Top / 暁映画
HTML convert time: 0.022 sec.

暁映画

Last-modified: 2017-08-20 (日) 04:10:11

データ作成:はづきてる
チェック:暁の円卓

部品構造

  • 大部品: 暁映画 RD:9 評価値:5
    • 部品: 経緯:藩王主導による事業化
    • 部品: 劇中歌
    • 部品: 大勢による踊り
    • 部品: アクション
    • 部品: 特徴的なロケ地
    • 部品: 単純明快なストーリー(アクション押し)
    • 部品: 映装士による特効
    • 部品: カメラワーク
    • 部品: ブランディング戦略

部品定義

部品: 経緯:藩王主導による事業化

戦士という生き方のほかがあまりなかったことを憂いた白石藩王によって、また外貨獲得のための足掛かりとして、特に初期の頃は国家事業として補助が置かれていた。

部品: 劇中歌

暁の国民にとって歌とは日常の中に溶け込んでいるものであり、映画を作成するうえでその歌が組み込まれるのは当然のことであり、劇中歌無くして暁映画無しとまで言われる。

部品: 大勢による踊り

元々の高い身体能力に加え、日常に歌が溶け込んでいる暁の円卓の国民にはリズム感が身についており、それを活かした大人数による踊りが、時に唐突に始まるものの、豪華に繰り広げられる。

部品: アクション

白兵最強とまで言われる暁の国民の身体能力を生かし、派手な動きのアクションが、特効をほとんど使用せずに繰り広げられ、見る物の目を奪う。

部品: 特徴的なロケ地

特徴的な建造物や自然物を自然に映すように取られているシーンを作り、ロケ地を分かりやすくすることで、より想像を掻き立てるようになっている。

部品: 単純明快なストーリー(アクション押し)

国民の身体能力を生かしたアクションがウリとなっており、それに集中してもらうために、多くの映画のストーリーは複雑な設定などを用いない、分かりやすいものとなっている。

部品: 映装士による特効

暁の円卓において、映画の撮影の為に幻影を利用する幻法術士のことを「映装士」と呼ぶ。彼らによって、どうしても表現できない部分や危険な効果を幻術によって再現し、映画に彩りを加えている。

部品: カメラワーク

派手なアクションやダンスを活かすために、特に奥行き感を意識したカメラワークが取られる。その中でも、どこを強調するか、というところに監督の色が出る。

部品: ブランディング戦略

「暁映画」というものをブランドとして売り出すために、一定のクオリティを満たしたものにのみ特別な印を付けて広告を打つことが許される。

提出書式

 大部品: 暁映画 RD:9 評価値:5
 -部品: 経緯:藩王主導による事業化
 -部品: 劇中歌
 -部品: 大勢による踊り
 -部品: アクション
 -部品: 特徴的なロケ地
 -部品: 単純明快なストーリー(アクション押し)
 -部品: 映装士による特効
 -部品: カメラワーク
 -部品: ブランディング戦略
 
 
 部品: 経緯:藩王主導による事業化
 戦士という生き方のほかがあまりなかったことを憂いた白石藩王によって、また外貨獲得のための足掛かりとして、特に初期の頃は国家事業として補助が置かれていた。
 
 
 部品: 劇中歌
 暁の国民にとって歌とは日常の中に溶け込んでいるものであり、映画を作成するうえでその歌が組み込まれるのは当然のことであり、劇中歌無くして暁映画無しとまで言われる。
 
 
 部品: 大勢による踊り
 元々の高い身体能力に加え、日常に歌が溶け込んでいる暁の円卓の国民にはリズム感が身についており、それを活かした大人数による踊りが、時に唐突に始まるものの、豪華に繰り広げられる。
 
 
 部品: アクション
 白兵最強とまで言われる暁の国民の身体能力を生かし、派手な動きのアクションが、特効をほとんど使用せずに繰り広げられ、見る物の目を奪う。
 
 
 部品: 特徴的なロケ地
 特徴的な建造物や自然物を自然に映すように取られているシーンを作り、ロケ地を分かりやすくすることで、より想像を掻き立てるようになっている。
 
 
 部品: 単純明快なストーリー(アクション押し)
 国民の身体能力を生かしたアクションがウリとなっており、それに集中してもらうために、多くの映画のストーリーは複雑な設定などを用いない、分かりやすいものとなっている。
 
 
 部品: 映装士による特効
 暁の円卓において、映画の撮影の為に幻影を利用する幻法術士のことを「映装士」と呼ぶ。彼らによって、どうしても表現できない部分や危険な効果を幻術によって再現し、映画に彩りを加えている。
 
 
 部品: カメラワーク
 派手なアクションやダンスを活かすために、特に奥行き感を意識したカメラワークが取られる。その中でも、どこを強調するか、というところに監督の色が出る。
 
 
 部品: ブランディング戦略
 「暁映画」というものをブランドとして売り出すために、一定のクオリティを満たしたものにのみ特別な印を付けて広告を打つことが許される。
 
 
 

インポート用定義データ

 [
   {
     "title": "暁映画",
     "part_type": "group",
     "children": [
       {
         "title": "経緯:藩王主導による事業化",
         "description": "戦士という生き方のほかがあまりなかったことを憂いた白石藩王によって、また外貨獲得のための足掛かりとして、特に初期の頃は国家事業として補助が置かれていた。\n",
         "part_type": "part"
       },
       {
         "title": "劇中歌",
         "description": "暁の国民にとって歌とは日常の中に溶け込んでいるものであり、映画を作成するうえでその歌が組み込まれるのは当然のことであり、劇中歌無くして暁映画無しとまで言われる。\n",
         "part_type": "part",
         "expanded": true
       },
       {
         "title": "大勢による踊り",
         "description": "元々の高い身体能力に加え、日常に歌が溶け込んでいる暁の円卓の国民にはリズム感が身についており、それを活かした大人数による踊りが、時に唐突に始まるものの、豪華に繰り広げられる。\n",
         "part_type": "part"
       },
       {
         "title": "アクション",
         "description": "白兵最強とまで言われる暁の国民の身体能力を生かし、派手な動きのアクションが、特効をほとんど使用せずに繰り広げられ、見る物の目を奪う。\n",
         "part_type": "part"
       },
       {
         "title": "特徴的なロケ地",
         "description": "特徴的な建造物や自然物を自然に映すように取られているシーンを作り、ロケ地を分かりやすくすることで、より想像を掻き立てるようになっている。\n",
         "part_type": "part"
       },
       {
         "title": "単純明快なストーリー(アクション押し)",
         "description": "国民の身体能力を生かしたアクションがウリとなっており、それに集中してもらうために、多くの映画のストーリーは複雑な設定などを用いない、分かりやすいものとなっている。\n",
         "part_type": "part"
       },
       {
         "title": "映装士による特効",
         "description": "暁の円卓において、映画の撮影の為に幻影を利用する幻法術士のことを「映装士」と呼ぶ。彼らによって、どうしても表現できない部分や危険な効果を幻術によって再現し、映画に彩りを加えている。\n",
         "part_type": "part"
       },
       {
         "title": "カメラワーク",
         "description": "派手なアクションやダンスを活かすために、特に奥行き感を意識したカメラワークが取られる。その中でも、どこを強調するか、というところに監督の色が出る。\n",
         "part_type": "part"
       },
       {
         "title": "ブランディング戦略",
         "description": "「暁映画」というものをブランドとして売り出すために、一定のクオリティを満たしたものにのみ特別な印を付けて広告を打つことが許される。\n",
         "part_type": "part"
       }
     ],
     "expanded": true
   }
 ]