Top / 暁の円卓藩国食糧生産地
HTML convert time: 0.112 sec.

暁の円卓藩国食糧生産地

Last-modified: 2017-08-15 (火) 22:22:00

データ作成:白石裕
チェック:暁の円卓
【大分品:食料生産地】流用元(玄霧藩国様):https://www65.atwiki.jp/kurogiri_all/pages/34.html

部品構造

  • 大部品: 暁の円卓藩国食糧生産地 RD:63 評価値:10
    • 大部品: 暁の円卓を救った斎藤ガリレオン RD:4 評価値:3
      • 部品: 土壌改良法ガリレオン法
      • 部品: 大規模農業向け土壌改良法
      • 部品: ガリレオンの死による暁農業の危機
      • 部品: 命を賭けて農業者の基礎を育てあげる
    • 大部品: 食糧生産地 RD:18 評価値:7
      • 大部品: 生産する作物の選定 RD:5 評価値:3
        ----部品: 季節に合った作付け
        ----部品: 環境にあった品種
        ----部品: 救荒作物
        ----部品: 穀物畑
        ----部品: 根菜畑
      • 大部品: 連作障害対策 RD:5 評価値:3
        ----部品: 土壌診断
        ----部品: 有機物の投入
        ----部品: 湛水
        ----部品: 輪作での対応
        ----部品: 藩国の環境に適した対応
      • 大部品: 害獣・害虫対策 RD:6 評価値:4
        ----部品: 害獣・害虫の定義
        ----部品: 害獣除けの工夫
        ----部品: 害虫除けの知識
        ----部品: 獣・虫よけの薬品
        ----部品: 直接駆除をする
        ----部品: 畑の監視体制
      • 部品: 農地管理
      • 部品: 一時保管倉庫
    • 部品: 暁の戦士達による警備
    • 大部品: 食料生産地造成の影響 RD:13 評価値:6
      • 部品: 栄養状況の改善
      • 部品: 食料事情の改善
      • 部品: 国内自給率の改善
      • 大部品: 雇用状況の改善 RD:3 評価値:2
        ----部品: 農作物への一切の税金免除
        ----部品: 食料生産関連の雇用需要の増加
        ----部品: 兼業農家の出現
      • 大部品: 経済状況の改善 RD:3 評価値:2
        ----部品: 輸入過多状況の改善
        ----部品: 国内食糧市場の活発化
        ----部品: 外部資金流入遮断による悪性組織からの影響防止
      • 部品: 馬産への影響
      • 大部品: 食の安全性の確保 RD:3 評価値:2
        ----部品: 外部要因での食糧危機被害の限局
        ----部品: 生産者の顔が見える
        ----部品: トレーサビリティシステムの導入
    • 大部品: 主要な産物 RD:27 評価値:8
      • 大部品: ほほにしき RD:5 評価値:3
        ----部品: 歴史に埋もれかけていた品種
        ----部品: ガリレオンによる生産性の向上
        ----部品: 香りの良さ
        ----部品: さっぱりとした食感
        ----部品: ファンの歓喜
      • 大部品: 大吟醸・暁神楽 RD:7 評価値:4
        ----部品: 暁神楽とは
        ----部品: 暁神楽の原料米
        ----部品: 暁神楽の仕込み水
        ----部品: 暁神楽誕生の経緯
        ----部品: 暁神楽の躍進
        ----部品: 暁神楽の影響
        ----部品: 暁神楽の蔵元
      • 大部品: 暁玉 RD:6 評価値:4
        ----部品: 暁のりんごの品種
        ----部品: 特徴・酸味と甘み
        ----部品: 加工によし
        ----部品: 養蜂による受粉
        ----部品: 剪定や摘果
        ----部品: 輸出向け
      • 大部品: 火子桃 RD:4 評価値:3
        ----部品: 火子桃と呼ばれるゆえん
        ----部品: みずみずしい甘さ
        ----部品: 甘いものの入口
        ----部品: 看病に
      • 大部品: ハチミツ RD:5 評価値:3
        ----部品: 養蜂の始まり
        ----部品: 抽出
        ----部品: 濾過
        ----部品: ハチミツ酒として
        ----部品: 食用として

部品定義

部品: 土壌改良法ガリレオン法

斉藤ガリレオンという人物がいる。彼はこの戦士の国にありながら農業技術者として働いていた稀有な存在であった。
また、暁の円卓藩国に最も適した土壌改良法のガリレオン法の生みの親である。

部品: 大規模農業向け土壌改良法

ガリレオン法は耕作技術も含めた大規模農業向け土壌改良法であり。開墾されたばかりの土地が多い現在の暁の円卓において、非常に有効であった

部品: ガリレオンの死による暁農業の危機

斉藤ガリレオンが戦闘により命を落とした。当時の暁では珍しくない光景であったが、農業者達にとってこの事実は非常に重くのしかかった。
なぜならこのことは更なる技術をもたらしてくれるはずの彼を失うことで、暁の農業の未来を断つのと同じことであったからだ。
時の政府は焦った。当時、食料事情が最悪だったのは周知の事実であり、農業のさらなる停滞の危機である。これには政府も重い腰をあげた。

部品: 命を賭けて農業者の基礎を育てあげる

政府はその死に焦りを覚えたが、彼が残したものはそれだけではなかったことがわかっている。
彼の姿を見ていた農業技術者たちがその技術を継承し、さらに発展させているのがその証左でもある。
彼がその命を賭けて農業者の基礎を育てあげてくれたおかげで、今となっては食糧の自給ができるまでに至っているのである。
政府はその脆弱な体制を反省し、農業者の体系的な育成と農業の保護を行っていく考えを示した。

部品: 季節に合った作付け

当然のことながら、作物には「育つのに適した天候・気温・湿度」がある。
それから逆算し、適した時期に作付けを行うことで、安定した成長を見込める。
自然を操作することはできないが、合わせることは出来るのだ。

部品: 環境にあった品種

藩国によって、寒暖の差、乾季と雨季、四季の流れといった環境は違う。
そのため、品種は生産国の環境に沿った物が選定される。

部品: 救荒作物

主流の作物が不作の際にも比較的生育が良く、安定した収穫が見込める作物。
一般的には粟・稗や、蕎麦、根菜ではジャガイモやサツマイモ等。備荒作物ともいう。
共通して、「低温に強い」「生育期間が短い」「乾燥に強い」という作物が該当する。
これらは収穫後、使用する分以外は保管倉庫に緊急用に備蓄される。

部品: 穀物畑

主に穀物類を育てる畑。広大な土地が必要。
主食となる米・麦・トウモロコシといった代表的な穀物の中から、藩国に適した種類を育てる。
その用途の他、飼料としての雑穀や、酒造用の穀物の栽培も行われる。

部品: 根菜畑

救荒作物ともなるジャガイモやサツマイモの他、ニンジンやダイコンといった根菜を育てる畑。
主食だけでは栄養に偏りがあるため、土壌改良を兼ねて根菜が育てられる。

部品: 土壌診断

土壌の状態を確認し、土地がやせ細らないために適切な量の堆肥や土壌改善用の薬品を割り出す作業。
低物理と高物理では手段が違うが、土壌の栄養分を探ることで不足を割り出す方法をとる。

部品: 有機物の投入

動物性肥料や植物性肥料を使用し、土壌を改善することで病気を避け、生産性を安定化させる。
わざわざ書くまでもないが、生育に適した状態に調整するために行うことであって、作物が大量にとれるように土壌を改良するというものではない。

部品: 湛水

畑によっては、一定期間水を溜めることで病原体や害虫を処理し、水溶性の塩類を水に溶け出させることで塩害を避ける手段も取れる。
殆どの病原体や害虫は、水中で長時間は生きられないため効果は高い。
が、畑の地形や形状によってはこの手段はとれない。

部品: 輪作での対応

いくつかの異なる作物を同じ畑で作り回すことで、土壌の養分の偏りを防ぐ。
連作障害の原因のうち、ほぼすべての物に有効ではあるが、同じ畑で一つの種類を栽培することに比べると
「同じ量を取るために倍以上の面積を必要とする」「育てる作物が変わるので、その分の知識や技術が必要となる」という欠点がある。

部品: 藩国の環境に適した対応

これらの連作障害対策のうち、各藩国で育成する作物や環境、食糧生産地の規模により、各国に適した物を行う。
全てをやることで効果が高まるわけではなく、適した物を、必要なだけ行うことが大事である。

部品: 害獣・害虫の定義

自然に存在する獣にもさまざまな種類があるが、その中でも「人間の活動に害をもたらす哺乳類に属する動物一般」をさす。
家畜等を除けばほぼすべての獣が該当しうるが、今回の場合、畑を荒らす等の「(個人・公共問わず)資産に被害を与える」獣を害獣と呼ぶ。
同様に、上記と条件の一致する昆虫を「害虫」と呼ぶ。

部品: 害獣除けの工夫

藩国によって様々な野生動物がいるため方法は様々だが、基本の方法として「飛び越えれない高さの柵を立てる」というものがある。
その他、その害獣より強い生き物の匂いのするものを置く、罠を仕掛ける、案山子を立てる、等、状況と藩国技術にあった方法を取り、害獣を近づけさせないようにする工夫。

部品: 害虫除けの知識

害虫にもさまざまな種類がいるが、一番わかりやすいものは「直接葉等を食べてしまう」イモムシたちだろう。
その被害を防ぐには、『卵の段階で取り除く』『薬品を巻いてイモムシを殺す』等の対策を行う。

部品: 獣・虫よけの薬品

人体にはほぼ害はないが、獣や虫には害となる薬品を使用することで食糧生産地を守る。
薬品に関しては、自然由来の材料で作ったものもあれば、人工的に合成された薬品もある。
どちらも一長一短であるため、場合により使い分けすることもある。

部品: 直接駆除をする

害獣・害虫は放置すれば放置するほど、増えてゆく。
必要とあらば、直接駆除することで、数を減らすことも重要である。
なお、駆除する予定の害獣が「食べられるもの」だった場合、駆除の後、おいしく頂くこととなる。

部品: 畑の監視体制

生産地の規模が大きくなるほど、人の目ではすべてを把握できなくなる。
そのため、夜間は監視カメラ(低物理域ではそれに準ずるもの)にて監視を行い、問題があれば対処するという方法をとる。

部品: 農地管理

各自が自由に、好きな物を作るのではなく、農地を区切り、気候と環境に合わせた生産物の管理を行うことで効率的な生産が可能となる。
また、連作障害対策で輪作をする場合や、虫害発生時にも有効となる。

部品: 一時保管倉庫

収穫した作物や、備蓄となる救荒作物を一時的に保管するための倉庫。
ここに一度集め、虫食いのチェックや、分類・品質分けの後、分配されたり、さらに大きな倉庫に移される。

部品: 暁の戦士達による警備

暁の円卓藩国は低物理域国家であり、監視カメラ等便利な道具が使用できるわけではない。
その問題に対して、国は警備の手を厚くすることで対応した。即ち、暁の戦士達による強化警備である。
これは農地への敵性存在の排除の他、戦時ではない時の戦士達の貴重な資金稼ぎの元となった

部品: 栄養状況の改善

一番変わったのは栄養事情の改善であった。これは今までは価格が高く、多くの食糧を消費するわけには行かない事情もあり、栄養状況は非常に悪かったのだが、全土に作られた田畑により自給することが可能になり劇的に改善することになる。

部品: 食料事情の改善

暁の食生活はその経済状況に比例して貧しい。かつては朝食もとることができず朝日を拝んで身体を温めていた程であったが、食糧生産地ができて大きく変わることになる。早晩食習慣も改善され、朝食文化も復活することだろう

部品: 国内自給率の改善

食糧は野菜・穀物類だけではない。当然のことながら畜産も含まれる。これらの国内自給率が高まることにより、より効率的な肉体の構築が見込まれている。

部品: 農作物への一切の税金免除

政府はこの農業政策を推し進めるに当たって農作物には一切の税金がかからないように配慮している。
これは生産者に比べて消費者が多いため、少しでも多くの生産ができるようにするためと、少しでもすべての国民の栄養状況を改善するためであった。

部品: 食料生産関連の雇用需要の増加

食料生産は雇用の改善にも貢献している。なぜかといえば戦士ばかりであったこの国を支える田畑を耕作するには人の手が大量に必要だったからだ。
特に暁の円卓はすべての耕作については鍬や鋤など機械式ではない道具を用いた手作業によるもの(当然ながら牛などの動物の使役による耕作は含む)が中心になっているからであった。

部品: 兼業農家の出現

雇用事情の改善により専業農家は勿論のこと、期間限定で農業に従事したり、有事にのみ戦闘に赴く兼業農家(多くは戦士との兼業であった)が生まれることになる。

部品: 輸入過多状況の改善

食糧生産地の開発は即ち、内需に対して需給が足りなかったいわゆる輸入過多の状況を改善するに至った。
これは食糧状況に付込んで取り入ろうとしたセプテントリオン(現在ではクロスアクシャ)の手口を防ぐ意味合いもある。

部品: 国内食糧市場の活発化

食料のほとんどを輸入に頼った状態では市場もまともに機能せず、買い付け元の価格に依存するのが常であった。
国内生産が開始したことにより、より物流は流動的になり食料市場も活発化することとなる。

部品: 外部資金流入遮断による悪性組織からの影響防止

なぜなら経済において極度に劣る暁の円卓が悪質な資金団体に食い物にされかねないからだ。
そのため、ここでは宰相府による支援以外は受けないこととし、国内の悪性組織からの影響を防止することに成功する。

部品: 馬産への影響

連作障害対応の一環として輪作体型を採用しているが、この輪作体型に牧草栽培を組み込むことにより、効率よく馬達への飼料供給が可能となり、馬産への好影響にもつながる結果となった。

部品: 外部要因での食糧危機被害の限局

輸入に頼っていた以前は外部で食糧危機が起きると連座で自国にも危機に陥り、自国には生産手段が乏しい為、より酷い結果となっていた。
自国での食料生産が本格的に開始された為、外部要因による被害は限局されることとなる。

部品: 生産者の顔が見える

国内での需給においては基本的に食糧を作成する者の顔が見えることも利点になりうるだろう。
今迄は原産国程度までしかわからなく、具体的にどこで生産状況は見えなかったが、
国内での生産はより生産状況の透明性を向上させ、人々の安心に繋がった。政府としても生産者情報の公開を奨励した。

部品: トレーサビリティシステムの導入

自国生産物については管理札をつけることで確実に追跡できるようにしてあった。
病原菌の持込についても管理体制はトレーサビリティシステムに則って行われている。
中・高物理域国家のようにチップを埋め込む等は不可能であるが、低物理ならではの方法(管理札の適用)で簡易的ではあるがこのシステムを実現した。

部品: 歴史に埋もれかけていた品種

暁の円卓には細々と作られていたほほにしきという品種の米がある。この米は味こそいいが、耕地開拓が進んでいなかったために大規模な作付けができず、歴史に埋もれかけていた品種である。

部品: ガリレオンによる生産性の向上

ガリレオンの名はここでも見受けられ、大規模に作付けが行われている安全性の確認された品種を用い、生産性を向上させたのである。

部品: 香りの良さ

ほほにしきは元々の特徴として香りが良いことで知られており、炊き上がった際の香りは食べる者の食欲をそそった。
その香りの良さは酒造りに用いられた際にも効果的に作用する。

部品: さっぱりとした食感

ほほにしきはその香りの割にさっぱりとした食感と歯ごたえが特徴的でお弁当にも良く用いられた。
行軍や農作業の合間に食べるその米は冷めてもおいしく、絶品であるという。

部品: ファンの歓喜

ガリレオンによる改良で味はそのままに現在では生産性が向上した為、大規模に作られるようになった。かつては少量ながら輸出もされていたこの品種の復活は、味が忘れられなかったファンを歓喜させたことは言うまでもない。

部品: 暁神楽とは

暁の円卓の名酒の中でも、代表格とされる大吟醸が「暁神楽」である。
元々は神前に捧げる奉納酒の杜氏が作り上げた酒であり、清冽で辛口、郷土料理野食中手に最適、という暁の清酒のイメージを築き上げた。

部品: 暁神楽の原料米

暁神楽は原料として、暁後で古くから生産が続いていた「ほほにしき」を用いている。
ほほにしきは食用米として知られているが、古くは食用、酒用問わず、優良な米に与えられる銘であった。

部品: 暁神楽の仕込み水

暁神楽は仕込み水として山間部の清水を用いている。この水はミネラルの含有率が高い硬水であり、暁神楽の辛口の味わいに強く影響している。

部品: 暁神楽誕生の経緯

暁神楽の原料となるほほにしきは長年発育が悪く、大量生産が難しいとされていた。
これが近年改善されたことにより、暁神楽という清酒の原料として利用できるようになったのである。

部品: 暁神楽の躍進

ほほにしきの大量生産実現は暁の食に大きな影響を与えたが、酒の分野でもそれは例外ではなかった。
それまでお神酒として細々と作られていた暁神楽が、曲がりなりにも酒屋に並ぶようになったのだ。
高価であっても、それまでの清酒とは次元の違う味わいを持つ暁神楽は瞬く間に、藩国の代表銘柄となった。

部品: 暁神楽の影響

暁神楽の存在は暁の酒造業界そのものに与えた影響は大きかった。
それまでの大衆酒とも、高級酒とも全く違うその味わいに衝撃を受けた各蔵元は、暁神楽を徹底研究した。
現在では、新たに出回る清酒の大半が大なり小なり、暁神楽の影響を受けていると言われる。

部品: 暁神楽の蔵元

暁神楽の醸造元は、ファング浩一という人物が作り上げた神楽酒造である。
元々酒屋を営んでいたファング氏は神前酒の杜氏であったバッカス舞という女性と偶然出会い、
暁神楽の原型となる酒を知った。
それを広く世に知らしめるため、蔵を作り上げたのである。

部品: 暁のりんごの品種

暁で作られているりんごの品種。甘味が高価である暁において、手軽に食べられる甘味である果物を発展させることは大きな意味があった。

部品: 特徴・酸味と甘み

ひとまずは皮を剥いてそのまま食べると、程よい酸味とさわやかな甘みが混ざり合って、いくらでも食べられるような錯覚に陥る。

部品: 加工によし

加熱処理を行うことで、酸味が抑えられてより甘みが強調される。パイやジャムにするのに適した品種といえる。

部品: 養蜂による受粉

同じ木からでは受粉できないりんごの性質から、蜂の助けを借りて別の木の花に受粉する。人間の手で行うよりも効率的に行える。

部品: 剪定や摘果

枝を剪定して木の中まで日光が入るようにし、できた実の中でも3~5個に一個の割合になるように摘果を行うなど、多くの部分を捨てることで一つの美味しい実ができている。

部品: 輸出向け

甘味の扱いに慣れていない暁の民には、なかなかこのりんごを用いたレシピが出て来なかったためか、どちらかというと外国で売れる傾向がある。

部品: 火子桃と呼ばれるゆえん

元々桃の木の多かった暁において、灯火の守り手である火子のうちの一人が育てていたのが始まりと言われている。

部品: みずみずしい甘さ

よく熟れた果肉を一口かじると、溢れる果汁が口いっぱいに広がる。桃独特の風味とともに、後を引かない甘さがもう一口を誘う。

部品: 甘いものの入口

甘いものが贅沢品であった暁の円卓においては手に入れやすい甘味という立ち位置にあり、多くの暁の民にとって、初めて食べる甘いものとなっている。

部品: 看病に

水分が多くくどすぎない甘さのある火子桃は、特に熱に苦しむ子供に安らぎを与える。病気で床についた子供たちが親に桃をねだる姿は珍しいものではない。

部品: 養蜂の始まり

虫媒花であるりんごなどを受粉させるために、ミツバチを育てるようになったのが始まりで、ミツバチの巣は養蜂家がひそかに楽しむだけであった。

部品: 抽出

ミツバチの巣からミツバチを丁寧に払い落とし、遠心分離器にかける。すると巣にあるハチミツが取り出されるので別の容器に貯める。

部品: 濾過

ミツバチの巣から抽出されたハチミツには、巣枠の欠片やゴミなどが含まれているため、、濾過器にかけてそれらを取り除く。

部品: ハチミツ酒として

ほほにしきを用いた清酒が大規模生産に乗る前は、ハチミツを水で薄めて発酵して作られるハチミツ酒の原料として利用されていた。

部品: 食用として

清酒がつくられてからは、一般家庭にハチミツとして出回るようになり、料理の調味料などに利用されるようになっていった。

提出書式

 大部品: 暁の円卓藩国食糧生産地 RD:63 評価値:10
 -大部品: 暁の円卓を救った斎藤ガリレオン RD:4 評価値:3
 --部品: 土壌改良法ガリレオン法
 --部品: 大規模農業向け土壌改良法
 --部品: ガリレオンの死による暁農業の危機
 --部品: 命を賭けて農業者の基礎を育てあげる
 -大部品: 食糧生産地 RD:18 評価値:7
 --大部品: 生産する作物の選定 RD:5 評価値:3
 ---部品: 季節に合った作付け
 ---部品: 環境にあった品種
 ---部品: 救荒作物
 ---部品: 穀物畑
 ---部品: 根菜畑
 --大部品: 連作障害対策 RD:5 評価値:3
 ---部品: 土壌診断
 ---部品: 有機物の投入
 ---部品: 湛水
 ---部品: 輪作での対応
 ---部品: 藩国の環境に適した対応
 --大部品: 害獣・害虫対策 RD:6 評価値:4
 ---部品: 害獣・害虫の定義
 ---部品: 害獣除けの工夫
 ---部品: 害虫除けの知識
 ---部品: 獣・虫よけの薬品
 ---部品: 直接駆除をする
 ---部品: 畑の監視体制
 --部品: 農地管理
 --部品: 一時保管倉庫
 -部品: 暁の戦士達による警備
 -大部品: 食料生産地造成の影響 RD:13 評価値:6
 --部品: 栄養状況の改善
 --部品: 食料事情の改善
 --部品: 国内自給率の改善
 --大部品: 雇用状況の改善 RD:3 評価値:2
 ---部品: 農作物への一切の税金免除
 ---部品: 食料生産関連の雇用需要の増加
 ---部品: 兼業農家の出現
 --大部品: 経済状況の改善 RD:3 評価値:2
 ---部品: 輸入過多状況の改善
 ---部品: 国内食糧市場の活発化
 ---部品: 外部資金流入遮断による悪性組織からの影響防止
 --部品: 馬産への影響
 --大部品: 食の安全性の確保 RD:3 評価値:2
 ---部品: 外部要因での食糧危機被害の限局
 ---部品: 生産者の顔が見える
 ---部品: トレーサビリティシステムの導入
 -大部品: 主要な産物 RD:27 評価値:8
 --大部品: ほほにしき RD:5 評価値:3
 ---部品: 歴史に埋もれかけていた品種
 ---部品: ガリレオンによる生産性の向上
 ---部品: 香りの良さ
 ---部品: さっぱりとした食感
 ---部品: ファンの歓喜
 --大部品: 大吟醸・暁神楽 RD:7 評価値:4
 ---部品: 暁神楽とは
 ---部品: 暁神楽の原料米
 ---部品: 暁神楽の仕込み水
 ---部品: 暁神楽誕生の経緯
 ---部品: 暁神楽の躍進
 ---部品: 暁神楽の影響
 ---部品: 暁神楽の蔵元
 --大部品: 暁玉 RD:6 評価値:4
 ---部品: 暁のりんごの品種
 ---部品: 特徴・酸味と甘み
 ---部品: 加工によし
 ---部品: 養蜂による受粉
 ---部品: 剪定や摘果
 ---部品: 輸出向け
 --大部品: 火子桃 RD:4 評価値:3
 ---部品: 火子桃と呼ばれるゆえん
 ---部品: みずみずしい甘さ
 ---部品: 甘いものの入口
 ---部品: 看病に
 --大部品: ハチミツ RD:5 評価値:3
 ---部品: 養蜂の始まり
 ---部品: 抽出
 ---部品: 濾過
 ---部品: ハチミツ酒として
 ---部品: 食用として
 
 
 部品: 土壌改良法ガリレオン法
 斉藤ガリレオンという人物がいる。彼はこの戦士の国にありながら農業技術者として働いていた稀有な存在であった。
 また、暁の円卓藩国に最も適した土壌改良法のガリレオン法の生みの親である。
 
 
 部品: 大規模農業向け土壌改良法
 ガリレオン法は耕作技術も含めた大規模農業向け土壌改良法であり。開墾されたばかりの土地が多い現在の暁の円卓において、非常に有効であった
 
 部品: ガリレオンの死による暁農業の危機
 斉藤ガリレオンが戦闘により命を落とした。当時の暁では珍しくない光景であったが、農業者達にとってこの事実は非常に重くのしかかった。
 なぜならこのことは更なる技術をもたらしてくれるはずの彼を失うことで、暁の農業の未来を断つのと同じことであったからだ。
 時の政府は焦った。当時、食料事情が最悪だったのは周知の事実であり、農業のさらなる停滞の危機である。これには政府も重い腰をあげた。
 
 部品: 命を賭けて農業者の基礎を育てあげる
 政府はその死に焦りを覚えたが、彼が残したものはそれだけではなかったことがわかっている。
 彼の姿を見ていた農業技術者たちがその技術を継承し、さらに発展させているのがその証左でもある。
 彼がその命を賭けて農業者の基礎を育てあげてくれたおかげで、今となっては食糧の自給ができるまでに至っているのである。
 政府はその脆弱な体制を反省し、農業者の体系的な育成と農業の保護を行っていく考えを示した。
 
 部品: 季節に合った作付け
 当然のことながら、作物には「育つのに適した天候・気温・湿度」がある。
 それから逆算し、適した時期に作付けを行うことで、安定した成長を見込める。
 自然を操作することはできないが、合わせることは出来るのだ。
 
 部品: 環境にあった品種
 藩国によって、寒暖の差、乾季と雨季、四季の流れといった環境は違う。
 そのため、品種は生産国の環境に沿った物が選定される。
 
 部品: 救荒作物
 主流の作物が不作の際にも比較的生育が良く、安定した収穫が見込める作物。
 一般的には粟・稗や、蕎麦、根菜ではジャガイモやサツマイモ等。備荒作物ともいう。
 共通して、「低温に強い」「生育期間が短い」「乾燥に強い」という作物が該当する。
 これらは収穫後、使用する分以外は保管倉庫に緊急用に備蓄される。
 
 部品: 穀物畑
 主に穀物類を育てる畑。広大な土地が必要。
 主食となる米・麦・トウモロコシといった代表的な穀物の中から、藩国に適した種類を育てる。
 その用途の他、飼料としての雑穀や、酒造用の穀物の栽培も行われる。
 
 部品: 根菜畑
 救荒作物ともなるジャガイモやサツマイモの他、ニンジンやダイコンといった根菜を育てる畑。
 主食だけでは栄養に偏りがあるため、土壌改良を兼ねて根菜が育てられる。
 
 部品: 土壌診断
 土壌の状態を確認し、土地がやせ細らないために適切な量の堆肥や土壌改善用の薬品を割り出す作業。
 低物理と高物理では手段が違うが、土壌の栄養分を探ることで不足を割り出す方法をとる。
 
 
 部品: 有機物の投入
 動物性肥料や植物性肥料を使用し、土壌を改善することで病気を避け、生産性を安定化させる。
 わざわざ書くまでもないが、生育に適した状態に調整するために行うことであって、作物が大量にとれるように土壌を改良するというものではない。
 
 部品: 湛水
 畑によっては、一定期間水を溜めることで病原体や害虫を処理し、水溶性の塩類を水に溶け出させることで塩害を避ける手段も取れる。
 殆どの病原体や害虫は、水中で長時間は生きられないため効果は高い。
 が、畑の地形や形状によってはこの手段はとれない。
 
 部品: 輪作での対応
 いくつかの異なる作物を同じ畑で作り回すことで、土壌の養分の偏りを防ぐ。
 連作障害の原因のうち、ほぼすべての物に有効ではあるが、同じ畑で一つの種類を栽培することに比べると
 「同じ量を取るために倍以上の面積を必要とする」「育てる作物が変わるので、その分の知識や技術が必要となる」という欠点がある。
 
 部品: 藩国の環境に適した対応
 これらの連作障害対策のうち、各藩国で育成する作物や環境、食糧生産地の規模により、各国に適した物を行う。
 全てをやることで効果が高まるわけではなく、適した物を、必要なだけ行うことが大事である。
 
 部品: 害獣・害虫の定義
 自然に存在する獣にもさまざまな種類があるが、その中でも「人間の活動に害をもたらす哺乳類に属する動物一般」をさす。
 家畜等を除けばほぼすべての獣が該当しうるが、今回の場合、畑を荒らす等の「(個人・公共問わず)資産に被害を与える」獣を害獣と呼ぶ。
 同様に、上記と条件の一致する昆虫を「害虫」と呼ぶ。
 
 部品: 害獣除けの工夫
 藩国によって様々な野生動物がいるため方法は様々だが、基本の方法として「飛び越えれない高さの柵を立てる」というものがある。
 その他、その害獣より強い生き物の匂いのするものを置く、罠を仕掛ける、案山子を立てる、等、状況と藩国技術にあった方法を取り、害獣を近づけさせないようにする工夫。
 
 部品: 害虫除けの知識
 害虫にもさまざまな種類がいるが、一番わかりやすいものは「直接葉等を食べてしまう」イモムシたちだろう。
 その被害を防ぐには、『卵の段階で取り除く』『薬品を巻いてイモムシを殺す』等の対策を行う。
 
 部品: 獣・虫よけの薬品
 人体にはほぼ害はないが、獣や虫には害となる薬品を使用することで食糧生産地を守る。
 薬品に関しては、自然由来の材料で作ったものもあれば、人工的に合成された薬品もある。
 どちらも一長一短であるため、場合により使い分けすることもある。
 
 部品: 直接駆除をする
 害獣・害虫は放置すれば放置するほど、増えてゆく。
 必要とあらば、直接駆除することで、数を減らすことも重要である。
 なお、駆除する予定の害獣が「食べられるもの」だった場合、駆除の後、おいしく頂くこととなる。
 
 部品: 畑の監視体制
 生産地の規模が大きくなるほど、人の目ではすべてを把握できなくなる。
 そのため、夜間は監視カメラ(低物理域ではそれに準ずるもの)にて監視を行い、問題があれば対処するという方法をとる。
 
 部品: 農地管理
 各自が自由に、好きな物を作るのではなく、農地を区切り、気候と環境に合わせた生産物の管理を行うことで効率的な生産が可能となる。
 また、連作障害対策で輪作をする場合や、虫害発生時にも有効となる。
 
 部品: 一時保管倉庫
 収穫した作物や、備蓄となる救荒作物を一時的に保管するための倉庫。
 ここに一度集め、虫食いのチェックや、分類・品質分けの後、分配されたり、さらに大きな倉庫に移される。
 
 部品: 暁の戦士達による警備
 暁の円卓藩国は低物理域国家であり、監視カメラ等便利な道具が使用できるわけではない。
 その問題に対して、国は警備の手を厚くすることで対応した。即ち、暁の戦士達による強化警備である。
 これは農地への敵性存在の排除の他、戦時ではない時の戦士達の貴重な資金稼ぎの元となった
 
 
 部品: 栄養状況の改善
 一番変わったのは栄養事情の改善であった。これは今までは価格が高く、多くの食糧を消費するわけには行かない事情もあり、栄養状況は非常に悪かったのだが、全土に作られた田畑により自給することが可能になり劇的に改善することになる。
 
 部品: 食料事情の改善
 暁の食生活はその経済状況に比例して貧しい。かつては朝食もとることができず朝日を拝んで身体を温めていた程であったが、食糧生産地ができて大きく変わることになる。早晩食習慣も改善され、朝食文化も復活することだろう
 
 部品: 国内自給率の改善
 食糧は野菜・穀物類だけではない。当然のことながら畜産も含まれる。これらの国内自給率が高まることにより、より効率的な肉体の構築が見込まれている。
 
 部品: 農作物への一切の税金免除
 政府はこの農業政策を推し進めるに当たって農作物には一切の税金がかからないように配慮している。
 これは生産者に比べて消費者が多いため、少しでも多くの生産ができるようにするためと、少しでもすべての国民の栄養状況を改善するためであった。
 
 
 部品: 食料生産関連の雇用需要の増加
 食料生産は雇用の改善にも貢献している。なぜかといえば戦士ばかりであったこの国を支える田畑を耕作するには人の手が大量に必要だったからだ。
 特に暁の円卓はすべての耕作については鍬や鋤など機械式ではない道具を用いた手作業によるもの(当然ながら牛などの動物の使役による耕作は含む)が中心になっているからであった。
 
 
 部品: 兼業農家の出現
 雇用事情の改善により専業農家は勿論のこと、期間限定で農業に従事したり、有事にのみ戦闘に赴く兼業農家(多くは戦士との兼業であった)が生まれることになる。
 
 部品: 輸入過多状況の改善
 食糧生産地の開発は即ち、内需に対して需給が足りなかったいわゆる輸入過多の状況を改善するに至った。
 これは食糧状況に付込んで取り入ろうとしたセプテントリオン(現在ではクロスアクシャ)の手口を防ぐ意味合いもある。
 
 部品: 国内食糧市場の活発化
 食料のほとんどを輸入に頼った状態では市場もまともに機能せず、買い付け元の価格に依存するのが常であった。
 国内生産が開始したことにより、より物流は流動的になり食料市場も活発化することとなる。
 
 部品: 外部資金流入遮断による悪性組織からの影響防止
 なぜなら経済において極度に劣る暁の円卓が悪質な資金団体に食い物にされかねないからだ。
 そのため、ここでは宰相府による支援以外は受けないこととし、国内の悪性組織からの影響を防止することに成功する。
 
 部品: 馬産への影響
 連作障害対応の一環として輪作体型を採用しているが、この輪作体型に牧草栽培を組み込むことにより、効率よく馬達への飼料供給が可能となり、馬産への好影響にもつながる結果となった。
 
 部品: 外部要因での食糧危機被害の限局
 輸入に頼っていた以前は外部で食糧危機が起きると連座で自国にも危機に陥り、自国には生産手段が乏しい為、より酷い結果となっていた。
 自国での食料生産が本格的に開始された為、外部要因による被害は限局されることとなる。
 
 部品: 生産者の顔が見える
 国内での需給においては基本的に食糧を作成する者の顔が見えることも利点になりうるだろう。
 今迄は原産国程度までしかわからなく、具体的にどこで生産状況は見えなかったが、
 国内での生産はより生産状況の透明性を向上させ、人々の安心に繋がった。政府としても生産者情報の公開を奨励した。
 
 部品: トレーサビリティシステムの導入
 自国生産物については管理札をつけることで確実に追跡できるようにしてあった。
 病原菌の持込についても管理体制はトレーサビリティシステムに則って行われている。
 中・高物理域国家のようにチップを埋め込む等は不可能であるが、低物理ならではの方法(管理札の適用)で簡易的ではあるがこのシステムを実現した。
 
 部品: 歴史に埋もれかけていた品種
 暁の円卓には細々と作られていたほほにしきという品種の米がある。この米は味こそいいが、耕地開拓が進んでいなかったために大規模な作付けができず、歴史に埋もれかけていた品種である。
 
 部品: ガリレオンによる生産性の向上
 ガリレオンの名はここでも見受けられ、大規模に作付けが行われている安全性の確認された品種を用い、生産性を向上させたのである。
 
 部品: 香りの良さ
 ほほにしきは元々の特徴として香りが良いことで知られており、炊き上がった際の香りは食べる者の食欲をそそった。
 その香りの良さは酒造りに用いられた際にも効果的に作用する。
 
 部品: さっぱりとした食感
 ほほにしきはその香りの割にさっぱりとした食感と歯ごたえが特徴的でお弁当にも良く用いられた。
 行軍や農作業の合間に食べるその米は冷めてもおいしく、絶品であるという。
 
 部品: ファンの歓喜
 ガリレオンによる改良で味はそのままに現在では生産性が向上した為、大規模に作られるようになった。かつては少量ながら輸出もされていたこの品種の復活は、味が忘れられなかったファンを歓喜させたことは言うまでもない。
 
 部品: 暁神楽とは
 暁の円卓の名酒の中でも、代表格とされる大吟醸が「暁神楽」である。
 元々は神前に捧げる奉納酒の杜氏が作り上げた酒であり、清冽で辛口、郷土料理野食中手に最適、という暁の清酒のイメージを築き上げた。
 
 部品: 暁神楽の原料米
 暁神楽は原料として、暁後で古くから生産が続いていた「ほほにしき」を用いている。
 ほほにしきは食用米として知られているが、古くは食用、酒用問わず、優良な米に与えられる銘であった。
 
 部品: 暁神楽の仕込み水
 暁神楽は仕込み水として山間部の清水を用いている。この水はミネラルの含有率が高い硬水であり、暁神楽の辛口の味わいに強く影響している。
 
 部品: 暁神楽誕生の経緯
 暁神楽の原料となるほほにしきは長年発育が悪く、大量生産が難しいとされていた。
 これが近年改善されたことにより、暁神楽という清酒の原料として利用できるようになったのである。
 
 部品: 暁神楽の躍進
 ほほにしきの大量生産実現は暁の食に大きな影響を与えたが、酒の分野でもそれは例外ではなかった。
 それまでお神酒として細々と作られていた暁神楽が、曲がりなりにも酒屋に並ぶようになったのだ。
 高価であっても、それまでの清酒とは次元の違う味わいを持つ暁神楽は瞬く間に、藩国の代表銘柄となった。
 
 部品: 暁神楽の影響
 暁神楽の存在は暁の酒造業界そのものに与えた影響は大きかった。
 それまでの大衆酒とも、高級酒とも全く違うその味わいに衝撃を受けた各蔵元は、暁神楽を徹底研究した。
 現在では、新たに出回る清酒の大半が大なり小なり、暁神楽の影響を受けていると言われる。
 
 部品: 暁神楽の蔵元
 暁神楽の醸造元は、ファング浩一という人物が作り上げた神楽酒造である。
 元々酒屋を営んでいたファング氏は神前酒の杜氏であったバッカス舞という女性と偶然出会い、
 暁神楽の原型となる酒を知った。
 それを広く世に知らしめるため、蔵を作り上げたのである。
 
 部品: 暁のりんごの品種
 暁で作られているりんごの品種。甘味が高価である暁において、手軽に食べられる甘味である果物を発展させることは大きな意味があった。
 
 
 部品: 特徴・酸味と甘み
 ひとまずは皮を剥いてそのまま食べると、程よい酸味とさわやかな甘みが混ざり合って、いくらでも食べられるような錯覚に陥る。
 
 
 部品: 加工によし
 加熱処理を行うことで、酸味が抑えられてより甘みが強調される。パイやジャムにするのに適した品種といえる。
 
 
 部品: 養蜂による受粉
 同じ木からでは受粉できないりんごの性質から、蜂の助けを借りて別の木の花に受粉する。人間の手で行うよりも効率的に行える。
 
 
 部品: 剪定や摘果
 枝を剪定して木の中まで日光が入るようにし、できた実の中でも3~5個に一個の割合になるように摘果を行うなど、多くの部分を捨てることで一つの美味しい実ができている。
 
 
 部品: 輸出向け
 甘味の扱いに慣れていない暁の民には、なかなかこのりんごを用いたレシピが出て来なかったためか、どちらかというと外国で売れる傾向がある。
 
 
 部品: 火子桃と呼ばれるゆえん
 元々桃の木の多かった暁において、灯火の守り手である火子のうちの一人が育てていたのが始まりと言われている。
 
 
 部品: みずみずしい甘さ
 よく熟れた果肉を一口かじると、溢れる果汁が口いっぱいに広がる。桃独特の風味とともに、後を引かない甘さがもう一口を誘う。
 
 
 部品: 甘いものの入口
 甘いものが贅沢品であった暁の円卓においては手に入れやすい甘味という立ち位置にあり、多くの暁の民にとって、初めて食べる甘いものとなっている。
 
 
 部品: 看病に
 水分が多くくどすぎない甘さのある火子桃は、特に熱に苦しむ子供に安らぎを与える。病気で床についた子供たちが親に桃をねだる姿は珍しいものではない。
 
 
 部品: 養蜂の始まり
 虫媒花であるりんごなどを受粉させるために、ミツバチを育てるようになったのが始まりで、ミツバチの巣は養蜂家がひそかに楽しむだけであった。
 
 
 部品: 抽出
 ミツバチの巣からミツバチを丁寧に払い落とし、遠心分離器にかける。すると巣にあるハチミツが取り出されるので別の容器に貯める。
 
 
 部品: 濾過
 ミツバチの巣から抽出されたハチミツには、巣枠の欠片やゴミなどが含まれているため、、濾過器にかけてそれらを取り除く。
 
 
 部品: ハチミツ酒として
 ほほにしきを用いた清酒が大規模生産に乗る前は、ハチミツを水で薄めて発酵して作られるハチミツ酒の原料として利用されていた。
 
 
 部品: 食用として
 清酒がつくられてからは、一般家庭にハチミツとして出回るようになり、料理の調味料などに利用されるようになっていった。
 
 
 

インポート用定義データ

 [
   {
     "title": "暁の円卓藩国食糧生産地",
     "part_type": "group",
     "children": [
       {
         "title": "暁の円卓を救った斎藤ガリレオン",
         "part_type": "group",
         "children": [
           {
             "title": "土壌改良法ガリレオン法",
             "description": "斉藤ガリレオンという人物がいる。彼はこの戦士の国にありながら農業技術者として働いていた稀有な存在であった。\nまた、暁の円卓藩国に最も適した土壌改良法のガリレオン法の生みの親である。\n",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "大規模農業向け土壌改良法",
             "description": "ガリレオン法は耕作技術も含めた大規模農業向け土壌改良法であり。開墾されたばかりの土地が多い現在の暁の円卓において、非常に有効であった",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "ガリレオンの死による暁農業の危機",
             "description": "斉藤ガリレオンが戦闘により命を落とした。当時の暁では珍しくない光景であったが、農業者達にとってこの事実は非常に重くのしかかった。\nなぜならこのことは更なる技術をもたらしてくれるはずの彼を失うことで、暁の農業の未来を断つのと同じことであったからだ。\n時の政府は焦った。当時、食料事情が最悪だったのは周知の事実であり、農業のさらなる停滞の危機である。これには政府も重い腰をあげた。",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "命を賭けて農業者の基礎を育てあげる",
             "description": "政府はその死に焦りを覚えたが、彼が残したものはそれだけではなかったことがわかっている。\n彼の姿を見ていた農業技術者たちがその技術を継承し、さらに発展させているのがその証左でもある。\n彼がその命を賭けて農業者の基礎を育てあげてくれたおかげで、今となっては食糧の自給ができるまでに至っているのである。\n政府はその脆弱な体制を反省し、農業者の体系的な育成と農業の保護を行っていく考えを示した。",
             "part_type": "part"
           }
         ],
         "expanded": true
       },
       {
         "title": "食糧生産地",
         "children": [
           {
             "title": "生産する作物の選定",
             "children": [
               {
                 "title": "季節に合った作付け",
                 "description": "当然のことながら、作物には「育つのに適した天候・気温・湿度」がある。\nそれから逆算し、適した時期に作付けを行うことで、安定した成長を見込める。\n自然を操作することはできないが、合わせることは出来るのだ。",
                 "expanded": true,
                 "part_type": "part"
               },
               {
                 "title": "環境にあった品種",
                 "description": "藩国によって、寒暖の差、乾季と雨季、四季の流れといった環境は違う。\nそのため、品種は生産国の環境に沿った物が選定される。",
                 "part_type": "part"
               },
               {
                 "title": "救荒作物",
                 "description": "主流の作物が不作の際にも比較的生育が良く、安定した収穫が見込める作物。\n一般的には粟・稗や、蕎麦、根菜ではジャガイモやサツマイモ等。備荒作物ともいう。\n共通して、「低温に強い」「生育期間が短い」「乾燥に強い」という作物が該当する。\nこれらは収穫後、使用する分以外は保管倉庫に緊急用に備蓄される。",
                 "part_type": "part"
               },
               {
                 "title": "穀物畑",
                 "description": "主に穀物類を育てる畑。広大な土地が必要。\n主食となる米・麦・トウモロコシといった代表的な穀物の中から、藩国に適した種類を育てる。\nその用途の他、飼料としての雑穀や、酒造用の穀物の栽培も行われる。",
                 "part_type": "part"
               },
               {
                 "title": "根菜畑",
                 "description": "救荒作物ともなるジャガイモやサツマイモの他、ニンジンやダイコンといった根菜を育てる畑。\n主食だけでは栄養に偏りがあるため、土壌改良を兼ねて根菜が育てられる。",
                 "part_type": "part"
               }
             ],
             "expanded": true,
             "part_type": "group"
           },
           {
             "title": "連作障害対策",
             "children": [
               {
                 "title": "土壌診断",
                 "description": "土壌の状態を確認し、土地がやせ細らないために適切な量の堆肥や土壌改善用の薬品を割り出す作業。\n低物理と高物理では手段が違うが、土壌の栄養分を探ることで不足を割り出す方法をとる。\n",
                 "expanded": true,
                 "part_type": "part"
               },
               {
                 "title": "有機物の投入",
                 "description": "動物性肥料や植物性肥料を使用し、土壌を改善することで病気を避け、生産性を安定化させる。\nわざわざ書くまでもないが、生育に適した状態に調整するために行うことであって、作物が大量にとれるように土壌を改良するというものではない。",
                 "part_type": "part"
               },
               {
                 "title": "湛水",
                 "description": "畑によっては、一定期間水を溜めることで病原体や害虫を処理し、水溶性の塩類を水に溶け出させることで塩害を避ける手段も取れる。\n殆どの病原体や害虫は、水中で長時間は生きられないため効果は高い。\nが、畑の地形や形状によってはこの手段はとれない。",
                 "part_type": "part"
               },
               {
                 "title": "輪作での対応",
                 "description": "いくつかの異なる作物を同じ畑で作り回すことで、土壌の養分の偏りを防ぐ。\n連作障害の原因のうち、ほぼすべての物に有効ではあるが、同じ畑で一つの種類を栽培することに比べると\n「同じ量を取るために倍以上の面積を必要とする」「育てる作物が変わるので、その分の知識や技術が必要となる」という欠点がある。",
                 "part_type": "part"
               },
               {
                 "title": "藩国の環境に適した対応",
                 "description": "これらの連作障害対策のうち、各藩国で育成する作物や環境、食糧生産地の規模により、各国に適した物を行う。\n全てをやることで効果が高まるわけではなく、適した物を、必要なだけ行うことが大事である。",
                 "part_type": "part"
               }
             ],
             "expanded": true,
             "part_type": "group"
           },
           {
             "title": "害獣・害虫対策",
             "children": [
               {
                 "title": "害獣・害虫の定義",
                 "description": "自然に存在する獣にもさまざまな種類があるが、その中でも「人間の活動に害をもたらす哺乳類に属する動物一般」をさす。\n家畜等を除けばほぼすべての獣が該当しうるが、今回の場合、畑を荒らす等の「(個人・公共問わず)資産に被害を与える」獣を害獣と呼ぶ。\n同様に、上記と条件の一致する昆虫を「害虫」と呼ぶ。",
                 "expanded": true,
                 "part_type": "part"
               },
               {
                 "title": "害獣除けの工夫",
                 "description": "藩国によって様々な野生動物がいるため方法は様々だが、基本の方法として「飛び越えれない高さの柵を立てる」というものがある。\nその他、その害獣より強い生き物の匂いのするものを置く、罠を仕掛ける、案山子を立てる、等、状況と藩国技術にあった方法を取り、害獣を近づけさせないようにする工夫。",
                 "expanded": true,
                 "part_type": "part"
               },
               {
                 "title": "害虫除けの知識",
                 "description": "害虫にもさまざまな種類がいるが、一番わかりやすいものは「直接葉等を食べてしまう」イモムシたちだろう。\nその被害を防ぐには、『卵の段階で取り除く』『薬品を巻いてイモムシを殺す』等の対策を行う。",
                 "part_type": "part"
               },
               {
                 "title": "獣・虫よけの薬品",
                 "description": "人体にはほぼ害はないが、獣や虫には害となる薬品を使用することで食糧生産地を守る。\n薬品に関しては、自然由来の材料で作ったものもあれば、人工的に合成された薬品もある。\nどちらも一長一短であるため、場合により使い分けすることもある。",
                 "part_type": "part"
               },
               {
                 "title": "直接駆除をする",
                 "description": "害獣・害虫は放置すれば放置するほど、増えてゆく。\n必要とあらば、直接駆除することで、数を減らすことも重要である。\nなお、駆除する予定の害獣が「食べられるもの」だった場合、駆除の後、おいしく頂くこととなる。",
                 "expanded": true,
                 "part_type": "part"
               },
               {
                 "title": "畑の監視体制",
                 "description": "生産地の規模が大きくなるほど、人の目ではすべてを把握できなくなる。\nそのため、夜間は監視カメラ(低物理域ではそれに準ずるもの)にて監視を行い、問題があれば対処するという方法をとる。",
                 "expanded": true,
                 "part_type": "part"
               }
             ],
             "expanded": true,
             "part_type": "group"
           },
           {
             "title": "農地管理",
             "description": "各自が自由に、好きな物を作るのではなく、農地を区切り、気候と環境に合わせた生産物の管理を行うことで効率的な生産が可能となる。\nまた、連作障害対策で輪作をする場合や、虫害発生時にも有効となる。",
             "expanded": true,
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "一時保管倉庫",
             "description": "収穫した作物や、備蓄となる救荒作物を一時的に保管するための倉庫。\nここに一度集め、虫食いのチェックや、分類・品質分けの後、分配されたり、さらに大きな倉庫に移される。",
             "part_type": "part"
           }
         ],
         "expanded": true,
         "part_type": "group"
       },
       {
         "title": "暁の戦士達による警備",
         "description": "暁の円卓藩国は低物理域国家であり、監視カメラ等便利な道具が使用できるわけではない。\nその問題に対して、国は警備の手を厚くすることで対応した。即ち、暁の戦士達による強化警備である。\nこれは農地への敵性存在の排除の他、戦時ではない時の戦士達の貴重な資金稼ぎの元となった\n",
         "part_type": "part"
       },
       {
         "title": "食料生産地造成の影響",
         "part_type": "group",
         "children": [
           {
             "title": "栄養状況の改善",
             "description": "一番変わったのは栄養事情の改善であった。これは今までは価格が高く、多くの食糧を消費するわけには行かない事情もあり、栄養状況は非常に悪かったのだが、全土に作られた田畑により自給することが可能になり劇的に改善することになる。",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "食料事情の改善",
             "description": "暁の食生活はその経済状況に比例して貧しい。かつては朝食もとることができず朝日を拝んで身体を温めていた程であったが、食糧生産地ができて大きく変わることになる。早晩食習慣も改善され、朝食文化も復活することだろう",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "国内自給率の改善",
             "description": "食糧は野菜・穀物類だけではない。当然のことながら畜産も含まれる。これらの国内自給率が高まることにより、より効率的な肉体の構築が見込まれている。",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "雇用状況の改善",
             "part_type": "group",
             "children": [
               {
                 "title": "農作物への一切の税金免除",
                 "description": "政府はこの農業政策を推し進めるに当たって農作物には一切の税金がかからないように配慮している。\nこれは生産者に比べて消費者が多いため、少しでも多くの生産ができるようにするためと、少しでもすべての国民の栄養状況を改善するためであった。\n",
                 "part_type": "part",
                 "expanded": true
               },
               {
                 "title": "食料生産関連の雇用需要の増加",
                 "description": "食料生産は雇用の改善にも貢献している。なぜかといえば戦士ばかりであったこの国を支える田畑を耕作するには人の手が大量に必要だったからだ。\n特に暁の円卓はすべての耕作については鍬や鋤など機械式ではない道具を用いた手作業によるもの(当然ながら牛などの動物の使役による耕作は含む)が中心になっているからであった。\n",
                 "part_type": "part"
               },
               {
                 "title": "兼業農家の出現",
                 "description": "雇用事情の改善により専業農家は勿論のこと、期間限定で農業に従事したり、有事にのみ戦闘に赴く兼業農家(多くは戦士との兼業であった)が生まれることになる。",
                 "part_type": "part"
               }
             ],
             "expanded": true
           },
           {
             "title": "経済状況の改善",
             "part_type": "group",
             "children": [
               {
                 "title": "輸入過多状況の改善",
                 "description": "食糧生産地の開発は即ち、内需に対して需給が足りなかったいわゆる輸入過多の状況を改善するに至った。\nこれは食糧状況に付込んで取り入ろうとしたセプテントリオン(現在ではクロスアクシャ)の手口を防ぐ意味合いもある。",
                 "part_type": "part"
               },
               {
                 "title": "国内食糧市場の活発化",
                 "description": "食料のほとんどを輸入に頼った状態では市場もまともに機能せず、買い付け元の価格に依存するのが常であった。\n国内生産が開始したことにより、より物流は流動的になり食料市場も活発化することとなる。",
                 "part_type": "part"
               },
               {
                 "title": "外部資金流入遮断による悪性組織からの影響防止",
                 "description": "なぜなら経済において極度に劣る暁の円卓が悪質な資金団体に食い物にされかねないからだ。\nそのため、ここでは宰相府による支援以外は受けないこととし、国内の悪性組織からの影響を防止することに成功する。",
                 "part_type": "part"
               }
             ],
             "expanded": true
           },
           {
             "title": "馬産への影響",
             "description": "連作障害対応の一環として輪作体型を採用しているが、この輪作体型に牧草栽培を組み込むことにより、効率よく馬達への飼料供給が可能となり、馬産への好影響にもつながる結果となった。",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "食の安全性の確保",
             "part_type": "group",
             "children": [
               {
                 "title": "外部要因での食糧危機被害の限局",
                 "description": "輸入に頼っていた以前は外部で食糧危機が起きると連座で自国にも危機に陥り、自国には生産手段が乏しい為、より酷い結果となっていた。\n自国での食料生産が本格的に開始された為、外部要因による被害は限局されることとなる。",
                 "part_type": "part"
               },
               {
                 "title": "生産者の顔が見える",
                 "description": "国内での需給においては基本的に食糧を作成する者の顔が見えることも利点になりうるだろう。\n今迄は原産国程度までしかわからなく、具体的にどこで生産状況は見えなかったが、\n国内での生産はより生産状況の透明性を向上させ、人々の安心に繋がった。政府としても生産者情報の公開を奨励した。",
                 "part_type": "part"
               },
               {
                 "title": "トレーサビリティシステムの導入",
                 "description": "自国生産物については管理札をつけることで確実に追跡できるようにしてあった。\n病原菌の持込についても管理体制はトレーサビリティシステムに則って行われている。\n中・高物理域国家のようにチップを埋め込む等は不可能であるが、低物理ならではの方法(管理札の適用)で簡易的ではあるがこのシステムを実現した。",
                 "part_type": "part"
               }
             ],
             "expanded": true
           }
         ],
         "expanded": true
       },
       {
         "title": "主要な産物",
         "part_type": "group",
         "children": [
           {
             "title": "ほほにしき",
             "part_type": "group",
             "children": [
               {
                 "title": "歴史に埋もれかけていた品種",
                 "description": "暁の円卓には細々と作られていたほほにしきという品種の米がある。この米は味こそいいが、耕地開拓が進んでいなかったために大規模な作付けができず、歴史に埋もれかけていた品種である。",
                 "part_type": "part"
               },
               {
                 "title": "ガリレオンによる生産性の向上",
                 "description": "ガリレオンの名はここでも見受けられ、大規模に作付けが行われている安全性の確認された品種を用い、生産性を向上させたのである。",
                 "part_type": "part"
               },
               {
                 "title": "香りの良さ",
                 "description": "ほほにしきは元々の特徴として香りが良いことで知られており、炊き上がった際の香りは食べる者の食欲をそそった。\nその香りの良さは酒造りに用いられた際にも効果的に作用する。",
                 "part_type": "part"
               },
               {
                 "title": "さっぱりとした食感",
                 "description": "ほほにしきはその香りの割にさっぱりとした食感と歯ごたえが特徴的でお弁当にも良く用いられた。\n行軍や農作業の合間に食べるその米は冷めてもおいしく、絶品であるという。",
                 "part_type": "part"
               },
               {
                 "title": "ファンの歓喜",
                 "description": "ガリレオンによる改良で味はそのままに現在では生産性が向上した為、大規模に作られるようになった。かつては少量ながら輸出もされていたこの品種の復活は、味が忘れられなかったファンを歓喜させたことは言うまでもない。",
                 "part_type": "part"
               }
             ],
             "expanded": false
           },
           {
             "title": "大吟醸・暁神楽",
             "part_type": "group",
             "children": [
               {
                 "title": "暁神楽とは",
                 "description": "暁の円卓の名酒の中でも、代表格とされる大吟醸が「暁神楽」である。\n元々は神前に捧げる奉納酒の杜氏が作り上げた酒であり、清冽で辛口、郷土料理野食中手に最適、という暁の清酒のイメージを築き上げた。",
                 "part_type": "part"
               },
               {
                 "title": "暁神楽の原料米",
                 "description": "暁神楽は原料として、暁後で古くから生産が続いていた「ほほにしき」を用いている。\nほほにしきは食用米として知られているが、古くは食用、酒用問わず、優良な米に与えられる銘であった。",
                 "part_type": "part"
               },
               {
                 "title": "暁神楽の仕込み水",
                 "description": "暁神楽は仕込み水として山間部の清水を用いている。この水はミネラルの含有率が高い硬水であり、暁神楽の辛口の味わいに強く影響している。",
                 "part_type": "part"
               },
               {
                 "title": "暁神楽誕生の経緯",
                 "description": "暁神楽の原料となるほほにしきは長年発育が悪く、大量生産が難しいとされていた。\nこれが近年改善されたことにより、暁神楽という清酒の原料として利用できるようになったのである。",
                 "part_type": "part"
               },
               {
                 "title": "暁神楽の躍進",
                 "description": "ほほにしきの大量生産実現は暁の食に大きな影響を与えたが、酒の分野でもそれは例外ではなかった。\nそれまでお神酒として細々と作られていた暁神楽が、曲がりなりにも酒屋に並ぶようになったのだ。\n高価であっても、それまでの清酒とは次元の違う味わいを持つ暁神楽は瞬く間に、藩国の代表銘柄となった。",
                 "part_type": "part"
               },
               {
                 "title": "暁神楽の影響",
                 "description": "暁神楽の存在は暁の酒造業界そのものに与えた影響は大きかった。\nそれまでの大衆酒とも、高級酒とも全く違うその味わいに衝撃を受けた各蔵元は、暁神楽を徹底研究した。\n現在では、新たに出回る清酒の大半が大なり小なり、暁神楽の影響を受けていると言われる。",
                 "part_type": "part"
               },
               {
                 "title": "暁神楽の蔵元",
                 "description": "暁神楽の醸造元は、ファング浩一という人物が作り上げた神楽酒造である。\n元々酒屋を営んでいたファング氏は神前酒の杜氏であったバッカス舞という女性と偶然出会い、\n暁神楽の原型となる酒を知った。\nそれを広く世に知らしめるため、蔵を作り上げたのである。",
                 "part_type": "part"
               }
             ],
             "expanded": false
           },
           {
             "title": "暁玉",
             "part_type": "group",
             "children": [
               {
                 "title": "暁のりんごの品種",
                 "description": "暁で作られているりんごの品種。甘味が高価である暁において、手軽に食べられる甘味である果物を発展させることは大きな意味があった。\n",
                 "part_type": "part"
               },
               {
                 "title": "特徴・酸味と甘み",
                 "description": "ひとまずは皮を剥いてそのまま食べると、程よい酸味とさわやかな甘みが混ざり合って、いくらでも食べられるような錯覚に陥る。\n",
                 "part_type": "part"
               },
               {
                 "title": "加工によし",
                 "description": "加熱処理を行うことで、酸味が抑えられてより甘みが強調される。パイやジャムにするのに適した品種といえる。\n",
                 "part_type": "part"
               },
               {
                 "title": "養蜂による受粉",
                 "description": "同じ木からでは受粉できないりんごの性質から、蜂の助けを借りて別の木の花に受粉する。人間の手で行うよりも効率的に行える。\n",
                 "part_type": "part"
               },
               {
                 "title": "剪定や摘果",
                 "description": "枝を剪定して木の中まで日光が入るようにし、できた実の中でも3~5個に一個の割合になるように摘果を行うなど、多くの部分を捨てることで一つの美味しい実ができている。\n",
                 "part_type": "part",
                 "expanded": true
               },
               {
                 "title": "輸出向け",
                 "description": "甘味の扱いに慣れていない暁の民には、なかなかこのりんごを用いたレシピが出て来なかったためか、どちらかというと外国で売れる傾向がある。\n",
                 "part_type": "part"
               }
             ],
             "expanded": false
           },
           {
             "title": "火子桃",
             "part_type": "group",
             "children": [
               {
                 "title": "火子桃と呼ばれるゆえん",
                 "description": "元々桃の木の多かった暁において、灯火の守り手である火子のうちの一人が育てていたのが始まりと言われている。\n",
                 "part_type": "part"
               },
               {
                 "title": "みずみずしい甘さ",
                 "description": "よく熟れた果肉を一口かじると、溢れる果汁が口いっぱいに広がる。桃独特の風味とともに、後を引かない甘さがもう一口を誘う。\n",
                 "part_type": "part"
               },
               {
                 "title": "甘いものの入口",
                 "description": "甘いものが贅沢品であった暁の円卓においては手に入れやすい甘味という立ち位置にあり、多くの暁の民にとって、初めて食べる甘いものとなっている。\n",
                 "part_type": "part"
               },
               {
                 "title": "看病に",
                 "description": "水分が多くくどすぎない甘さのある火子桃は、特に熱に苦しむ子供に安らぎを与える。病気で床についた子供たちが親に桃をねだる姿は珍しいものではない。\n",
                 "part_type": "part"
               }
             ],
             "expanded": false
           },
           {
             "title": "ハチミツ",
             "part_type": "group",
             "children": [
               {
                 "title": "養蜂の始まり",
                 "description": "虫媒花であるりんごなどを受粉させるために、ミツバチを育てるようになったのが始まりで、ミツバチの巣は養蜂家がひそかに楽しむだけであった。\n",
                 "part_type": "part"
               },
               {
                 "title": "抽出",
                 "description": "ミツバチの巣からミツバチを丁寧に払い落とし、遠心分離器にかける。すると巣にあるハチミツが取り出されるので別の容器に貯める。\n",
                 "part_type": "part"
               },
               {
                 "title": "濾過",
                 "description": "ミツバチの巣から抽出されたハチミツには、巣枠の欠片やゴミなどが含まれているため、、濾過器にかけてそれらを取り除く。\n",
                 "part_type": "part"
               },
               {
                 "title": "ハチミツ酒として",
                 "description": "ほほにしきを用いた清酒が大規模生産に乗る前は、ハチミツを水で薄めて発酵して作られるハチミツ酒の原料として利用されていた。\n",
                 "part_type": "part"
               },
               {
                 "title": "食用として",
                 "description": "清酒がつくられてからは、一般家庭にハチミツとして出回るようになり、料理の調味料などに利用されるようになっていった。\n",
                 "part_type": "part"
               }
             ],
             "expanded": false
           }
         ],
         "expanded": true
       }
     ],
     "expanded": true
   }
 ]