Top / 暁犬士
HTML convert time: 0.045 sec.

暁犬士

Last-modified: 2017-08-15 (火) 23:13:26

データ作成:白石裕
チェック:暁の円卓

部品構造

  • 大部品: 暁犬士 RD:16 評価値:6
    • 部品: 暁犬士とは
    • 大部品: 暁犬士の特徴 RD:8 評価値:5
      • 部品: 暁の猟犬達
      • 大部品: 暁における主な猟犬達 RD:3 評価値:2
        ----部品: ハウンド種
        ----部品: 猟犬種
        ----部品: その他、色々な雑種達
      • 部品: 人と犬は有史以来の友である
      • 部品: 藩国内の色々な場所を転々としている
      • 部品: 最後には主の元に帰る
      • 部品: 低物理域職との親和性
    • 大部品: 暁忍の系譜 RD:2 評価値:1
      • 部品: 暁光の里に住まう忍犬衆
      • 部品: 暁忍を受け継ぐ者たち
    • 大部品: 暁犬士の変化の術 RD:5 評価値:3
      • 部品: 暁光の里でしか学ぶことが出来ない
      • 部品: 人型に化けることが出来る
      • 部品: 一匹の忍犬が化けられるのはその姿を元にした人の姿のみ
      • 部品: 医療分野での活躍
      • 部品: 芸術分野での活躍

部品定義

部品: 暁犬士とは

暁犬士とは、帝国所属藩国の一つである暁の円卓藩国に住まう犬士達の総称である。
暁の犬士達とはA世界において藩王のミスで信頼失い紆余曲折あって藩国に滞在してもらえているものの、ぎくしゃくした関係は改善しきれなかった。今度はそうならないよう、間違えないように進んでいけたら良いと思う。代償行為かもしれない。それでも・・

部品: 暁の猟犬達

暁の犬士達は所謂猟犬である。猟犬。それは狩猟に使われる犬の総称のことである。
つまりは狩猟に使われれば狩猟犬であるし、その類であれば細かいことは気にしなかった。些細なことは特に問題ではない。

部品: ハウンド種

暁ではファラオハウンドに代表され、獲物の発見や改修に優れた種である。
大きく分けると視覚に優れたサイトハウンドと嗅覚に優れたセントハウンドの二種類に細分化され、ファラオハウンドはサイトハウンドに分類される。

部品: 猟犬種

猟犬種にはポインター、レトリーバー、セッターなどがある。ポインターとは狩猟対象を探索し、
発見した獲物を狩人に指し示す(ポイントする)ものである。また、レトリーバーとはレトリーブ(回収する)から着ており、
射撃等で撃ち落とした獲物などを回収する役割を担うもののことだ。そしてセッターとは獲物にそっと近づき狩人が
獲物を狩るのに最適な位置へ追い出しをかける(セットする)ものである。これらから派生を含めるとさらに沢山の品種が含まれるだろう。

部品: その他、色々な雑種達

その他としてはテリアやカー、そして日本犬などがあり、これらは大小の哺乳動物等に対して使用されるもので、
総合的な能力が高いものも多く見られる。これらの特性は犬士達にも確実に引き継がれており、
元がどの種だったかによって、その特性は大きく異なる。

部品: 人と犬は有史以来の友である

どんな種であろうとも、人と犬は有史以来の友であるということだ。
だからこそ、猟犬は暁の民とともにある。これからもその関係が続くように努力は日夜続けられて行くことだろう。
なによりも一緒にいる者たちとすれば、其れは家族であるからだ。

部品: 藩国内の色々な場所を転々としている

暁犬士は行動範囲が非常に広く、あまり定められた場所に留まっていることは少ない。
これは一か所に留まる事によって発生しうる魔力の蓄積を防ぐ目的もあった。彼らは本能的に被害を避けているようだ。。

部品: 最後には主の元に帰る

これでは主との絆が薄まる懸念もあったが、様子を見る限りそんなことはなかった。やはり最後には主の元に帰るのである。
この犬士達の行動により、国民達にも犬士達が目に留まる機会が多くなり、自然と交流や理解が進んでいった。

部品: 低物理域職との親和性

戦士の国暁の円卓藩国らしく、その犬士達にもまた低物理域系の職業に高い親和性があった。
これはそもそも暁という国が低物理域国家であり、常日頃から低物理域に慣れ親しんでいる故の特性と言えよう。

部品: 暁光の里に住まう忍犬衆

暁の円卓にて細々と続いていた犬妖精の忍者達の里、”暁光の里”。
それは現代も連綿と受け継ぐ人の姿に化けることができる忍犬として定着している。

部品: 暁忍を受け継ぐ者たち

暁において、不思議なことの代名詞であった”暁忍”という言葉がある。今では慣用句の中だけの存在だが、それには理由がある。
なぜなら現在において暁忍つまり暁光の里の忍者の名は犬士たちの刻んできた歴史の中に燦然と輝く存在だからである。
暁の猟犬達がその系譜を継ぐものとして、次世代へ更に引き継いでいくことだろう。

部品: 暁光の里でしか学ぶことが出来ない

暁の円卓で生まれた犬士達はまず暁光の里にて変化の術を学ぶ。
この術を学ぶことで国で色々な役に立てるとのことで犬士達はこぞって学んだ。
また、この術は里の秘伝であり、伝承法は門外不出とされた。

部品: 人型に化けることが出来る

暁犬士達はその秘奥として、人の姿に化けることができた。但し、人の姿に化けるとはいっても、
それとなく犬っぽさは隠しきれないし、犬耳や犬尻尾をみれば一発で見抜かれてしまう。

部品: 一匹の忍犬が化けられるのはその姿を元にした人の姿のみ

変化の術は万能ではない。多種多彩な姿に化けられるわけでもなかった。一匹の忍犬が化けられるのはその姿を元にした人の姿、のみであった。
※遠目から見て分からなければ用をなしていたことも事実なので十分だったのかもしれない

部品: 医療分野での活躍

この変化の術を用いて、近年もっとも活躍した分野といえば医療に関する分野だろう。
人の姿を取れることや高い知性を持つことから 早くから犬士達の活躍をみることができる。

部品: 芸術分野での活躍

芸術分野においても彼らの培った変化の術が役に立つシーンが多い。
このことから近年映画業界やアイドル業界からも注目を集めている。

提出書式

 大部品: 暁犬士 RD:16 評価値:6
 -部品: 暁犬士とは
 -大部品: 暁犬士の特徴 RD:8 評価値:5
 --部品: 暁の猟犬達
 --大部品: 暁における主な猟犬達 RD:3 評価値:2
 ---部品: ハウンド種
 ---部品: 猟犬種
 ---部品: その他、色々な雑種達
 --部品: 人と犬は有史以来の友である
 --部品: 藩国内の色々な場所を転々としている
 --部品: 最後には主の元に帰る
 --部品: 低物理域職との親和性
 -大部品: 暁忍の系譜 RD:2 評価値:1
 --部品: 暁光の里に住まう忍犬衆
 --部品: 暁忍を受け継ぐ者たち
 -大部品: 暁犬士の変化の術 RD:5 評価値:3
 --部品: 暁光の里でしか学ぶことが出来ない
 --部品: 人型に化けることが出来る
 --部品: 一匹の忍犬が化けられるのはその姿を元にした人の姿のみ
 --部品: 医療分野での活躍
 --部品: 芸術分野での活躍
 
 
 部品: 暁犬士とは
 暁犬士とは、帝国所属藩国の一つである暁の円卓藩国に住まう犬士達の総称である。
 暁の犬士達とはA世界において藩王のミスで信頼失い紆余曲折あって藩国に滞在してもらえているものの、ぎくしゃくした関係は改善しきれなかった。今度はそうならないよう、間違えないように進んでいけたら良いと思う。代償行為かもしれない。それでも・・
 
 部品: 暁の猟犬達
 暁の犬士達は所謂猟犬である。猟犬。それは狩猟に使われる犬の総称のことである。
 つまりは狩猟に使われれば狩猟犬であるし、その類であれば細かいことは気にしなかった。些細なことは特に問題ではない。
 
 部品: ハウンド種
 暁ではファラオハウンドに代表され、獲物の発見や改修に優れた種である。 
 大きく分けると視覚に優れたサイトハウンドと嗅覚に優れたセントハウンドの二種類に細分化され、ファラオハウンドはサイトハウンドに分類される。
 
 部品: 猟犬種
 猟犬種にはポインター、レトリーバー、セッターなどがある。ポインターとは狩猟対象を探索し、 
 発見した獲物を狩人に指し示す(ポイントする)ものである。また、レトリーバーとはレトリーブ(回収する)から着ており、 
 射撃等で撃ち落とした獲物などを回収する役割を担うもののことだ。そしてセッターとは獲物にそっと近づき狩人が 
 獲物を狩るのに最適な位置へ追い出しをかける(セットする)ものである。これらから派生を含めるとさらに沢山の品種が含まれるだろう。
 
 部品: その他、色々な雑種達
 その他としてはテリアやカー、そして日本犬などがあり、これらは大小の哺乳動物等に対して使用されるもので、 
 総合的な能力が高いものも多く見られる。これらの特性は犬士達にも確実に引き継がれており、 
 元がどの種だったかによって、その特性は大きく異なる。
 
 部品: 人と犬は有史以来の友である
 どんな種であろうとも、人と犬は有史以来の友であるということだ。 
 だからこそ、猟犬は暁の民とともにある。これからもその関係が続くように努力は日夜続けられて行くことだろう。 
 なによりも一緒にいる者たちとすれば、其れは家族であるからだ。
 
 部品: 藩国内の色々な場所を転々としている
 暁犬士は行動範囲が非常に広く、あまり定められた場所に留まっていることは少ない。
 これは一か所に留まる事によって発生しうる魔力の蓄積を防ぐ目的もあった。彼らは本能的に被害を避けているようだ。。
 
 
 部品: 最後には主の元に帰る
 これでは主との絆が薄まる懸念もあったが、様子を見る限りそんなことはなかった。やはり最後には主の元に帰るのである。
 この犬士達の行動により、国民達にも犬士達が目に留まる機会が多くなり、自然と交流や理解が進んでいった。
 
 部品: 低物理域職との親和性
 戦士の国暁の円卓藩国らしく、その犬士達にもまた低物理域系の職業に高い親和性があった。
 これはそもそも暁という国が低物理域国家であり、常日頃から低物理域に慣れ親しんでいる故の特性と言えよう。
 
 
 部品: 暁光の里に住まう忍犬衆
 暁の円卓にて細々と続いていた犬妖精の忍者達の里、”暁光の里”。
 それは現代も連綿と受け継ぐ人の姿に化けることができる忍犬として定着している。
 
 
 部品: 暁忍を受け継ぐ者たち
 暁において、不思議なことの代名詞であった”暁忍”という言葉がある。今では慣用句の中だけの存在だが、それには理由がある。 
 なぜなら現在において暁忍つまり暁光の里の忍者の名は犬士たちの刻んできた歴史の中に燦然と輝く存在だからである。 
 暁の猟犬達がその系譜を継ぐものとして、次世代へ更に引き継いでいくことだろう。
 
 部品: 暁光の里でしか学ぶことが出来ない
 暁の円卓で生まれた犬士達はまず暁光の里にて変化の術を学ぶ。
 この術を学ぶことで国で色々な役に立てるとのことで犬士達はこぞって学んだ。
 また、この術は里の秘伝であり、伝承法は門外不出とされた。
 
 部品: 人型に化けることが出来る
 暁犬士達はその秘奥として、人の姿に化けることができた。但し、人の姿に化けるとはいっても、
 それとなく犬っぽさは隠しきれないし、犬耳や犬尻尾をみれば一発で見抜かれてしまう。 
 
 
 部品: 一匹の忍犬が化けられるのはその姿を元にした人の姿のみ
 変化の術は万能ではない。多種多彩な姿に化けられるわけでもなかった。一匹の忍犬が化けられるのはその姿を元にした人の姿、のみであった。 
 ※遠目から見て分からなければ用をなしていたことも事実なので十分だったのかもしれない
 
 部品: 医療分野での活躍
 この変化の術を用いて、近年もっとも活躍した分野といえば医療に関する分野だろう。
 人の姿を取れることや高い知性を持つことから 早くから犬士達の活躍をみることができる。
 
 部品: 芸術分野での活躍
 芸術分野においても彼らの培った変化の術が役に立つシーンが多い。
 このことから近年映画業界やアイドル業界からも注目を集めている。
 
 
 

インポート用定義データ

 [
   {
     "title": "暁犬士",
     "part_type": "group",
     "children": [
       {
         "title": "暁犬士とは",
         "description": "暁犬士とは、帝国所属藩国の一つである暁の円卓藩国に住まう犬士達の総称である。\n暁の犬士達とはA世界において藩王のミスで信頼失い紆余曲折あって藩国に滞在してもらえているものの、ぎくしゃくした関係は改善しきれなかった。今度はそうならないよう、間違えないように進んでいけたら良いと思う。代償行為かもしれない。それでも・・",
         "part_type": "part"
       },
       {
         "title": "暁犬士の特徴",
         "part_type": "group",
         "children": [
           {
             "title": "暁の猟犬達",
             "description": "暁の犬士達は所謂猟犬である。猟犬。それは狩猟に使われる犬の総称のことである。\nつまりは狩猟に使われれば狩猟犬であるし、その類であれば細かいことは気にしなかった。些細なことは特に問題ではない。",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "暁における主な猟犬達",
             "part_type": "group",
             "children": [
               {
                 "title": "ハウンド種",
                 "description": "暁ではファラオハウンドに代表され、獲物の発見や改修に優れた種である。 \n大きく分けると視覚に優れたサイトハウンドと嗅覚に優れたセントハウンドの二種類に細分化され、ファラオハウンドはサイトハウンドに分類される。",
                 "part_type": "part"
               },
               {
                 "title": "猟犬種",
                 "description": "猟犬種にはポインター、レトリーバー、セッターなどがある。ポインターとは狩猟対象を探索し、 \n発見した獲物を狩人に指し示す(ポイントする)ものである。また、レトリーバーとはレトリーブ(回収する)から着ており、 \n射撃等で撃ち落とした獲物などを回収する役割を担うもののことだ。そしてセッターとは獲物にそっと近づき狩人が \n獲物を狩るのに最適な位置へ追い出しをかける(セットする)ものである。これらから派生を含めるとさらに沢山の品種が含まれるだろう。",
                 "part_type": "part"
               },
               {
                 "title": "その他、色々な雑種達",
                 "description": "その他としてはテリアやカー、そして日本犬などがあり、これらは大小の哺乳動物等に対して使用されるもので、 \n総合的な能力が高いものも多く見られる。これらの特性は犬士達にも確実に引き継がれており、 \n元がどの種だったかによって、その特性は大きく異なる。",
                 "part_type": "part"
               }
             ],
             "expanded": true
           },
           {
             "title": "人と犬は有史以来の友である",
             "description": "どんな種であろうとも、人と犬は有史以来の友であるということだ。 \nだからこそ、猟犬は暁の民とともにある。これからもその関係が続くように努力は日夜続けられて行くことだろう。 \nなによりも一緒にいる者たちとすれば、其れは家族であるからだ。",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "藩国内の色々な場所を転々としている",
             "description": "暁犬士は行動範囲が非常に広く、あまり定められた場所に留まっていることは少ない。\nこれは一か所に留まる事によって発生しうる魔力の蓄積を防ぐ目的もあった。彼らは本能的に被害を避けているようだ。。\n",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "最後には主の元に帰る",
             "description": "これでは主との絆が薄まる懸念もあったが、様子を見る限りそんなことはなかった。やはり最後には主の元に帰るのである。\nこの犬士達の行動により、国民達にも犬士達が目に留まる機会が多くなり、自然と交流や理解が進んでいった。",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "低物理域職との親和性",
             "description": "戦士の国暁の円卓藩国らしく、その犬士達にもまた低物理域系の職業に高い親和性があった。\nこれはそもそも暁という国が低物理域国家であり、常日頃から低物理域に慣れ親しんでいる故の特性と言えよう。\n",
             "part_type": "part"
           }
         ],
         "expanded": true
       },
       {
         "title": "暁忍の系譜",
         "part_type": "group",
         "children": [
           {
             "title": "暁光の里に住まう忍犬衆",
             "description": "暁の円卓にて細々と続いていた犬妖精の忍者達の里、”暁光の里”。\nそれは現代も連綿と受け継ぐ人の姿に化けることができる忍犬として定着している。\n",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "暁忍を受け継ぐ者たち",
             "description": "暁において、不思議なことの代名詞であった”暁忍”という言葉がある。今では慣用句の中だけの存在だが、それには理由がある。 \nなぜなら現在において暁忍つまり暁光の里の忍者の名は犬士たちの刻んできた歴史の中に燦然と輝く存在だからである。 \n暁の猟犬達がその系譜を継ぐものとして、次世代へ更に引き継いでいくことだろう。",
             "part_type": "part"
           }
         ],
         "expanded": true
       },
       {
         "title": "暁犬士の変化の術",
         "part_type": "group",
         "children": [
           {
             "title": "暁光の里でしか学ぶことが出来ない",
             "description": "暁の円卓で生まれた犬士達はまず暁光の里にて変化の術を学ぶ。\nこの術を学ぶことで国で色々な役に立てるとのことで犬士達はこぞって学んだ。\nまた、この術は里の秘伝であり、伝承法は門外不出とされた。",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "人型に化けることが出来る",
             "description": "暁犬士達はその秘奥として、人の姿に化けることができた。但し、人の姿に化けるとはいっても、\nそれとなく犬っぽさは隠しきれないし、犬耳や犬尻尾をみれば一発で見抜かれてしまう。 \n",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "一匹の忍犬が化けられるのはその姿を元にした人の姿のみ",
             "description": "変化の術は万能ではない。多種多彩な姿に化けられるわけでもなかった。一匹の忍犬が化けられるのはその姿を元にした人の姿、のみであった。 \n※遠目から見て分からなければ用をなしていたことも事実なので十分だったのかもしれない",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "医療分野での活躍",
             "description": "この変化の術を用いて、近年もっとも活躍した分野といえば医療に関する分野だろう。\n人の姿を取れることや高い知性を持つことから 早くから犬士達の活躍をみることができる。",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "芸術分野での活躍",
             "description": "芸術分野においても彼らの培った変化の術が役に立つシーンが多い。\nこのことから近年映画業界やアイドル業界からも注目を集めている。\n",
             "part_type": "part"
           }
         ],
         "expanded": true
       }
     ],
     "expanded": true
   }
 ]