Top / 暁紅の太刀
HTML convert time: 0.082 sec.

暁紅の太刀

Last-modified: 2017-08-15 (火) 22:33:03

部品構造

  • 大部品: 暁紅の太刀 RD:39 評価値:9
    • 部品: 暁紅の太刀とは
    • 大部品: 大太刀 RD:13 評価値:6
      • 部品: 大太刀とは
      • 部品: 騎馬武者の武器
      • 部品: 豪快なイメージ
      • 部品: 繊細な使用方法
      • 部品: 馬上では片手で使う
      • 部品: 長柄武器との類似
      • 部品: 徒戦の戦場の武器
      • 大部品: 大太刀の携行方法 RD:4 評価値:3
        ----部品: 自らの手で持つ場合
        ----部品: 従者に持たせる場合
        ----部品: 腰に携行する場合
        ----部品: 背負う場合
      • 部品: 経済力と豪傑さの証
      • 部品: 斬馬刀との違い
    • 部品: ヒイロノコガネ製
    • 大部品: 暁紅の太刀の製法 RD:6 評価値:4
      • 部品: 生産を担う刀匠達
      • 部品: 国策により政府によって保護される
      • 部品: 暁紅の太刀自体に明確な規定はなし
      • 部品: 「折れぬ、朽ちぬ、錆びぬ」
      • 部品: 己の技量のみで刀を打つ
      • 部品: 刀に魂が宿る
    • 部品: その切れ味
    • 部品: 取り回しのしやすさ
    • 部品: 暁の戦士に最適化されたバランス
    • 部品: そのバリエーション
    • 部品: 暁の戦士の基準装備
    • 大部品: 暁の戦士ならではの戦い方 RD:9 評価値:5
      • 部品: 大太刀を太刀として運用する
      • 大部品: 太刀 RD:8 評価値:5
        ----部品: 名称の語源
        ----部品: 特徴と概要
        ----部品: 携行方法
        ----部品: 馬上での扱い
        ----部品: 乱戦での使用
        ----部品: 刀鍛冶による生産
        ----部品: 両手持ちに最適化された重量バランス
        ----部品: 手入れの方法
    • 部品: 儀礼的側面
    • 部品: 装飾的側面
    • 部品: 厳しい生産管理
    • 部品: 暁の戦士の誇り

部品定義

部品: 暁紅の太刀とは

全長200cmから長いものでは400cmを超えるという強靭な刀、その名を暁紅の太刀と呼ぶ。所謂大太刀と分類される刀剣である。

部品: 大太刀とは

日本刀の一種で、長大な打刀、および太刀のことで 「野太刀(のだち、のたち)」、「背負い太刀」とも呼ばれる。

部品: 騎馬武者の武器

基本的には歩兵の武器ではなく、騎馬武者の用いるもので、馬上から馬の走る勢いで斬る武器である。そのため、実用にあたってはあまり振り回す必要はなかった。

部品: 豪快なイメージ

大太刀は敵将を馬ごと斬ることができる代物とし、フィクションにおける表現では馬の胴体または首部と騎乗の武士を一緒に斬る豪快なイメージを描かれることも多い

部品: 繊細な使用方法

実際の使用法としては長いリーチを生かして馬と騎乗の武士からの攻撃を避けつつ、騎者を落馬させるか、足を狙って馬をつぶすことが主であった

部品: 馬上では片手で使う

長大であったとしても太刀は太刀である。大太刀に関しても乗馬時に片手で扱うことが基本の武具として発展した。馬上で両手で太刀を構えては手綱を握ることができず、馬を操ることができないからである。

部品: 長柄武器との類似

大太刀はその長大さ故、太刀としてよりも薙刀や槍等の長柄の武器の運用をすることも多かった。細かな動きをし辛く、用いる際には周囲の味方を巻き込まないように戦う必要性があった為だ

部品: 徒戦の戦場の武器

大太刀は決して一般的な武器ではなく、限定された者が限定された条件で扱う稀な武器ではあるが、古武術には大太刀を使った徒戦の戦闘技術が残っており、合戦などで技術研鑽されてきた徒戦の戦場の武器だとも言えよう

部品: 自らの手で持つ場合

名の通りまさに自らの手で持って運ぶ。この場合はかなり長い大太刀を引き抜くことが可能であった。また戦いの始まる前には鞘を捨てることもある。

部品: 従者に持たせる場合

大太刀を従者が手に持ち運ぶ。引き抜く際には従者に鞘を持たせて、馬に乗った武者が引き抜くかまたは徒歩の武者が引き抜く。この場合かなり長い大太刀を引き抜くことが可能であった

部品: 腰に携行する場合

腰に大太刀を携行する流派もあった。しかし腰に携行する場合は大太刀の長さのため引き抜くのには容易ではない。そのためにはかなりの熟練した技が必要である。

部品: 背負う場合

太刀や刀はまず鯉口を切らなければ抜けず、また右肩に鯉口があり右手で大太刀を抜くにはあまりにも大太刀が長いために引き抜く手の長さが足りない。よって通常は左肩から右腰に背負う場合が多い

部品: 経済力と豪傑さの証

大太刀などのような一定以上の刀身を持つ武器は製造に高い冶金と加工技術が要求されるため武器としては高価なもので、騎馬武者の主要な白兵戦武器だった太刀を徐々に長大に拵えていくという一種のパフォーマンス的な発想から生まれた武器である。一種の経済力と豪傑さが一目でわかる武器だと言えた。

部品: 斬馬刀との違い

大太刀・長巻が斬馬刀と混同される場合もあるが、日本にはこのような名前の武器が存在したという資料は発見されておらず、大太刀や長巻のような大型の日本刀剣を斬馬刀と呼称した資料等も一切存在しない。基本的に中国では刀といえば長刀(なぎなた)であり、青龍刀等と同じく日本の文化とは認識が違うために誤解が広まったようだ。

部品: ヒイロノコガネ製

暁の円卓藩国で特産するヒイロノコガネと呼ばれる鉱石を用いて暁紅の太刀は作成される。基本的には日本刀の製法に類似しており、折り返し鍛造を繰り返して層構造を作り上げていく鍛造が基本であった

部品: 生産を担う刀匠達

暁紅の太刀の生産を担う刀匠達は、ほとんどの者が元戦士であった経歴を持ち、戦士の中でも特に手先が器用で刀やモノづくりに魅せられた者がなることが多かった。
元戦士であるという点には人口の9割が戦士階級である暁ではある意味当然のことと言える。今後は多様な作業の発展に伴い、様々な出身の刀匠が増えるだろう。

部品: 国策により政府によって保護される

暁紅の太刀の作成は国家事業として政府により手厚く保護されている。人材の育成と共にその装備に関しても維持・管理されるべきと考えられたからだ。
それによって刀匠達は存分に腕を振るうことができた。

部品: 暁紅の太刀自体に明確な規定はなし

暁紅の太刀事態には明確な規定はなく、長さや厚さはある程度自由で用途に合わせて作ることが許されており、既存刀の2倍近くの厚さを持つ刀や5m近い刀が生まれることもあった。

部品: 「折れぬ、朽ちぬ、錆びぬ」

どのような刀でも変わらないモノとして暁の円卓では名剣を示す「折れぬ、朽ちぬ、錆びぬ」という言葉があり、刀匠達はそのような刀を作ることが、誇りであり喜びであった。

部品: 己の技量のみで刀を打つ

刀匠達は、基本的に己の技量のみで刀を打つ。魔法等の己以外の技術に頼るのは恥とされた。
元々戦士階級の出身が多いという事情もあったが、本能的に異なる技術を合わせるということに拒否反応を示していたとも言える。

部品: 刀に魂が宿る

刀匠達のある意味命を削った鍛造により、霊的な存在にダメージを与える等、本来では起こりえないような現象を起こす刀剣が完成することがあった。(といっても効果は微々たるものであるが)
この現象に関しては俗に【刀に魂が宿った】として通常より一ランク以上高い価値を持つとされた。

部品: その切れ味

切れ味は非常に鋭利で達人ともなれば鉄をも紙の如く切り裂くともいわれている。 基本的には重さを利用をされるが、この切れ味により打倒と同様な使い方も可能であった。

部品: 取り回しのしやすさ

柄の部分を長めにとり、持ち手部分を広く取ることでこの長さでも取り回しやすくなっており、長柄武器に比べて格段に使いやすくなっている。このため、パイクに対するツヴァイヘンダーの如く槍を切り払い活路を開くなどの運用も可能であった。

部品: 暁の戦士に最適化されたバランス

常識的に考えると暁紅の太刀は実用に耐えうる武器ではないと判断されるかもしれない。しかしこれは暁の円卓特有の体躯に恵まれた戦士達が使うと想定するとその常識は意味がないものとなる。これらは暁の円卓が考えに考え抜いて辿りついた自国民に最適化されたバランスの武器なのである。

部品: そのバリエーション

戦闘用の長大な刀身を持つ太刀の他、暁紅の太刀を磨り上げて作った刀もたくさん見受けられ、これらは専ら護身的な運用として使われることが多かった

部品: 暁の戦士の基準装備

暁の円卓において、戦士となれるかの基準の一つに暁紅の太刀を扱えるかどうかがあった。暁紅の太刀を扱えないほど非力であれば、まず戦士として大成することはできないからだ。勿論現在においては戦士以外の道も多数存在する為、戦士だけが生きる道ではない。しかし未だに戦士の中ではこの太刀を操れることが評価基準の一つであった。

部品: 大太刀を太刀として運用する

本来、大太刀としてしっかりと運用を心がけないと自らが怪我をするレベルの武器であるが、暁の戦士達はその恵まれた体躯を活かして通常の太刀と同様の運用を行うことができた。勿論リーチは非常に広くなるので、味方との位置取り等、大太刀ならではの特性も考慮した上での運用が必要である。

部品: 名称の語源

太刀とは断ちに通じ、物を両断する様からその名が付けられたと言われる。言霊的に見ても断ちは絶ちに通じるため、切断の概念そのものが込められているといえる。

部品: 特徴と概要

一般的に鎬があり、反りを持った刀のことを太刀と呼ぶ。馬上での戦いを想定して発展した武器であるため、反りが強く長大なものが多いという特徴がある。また、刀身の幅が鍔元で太く切っ先で細くなる特徴もある。

部品: 携行方法

打刀は刃を上にし帯に差して携行するのに対し、太刀は刃を下に吊るして携行する。この状態を佩くと呼ぶ。更に長い大太刀の場合は佩くには長すぎるため背負う、または担ぐ方法が取られることもある。

部品: 馬上での扱い

太刀はその長さから合戦の際に地上にいる敵を叩き切るために使われる。場合によっては刃の半ばまでを紐や布を巻いて薙刀のように使う例もあったとされる。

部品: 乱戦での使用

遠距離兵器や長物による統制の取れた戦場での使用ではなく、敵味方の入り乱れる乱戦が始まった時に主に使われる事が多い。

部品: 刀鍛冶による生産

太刀は刀鍛冶により一本一本鍛造によって製造される。その品質は刀鍛冶の腕や施設、材料の質など様々な要因により変動するが、総じて切れ味鋭く戦闘に適していた。

部品: 両手持ちに最適化された重量バランス

太刀は片手で扱うには適しておらず、両手持ちで扱うような重量バランスとなっている。よって両手に一つしか扱うことができず2つ以上装備することはできない。

部品: 手入れの方法

基本的には刃物であるため、研ぐことで切れ味を取り戻すことができる。長大な太刀であっても研ぎ続ければ短くなるため、最終的には短刀に仕立て直すこともあった。

部品: 儀礼的側面

暁紅の太刀はその刃紋の美しさはさることながら、儀礼的装飾を施されたものも良く見受けられる。これは暁の刀匠の技術により昇華した一種芸術であるとともに、暁と言う国を象徴する物であるからだと言われている。

部品: 装飾的側面

儀礼的装飾を施された刀が多いのは先に触れたが、一般的な戦士達も自分の武器として装飾を施す者が多かった。中でも太刀の尻鞘も多様な種類があったとされる

部品: 厳しい生産管理

暁紅の太刀は国家事業として進められており、作成者たる刀匠達には最大限の配慮をしていたものの、民間工房での生産は認められず、また民間への拡散を防ぐため厳しい生産の管理が行われた。
一般的な人には持ち上げることも困難な代物であるが、人間以上の力を持った存在はたくさんおり、力持つ者の義務として流出には厳しい目を光らせている。

部品: 暁の戦士の誇り

暁紅の太刀は子供達や戦士候補生達の憧れであり、戦士達もまたその憧れを手にし、皆を失望させまいとその太刀を振るった。それは暁の戦士の誇りであった。

提出書式

 大部品: 暁紅の太刀 RD:39 評価値:9
 -部品: 暁紅の太刀とは
 -大部品: 大太刀 RD:13 評価値:6
 --部品: 大太刀とは
 --部品: 騎馬武者の武器
 --部品: 豪快なイメージ
 --部品: 繊細な使用方法
 --部品: 馬上では片手で使う
 --部品: 長柄武器との類似
 --部品: 徒戦の戦場の武器
 --大部品: 大太刀の携行方法 RD:4 評価値:3
 ---部品: 自らの手で持つ場合
 ---部品: 従者に持たせる場合
 ---部品: 腰に携行する場合
 ---部品: 背負う場合
 --部品: 経済力と豪傑さの証
 --部品: 斬馬刀との違い
 -部品: ヒイロノコガネ製
 -大部品: 暁紅の太刀の製法 RD:6 評価値:4
 --部品: 生産を担う刀匠達
 --部品: 国策により政府によって保護される
 --部品: 暁紅の太刀自体に明確な規定はなし
 --部品: 「折れぬ、朽ちぬ、錆びぬ」
 --部品: 己の技量のみで刀を打つ
 --部品: 刀に魂が宿る
 -部品: その切れ味
 -部品: 取り回しのしやすさ
 -部品: 暁の戦士に最適化されたバランス
 -部品: そのバリエーション
 -部品:  暁の戦士の基準装備
 -大部品: 暁の戦士ならではの戦い方 RD:9 評価値:5
 --部品: 大太刀を太刀として運用する
 --大部品: 太刀 RD:8 評価値:5
 ---部品: 名称の語源
 ---部品: 特徴と概要
 ---部品: 携行方法
 ---部品: 馬上での扱い
 ---部品: 乱戦での使用
 ---部品: 刀鍛冶による生産
 ---部品: 両手持ちに最適化された重量バランス
 ---部品: 手入れの方法
 -部品: 儀礼的側面
 -部品: 装飾的側面
 -部品: 厳しい生産管理
 -部品:  暁の戦士の誇り
 
 
 部品: 暁紅の太刀とは
 全長200cmから長いものでは400cmを超えるという強靭な刀、その名を暁紅の太刀と呼ぶ。所謂大太刀と分類される刀剣である。
 
 部品: 大太刀とは
 日本刀の一種で、長大な打刀、および太刀のことで 「野太刀(のだち、のたち)」、「背負い太刀」とも呼ばれる。
 
 部品: 騎馬武者の武器
 基本的には歩兵の武器ではなく、騎馬武者の用いるもので、馬上から馬の走る勢いで斬る武器である。そのため、実用にあたってはあまり振り回す必要はなかった。
 
 部品: 豪快なイメージ
 大太刀は敵将を馬ごと斬ることができる代物とし、フィクションにおける表現では馬の胴体または首部と騎乗の武士を一緒に斬る豪快なイメージを描かれることも多い
 
 
 部品: 繊細な使用方法
 実際の使用法としては長いリーチを生かして馬と騎乗の武士からの攻撃を避けつつ、騎者を落馬させるか、足を狙って馬をつぶすことが主であった
 
 
 部品: 馬上では片手で使う
 長大であったとしても太刀は太刀である。大太刀に関しても乗馬時に片手で扱うことが基本の武具として発展した。馬上で両手で太刀を構えては手綱を握ることができず、馬を操ることができないからである。
 
 部品: 長柄武器との類似
 大太刀はその長大さ故、太刀としてよりも薙刀や槍等の長柄の武器の運用をすることも多かった。細かな動きをし辛く、用いる際には周囲の味方を巻き込まないように戦う必要性があった為だ
 
 部品: 徒戦の戦場の武器
 大太刀は決して一般的な武器ではなく、限定された者が限定された条件で扱う稀な武器ではあるが、古武術には大太刀を使った徒戦の戦闘技術が残っており、合戦などで技術研鑽されてきた徒戦の戦場の武器だとも言えよう
 
 部品: 自らの手で持つ場合
 名の通りまさに自らの手で持って運ぶ。この場合はかなり長い大太刀を引き抜くことが可能であった。また戦いの始まる前には鞘を捨てることもある。
 
 部品: 従者に持たせる場合
 大太刀を従者が手に持ち運ぶ。引き抜く際には従者に鞘を持たせて、馬に乗った武者が引き抜くかまたは徒歩の武者が引き抜く。この場合かなり長い大太刀を引き抜くことが可能であった
 
 部品: 腰に携行する場合
 腰に大太刀を携行する流派もあった。しかし腰に携行する場合は大太刀の長さのため引き抜くのには容易ではない。そのためにはかなりの熟練した技が必要である。
 
 部品: 背負う場合
 太刀や刀はまず鯉口を切らなければ抜けず、また右肩に鯉口があり右手で大太刀を抜くにはあまりにも大太刀が長いために引き抜く手の長さが足りない。よって通常は左肩から右腰に背負う場合が多い
 
 部品: 経済力と豪傑さの証
 大太刀などのような一定以上の刀身を持つ武器は製造に高い冶金と加工技術が要求されるため武器としては高価なもので、騎馬武者の主要な白兵戦武器だった太刀を徐々に長大に拵えていくという一種のパフォーマンス的な発想から生まれた武器である。一種の経済力と豪傑さが一目でわかる武器だと言えた。
 
 部品: 斬馬刀との違い
 大太刀・長巻が斬馬刀と混同される場合もあるが、日本にはこのような名前の武器が存在したという資料は発見されておらず、大太刀や長巻のような大型の日本刀剣を斬馬刀と呼称した資料等も一切存在しない。基本的に中国では刀といえば長刀(なぎなた)であり、青龍刀等と同じく日本の文化とは認識が違うために誤解が広まったようだ。
 
 部品: ヒイロノコガネ製
 暁の円卓藩国で特産するヒイロノコガネと呼ばれる鉱石を用いて暁紅の太刀は作成される。基本的には日本刀の製法に類似しており、折り返し鍛造を繰り返して層構造を作り上げていく鍛造が基本であった
 
 部品: 生産を担う刀匠達
 暁紅の太刀の生産を担う刀匠達は、ほとんどの者が元戦士であった経歴を持ち、戦士の中でも特に手先が器用で刀やモノづくりに魅せられた者がなることが多かった。
 元戦士であるという点には人口の9割が戦士階級である暁ではある意味当然のことと言える。今後は多様な作業の発展に伴い、様々な出身の刀匠が増えるだろう。
 
 部品: 国策により政府によって保護される
 暁紅の太刀の作成は国家事業として政府により手厚く保護されている。人材の育成と共にその装備に関しても維持・管理されるべきと考えられたからだ。
 それによって刀匠達は存分に腕を振るうことができた。
 
 部品: 暁紅の太刀自体に明確な規定はなし
 暁紅の太刀事態には明確な規定はなく、長さや厚さはある程度自由で用途に合わせて作ることが許されており、既存刀の2倍近くの厚さを持つ刀や5m近い刀が生まれることもあった。
 
 部品: 「折れぬ、朽ちぬ、錆びぬ」
 どのような刀でも変わらないモノとして暁の円卓では名剣を示す「折れぬ、朽ちぬ、錆びぬ」という言葉があり、刀匠達はそのような刀を作ることが、誇りであり喜びであった。
 
 部品: 己の技量のみで刀を打つ
 刀匠達は、基本的に己の技量のみで刀を打つ。魔法等の己以外の技術に頼るのは恥とされた。
 元々戦士階級の出身が多いという事情もあったが、本能的に異なる技術を合わせるということに拒否反応を示していたとも言える。
 
 部品: 刀に魂が宿る
 刀匠達のある意味命を削った鍛造により、霊的な存在にダメージを与える等、本来では起こりえないような現象を起こす刀剣が完成することがあった。(といっても効果は微々たるものであるが)
 この現象に関しては俗に【刀に魂が宿った】として通常より一ランク以上高い価値を持つとされた。
 
 
 部品: その切れ味
 切れ味は非常に鋭利で達人ともなれば鉄をも紙の如く切り裂くともいわれている。 基本的には重さを利用をされるが、この切れ味により打倒と同様な使い方も可能であった。
 
 部品: 取り回しのしやすさ
 柄の部分を長めにとり、持ち手部分を広く取ることでこの長さでも取り回しやすくなっており、長柄武器に比べて格段に使いやすくなっている。このため、パイクに対するツヴァイヘンダーの如く槍を切り払い活路を開くなどの運用も可能であった。
 
 部品: 暁の戦士に最適化されたバランス
 常識的に考えると暁紅の太刀は実用に耐えうる武器ではないと判断されるかもしれない。しかしこれは暁の円卓特有の体躯に恵まれた戦士達が使うと想定するとその常識は意味がないものとなる。これらは暁の円卓が考えに考え抜いて辿りついた自国民に最適化されたバランスの武器なのである。
 
 部品: そのバリエーション
 戦闘用の長大な刀身を持つ太刀の他、暁紅の太刀を磨り上げて作った刀もたくさん見受けられ、これらは専ら護身的な運用として使われることが多かった
 
 部品:  暁の戦士の基準装備
 暁の円卓において、戦士となれるかの基準の一つに暁紅の太刀を扱えるかどうかがあった。暁紅の太刀を扱えないほど非力であれば、まず戦士として大成することはできないからだ。勿論現在においては戦士以外の道も多数存在する為、戦士だけが生きる道ではない。しかし未だに戦士の中ではこの太刀を操れることが評価基準の一つであった。
 
 部品: 大太刀を太刀として運用する
 本来、大太刀としてしっかりと運用を心がけないと自らが怪我をするレベルの武器であるが、暁の戦士達はその恵まれた体躯を活かして通常の太刀と同様の運用を行うことができた。勿論リーチは非常に広くなるので、味方との位置取り等、大太刀ならではの特性も考慮した上での運用が必要である。
 
 部品: 名称の語源
 太刀とは断ちに通じ、物を両断する様からその名が付けられたと言われる。言霊的に見ても断ちは絶ちに通じるため、切断の概念そのものが込められているといえる。
 
 部品: 特徴と概要
 一般的に鎬があり、反りを持った刀のことを太刀と呼ぶ。馬上での戦いを想定して発展した武器であるため、反りが強く長大なものが多いという特徴がある。また、刀身の幅が鍔元で太く切っ先で細くなる特徴もある。
 
 部品: 携行方法
 打刀は刃を上にし帯に差して携行するのに対し、太刀は刃を下に吊るして携行する。この状態を佩くと呼ぶ。更に長い大太刀の場合は佩くには長すぎるため背負う、または担ぐ方法が取られることもある。
 
 部品: 馬上での扱い
 太刀はその長さから合戦の際に地上にいる敵を叩き切るために使われる。場合によっては刃の半ばまでを紐や布を巻いて薙刀のように使う例もあったとされる。
 
 部品: 乱戦での使用
 遠距離兵器や長物による統制の取れた戦場での使用ではなく、敵味方の入り乱れる乱戦が始まった時に主に使われる事が多い。
 
 部品: 刀鍛冶による生産
 太刀は刀鍛冶により一本一本鍛造によって製造される。その品質は刀鍛冶の腕や施設、材料の質など様々な要因により変動するが、総じて切れ味鋭く戦闘に適していた。
 
 部品: 両手持ちに最適化された重量バランス
 太刀は片手で扱うには適しておらず、両手持ちで扱うような重量バランスとなっている。よって両手に一つしか扱うことができず2つ以上装備することはできない。
 
 部品: 手入れの方法
 基本的には刃物であるため、研ぐことで切れ味を取り戻すことができる。長大な太刀であっても研ぎ続ければ短くなるため、最終的には短刀に仕立て直すこともあった。
 
 
 部品: 儀礼的側面
 暁紅の太刀はその刃紋の美しさはさることながら、儀礼的装飾を施されたものも良く見受けられる。これは暁の刀匠の技術により昇華した一種芸術であるとともに、暁と言う国を象徴する物であるからだと言われている。 
 
 部品: 装飾的側面
 儀礼的装飾を施された刀が多いのは先に触れたが、一般的な戦士達も自分の武器として装飾を施す者が多かった。中でも太刀の尻鞘も多様な種類があったとされる
 
 
 部品: 厳しい生産管理
 暁紅の太刀は国家事業として進められており、作成者たる刀匠達には最大限の配慮をしていたものの、民間工房での生産は認められず、また民間への拡散を防ぐため厳しい生産の管理が行われた。
 一般的な人には持ち上げることも困難な代物であるが、人間以上の力を持った存在はたくさんおり、力持つ者の義務として流出には厳しい目を光らせている。
 
 
 部品:  暁の戦士の誇り
 暁紅の太刀は子供達や戦士候補生達の憧れであり、戦士達もまたその憧れを手にし、皆を失望させまいとその太刀を振るった。それは暁の戦士の誇りであった。
 
 

インポート用定義データ

 [
   {
     "title": "暁紅の太刀",
     "part_type": "group",
     "children": [
       {
         "title": "暁紅の太刀とは",
         "description": "全長200cmから長いものでは400cmを超えるという強靭な刀、その名を暁紅の太刀と呼ぶ。所謂大太刀と分類される刀剣である。",
         "part_type": "part"
       },
       {
         "title": "大太刀",
         "part_type": "group",
         "children": [
           {
             "title": "大太刀とは",
             "description": "日本刀の一種で、長大な打刀、および太刀のことで 「野太刀(のだち、のたち)」、「背負い太刀」とも呼ばれる。",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "騎馬武者の武器",
             "description": "基本的には歩兵の武器ではなく、騎馬武者の用いるもので、馬上から馬の走る勢いで斬る武器である。そのため、実用にあたってはあまり振り回す必要はなかった。",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "豪快なイメージ",
             "description": "大太刀は敵将を馬ごと斬ることができる代物とし、フィクションにおける表現では馬の胴体または首部と騎乗の武士を一緒に斬る豪快なイメージを描かれることも多い\n",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "繊細な使用方法",
             "description": "実際の使用法としては長いリーチを生かして馬と騎乗の武士からの攻撃を避けつつ、騎者を落馬させるか、足を狙って馬をつぶすことが主であった\n",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "馬上では片手で使う",
             "description": "長大であったとしても太刀は太刀である。大太刀に関しても乗馬時に片手で扱うことが基本の武具として発展した。馬上で両手で太刀を構えては手綱を握ることができず、馬を操ることができないからである。",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "長柄武器との類似",
             "description": "大太刀はその長大さ故、太刀としてよりも薙刀や槍等の長柄の武器の運用をすることも多かった。細かな動きをし辛く、用いる際には周囲の味方を巻き込まないように戦う必要性があった為だ",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "徒戦の戦場の武器",
             "description": "大太刀は決して一般的な武器ではなく、限定された者が限定された条件で扱う稀な武器ではあるが、古武術には大太刀を使った徒戦の戦闘技術が残っており、合戦などで技術研鑽されてきた徒戦の戦場の武器だとも言えよう",
             "part_type": "part",
             "expanded": true
           },
           {
             "title": "大太刀の携行方法",
             "part_type": "group",
             "children": [
               {
                 "title": "自らの手で持つ場合",
                 "description": "名の通りまさに自らの手で持って運ぶ。この場合はかなり長い大太刀を引き抜くことが可能であった。また戦いの始まる前には鞘を捨てることもある。",
                 "part_type": "part"
               },
               {
                 "title": "従者に持たせる場合",
                 "description": "大太刀を従者が手に持ち運ぶ。引き抜く際には従者に鞘を持たせて、馬に乗った武者が引き抜くかまたは徒歩の武者が引き抜く。この場合かなり長い大太刀を引き抜くことが可能であった",
                 "part_type": "part"
               },
               {
                 "title": "腰に携行する場合",
                 "description": "腰に大太刀を携行する流派もあった。しかし腰に携行する場合は大太刀の長さのため引き抜くのには容易ではない。そのためにはかなりの熟練した技が必要である。",
                 "part_type": "part"
               },
               {
                 "title": "背負う場合",
                 "description": "太刀や刀はまず鯉口を切らなければ抜けず、また右肩に鯉口があり右手で大太刀を抜くにはあまりにも大太刀が長いために引き抜く手の長さが足りない。よって通常は左肩から右腰に背負う場合が多い",
                 "part_type": "part"
               }
             ],
             "expanded": true
           },
           {
             "title": "経済力と豪傑さの証",
             "description": "大太刀などのような一定以上の刀身を持つ武器は製造に高い冶金と加工技術が要求されるため武器としては高価なもので、騎馬武者の主要な白兵戦武器だった太刀を徐々に長大に拵えていくという一種のパフォーマンス的な発想から生まれた武器である。一種の経済力と豪傑さが一目でわかる武器だと言えた。",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "斬馬刀との違い",
             "description": "大太刀・長巻が斬馬刀と混同される場合もあるが、日本にはこのような名前の武器が存在したという資料は発見されておらず、大太刀や長巻のような大型の日本刀剣を斬馬刀と呼称した資料等も一切存在しない。基本的に中国では刀といえば長刀(なぎなた)であり、青龍刀等と同じく日本の文化とは認識が違うために誤解が広まったようだ。",
             "part_type": "part"
           }
         ],
         "expanded": true
       },
       {
         "title": "ヒイロノコガネ製",
         "description": "暁の円卓藩国で特産するヒイロノコガネと呼ばれる鉱石を用いて暁紅の太刀は作成される。基本的には日本刀の製法に類似しており、折り返し鍛造を繰り返して層構造を作り上げていく鍛造が基本であった",
         "part_type": "part"
       },
       {
         "title": "暁紅の太刀の製法",
         "part_type": "group",
         "children": [
           {
             "title": "生産を担う刀匠達",
             "description": "暁紅の太刀の生産を担う刀匠達は、ほとんどの者が元戦士であった経歴を持ち、戦士の中でも特に手先が器用で刀やモノづくりに魅せられた者がなることが多かった。\n元戦士であるという点には人口の9割が戦士階級である暁ではある意味当然のことと言える。今後は多様な作業の発展に伴い、様々な出身の刀匠が増えるだろう。",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "国策により政府によって保護される",
             "description": "暁紅の太刀の作成は国家事業として政府により手厚く保護されている。人材の育成と共にその装備に関しても維持・管理されるべきと考えられたからだ。\nそれによって刀匠達は存分に腕を振るうことができた。",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "暁紅の太刀自体に明確な規定はなし",
             "description": "暁紅の太刀事態には明確な規定はなく、長さや厚さはある程度自由で用途に合わせて作ることが許されており、既存刀の2倍近くの厚さを持つ刀や5m近い刀が生まれることもあった。",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "「折れぬ、朽ちぬ、錆びぬ」",
             "description": "どのような刀でも変わらないモノとして暁の円卓では名剣を示す「折れぬ、朽ちぬ、錆びぬ」という言葉があり、刀匠達はそのような刀を作ることが、誇りであり喜びであった。",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "己の技量のみで刀を打つ",
             "description": "刀匠達は、基本的に己の技量のみで刀を打つ。魔法等の己以外の技術に頼るのは恥とされた。\n元々戦士階級の出身が多いという事情もあったが、本能的に異なる技術を合わせるということに拒否反応を示していたとも言える。",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "刀に魂が宿る",
             "description": "刀匠達のある意味命を削った鍛造により、霊的な存在にダメージを与える等、本来では起こりえないような現象を起こす刀剣が完成することがあった。(といっても効果は微々たるものであるが)\nこの現象に関しては俗に【刀に魂が宿った】として通常より一ランク以上高い価値を持つとされた。\n",
             "part_type": "part"
           }
         ],
         "expanded": true
       },
       {
         "title": "その切れ味",
         "description": "切れ味は非常に鋭利で達人ともなれば鉄をも紙の如く切り裂くともいわれている。 基本的には重さを利用をされるが、この切れ味により打倒と同様な使い方も可能であった。",
         "part_type": "part",
         "expanded": true
       },
       {
         "title": "取り回しのしやすさ",
         "description": "柄の部分を長めにとり、持ち手部分を広く取ることでこの長さでも取り回しやすくなっており、長柄武器に比べて格段に使いやすくなっている。このため、パイクに対するツヴァイヘンダーの如く槍を切り払い活路を開くなどの運用も可能であった。",
         "part_type": "part",
         "expanded": true
       },
       {
         "title": "暁の戦士に最適化されたバランス",
         "description": "常識的に考えると暁紅の太刀は実用に耐えうる武器ではないと判断されるかもしれない。しかしこれは暁の円卓特有の体躯に恵まれた戦士達が使うと想定するとその常識は意味がないものとなる。これらは暁の円卓が考えに考え抜いて辿りついた自国民に最適化されたバランスの武器なのである。",
         "part_type": "part",
         "expanded": true
       },
       {
         "title": "そのバリエーション",
         "description": "戦闘用の長大な刀身を持つ太刀の他、暁紅の太刀を磨り上げて作った刀もたくさん見受けられ、これらは専ら護身的な運用として使われることが多かった",
         "part_type": "part"
       },
       {
         "title": " 暁の戦士の基準装備",
         "description": "暁の円卓において、戦士となれるかの基準の一つに暁紅の太刀を扱えるかどうかがあった。暁紅の太刀を扱えないほど非力であれば、まず戦士として大成することはできないからだ。勿論現在においては戦士以外の道も多数存在する為、戦士だけが生きる道ではない。しかし未だに戦士の中ではこの太刀を操れることが評価基準の一つであった。",
         "part_type": "part",
         "expanded": true
       },
       {
         "title": "暁の戦士ならではの戦い方",
         "part_type": "group",
         "children": [
           {
             "title": "大太刀を太刀として運用する",
             "description": "本来、大太刀としてしっかりと運用を心がけないと自らが怪我をするレベルの武器であるが、暁の戦士達はその恵まれた体躯を活かして通常の太刀と同様の運用を行うことができた。勿論リーチは非常に広くなるので、味方との位置取り等、大太刀ならではの特性も考慮した上での運用が必要である。",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "太刀",
             "part_type": "group",
             "children": [
               {
                 "title": "名称の語源",
                 "description": "太刀とは断ちに通じ、物を両断する様からその名が付けられたと言われる。言霊的に見ても断ちは絶ちに通じるため、切断の概念そのものが込められているといえる。",
                 "part_type": "part"
               },
               {
                 "title": "特徴と概要",
                 "description": "一般的に鎬があり、反りを持った刀のことを太刀と呼ぶ。馬上での戦いを想定して発展した武器であるため、反りが強く長大なものが多いという特徴がある。また、刀身の幅が鍔元で太く切っ先で細くなる特徴もある。",
                 "part_type": "part"
               },
               {
                 "title": "携行方法",
                 "description": "打刀は刃を上にし帯に差して携行するのに対し、太刀は刃を下に吊るして携行する。この状態を佩くと呼ぶ。更に長い大太刀の場合は佩くには長すぎるため背負う、または担ぐ方法が取られることもある。",
                 "part_type": "part"
               },
               {
                 "title": "馬上での扱い",
                 "description": "太刀はその長さから合戦の際に地上にいる敵を叩き切るために使われる。場合によっては刃の半ばまでを紐や布を巻いて薙刀のように使う例もあったとされる。",
                 "part_type": "part"
               },
               {
                 "title": "乱戦での使用",
                 "description": "遠距離兵器や長物による統制の取れた戦場での使用ではなく、敵味方の入り乱れる乱戦が始まった時に主に使われる事が多い。",
                 "part_type": "part"
               },
               {
                 "title": "刀鍛冶による生産",
                 "description": "太刀は刀鍛冶により一本一本鍛造によって製造される。その品質は刀鍛冶の腕や施設、材料の質など様々な要因により変動するが、総じて切れ味鋭く戦闘に適していた。",
                 "part_type": "part"
               },
               {
                 "title": "両手持ちに最適化された重量バランス",
                 "description": "太刀は片手で扱うには適しておらず、両手持ちで扱うような重量バランスとなっている。よって両手に一つしか扱うことができず2つ以上装備することはできない。",
                 "part_type": "part"
               },
               {
                 "title": "手入れの方法",
                 "description": "基本的には刃物であるため、研ぐことで切れ味を取り戻すことができる。長大な太刀であっても研ぎ続ければ短くなるため、最終的には短刀に仕立て直すこともあった。\n",
                 "part_type": "part"
               }
             ],
             "expanded": true
           }
         ],
         "expanded": true
       },
       {
         "title": "儀礼的側面",
         "description": "暁紅の太刀はその刃紋の美しさはさることながら、儀礼的装飾を施されたものも良く見受けられる。これは暁の刀匠の技術により昇華した一種芸術であるとともに、暁と言う国を象徴する物であるからだと言われている。 ",
         "part_type": "part"
       },
       {
         "title": "装飾的側面",
         "description": "儀礼的装飾を施された刀が多いのは先に触れたが、一般的な戦士達も自分の武器として装飾を施す者が多かった。中でも太刀の尻鞘も多様な種類があったとされる\n",
         "part_type": "part"
       },
       {
         "title": "厳しい生産管理",
         "description": "暁紅の太刀は国家事業として進められており、作成者たる刀匠達には最大限の配慮をしていたものの、民間工房での生産は認められず、また民間への拡散を防ぐため厳しい生産の管理が行われた。\n一般的な人には持ち上げることも困難な代物であるが、人間以上の力を持った存在はたくさんおり、力持つ者の義務として流出には厳しい目を光らせている。\n",
         "part_type": "part",
         "expanded": true
       },
       {
         "title": " 暁の戦士の誇り",
         "description": "暁紅の太刀は子供達や戦士候補生達の憧れであり、戦士達もまたその憧れを手にし、皆を失望させまいとその太刀を振るった。それは暁の戦士の誇りであった。",
         "part_type": "part",
         "expanded": true
       }
     ],
     "expanded": true
   }
 ]