Top / 映画監督
HTML convert time: 0.073 sec.

映画監督

Last-modified: 2017-08-20 (日) 03:28:15

データ作成:はづきてる
チェック:暁の円卓

部品構造

  • 大部品: 映画監督 RD:12 評価値:6
    • 大部品: 修行 RD:5 評価値:3
      • 部品: 創作物のインプット
      • 部品: 妄想の日々
      • 部品: 感情の理由付け
      • 部品: 表現技法の学習
      • 部品: 流行を探る
    • 大部品: 助監督時代の経験 RD:2 評価値:1
      • 部品: 助監督の経験
      • 部品: キャリアステップ
    • 大部品: 特技 RD:4 評価値:3
      • 部品: アイデアの具体化
      • 部品: 方向性の提示
      • 部品: 文脈を作る
      • 部品: リーダーシップ
    • 部品: 作りたいものがある

部品定義

部品: 創作物のインプット

新しい映画を生み出すためには、映画だけを見ていても役には立たない。むしろ小説やその他創作物を受け取ることで、新たな表現のアプローチができるのである。

部品: 妄想の日々

日々頭の中に、今の自分から離れた世界を持つ。ただ考えるのではなく、具体的に、どのようにその世界が成り立ったのかまでを構築する。

部品: 感情の理由付け

自分はなぜうれしいのか、なぜ面白いと思ったのか。それに対して、正しくなくとも理由を付けていく。そして、その感情を再現するための方法を知識として貯める。

部品: 表現技法の学習

映画を見たり、その解説本を読んだりして、最新の表現技法をいつでも知識として持とうとする。その表現を行うために何が必要かを考え、するために足りないものを意識しておく。

部品: 流行を探る

必ずしも自分の道を推し進めれば、「売れる」映画ができるわけではない。今、世の中で何がはやっているのかについて敏感になり、余念なく情報収集を行う。

部品: 助監督の経験

助監督の仕事は、現場の調整である。撮影に必要なリソースとスケジュールの管理がもっぱらの仕事となるため、逆説的に映画に何が必要となるかが分かるようになる

部品: キャリアステップ

監督業を行う者の大半は、監督になるまでに助監督として仕事を行うことで映画製作のイロハを身につける。それからメガホンを取ることで、素人監督では分からない、各担当の機微を知ることができるのである。

部品: アイデアの具体化

自分の頭の中にあるアイデアは、頭の外に出さなければ宝の持ち腐れである。それを、他の人に分かる言葉で、かみ砕いて説明することができる。

部品: 方向性の提示

複数人が迷っているときに、それを決断する度胸を持ち合わせている。時には正しくないこともあるが、そう気付いた時に方向修正を行うことで、周りの人がその決断についてくるようになっている。

部品: 文脈を作る

聞いた人の多くが納得するような、話の流れを作り出せる。また、飛躍したように思える部分の穴埋めも行うことができる。

部品: リーダーシップ

しっかりした土台と、生来の情熱。それらを表現する力が合わさって、ともに働く人たちからの支持を受け、先陣を切ることができる。

部品: 作りたいものがある

あの日見た夕焼け。昔聞いた幸せの風景。どこかの誰かがあげた、悲しみの声。自分の中に、どうしても映画にしたいものがある。だからこそ映画を作ろうと思った。

提出書式

 大部品: 映画監督 RD:12 評価値:6
 -大部品: 修行 RD:5 評価値:3
 --部品: 創作物のインプット
 --部品: 妄想の日々
 --部品: 感情の理由付け
 --部品: 表現技法の学習
 --部品: 流行を探る
 -大部品: 助監督時代の経験 RD:2 評価値:1
 --部品: 助監督の経験
 --部品: キャリアステップ
 -大部品: 特技 RD:4 評価値:3
 --部品: アイデアの具体化
 --部品: 方向性の提示
 --部品: 文脈を作る
 --部品: リーダーシップ
 -部品: 作りたいものがある
 
 
 部品: 創作物のインプット
 新しい映画を生み出すためには、映画だけを見ていても役には立たない。むしろ小説やその他創作物を受け取ることで、新たな表現のアプローチができるのである。
 
 
 部品: 妄想の日々
 日々頭の中に、今の自分から離れた世界を持つ。ただ考えるのではなく、具体的に、どのようにその世界が成り立ったのかまでを構築する。
 
 
 部品: 感情の理由付け
 自分はなぜうれしいのか、なぜ面白いと思ったのか。それに対して、正しくなくとも理由を付けていく。そして、その感情を再現するための方法を知識として貯める。
 
 
 部品: 表現技法の学習
 映画を見たり、その解説本を読んだりして、最新の表現技法をいつでも知識として持とうとする。その表現を行うために何が必要かを考え、するために足りないものを意識しておく。
 
 
 部品: 流行を探る
 必ずしも自分の道を推し進めれば、「売れる」映画ができるわけではない。今、世の中で何がはやっているのかについて敏感になり、余念なく情報収集を行う。
 
 
 部品: 助監督の経験
 助監督の仕事は、現場の調整である。撮影に必要なリソースとスケジュールの管理がもっぱらの仕事となるため、逆説的に映画に何が必要となるかが分かるようになる
 
 
 部品: キャリアステップ
 監督業を行う者の大半は、監督になるまでに助監督として仕事を行うことで映画製作のイロハを身につける。それからメガホンを取ることで、素人監督では分からない、各担当の機微を知ることができるのである。
 
 
 部品: アイデアの具体化
 自分の頭の中にあるアイデアは、頭の外に出さなければ宝の持ち腐れである。それを、他の人に分かる言葉で、かみ砕いて説明することができる。
 
 
 部品: 方向性の提示
 複数人が迷っているときに、それを決断する度胸を持ち合わせている。時には正しくないこともあるが、そう気付いた時に方向修正を行うことで、周りの人がその決断についてくるようになっている。
 
 
 部品: 文脈を作る
 聞いた人の多くが納得するような、話の流れを作り出せる。また、飛躍したように思える部分の穴埋めも行うことができる。
 
 
 部品: リーダーシップ
 しっかりした土台と、生来の情熱。それらを表現する力が合わさって、ともに働く人たちからの支持を受け、先陣を切ることができる。
 
 
 部品: 作りたいものがある
 あの日見た夕焼け。昔聞いた幸せの風景。どこかの誰かがあげた、悲しみの声。自分の中に、どうしても映画にしたいものがある。だからこそ映画を作ろうと思った。
 
 
 

インポート用定義データ

 [
   {
     "title": "映画監督",
     "children": [
       {
         "title": "修行",
         "children": [
           {
             "title": "創作物のインプット",
             "description": "新しい映画を生み出すためには、映画だけを見ていても役には立たない。むしろ小説やその他創作物を受け取ることで、新たな表現のアプローチができるのである。\n",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "妄想の日々",
             "description": "日々頭の中に、今の自分から離れた世界を持つ。ただ考えるのではなく、具体的に、どのようにその世界が成り立ったのかまでを構築する。\n",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "感情の理由付け",
             "description": "自分はなぜうれしいのか、なぜ面白いと思ったのか。それに対して、正しくなくとも理由を付けていく。そして、その感情を再現するための方法を知識として貯める。\n",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "表現技法の学習",
             "description": "映画を見たり、その解説本を読んだりして、最新の表現技法をいつでも知識として持とうとする。その表現を行うために何が必要かを考え、するために足りないものを意識しておく。\n",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "流行を探る",
             "description": "必ずしも自分の道を推し進めれば、「売れる」映画ができるわけではない。今、世の中で何がはやっているのかについて敏感になり、余念なく情報収集を行う。\n",
             "part_type": "part"
           }
         ],
         "expanded": true,
         "part_type": "group"
       },
       {
         "title": "助監督時代の経験",
         "children": [
           {
             "title": "助監督の経験",
             "description": "助監督の仕事は、現場の調整である。撮影に必要なリソースとスケジュールの管理がもっぱらの仕事となるため、逆説的に映画に何が必要となるかが分かるようになる\n",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "キャリアステップ",
             "description": "監督業を行う者の大半は、監督になるまでに助監督として仕事を行うことで映画製作のイロハを身につける。それからメガホンを取ることで、素人監督では分からない、各担当の機微を知ることができるのである。\n",
             "part_type": "part"
           }
         ],
         "expanded": true,
         "part_type": "group"
       },
       {
         "title": "特技",
         "children": [
           {
             "title": "アイデアの具体化",
             "description": "自分の頭の中にあるアイデアは、頭の外に出さなければ宝の持ち腐れである。それを、他の人に分かる言葉で、かみ砕いて説明することができる。\n",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "方向性の提示",
             "description": "複数人が迷っているときに、それを決断する度胸を持ち合わせている。時には正しくないこともあるが、そう気付いた時に方向修正を行うことで、周りの人がその決断についてくるようになっている。\n",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "文脈を作る",
             "description": "聞いた人の多くが納得するような、話の流れを作り出せる。また、飛躍したように思える部分の穴埋めも行うことができる。\n",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "リーダーシップ",
             "description": "しっかりした土台と、生来の情熱。それらを表現する力が合わさって、ともに働く人たちからの支持を受け、先陣を切ることができる。\n",
             "part_type": "part"
           }
         ],
         "expanded": true,
         "part_type": "group"
       },
       {
         "title": "作りたいものがある",
         "description": "あの日見た夕焼け。昔聞いた幸せの風景。どこかの誰かがあげた、悲しみの声。自分の中に、どうしても映画にしたいものがある。だからこそ映画を作ろうと思った。\n",
         "part_type": "part"
       }
     ],
     "expanded": true,
     "part_type": "group"
   }
 ]