ぶための橋。橋の内部が水道になっており、谷の場合は凹型の、川の場合は凸型の形でサイフォンの原理が利用されている。",
"type": "parts",
"expanded": true
},
{
"title": "バルブ",
"description": "流体の通路を開閉することのできる可動機構を持った装置。流用を調節することで圧力を高めたり、組み合わせて流路の変更や分岐を可能とする。",
"type": "parts"
}
],
"expanded": true
},
{
"title": "緩速ろ過",
"description": "水を砂や木炭を重ねた層の中に通すことで不純物を取り除く方式。砂の場合は微生物の分解、木炭は吸着孔によって不純物を取り除く。木炭の場合は定期的な入替えが必要となる。比較的ろ過の速度が遅いがおいしい水が出来るとされる。",
"type": "parts",
"expanded": true
},
{
"title": "急速ろ過",
"description": "水に凝集剤を入れることで緩速ろ過の速度を早めた方式。基本的に粒度の違う何層もの砂を通すことで短時間で濾過できる。砂の層の体積あたりのろ過速度が早く、コンパクトな設計が可能とされる。",
"type": "parts",
"expanded": true
}
],
"expanded": true
}
]