Top / 暁の円卓藩国中央駅
HTML convert time: 0.035 sec.

暁の円卓藩国中央駅

Last-modified: 2017-08-12 (土) 23:47:01

作成:白石裕
チェック:暁の円卓

部品構造

  • 大部品: 暁の円卓藩国中央駅 RD:12 評価値:6
    • 部品: 暁の円卓中央駅概要
    • 部品: 木造で立派な駅舎
    • 部品: どこか牧歌的な風景
    • 部品: 吏族との強固な連携によるより負担の少ない入国審査形式
    • 部品: 完全な人力による改札
    • 部品: 国内向け交通機関への乗換拠点
    • 部品: くつろぎの待合室
    • 部品: 暁特産品直売所
    • 部品: 観光客向け土産物屋
    • 部品: 宿泊設備「ホテル暁セントラル」
    • 部品: 暁の戦士達の警備
    • 部品: 表と裏の二段構え

部品定義

部品: 暁の円卓中央駅概要

暁の円卓中央駅は帝國環状線と接続する唯一の駅で、異なる物理域の交通機関と接続する稀有なスポットであった。
ニューワールドだから可能であった施設で、物理域の変化及び各国との物流基点になる以上、様々な安全対策や物流対策が講じられた。

部品: 木造で立派な駅舎

東国人を源流とする暁の円卓藩国らしく、駅舎は木造となっており自国の理力建築士達の協力で立派なものとなった。
これは大人数を捌く為に、木造ではある程度の強大さが必要になった結果であり、低物理国家故の苦肉の策でもあった。

部品: どこか牧歌的な風景

駅舎を立派なものであるが、そこに広がる風景はどこか牧歌的な風景を感じさせる。
低物理国家故の開拓がまばらである光景であるが、疲れたビジネスパーソンやあまり自然に触れたことがない観光客達への癒しとなった。

部品: 吏族との強固な連携によるより負担の少ない入国審査形式

入国審査をよりスムーズとする為に吏族達とより強固に連携し、彼ら彼女らから綿密にヒアリングを行い、審査をスムーズ且つ、審査待ちの方々への負担が少ない形式とした。
これには吏族尚書も兼任する摂政風杜の尽力が大きく。大抵の問題は人の繋がりで解決している暁らしい解決法であった。

部品: 完全な人力による改札

暁は低物理域国家の為、自動改札という文明の利器に頼ることは非常に難しい。
ただ、人は日々押し寄せるのでどうにかせねばならず、暁的にはこれまで通り、これを人力で対応した。
モギリの職人芸で対応したのである。全てを人力で賄うので細やかな注視も可能となり、キセルや密入国等の防止にも役立った。
また、これらの人員活用は暁の雇用創出にも役立っている。

部品: 国内向け交通機関への乗換拠点

物理域の関係上、列車が利用できるのは中央駅までで、その後の国内向けの移動は馬車や人の力(人力車や徒歩)等となる。
それらの乗換をスムーズに行う為、定期馬車便や人力車等は整備され、それほどの待ちもなく乗換が可能となった。

部品: くつろぎの待合室

各種対策は講じているものの、どうしても待ち時間は発生する。その際の時間を心穏やかに過ごしてもらう為、
待合室には力が入れられ、ゆったりとした時が過ごせるよう、内装の工夫やよりリラックスできる座席の配置等が行われている。

部品: 暁特産品直売所

中央駅には暁の円卓の特産物が直接並べられる直売所が併設されている。
販売側の直売所の利用には事前審査と出品の際のサンプル審査の双方実施による安全対策が施され、観光客達は安心して買い求めることができた。

部品: 観光客向け土産物屋

直売所の他に、より平易な土産物を取り扱った店舗も多数併設され、中央駅限定商品等の展開で観光客に喜ばれた

部品: 宿泊設備「ホテル暁セントラル」

中央駅に併設されたホテルで、名前は安っぽいが非常にランクの高いお客様に対しても対応できる格式のあるホテルである。
比較的裕福な観光客の利用の他、ビジネスパーソンの商談の場にも良く使われた。
名前が安っぽいのは藩国独自文化によるもので、国基準としては特に安っぽいわけではないのである。

部品: 暁の戦士達の警備

人が集まるということはそこに犯罪の影が差すということである。それらを防止する為、暁の戦士達が警備員として駅に常駐している。
彼らは比較的目立つ制服に身を包み、ガイドとしての側面も担った。困った時には彼らに尋ねれば適切な場所に誘導してくれると共に、不審な動きを見つければ一番に対処に向かうのが彼らだった。

部品: 表と裏の二段構え

表である暁の戦士達の警備員たちはとにかく目立つことと、受け答えの心象を良くすることで犯罪等の防止を行っているが、それらを逆手にとって犯罪を強行する輩への対策として客に紛れた私服警備員を多数配置することで、その対策とした。
彼らはより人間観察に長け、事前に声掛けや複数人で連携することで藩国を裏から支えている。

提出書式

 大部品: 暁の円卓藩国中央駅 RD:12 評価値:6
 -部品: 暁の円卓中央駅概要
 -部品: 木造で立派な駅舎
 -部品: どこか牧歌的な風景
 -部品: 吏族との強固な連携によるより負担の少ない入国審査形式
 -部品: 完全な人力による改札
 -部品: 国内向け交通機関への乗換拠点
 -部品: くつろぎの待合室
 -部品: 暁特産品直売所
 -部品: 観光客向け土産物屋
 -部品: 宿泊設備「ホテル暁セントラル」
 -部品: 暁の戦士達の警備
 -部品: 表と裏の二段構え
 
 
 部品: 暁の円卓中央駅概要
 暁の円卓中央駅は帝國環状線と接続する唯一の駅で、異なる物理域の交通機関と接続する稀有なスポットであった。
 ニューワールドだから可能であった施設で、物理域の変化及び各国との物流基点になる以上、様々な安全対策や物流対策が講じられた。
 
 部品: 木造で立派な駅舎
 東国人を源流とする暁の円卓藩国らしく、駅舎は木造となっており自国の理力建築士達の協力で立派なものとなった。
 これは大人数を捌く為に、木造ではある程度の強大さが必要になった結果であり、低物理国家故の苦肉の策でもあった。
 
 部品: どこか牧歌的な風景
 駅舎を立派なものであるが、そこに広がる風景はどこか牧歌的な風景を感じさせる。
 低物理国家故の開拓がまばらである光景であるが、疲れたビジネスパーソンやあまり自然に触れたことがない観光客達への癒しとなった。
 
 部品: 吏族との強固な連携によるより負担の少ない入国審査形式
 入国審査をよりスムーズとする為に吏族達とより強固に連携し、彼ら彼女らから綿密にヒアリングを行い、審査をスムーズ且つ、審査待ちの方々への負担が少ない形式とした。
 これには吏族尚書も兼任する摂政風杜の尽力が大きく。大抵の問題は人の繋がりで解決している暁らしい解決法であった。
 
 部品: 完全な人力による改札
 暁は低物理域国家の為、自動改札という文明の利器に頼ることは非常に難しい。
 ただ、人は日々押し寄せるのでどうにかせねばならず、暁的にはこれまで通り、これを人力で対応した。
 モギリの職人芸で対応したのである。全てを人力で賄うので細やかな注視も可能となり、キセルや密入国等の防止にも役立った。
 また、これらの人員活用は暁の雇用創出にも役立っている。
 
 部品: 国内向け交通機関への乗換拠点
 物理域の関係上、列車が利用できるのは中央駅までで、その後の国内向けの移動は馬車や人の力(人力車や徒歩)等となる。
 それらの乗換をスムーズに行う為、定期馬車便や人力車等は整備され、それほどの待ちもなく乗換が可能となった。
 
 部品: くつろぎの待合室
 各種対策は講じているものの、どうしても待ち時間は発生する。その際の時間を心穏やかに過ごしてもらう為、
 待合室には力が入れられ、ゆったりとした時が過ごせるよう、内装の工夫やよりリラックスできる座席の配置等が行われている。
 
 部品: 暁特産品直売所
 中央駅には暁の円卓の特産物が直接並べられる直売所が併設されている。
 販売側の直売所の利用には事前審査と出品の際のサンプル審査の双方実施による安全対策が施され、観光客達は安心して買い求めることができた。
 
 部品: 観光客向け土産物屋
 直売所の他に、より平易な土産物を取り扱った店舗も多数併設され、中央駅限定商品等の展開で観光客に喜ばれた
 
 
 部品: 宿泊設備「ホテル暁セントラル」
 中央駅に併設されたホテルで、名前は安っぽいが非常にランクの高いお客様に対しても対応できる格式のあるホテルである。
 比較的裕福な観光客の利用の他、ビジネスパーソンの商談の場にも良く使われた。
 名前が安っぽいのは藩国独自文化によるもので、国基準としては特に安っぽいわけではないのである。
 
 
 部品: 暁の戦士達の警備
 人が集まるということはそこに犯罪の影が差すということである。それらを防止する為、暁の戦士達が警備員として駅に常駐している。
 彼らは比較的目立つ制服に身を包み、ガイドとしての側面も担った。困った時には彼らに尋ねれば適切な場所に誘導してくれると共に、不審な動きを見つければ一番に対処に向かうのが彼らだった。
 
 部品: 表と裏の二段構え
 表である暁の戦士達の警備員たちはとにかく目立つことと、受け答えの心象を良くすることで犯罪等の防止を行っているが、それらを逆手にとって犯罪を強行する輩への対策として客に紛れた私服警備員を多数配置することで、その対策とした。
 彼らはより人間観察に長け、事前に声掛けや複数人で連携することで藩国を裏から支えている。
 
 

インポート用定義データ

 [
   {
     "title": "暁の円卓藩国中央駅",
     "part_type": "group",
     "children": [
       {
         "title": "暁の円卓中央駅概要",
         "description": "暁の円卓中央駅は帝國環状線と接続する唯一の駅で、異なる物理域の交通機関と接続する稀有なスポットであった。\nニューワールドだから可能であった施設で、物理域の変化及び各国との物流基点になる以上、様々な安全対策や物流対策が講じられた。",
         "part_type": "part"
       },
       {
         "title": "木造で立派な駅舎",
         "description": "東国人を源流とする暁の円卓藩国らしく、駅舎は木造となっており自国の理力建築士達の協力で立派なものとなった。\nこれは大人数を捌く為に、木造ではある程度の強大さが必要になった結果であり、低物理国家故の苦肉の策でもあった。",
         "part_type": "part"
       },
       {
         "title": "どこか牧歌的な風景",
         "description": "駅舎を立派なものであるが、そこに広がる風景はどこか牧歌的な風景を感じさせる。\n低物理国家故の開拓がまばらである光景であるが、疲れたビジネスパーソンやあまり自然に触れたことがない観光客達への癒しとなった。",
         "part_type": "part"
       },
       {
         "title": "吏族との強固な連携によるより負担の少ない入国審査形式",
         "description": "入国審査をよりスムーズとする為に吏族達とより強固に連携し、彼ら彼女らから綿密にヒアリングを行い、審査をスムーズ且つ、審査待ちの方々への負担が少ない形式とした。\nこれには吏族尚書も兼任する摂政風杜の尽力が大きく。大抵の問題は人の繋がりで解決している暁らしい解決法であった。",
         "part_type": "part"
       },
       {
         "title": "完全な人力による改札",
         "description": "暁は低物理域国家の為、自動改札という文明の利器に頼ることは非常に難しい。\nただ、人は日々押し寄せるのでどうにかせねばならず、暁的にはこれまで通り、これを人力で対応した。\nモギリの職人芸で対応したのである。全てを人力で賄うので細やかな注視も可能となり、キセルや密入国等の防止にも役立った。\nまた、これらの人員活用は暁の雇用創出にも役立っている。",
         "part_type": "part",
         "expanded": true
       },
       {
         "title": "国内向け交通機関への乗換拠点",
         "description": "物理域の関係上、列車が利用できるのは中央駅までで、その後の国内向けの移動は馬車や人の力(人力車や徒歩)等となる。\nそれらの乗換をスムーズに行う為、定期馬車便や人力車等は整備され、それほどの待ちもなく乗換が可能となった。",
         "part_type": "part"
       },
       {
         "title": "くつろぎの待合室",
         "description": "各種対策は講じているものの、どうしても待ち時間は発生する。その際の時間を心穏やかに過ごしてもらう為、\n待合室には力が入れられ、ゆったりとした時が過ごせるよう、内装の工夫やよりリラックスできる座席の配置等が行われている。",
         "part_type": "part"
       },
       {
         "title": "暁特産品直売所",
         "description": "中央駅には暁の円卓の特産物が直接並べられる直売所が併設されている。\n販売側の直売所の利用には事前審査と出品の際のサンプル審査の双方実施による安全対策が施され、観光客達は安心して買い求めることができた。",
         "part_type": "part"
       },
       {
         "title": "観光客向け土産物屋",
         "description": "直売所の他に、より平易な土産物を取り扱った店舗も多数併設され、中央駅限定商品等の展開で観光客に喜ばれた\n",
         "part_type": "part"
       },
       {
         "title": "宿泊設備「ホテル暁セントラル」",
         "description": "中央駅に併設されたホテルで、名前は安っぽいが非常にランクの高いお客様に対しても対応できる格式のあるホテルである。\n比較的裕福な観光客の利用の他、ビジネスパーソンの商談の場にも良く使われた。\n名前が安っぽいのは藩国独自文化によるもので、国基準としては特に安っぽいわけではないのである。\n",
         "part_type": "part"
       },
       {
         "title": "暁の戦士達の警備",
         "description": "人が集まるということはそこに犯罪の影が差すということである。それらを防止する為、暁の戦士達が警備員として駅に常駐している。\n彼らは比較的目立つ制服に身を包み、ガイドとしての側面も担った。困った時には彼らに尋ねれば適切な場所に誘導してくれると共に、不審な動きを見つければ一番に対処に向かうのが彼らだった。",
         "part_type": "part"
       },
       {
         "title": "表と裏の二段構え",
         "description": "表である暁の戦士達の警備員たちはとにかく目立つことと、受け答えの心象を良くすることで犯罪等の防止を行っているが、それらを逆手にとって犯罪を強行する輩への対策として客に紛れた私服警備員を多数配置することで、その対策とした。\n彼らはより人間観察に長け、事前に声掛けや複数人で連携することで藩国を裏から支えている。",
         "part_type": "part"
       }
     ],
     "expanded": true
   }
 ]