Top / 暁大猪豚
HTML convert time: 0.018 sec.

暁大猪豚

Last-modified: 2017-08-15 (火) 22:55:11

作成:はづきてる
チェック:暁の円卓

部品構造

  • 大部品: 暁大猪豚  RD:4 評価値:3
    • 部品: 放牧によって育てられる
    • 部品: ほぼ自然のままの品種
    • 部品: ちょっと育った食べごろ
    • 部品: 低コスト

部品定義

部品: 放牧によって育てられる

芝の上で柵の中を自由に動けるような形で育てることで、掃除などのコストを抑えて、かつ動物にストレスを与えずに育てることができる。

部品: ほぼ自然のままの品種

あまり強い品種改良をされておらず、開発コストが抑えられている。せいぜい温和な性質になるようにされている程度である。

部品: ちょっと育った食べごろ

若い猪豚はあまりコクがなく、成熟した猪豚の場合は脂がのりすぎている。その中間の頃合いで食肉化することで、よりおいしい肉とできる。

部品: 低コスト

単位面積当たりのコストが比較的抑えられるため、低価格で商品化でき、その為庶民の食卓に上がる肉の多くはこの肉となっている。

提出書式

 大部品: 暁大猪豚  RD:4 評価値:3
 -部品: 放牧によって育てられる
 -部品: ほぼ自然のままの品種
 -部品: ちょっと育った食べごろ
 -部品: 低コスト
 
 
 部品: 放牧によって育てられる
 芝の上で柵の中を自由に動けるような形で育てることで、掃除などのコストを抑えて、かつ動物にストレスを与えずに育てることができる。
 
 
 部品: ほぼ自然のままの品種
 あまり強い品種改良をされておらず、開発コストが抑えられている。せいぜい温和な性質になるようにされている程度である。
 
 
 部品: ちょっと育った食べごろ
 若い猪豚はあまりコクがなく、成熟した猪豚の場合は脂がのりすぎている。その中間の頃合いで食肉化することで、よりおいしい肉とできる。
 
 
 部品: 低コスト
 単位面積当たりのコストが比較的抑えられるため、低価格で商品化でき、その為庶民の食卓に上がる肉の多くはこの肉となっている。
 
 
 

インポート用定義データ

 [
   {
     "title": "暁大猪豚 ",
     "part_type": "group",
     "children": [
       {
         "title": "放牧によって育てられる",
         "description": "芝の上で柵の中を自由に動けるような形で育てることで、掃除などのコストを抑えて、かつ動物にストレスを与えずに育てることができる。\n",
         "part_type": "part"
       },
       {
         "title": "ほぼ自然のままの品種",
         "description": "あまり強い品種改良をされておらず、開発コストが抑えられている。せいぜい温和な性質になるようにされている程度である。\n",
         "part_type": "part"
       },
       {
         "title": "ちょっと育った食べごろ",
         "description": "若い猪豚はあまりコクがなく、成熟した猪豚の場合は脂がのりすぎている。その中間の頃合いで食肉化することで、よりおいしい肉とできる。\n",
         "part_type": "part"
       },
       {
         "title": "低コスト",
         "description": "単位面積当たりのコストが比較的抑えられるため、低価格で商品化でき、その為庶民の食卓に上がる肉の多くはこの肉となっている。\n",
         "part_type": "part"
       }
     ],
     "expanded": true
   }
 ]