Top / 暁の歌い手
HTML convert time: 0.095 sec.

暁の歌い手

Last-modified: 2017-08-15 (火) 21:43:07

作成:はづきてる
チェック:暁の円卓

部品構造

  • 大部品: 暁の歌い手 RD:42 評価値:9
    • 大部品: 基礎能力 RD:3 評価値:2
      • 部品: 良く響く声
      • 部品: 感情の伝達
      • 部品: どこででも歌うことができる
    • 大部品: 基礎技術 RD:2 評価値:1
      • 部品: 聴衆に対する気配り
      • 部品: 心の演技力
    • 大部品: より高度な修行により得た能力 RD:5 評価値:3
      • 部品: 腹式呼吸を用いた歌唱
      • 部品: 長時間のリサイタルに耐えるスタミナ
      • 部品: 安定したリズム感
      • 部品: 表現の読解力
      • 部品: 歌への集中
    • 大部品: 発展的な技術 RD:5 評価値:3
      • 部品: 体を楽器として使う
      • 部品: 姿勢の良さ
      • 部品: 歌うときの表現技法
      • 部品: 喉へのいたわり
      • 部品: 歌を伴った剣舞
    • 大部品: 修行 RD:4 評価値:3
      • 部品: ボイストレーニング
      • 部品: 自然の音を聞く
      • 部品: 積極的な行動
      • 部品: 様々な経験をする
    • 大部品: 専門的な修行 RD:17 評価値:6
      • 大部品: 基礎トレーニング RD:6 評価値:4
        ----部品: 走り込み
        ----部品: 毎日忘れずに行う
        ----部品: 拍子打ち
        ----部品: 体幹トレーニング
        ----部品: 柔軟体操
        ----部品: 適切な休養を取る
      • 大部品: 他人の心を動かすための努力 RD:5 評価値:3
        ----部品: 人前で歌った経験
        ----部品: 他人とのふれあい
        ----部品: イメージトレーニング(情景などの)
        ----部品: セッション
        ----部品: 他の歌う人との意見交換
      • 大部品: 技術訓練 RD:5 評価値:3
        ----部品: 身に着けるまでの時間
        ----部品: 剣の扱いの訓練
        ----部品: 剣舞のステップ
        ----部品: 言葉の響きの勉強
        ----部品: 他の人の歌をよく聞く・真似をする
      • 部品: 挫折・スランプを乗り越える
    • 大部品: 歌い手と呼ばれる理由 RD:3 評価値:2
      • 部品: みんなに認められる
      • 部品: 歌うことが好き
      • 部品: 伝承の担い手
    • 大部品: 暁の歌い手の特殊性 RD:3 評価値:2
      • 部品: 歌への純粋さ
      • 部品: 長年の修行に耐えられる気の長さ
      • 部品: 名誉的な称号

部品定義

部品: 良く響く声

マイク要らずとまで言われるほどに大きい声。耳元で叫ばれると、鼓膜が破れそうになるほどである。地声ではなく、呼吸法と筋肉に支えられた技術である。

部品: 感情の伝達

声の響きや表情を使って、表現しようとした感情を見る人、聞く人に伝える。聞く人が受け取ろうとしさえすれば、その想いは届くことだろう。

部品: どこででも歌うことができる

コンサートホールのような、よくセッティングされた舞台で歌うのも悪くないが、誰かの隣に立って歌うのに、何の準備もいらないだろう。ただその人のことを思う気持ちがあれば十分。そういう心構え。

部品: 聴衆に対する気配り

今観客が楽しんでいるか、つまらない思いをしていないかという所に目を配り、時にはアドリブを聞かせて観客を飽きさせないようにできる。

部品: 心の演技力

かなしい時でも楽しい歌を、嬉しい時でもかなしい声を歌える。歌うときの心は、自分の感情でなく聴衆の思いに沿わせようとする。

部品: 腹式呼吸を用いた歌唱

息を吸う際に、お腹の下の方を膨らませることを意識する呼吸法。歌においては、よく響く声が出せるようになるという。

部品: 長時間のリサイタルに耐えるスタミナ

長時間、時には踊りながら歌えるだけの体力。基礎体力もさることながら、それを実現するのは効率的な体の運用である。

部品: 安定したリズム感

意識的にずらそうとしない限り、たとえ興奮状態にあったとしても一定のリズムを頭の中に打ち続けられる。それに沿わせることで、安定感のある歌を歌える。

部品: 表現の読解力

誰かの歌や音楽が表現しようとしていることを読み解く力。それに合わせて、より強調させて別の誰かに伝えられる。

部品: 歌への集中

時に自分と周りに広がる音楽以外に耳に入らなくなるほどにまで集中力を高められる。その分頭が冴え、聴衆に対する観察力が上がる。

部品: 体を楽器として使う

伴奏者がいなかったとしても、自分の体を楽器として観客にリズムやメロディーを想起させられる。主に使われるのは手拍子や口笛である。

部品: 姿勢の良さ

良い声は良い姿勢から出てくる。特に、大きな声やロングトーンを表現するためには欠かせない。インナーマッスルに支えられテイルからこそできる。

部品: 歌うときの表現技法

ビブラートやコブシなどで歌にメリハリをつけ、聴衆を飽きさせず、またより感情を響きに乗せられるようにしている。

部品: 喉へのいたわり

自分の喉の能力と限界をよく知っており、基本的にはその範囲内で無理をしないようにして歌い、より長く歌えるようにする。

部品: 歌を伴った剣舞

刃を潰した剣を手に持ち、歌いながら舞う。よく訓練されたその動きと歌語りによって、勇猛なる者を想起させる。

部品: ボイストレーニング

声を効果的に出すための訓練。喉を傷めないように、声量、音域を広げる方法を練習する。単調なものだが、長く歌い続けるには必要。

部品: 自然の音を聞く

木々のゆらめき、波のざわめき、小鳥のさえずり。他愛もないながらも、心動かされる響きを聞いて、日常の中にある素敵を忘れないようにする。

部品: 積極的な行動

誰かに言われたからやるのではなく、自分から動かなければ、他人の心を動かすのは難しい。それは勇気を必要とするが、必要なことである。

部品: 様々な経験をする

出会いや別れ、恋や友情を経験して、自分の経験できない事は物語を読むなどして疑似的に学ぶことで、様々な想いに共感できるようにしている。

部品: 走り込み

長距離を走り続け、肺活量と足腰を鍛える。また、大きく体を動かすことで、身体的、精神的ストレスを緩和する効果もある。

部品: 毎日忘れずに行う

基礎は満足を知らない。どれだけうまくなったとしても、やめていいものではなく、日々継続しなければ衰えてしまう。

部品: 拍子打ち

手や足を使って一定のリズムを打ち続ける。そうやって体に覚えこませることで、表現以外でのリズムのずれを起こさないようになる。

部品: 体幹トレーニング

姿勢の制御やより力強い呼吸を行うのに必要な筋肉を鍛える。見た目に地味であるが、長時間続けるのは非常に苦しい。

部品: 柔軟体操

体のコリをほぐすことで、体を自由に動かして声の響きを変えられるようにする。また、舞踊の際にケガしにくくもなっている。

部品: 適切な休養を取る

例え綺麗に咲く薔薇でも、水をやり続ければ根を腐らせて枯らしてしまう。能力を伸ばすには、時に休むことも必要である。

部品: 人前で歌った経験

誰かの為に歌ったことがある。歌うことで、誰かが笑顔になってくれる。その経験こそが、上達への欲求へとつながる。

部品: 他人とのふれあい

自分以外の人と関わり合いを持ち、よく観察して相手の思いを読み取ろうとする。どのような気持ちであるかを読み取り、それに対してどうしたいかを考える。

部品: イメージトレーニング(情景などの)

頭の中に、これまで見た様々な風景を思い浮かべる。山の上から見たのどかな街並みや、祭りの中の賑やかな人混みを想像することで、伝えたい感情をより具体的なものにする。

部品: セッション

複数人で同時に行われる演奏。息を合わせ、音を繋げることで、新しい発見と他者との協調を学ぶことができる。

部品: 他の歌う人との意見交換

同じく歌を歌う人と、どんな気持ちで歌っているかや、歌うときに気を付けていることを話し合って、自分の気持ちを再確認するとともに、新たな視点を手に入れる。

部品: 身に着けるまでの時間

技術とは、一日で見に着くようなものではない、剣の扱いを身に着けるだけでも年単位はかかり、それに加えて踊りの技術、歌の技術を同時に扱うとなると、4年は必要とされる。

部品: 剣の扱いの訓練

最低限の戦闘技術と、何よりも剣を振るうことでむやみに人や物を傷つけない為の術を身につける。重さを覚え、間合いを身に着けることを一義とする。

部品: 剣舞のステップ

剣を持ったまま踊る際の特殊な足さばきを身につけ、緩急やポージングに耐えられるように訓練を行う。重いものを持っている分、重心の移動をスムーズに行えるように何度も繰り返し確認をする必要がある。

部品: 言葉の響きの勉強

より良く歌うために、アクセントや母音、子音に意識を向ける。自然と歌えるようになるまで美文の音読を続ける。

部品: 他の人の歌をよく聞く・真似をする

他の人の歌の、うまい部分、感銘を受けた部分を自分でも真似をしてみる。そうやって自分にはなかったテクニックを学ぶのだ。

部品: 挫折・スランプを乗り越える

「手習い」の域を超える際に誰もが経験する、伸び悩みの苦悩。何をやってもうまくならない。周りは褒めてくれても、実感がわかない。その想いを昇華したからこそ、裏付けある自信に満ち溢れている。

部品: みんなに認められる

周りの人からは、歌といえばこの人、というように見られている。実際大事な歌を任せられるのは、大抵の場合は歌い手である。

部品: 歌うことが好き

自分で音を響かせることが好き。それを聞いて、誰かが反応してくれるのが好き。自分の歌で、誰かを笑顔にできるならそれより良いことはないと思う。

部品: 伝承の担い手

歌の中には、その土地に息づいている文化伝承を伝える物がある。そういう詩を歌い継ぐことで、昔のことを忘れないようにしている。

部品: 歌への純粋さ

歌で得たものは、歌で還元しようとする。歌を歌うのは、歌いたいから、それで、聞いた人の気持ちを健やかにしたいから、ただそれだけ。

部品: 長年の修行に耐えられる気の長さ

暁の円卓藩国で歌を歌うものは少なくない。その中で「歌い手」と呼ばれるまでの技量を手に入れるまでには、気の遠くなるような修練を必要とするため、そう呼ばれるのは1000人に1人であると言われる。

部品: 名誉的な称号

「歌い手」と呼ばれることは、歌が身近にある暁の円卓藩国においては名誉なことであり、実権は持たないものの多くの人に親しまれるようになる。

提出書式

 大部品: 暁の歌い手 RD:42 評価値:9
 -大部品: 基礎能力 RD:3 評価値:2
 --部品: 良く響く声
 --部品: 感情の伝達
 --部品: どこででも歌うことができる
 -大部品: 基礎技術 RD:2 評価値:1
 --部品: 聴衆に対する気配り
 --部品: 心の演技力
 -大部品: より高度な修行により得た能力 RD:5 評価値:3
 --部品: 腹式呼吸を用いた歌唱
 --部品: 長時間のリサイタルに耐えるスタミナ
 --部品: 安定したリズム感
 --部品: 表現の読解力
 --部品: 歌への集中
 -大部品: 発展的な技術 RD:5 評価値:3
 --部品: 体を楽器として使う
 --部品: 姿勢の良さ
 --部品: 歌うときの表現技法
 --部品: 喉へのいたわり
 --部品: 歌を伴った剣舞
 -大部品: 修行 RD:4 評価値:3
 --部品: ボイストレーニング
 --部品: 自然の音を聞く
 --部品: 積極的な行動
 --部品: 様々な経験をする
 -大部品: 専門的な修行 RD:17 評価値:6
 --大部品: 基礎トレーニング RD:6 評価値:4
 ---部品: 走り込み
 ---部品: 毎日忘れずに行う
 ---部品: 拍子打ち
 ---部品: 体幹トレーニング
 ---部品: 柔軟体操
 ---部品: 適切な休養を取る
 --大部品: 他人の心を動かすための努力 RD:5 評価値:3
 ---部品: 人前で歌った経験
 ---部品: 他人とのふれあい
 ---部品: イメージトレーニング(情景などの)
 ---部品: セッション
 ---部品: 他の歌う人との意見交換
 --大部品: 技術訓練 RD:5 評価値:3
 ---部品: 身に着けるまでの時間
 ---部品: 剣の扱いの訓練
 ---部品: 剣舞のステップ
 ---部品: 言葉の響きの勉強
 ---部品: 他の人の歌をよく聞く・真似をする
 --部品: 挫折・スランプを乗り越える
 -大部品: 歌い手と呼ばれる理由 RD:3 評価値:2
 --部品: みんなに認められる
 --部品: 歌うことが好き
 --部品: 伝承の担い手
 -大部品: 暁の歌い手の特殊性 RD:3 評価値:2
 --部品: 歌への純粋さ
 --部品: 長年の修行に耐えられる気の長さ
 --部品: 名誉的な称号
 
 
 部品: 良く響く声
 マイク要らずとまで言われるほどに大きい声。耳元で叫ばれると、鼓膜が破れそうになるほどである。地声ではなく、呼吸法と筋肉に支えられた技術である。
 
 
 部品: 感情の伝達
 声の響きや表情を使って、表現しようとした感情を見る人、聞く人に伝える。聞く人が受け取ろうとしさえすれば、その想いは届くことだろう。
 
 
 部品: どこででも歌うことができる
 コンサートホールのような、よくセッティングされた舞台で歌うのも悪くないが、誰かの隣に立って歌うのに、何の準備もいらないだろう。ただその人のことを思う気持ちがあれば十分。そういう心構え。
 
 部品: 聴衆に対する気配り
 今観客が楽しんでいるか、つまらない思いをしていないかという所に目を配り、時にはアドリブを聞かせて観客を飽きさせないようにできる。
 
 
 部品: 心の演技力
 かなしい時でも楽しい歌を、嬉しい時でもかなしい声を歌える。歌うときの心は、自分の感情でなく聴衆の思いに沿わせようとする。
 
 
 部品: 腹式呼吸を用いた歌唱
 息を吸う際に、お腹の下の方を膨らませることを意識する呼吸法。歌においては、よく響く声が出せるようになるという。
 
 
 部品: 長時間のリサイタルに耐えるスタミナ
 長時間、時には踊りながら歌えるだけの体力。基礎体力もさることながら、それを実現するのは効率的な体の運用である。
 
 
 部品: 安定したリズム感
 意識的にずらそうとしない限り、たとえ興奮状態にあったとしても一定のリズムを頭の中に打ち続けられる。それに沿わせることで、安定感のある歌を歌える。
 
 
 部品: 表現の読解力
 誰かの歌や音楽が表現しようとしていることを読み解く力。それに合わせて、より強調させて別の誰かに伝えられる。
 
 
 部品: 歌への集中
 時に自分と周りに広がる音楽以外に耳に入らなくなるほどにまで集中力を高められる。その分頭が冴え、聴衆に対する観察力が上がる。
 
 
 部品: 体を楽器として使う
 伴奏者がいなかったとしても、自分の体を楽器として観客にリズムやメロディーを想起させられる。主に使われるのは手拍子や口笛である。
 
 
 部品: 姿勢の良さ
 良い声は良い姿勢から出てくる。特に、大きな声やロングトーンを表現するためには欠かせない。インナーマッスルに支えられテイルからこそできる。
 
 
 部品: 歌うときの表現技法
 ビブラートやコブシなどで歌にメリハリをつけ、聴衆を飽きさせず、またより感情を響きに乗せられるようにしている。
 
 
 部品: 喉へのいたわり
 自分の喉の能力と限界をよく知っており、基本的にはその範囲内で無理をしないようにして歌い、より長く歌えるようにする。
 
 
 部品: 歌を伴った剣舞
 刃を潰した剣を手に持ち、歌いながら舞う。よく訓練されたその動きと歌語りによって、勇猛なる者を想起させる。
 
 
 部品: ボイストレーニング
 声を効果的に出すための訓練。喉を傷めないように、声量、音域を広げる方法を練習する。単調なものだが、長く歌い続けるには必要。
 
 
 部品: 自然の音を聞く
 木々のゆらめき、波のざわめき、小鳥のさえずり。他愛もないながらも、心動かされる響きを聞いて、日常の中にある素敵を忘れないようにする。
 
 
 部品: 積極的な行動
 誰かに言われたからやるのではなく、自分から動かなければ、他人の心を動かすのは難しい。それは勇気を必要とするが、必要なことである。
 
 
 部品: 様々な経験をする
 出会いや別れ、恋や友情を経験して、自分の経験できない事は物語を読むなどして疑似的に学ぶことで、様々な想いに共感できるようにしている。
 
 
 部品: 走り込み
 長距離を走り続け、肺活量と足腰を鍛える。また、大きく体を動かすことで、身体的、精神的ストレスを緩和する効果もある。
 
 
 部品: 毎日忘れずに行う
 基礎は満足を知らない。どれだけうまくなったとしても、やめていいものではなく、日々継続しなければ衰えてしまう。
 
 
 部品: 拍子打ち
 手や足を使って一定のリズムを打ち続ける。そうやって体に覚えこませることで、表現以外でのリズムのずれを起こさないようになる。
 
 
 部品: 体幹トレーニング
 姿勢の制御やより力強い呼吸を行うのに必要な筋肉を鍛える。見た目に地味であるが、長時間続けるのは非常に苦しい。
 
 
 部品: 柔軟体操
 体のコリをほぐすことで、体を自由に動かして声の響きを変えられるようにする。また、舞踊の際にケガしにくくもなっている。
 
 
 部品: 適切な休養を取る
 例え綺麗に咲く薔薇でも、水をやり続ければ根を腐らせて枯らしてしまう。能力を伸ばすには、時に休むことも必要である。
 
 
 部品: 人前で歌った経験
 誰かの為に歌ったことがある。歌うことで、誰かが笑顔になってくれる。その経験こそが、上達への欲求へとつながる。
 
 
 部品: 他人とのふれあい
 自分以外の人と関わり合いを持ち、よく観察して相手の思いを読み取ろうとする。どのような気持ちであるかを読み取り、それに対してどうしたいかを考える。
 
 
 部品: イメージトレーニング(情景などの)
 頭の中に、これまで見た様々な風景を思い浮かべる。山の上から見たのどかな街並みや、祭りの中の賑やかな人混みを想像することで、伝えたい感情をより具体的なものにする。
 
 
 部品: セッション
 複数人で同時に行われる演奏。息を合わせ、音を繋げることで、新しい発見と他者との協調を学ぶことができる。
 
 
 部品: 他の歌う人との意見交換
 同じく歌を歌う人と、どんな気持ちで歌っているかや、歌うときに気を付けていることを話し合って、自分の気持ちを再確認するとともに、新たな視点を手に入れる。
 
 
 部品: 身に着けるまでの時間
 技術とは、一日で見に着くようなものではない、剣の扱いを身に着けるだけでも年単位はかかり、それに加えて踊りの技術、歌の技術を同時に扱うとなると、4年は必要とされる。
 
 
 部品: 剣の扱いの訓練
 最低限の戦闘技術と、何よりも剣を振るうことでむやみに人や物を傷つけない為の術を身につける。重さを覚え、間合いを身に着けることを一義とする。
 
 
 部品: 剣舞のステップ
 剣を持ったまま踊る際の特殊な足さばきを身につけ、緩急やポージングに耐えられるように訓練を行う。重いものを持っている分、重心の移動をスムーズに行えるように何度も繰り返し確認をする必要がある。
 
 
 部品: 言葉の響きの勉強
 より良く歌うために、アクセントや母音、子音に意識を向ける。自然と歌えるようになるまで美文の音読を続ける。
 
 
 部品: 他の人の歌をよく聞く・真似をする
 他の人の歌の、うまい部分、感銘を受けた部分を自分でも真似をしてみる。そうやって自分にはなかったテクニックを学ぶのだ。
 
 
 部品: 挫折・スランプを乗り越える
 「手習い」の域を超える際に誰もが経験する、伸び悩みの苦悩。何をやってもうまくならない。周りは褒めてくれても、実感がわかない。その想いを昇華したからこそ、裏付けある自信に満ち溢れている。
 
 
 部品: みんなに認められる
 周りの人からは、歌といえばこの人、というように見られている。実際大事な歌を任せられるのは、大抵の場合は歌い手である。
 
 
 部品: 歌うことが好き
 自分で音を響かせることが好き。それを聞いて、誰かが反応してくれるのが好き。自分の歌で、誰かを笑顔にできるならそれより良いことはないと思う。
 
 
 部品: 伝承の担い手
 歌の中には、その土地に息づいている文化伝承を伝える物がある。そういう詩を歌い継ぐことで、昔のことを忘れないようにしている。
 
 
 部品: 歌への純粋さ
 歌で得たものは、歌で還元しようとする。歌を歌うのは、歌いたいから、それで、聞いた人の気持ちを健やかにしたいから、ただそれだけ。
 
 
 部品: 長年の修行に耐えられる気の長さ
 暁の円卓藩国で歌を歌うものは少なくない。その中で「歌い手」と呼ばれるまでの技量を手に入れるまでには、気の遠くなるような修練を必要とするため、そう呼ばれるのは1000人に1人であると言われる。
 
 
 部品: 名誉的な称号
 「歌い手」と呼ばれることは、歌が身近にある暁の円卓藩国においては名誉なことであり、実権は持たないものの多くの人に親しまれるようになる。
 
 
 

インポート用定義データ

 [
   {
     "title": "暁の歌い手",
     "part_type": "group",
     "children": [
       {
         "title": "基礎能力",
         "part_type": "group",
         "children": [
           {
             "title": "良く響く声",
             "description": "マイク要らずとまで言われるほどに大きい声。耳元で叫ばれると、鼓膜が破れそうになるほどである。地声ではなく、呼吸法と筋肉に支えられた技術である。\n",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "感情の伝達",
             "description": "声の響きや表情を使って、表現しようとした感情を見る人、聞く人に伝える。聞く人が受け取ろうとしさえすれば、その想いは届くことだろう。\n",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "どこででも歌うことができる",
             "description": "コンサートホールのような、よくセッティングされた舞台で歌うのも悪くないが、誰かの隣に立って歌うのに、何の準備もいらないだろう。ただその人のことを思う気持ちがあれば十分。そういう心構え。",
             "part_type": "part",
             "expanded": true
           }
         ],
         "expanded": true
       },
       {
         "title": "基礎技術",
         "part_type": "group",
         "children": [
           {
             "title": "聴衆に対する気配り",
             "description": "今観客が楽しんでいるか、つまらない思いをしていないかという所に目を配り、時にはアドリブを聞かせて観客を飽きさせないようにできる。\n",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "心の演技力",
             "description": "かなしい時でも楽しい歌を、嬉しい時でもかなしい声を歌える。歌うときの心は、自分の感情でなく聴衆の思いに沿わせようとする。\n",
             "part_type": "part"
           }
         ],
         "expanded": true
       },
       {
         "title": "より高度な修行により得た能力",
         "part_type": "group",
         "children": [
           {
             "title": "腹式呼吸を用いた歌唱",
             "description": "息を吸う際に、お腹の下の方を膨らませることを意識する呼吸法。歌においては、よく響く声が出せるようになるという。\n",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "長時間のリサイタルに耐えるスタミナ",
             "description": "長時間、時には踊りながら歌えるだけの体力。基礎体力もさることながら、それを実現するのは効率的な体の運用である。\n",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "安定したリズム感",
             "description": "意識的にずらそうとしない限り、たとえ興奮状態にあったとしても一定のリズムを頭の中に打ち続けられる。それに沿わせることで、安定感のある歌を歌える。\n",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "表現の読解力",
             "description": "誰かの歌や音楽が表現しようとしていることを読み解く力。それに合わせて、より強調させて別の誰かに伝えられる。\n",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "歌への集中",
             "description": "時に自分と周りに広がる音楽以外に耳に入らなくなるほどにまで集中力を高められる。その分頭が冴え、聴衆に対する観察力が上がる。\n",
             "part_type": "part"
           }
         ],
         "expanded": true
       },
       {
         "title": "発展的な技術",
         "part_type": "group",
         "children": [
           {
             "title": "体を楽器として使う",
             "description": "伴奏者がいなかったとしても、自分の体を楽器として観客にリズムやメロディーを想起させられる。主に使われるのは手拍子や口笛である。\n",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "姿勢の良さ",
             "description": "良い声は良い姿勢から出てくる。特に、大きな声やロングトーンを表現するためには欠かせない。インナーマッスルに支えられテイルからこそできる。\n",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "歌うときの表現技法",
             "description": "ビブラートやコブシなどで歌にメリハリをつけ、聴衆を飽きさせず、またより感情を響きに乗せられるようにしている。\n",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "喉へのいたわり",
             "description": "自分の喉の能力と限界をよく知っており、基本的にはその範囲内で無理をしないようにして歌い、より長く歌えるようにする。\n",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "歌を伴った剣舞",
             "description": "刃を潰した剣を手に持ち、歌いながら舞う。よく訓練されたその動きと歌語りによって、勇猛なる者を想起させる。\n",
             "part_type": "part"
           }
         ],
         "expanded": true
       },
       {
         "title": "修行",
         "part_type": "group",
         "children": [
           {
             "title": "ボイストレーニング",
             "description": "声を効果的に出すための訓練。喉を傷めないように、声量、音域を広げる方法を練習する。単調なものだが、長く歌い続けるには必要。\n",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "自然の音を聞く",
             "description": "木々のゆらめき、波のざわめき、小鳥のさえずり。他愛もないながらも、心動かされる響きを聞いて、日常の中にある素敵を忘れないようにする。\n",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "積極的な行動",
             "description": "誰かに言われたからやるのではなく、自分から動かなければ、他人の心を動かすのは難しい。それは勇気を必要とするが、必要なことである。\n",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "様々な経験をする",
             "description": "出会いや別れ、恋や友情を経験して、自分の経験できない事は物語を読むなどして疑似的に学ぶことで、様々な想いに共感できるようにしている。\n",
             "part_type": "part"
           }
         ],
         "expanded": true
       },
       {
         "title": "専門的な修行",
         "part_type": "group",
         "children": [
           {
             "title": "基礎トレーニング",
             "part_type": "group",
             "children": [
               {
                 "title": "走り込み",
                 "description": "長距離を走り続け、肺活量と足腰を鍛える。また、大きく体を動かすことで、身体的、精神的ストレスを緩和する効果もある。\n",
                 "part_type": "part"
               },
               {
                 "title": "毎日忘れずに行う",
                 "description": "基礎は満足を知らない。どれだけうまくなったとしても、やめていいものではなく、日々継続しなければ衰えてしまう。\n",
                 "part_type": "part"
               },
               {
                 "title": "拍子打ち",
                 "description": "手や足を使って一定のリズムを打ち続ける。そうやって体に覚えこませることで、表現以外でのリズムのずれを起こさないようになる。\n",
                 "part_type": "part"
               },
               {
                 "title": "体幹トレーニング",
                 "description": "姿勢の制御やより力強い呼吸を行うのに必要な筋肉を鍛える。見た目に地味であるが、長時間続けるのは非常に苦しい。\n",
                 "part_type": "part"
               },
               {
                 "title": "柔軟体操",
                 "description": "体のコリをほぐすことで、体を自由に動かして声の響きを変えられるようにする。また、舞踊の際にケガしにくくもなっている。\n",
                 "part_type": "part"
               },
               {
                 "title": "適切な休養を取る",
                 "description": "例え綺麗に咲く薔薇でも、水をやり続ければ根を腐らせて枯らしてしまう。能力を伸ばすには、時に休むことも必要である。\n",
                 "part_type": "part"
               }
             ],
             "expanded": true
           },
           {
             "title": "他人の心を動かすための努力",
             "part_type": "group",
             "children": [
               {
                 "title": "人前で歌った経験",
                 "description": "誰かの為に歌ったことがある。歌うことで、誰かが笑顔になってくれる。その経験こそが、上達への欲求へとつながる。\n",
                 "part_type": "part"
               },
               {
                 "title": "他人とのふれあい",
                 "description": "自分以外の人と関わり合いを持ち、よく観察して相手の思いを読み取ろうとする。どのような気持ちであるかを読み取り、それに対してどうしたいかを考える。\n",
                 "part_type": "part"
               },
               {
                 "title": "イメージトレーニング(情景などの)",
                 "description": "頭の中に、これまで見た様々な風景を思い浮かべる。山の上から見たのどかな街並みや、祭りの中の賑やかな人混みを想像することで、伝えたい感情をより具体的なものにする。\n",
                 "part_type": "part"
               },
               {
                 "title": "セッション",
                 "description": "複数人で同時に行われる演奏。息を合わせ、音を繋げることで、新しい発見と他者との協調を学ぶことができる。\n",
                 "part_type": "part"
               },
               {
                 "title": "他の歌う人との意見交換",
                 "description": "同じく歌を歌う人と、どんな気持ちで歌っているかや、歌うときに気を付けていることを話し合って、自分の気持ちを再確認するとともに、新たな視点を手に入れる。\n",
                 "part_type": "part"
               }
             ],
             "expanded": true
           },
           {
             "title": "技術訓練",
             "part_type": "group",
             "children": [
               {
                 "title": "身に着けるまでの時間",
                 "description": "技術とは、一日で見に着くようなものではない、剣の扱いを身に着けるだけでも年単位はかかり、それに加えて踊りの技術、歌の技術を同時に扱うとなると、4年は必要とされる。\n",
                 "part_type": "part"
               },
               {
                 "title": "剣の扱いの訓練",
                 "description": "最低限の戦闘技術と、何よりも剣を振るうことでむやみに人や物を傷つけない為の術を身につける。重さを覚え、間合いを身に着けることを一義とする。\n",
                 "part_type": "part"
               },
               {
                 "title": "剣舞のステップ",
                 "description": "剣を持ったまま踊る際の特殊な足さばきを身につけ、緩急やポージングに耐えられるように訓練を行う。重いものを持っている分、重心の移動をスムーズに行えるように何度も繰り返し確認をする必要がある。\n",
                 "part_type": "part"
               },
               {
                 "title": "言葉の響きの勉強",
                 "description": "より良く歌うために、アクセントや母音、子音に意識を向ける。自然と歌えるようになるまで美文の音読を続ける。\n",
                 "part_type": "part"
               },
               {
                 "title": "他の人の歌をよく聞く・真似をする",
                 "description": "他の人の歌の、うまい部分、感銘を受けた部分を自分でも真似をしてみる。そうやって自分にはなかったテクニックを学ぶのだ。\n",
                 "part_type": "part"
               }
             ],
             "expanded": true
           },
           {
             "title": "挫折・スランプを乗り越える",
             "description": "「手習い」の域を超える際に誰もが経験する、伸び悩みの苦悩。何をやってもうまくならない。周りは褒めてくれても、実感がわかない。その想いを昇華したからこそ、裏付けある自信に満ち溢れている。\n",
             "part_type": "part"
           }
         ],
         "expanded": true
       },
       {
         "title": "歌い手と呼ばれる理由",
         "part_type": "group",
         "children": [
           {
             "title": "みんなに認められる",
             "description": "周りの人からは、歌といえばこの人、というように見られている。実際大事な歌を任せられるのは、大抵の場合は歌い手である。\n",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "歌うことが好き",
             "description": "自分で音を響かせることが好き。それを聞いて、誰かが反応してくれるのが好き。自分の歌で、誰かを笑顔にできるならそれより良いことはないと思う。\n",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "伝承の担い手",
             "description": "歌の中には、その土地に息づいている文化伝承を伝える物がある。そういう詩を歌い継ぐことで、昔のことを忘れないようにしている。\n",
             "part_type": "part"
           }
         ],
         "expanded": true
       },
       {
         "title": "暁の歌い手の特殊性",
         "part_type": "group",
         "children": [
           {
             "title": "歌への純粋さ",
             "description": "歌で得たものは、歌で還元しようとする。歌を歌うのは、歌いたいから、それで、聞いた人の気持ちを健やかにしたいから、ただそれだけ。\n",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "長年の修行に耐えられる気の長さ",
             "description": "暁の円卓藩国で歌を歌うものは少なくない。その中で「歌い手」と呼ばれるまでの技量を手に入れるまでには、気の遠くなるような修練を必要とするため、そう呼ばれるのは1000人に1人であると言われる。\n",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "名誉的な称号",
             "description": "「歌い手」と呼ばれることは、歌が身近にある暁の円卓藩国においては名誉なことであり、実権は持たないものの多くの人に親しまれるようになる。\n",
             "part_type": "part"
           }
         ],
         "expanded": true
       }
     ],
     "expanded": true
   }
 ]