Top / 暁玉
HTML convert time: 0.065 sec.

暁玉

Last-modified: 2017-08-15 (火) 22:45:45

作成:はづきてる
チェック:暁の円卓

部品構造

  • 大部品: 暁玉 RD:6 評価値:4
    • 部品: 暁のりんごの品種
    • 部品: 特徴・酸味と甘み
    • 部品: 加工によし
    • 部品: 養蜂による受粉
    • 部品: 剪定や摘果
    • 部品: 輸出向け

部品定義

部品: 暁のりんごの品種

暁で作られているりんごの品種。甘味が高価である暁において、手軽に食べられる甘味である果物を発展させることは大きな意味があった。

部品: 特徴・酸味と甘み

ひとまずは皮を剥いてそのまま食べると、程よい酸味とさわやかな甘みが混ざり合って、いくらでも食べられるような錯覚に陥る。

部品: 加工によし

加熱処理を行うことで、酸味が抑えられてより甘みが強調される。パイやジャムにするのに適した品種といえる。

部品: 養蜂による受粉

同じ木からでは受粉できないりんごの性質から、蜂の助けを借りて別の木の花に受粉する。人間の手で行うよりも効率的に行える。

部品: 剪定や摘果

枝を剪定して木の中まで日光が入るようにし、できた実の中でも3~5個に一個の割合になるように摘果を行うなど、多くの部分を捨てることで一つの美味しい実ができている。

部品: 輸出向け

甘味の扱いに慣れていない暁の民には、なかなかこのりんごを用いたレシピが出て来なかったためか、どちらかというと外国で売れる傾向がある。

提出書式

 大部品: 暁玉 RD:6 評価値:4
 -部品: 暁のりんごの品種
 -部品: 特徴・酸味と甘み
 -部品: 加工によし
 -部品: 養蜂による受粉
 -部品: 剪定や摘果
 -部品: 輸出向け
 
 
 部品: 暁のりんごの品種
 暁で作られているりんごの品種。甘味が高価である暁において、手軽に食べられる甘味である果物を発展させることは大きな意味があった。
 
 
 部品: 特徴・酸味と甘み
 ひとまずは皮を剥いてそのまま食べると、程よい酸味とさわやかな甘みが混ざり合って、いくらでも食べられるような錯覚に陥る。
 
 
 部品: 加工によし
 加熱処理を行うことで、酸味が抑えられてより甘みが強調される。パイやジャムにするのに適した品種といえる。
 
 
 部品: 養蜂による受粉
 同じ木からでは受粉できないりんごの性質から、蜂の助けを借りて別の木の花に受粉する。人間の手で行うよりも効率的に行える。
 
 
 部品: 剪定や摘果
 枝を剪定して木の中まで日光が入るようにし、できた実の中でも3~5個に一個の割合になるように摘果を行うなど、多くの部分を捨てることで一つの美味しい実ができている。
 
 
 部品: 輸出向け
 甘味の扱いに慣れていない暁の民には、なかなかこのりんごを用いたレシピが出て来なかったためか、どちらかというと外国で売れる傾向がある。
 
 
 

インポート用定義データ

 [
   {
     "title": "暁玉",
     "part_type": "group",
     "children": [
       {
         "title": "暁のりんごの品種",
         "description": "暁で作られているりんごの品種。甘味が高価である暁において、手軽に食べられる甘味である果物を発展させることは大きな意味があった。\n",
         "part_type": "part"
       },
       {
         "title": "特徴・酸味と甘み",
         "description": "ひとまずは皮を剥いてそのまま食べると、程よい酸味とさわやかな甘みが混ざり合って、いくらでも食べられるような錯覚に陥る。\n",
         "part_type": "part"
       },
       {
         "title": "加工によし",
         "description": "加熱処理を行うことで、酸味が抑えられてより甘みが強調される。パイやジャムにするのに適した品種といえる。\n",
         "part_type": "part"
       },
       {
         "title": "養蜂による受粉",
         "description": "同じ木からでは受粉できないりんごの性質から、蜂の助けを借りて別の木の花に受粉する。人間の手で行うよりも効率的に行える。\n",
         "part_type": "part"
       },
       {
         "title": "剪定や摘果",
         "description": "枝を剪定して木の中まで日光が入るようにし、できた実の中でも3~5個に一個の割合になるように摘果を行うなど、多くの部分を捨てることで一つの美味しい実ができている。\n",
         "part_type": "part",
         "expanded": true
       },
       {
         "title": "輸出向け",
         "description": "甘味の扱いに慣れていない暁の民には、なかなかこのりんごを用いたレシピが出て来なかったためか、どちらかというと外国で売れる傾向がある。\n",
         "part_type": "part"
       }
     ],
     "expanded": true
   }
 ]