Top / 市場
HTML convert time: 0.117 sec.

市場

Last-modified: 2017-08-20 (日) 03:01:55

データ作成:gumholic
チェック:暁の円卓

部品構造

  • 大部品: 市場 RD:41 評価値:9
    • 大部品: 市司 RD:23 評価値:7
      • 部品: 市司の概要
      • 部品: 物価の調査
      • 部品: 違法な商品の排除
      • 部品: 出店店舗の認可と取りやめ
      • 部品: トラブルの仲裁
      • 部品: 違反者の追放と治安維持
      • 部品: 利益供与の禁止
      • 部品: 優良な店舗の表彰
      • 部品: 設備の補修と市場の拡張
      • 部品: 衛生管理と疾病予防
      • 部品: 市場への情報提供
      • 大部品: 吏族 RD:12 評価値:6
        ----部品: 尚書省への出仕
        ----部品: 工部事務
        ----部品: 紋章事務
        ----部品: 財務事務
        ----部品: 運輸事務
        ----部品: 出仕者の作業
        ----部品: 吏族試験
        ----部品: 藩国における役割
        ----部品: 起家・栄達
        ----部品: 功労に対する対価
        ----部品: 不正に対する罰則について
        ----部品: 報告と連絡と相談
    • 大部品: 商業区域 RD:6 評価値:4
      • 部品: 平坦な土地
      • 部品: 歩行者優先の道
      • 部品: 一物多価の原則
      • 部品: 軒を連ねる店舗や屋台
      • 部品: 店舗集積による効果
      • 部品: 人々の喧騒
    • 大部品: 市場の立地条件 RD:5 評価値:3
      • 部品: 街道に接続している
      • 部品: 主要な道の交差点近く
      • 部品: 通行し易い地理条件
      • 部品: 河川の近くに位置する
      • 部品: 施設に隣接する
    • 大部品: 市場の種類と機能 RD:5 評価値:3
      • 部品: 市場の基本的な機能
      • 部品: 市場の個性
      • 部品: 対外市場
      • 部品: 中央卸売市場
      • 部品: 地域市場
    • 大部品: 防御壁 RD:2 評価値:1
      • 部品: 防御壁とは
      • 部品: 防御壁に使われる構造材

部品定義

部品: 市司の概要

市司は市場の機能を保全することを目的とした管理人である。吏族から選抜され、不正の摘発、度量衡の管理、物価や違法な商品の調査、トラブルの仲裁等の多彩な仕事を行う。市場の規模によって分業体制が組まれることもある。

部品: 物価の調査

市場で売られている商品の価格を記録することで、物価を把握している。特に生活必需品に重点が置かれており、主婦との接触や原材料の動向を注視して情報を集めている。

部品: 違法な商品の排除

市場に違法な商品が並んでいないかを調査する。麻薬、殺傷兵器、人身売買、著しい偽りのある商品などを調査し摘発する。市場に変装して出入りしたり、失業者、浮浪者や孤児、商売敵を上手く使って生の情報を引き出す。

部品: 出店店舗の認可と取りやめ

市場に出店する店を認可する役割を持つ。人物の来歴や売る商品、営業時間などを記録し、年一回その情報を更新していく。暴力的な商取引の強要や違法な物品の売買が認められた場合は店舗の認可をとりやめし、市場から退出させる権限を持つ。

部品: トラブルの仲裁

市場で起こったトラブルを仲裁する役割を持つ。双方の言い分をよく聞き、罰によらず調停することを最良とする。悪質な場合は店舗の退去や時限での店舗閉鎖を命じることが出来る。

部品: 違反者の追放と治安維持

違法な物品や人身売買、詐欺や窃盗、暴力的な言動をするものには即座の市場からの追放を命じることが出来、暴力的行為に対抗して行政や組織に応援を呼ぶことができる。

部品: 利益供与の禁止

特定の商人や店舗と結託して、市司の権力を乱用することは禁じられている。市司は市場全体の奉仕者であることを義務付けられており、特定の便宜を図った場合は即座に解雇される。

部品: 優良な店舗の表彰

人々の役に立った店舗を表彰する。人々の生活水準を向上させる商品の開発や新たな店舗形態、その他市場に貢献したとされる人物を表彰することができる。

部品: 設備の補修と市場の拡張

市場の発展や時間の経過に伴って古くなった設備や店舗は必要に応じて改修する。また店舗が出店する土地がなくなった場合は都度市場を拡張する工事を行うことができる。ただし拡張に伴い街道や民家、公共施設に悪影響が出る場合はその限りではない。また拡張によって違法な物品の横行、詐欺や暴力的言動の増加、環境破壊が発生する場合もその限りではない。

部品: 衛生管理と疾病予防

市場は人が多く集まるために伝染病対策などの衛生管理が必要である。店舗ごとに清掃地域を割り当てて指導すると共に、医療施設とも連携し、流行の病への対策、啓蒙に務める。

部品: 市場への情報提供

政策や店舗の入退出、違反者のブラックリスト、物価等の情報を提供している。情報は広場にある掲示板に掲示され都度更新される。

部品: 尚書省への出仕

各藩国から吏族は尚書省へ出仕することになるが、吏族の出仕先は大きく分けて三部門に別れていた。
それぞれ工部省、紋章省、財務省という。後に兵部省(参謀)より分かれて運輸省が設立されている。
また、出仕中は所属国に何があったとしてもその身分は保障される。

部品: 工部事務

工部事務とは、申請物の整合性のチェック、新規事業などの審査などを担当する部門での事務作業のことである。

部品: 紋章事務

紋章事務とは、いわゆる戸籍や資格、所有権などの国民に関する管理などを担当する部門での事務作業のことである。

部品: 財務事務

財務事務とは、各藩国の財務状況の管理を担当する部門での事務作業のことである。資金、燃料、資源、生物資源等から、生産されたI=Dまであらゆる資産に関する業務がここで行われていた。

部品: 運輸事務

兵部事務(参謀)から分化した、輜重分野(運輸計画等)を計画立案する部門での事務作業のことである。主に運輸計画等の運用をに携わる。

部品: 出仕者の作業

出仕者は主に高位吏族の立案したチェック作業を分担して遂行することが求められる。
これらの作業には作業広報、進捗報告、クロスチェックなどの業務が含まれる。

部品: 吏族試験

吏族は共通試験を受け、高位吏族による採点を受けた結果、内容により資格を得ることができる。場合によっては高位吏族に抜擢されることもある。受験については年齢制限はなく、その能力によって評価されるものである。

部品: 藩国における役割

藩国において吏族は政治を動かす官僚的な役割を果たしている。尚書省の定めに準拠した様式を整えたり、収支記録を正しくつけたりすることは吏族の仕事である。

部品: 起家・栄達

これまでの作業の結果、十分な実力を認められたものは天戸吏族として起家することができる。
また、一定水準以上の実力を認められたものは尚書の推薦により高位吏族へ栄達することもある。

部品: 功労に対する対価

尚書省内で特に功績があった者は特別に栄達を行うことがあり、特別作業参加者には働いた時間に応じて給与が払われる。
藩国内での業務については藩国が労うこと。

部品: 不正に対する罰則について

また、不正を行った者についっては、吏族の地位の剥奪、階級の降格、制裁金を課せられる場合がある。
藩国内業務での不正については藩国内の法によって裁かれるが、その影響により尚書省より照会があった際には藩国に罰則が課せれることもある。

部品: 報告と連絡と相談

基本的に業務は報告と連絡と相談が重要である。作業の報告、関連の部署及び人への連絡、上司への相談は必ず行うべきだ。これを行っている限りにおいては責任は上司が取ることになる。

部品: 平坦な土地

幾つもの店舗を建てることが出来る程度の広い土地がある。基本的に平坦であり、店舗を建築する以外にも屋台や露天商が商売を始めやすい。

部品: 歩行者優先の道

輸送車両や輸送用の動物は市場が開催されている間は立ち入りが制限される。歩行者の通行を優先することで人々がスムーズに移動して商品を見定めることができる。

部品: 一物多価の原則

一つの品物には複数の売り手がおり値段は統一されていない。買い手と売り手が時々によって適切な価格を決めており、特別な法律によらなければ経済活動は統制されない。

部品: 軒を連ねる店舗や屋台

店舗や屋台が所狭しと出店している。商業施設が密集することで人、物の集積が起こり、情報交換や取引が活発に行われる。

部品: 店舗集積による効果

買い手は品物の探索コストを減らすことが出来るし、売り手は買い手を探すコストを減らすことが出来る。集積が進めば市場に流通する品目も増え、買い手は目的により合致した物を適切な価格で買うことが出来る。

部品: 人々の喧騒

商業地区に店舗を構える商人たちと人々の間でのやり取り活発に行われている証左。納得の行く取引をしようと話し合ったり、時には情報交換をしたり、冗談をいったりして人々の声がそこかしこから聞こえる。

部品: 街道に接続している

街道に接続していることことで交通の便が良い。別の目的地に行く人間も立ち寄って行くことが出来る。整備された街道であれば輸送器具を使った運搬も容易である。

部品: 主要な道の交差点近く

ある街道とをある街道が交差した点に近い場所に存在する。主要な道を往来する人間が交差した街道分集まるため、単線の場所よりも人で賑わっている。

部品: 通行し易い地理条件

山間や森林地帯、湿地や起伏のある丘陵地帯ではなく、平原に近い場所にあることで交通の便が良い。建物を建てるためにも土地が平坦であることが望ましい。

部品: 河川の近くに位置する

水運を利用するために河川や海の近くに位置している。流れは急流よりも幅広で穏やかなほうが良く、治水工事と港湾の整備がされているのが良い。

部品: 施設に隣接する

政庁や宗教施設、教育施設、広場や時計塔(低物理では鐘楼等)、門、港湾など、市場の効率性や安全性を高める施設に隣接して建設されることが多い。何もないところよりも人通りが多く、他の施設と協力することで人員や資源の有効活用が図られる。

部品: 市場の基本的な機能

市場は商人が商品を陳列し、買い手が商品を求める広場であり、取引の場である。生産者と消費者を結びつけ、適正な価格で取引することによて物資を諸人に分配する機能持つ。

部品: 市場の個性

市場は立地や扱う品目、法律や取引の規模よって様々な性格を持つ。市場は大別して対外市場、中央卸売市場、地域市場に分類され、一つあるいは複数の特徴を持つ。

部品: 対外市場

遠方の地からの商人を相手に物品を取引する市場。対外市場によって外貨の獲得が可能となる。国内の特産品を取りあつかい、取引はその地域に住まう住民よりも専業の商人や輸出入業者を中心にして行われる。先物市場や保険、手形などの金融機能を付随する場合がある。また宿泊施設や情報を取り扱う施設も存在する。

部品: 中央卸売市場

国内の各地域から物資を集積させてから分配を行うことを目的にした市場。国内から集まるために物資は豊富である。ただし輸送や保存の技術が発達していないと生鮮食品を扱うことは難しいとされる。

部品: 地域市場

市場の近縁の物資を集積し、取引によって分配することを目的とした市場。この市場は地域の生活と密接に結びついており、物々交換や互酬などの非市場経済的な取引が行われることもある。地域の生活を安定させることを第一に考えられている。

部品: 防御壁とは

防御壁とは特定の対象を囲むまたは区切り、防御壁の内側にあるものを外敵の攻撃から護るために建設された壁のことを指す。

部品: 防御壁に使われる構造材

防御壁の構造材には石材、コンクリート材、レンガ材、木材、土など様々なものがある。場合によっては金属により補強したり、もっと適した素材が生み出されていればそちらが使われることもある。

提出書式

 大部品: 市場 RD:41 評価値:9
 -大部品: 市司 RD:23 評価値:7
 --部品: 市司の概要
 --部品: 物価の調査
 --部品: 違法な商品の排除
 --部品: 出店店舗の認可と取りやめ
 --部品: トラブルの仲裁
 --部品: 違反者の追放と治安維持
 --部品: 利益供与の禁止
 --部品: 優良な店舗の表彰
 --部品: 設備の補修と市場の拡張
 --部品: 衛生管理と疾病予防
 --部品: 市場への情報提供
 --大部品: 吏族 RD:12 評価値:6
 ---部品: 尚書省への出仕
 ---部品: 工部事務
 ---部品: 紋章事務
 ---部品: 財務事務
 ---部品: 運輸事務
 ---部品: 出仕者の作業
 ---部品: 吏族試験
 ---部品: 藩国における役割
 ---部品: 起家・栄達
 ---部品: 功労に対する対価
 ---部品: 不正に対する罰則について
 ---部品: 報告と連絡と相談
 -大部品: 商業区域 RD:6 評価値:4
 --部品: 平坦な土地
 --部品: 歩行者優先の道
 --部品: 一物多価の原則
 --部品: 軒を連ねる店舗や屋台
 --部品: 店舗集積による効果
 --部品: 人々の喧騒
 -大部品: 市場の立地条件 RD:5 評価値:3
 --部品: 街道に接続している
 --部品: 主要な道の交差点近く
 --部品: 通行し易い地理条件
 --部品: 河川の近くに位置する
 --部品: 施設に隣接する
 -大部品: 市場の種類と機能 RD:5 評価値:3
 --部品: 市場の基本的な機能
 --部品: 市場の個性
 --部品: 対外市場
 --部品: 中央卸売市場
 --部品: 地域市場
 -大部品: 防御壁 RD:2 評価値:1
 --部品: 防御壁とは
 --部品: 防御壁に使われる構造材
 
 
 部品: 市司の概要
 市司は市場の機能を保全することを目的とした管理人である。吏族から選抜され、不正の摘発、度量衡の管理、物価や違法な商品の調査、トラブルの仲裁等の多彩な仕事を行う。市場の規模によって分業体制が組まれることもある。
 
 部品: 物価の調査
 市場で売られている商品の価格を記録することで、物価を把握している。特に生活必需品に重点が置かれており、主婦との接触や原材料の動向を注視して情報を集めている。
 
 部品: 違法な商品の排除
 市場に違法な商品が並んでいないかを調査する。麻薬、殺傷兵器、人身売買、著しい偽りのある商品などを調査し摘発する。市場に変装して出入りしたり、失業者、浮浪者や孤児、商売敵を上手く使って生の情報を引き出す。
 
 部品: 出店店舗の認可と取りやめ
 市場に出店する店を認可する役割を持つ。人物の来歴や売る商品、営業時間などを記録し、年一回その情報を更新していく。暴力的な商取引の強要や違法な物品の売買が認められた場合は店舗の認可をとりやめし、市場から退出させる権限を持つ。
 
 部品: トラブルの仲裁
 市場で起こったトラブルを仲裁する役割を持つ。双方の言い分をよく聞き、罰によらず調停することを最良とする。悪質な場合は店舗の退去や時限での店舗閉鎖を命じることが出来る。
 
 部品: 違反者の追放と治安維持
 違法な物品や人身売買、詐欺や窃盗、暴力的な言動をするものには即座の市場からの追放を命じることが出来、暴力的行為に対抗して行政や組織に応援を呼ぶことができる。
 
 部品: 利益供与の禁止
 特定の商人や店舗と結託して、市司の権力を乱用することは禁じられている。市司は市場全体の奉仕者であることを義務付けられており、特定の便宜を図った場合は即座に解雇される。
 
 部品: 優良な店舗の表彰
 人々の役に立った店舗を表彰する。人々の生活水準を向上させる商品の開発や新たな店舗形態、その他市場に貢献したとされる人物を表彰することができる。
 
 部品: 設備の補修と市場の拡張
 市場の発展や時間の経過に伴って古くなった設備や店舗は必要に応じて改修する。また店舗が出店する土地がなくなった場合は都度市場を拡張する工事を行うことができる。ただし拡張に伴い街道や民家、公共施設に悪影響が出る場合はその限りではない。また拡張によって違法な物品の横行、詐欺や暴力的言動の増加、環境破壊が発生する場合もその限りではない。
 
 部品: 衛生管理と疾病予防
 市場は人が多く集まるために伝染病対策などの衛生管理が必要である。店舗ごとに清掃地域を割り当てて指導すると共に、医療施設とも連携し、流行の病への対策、啓蒙に務める。
 
 部品: 市場への情報提供
 政策や店舗の入退出、違反者のブラックリスト、物価等の情報を提供している。情報は広場にある掲示板に掲示され都度更新される。
 
 部品: 尚書省への出仕
 各藩国から吏族は尚書省へ出仕することになるが、吏族の出仕先は大きく分けて三部門に別れていた。
 それぞれ工部省、紋章省、財務省という。後に兵部省(参謀)より分かれて運輸省が設立されている。
 また、出仕中は所属国に何があったとしてもその身分は保障される。
 
 部品: 工部事務
 工部事務とは、申請物の整合性のチェック、新規事業などの審査などを担当する部門での事務作業のことである。
 
 部品: 紋章事務
 紋章事務とは、いわゆる戸籍や資格、所有権などの国民に関する管理などを担当する部門での事務作業のことである。
 
 部品: 財務事務
 財務事務とは、各藩国の財務状況の管理を担当する部門での事務作業のことである。資金、燃料、資源、生物資源等から、生産されたI=Dまであらゆる資産に関する業務がここで行われていた。
 
 部品: 運輸事務
 兵部事務(参謀)から分化した、輜重分野(運輸計画等)を計画立案する部門での事務作業のことである。主に運輸計画等の運用をに携わる。
 
 部品: 出仕者の作業
 出仕者は主に高位吏族の立案したチェック作業を分担して遂行することが求められる。
 これらの作業には作業広報、進捗報告、クロスチェックなどの業務が含まれる。
 
 部品: 吏族試験
 吏族は共通試験を受け、高位吏族による採点を受けた結果、内容により資格を得ることができる。場合によっては高位吏族に抜擢されることもある。受験については年齢制限はなく、その能力によって評価されるものである。
 
 部品: 藩国における役割
 藩国において吏族は政治を動かす官僚的な役割を果たしている。尚書省の定めに準拠した様式を整えたり、収支記録を正しくつけたりすることは吏族の仕事である。
 
 部品: 起家・栄達
 これまでの作業の結果、十分な実力を認められたものは天戸吏族として起家することができる。
 また、一定水準以上の実力を認められたものは尚書の推薦により高位吏族へ栄達することもある。
 
 部品: 功労に対する対価
 尚書省内で特に功績があった者は特別に栄達を行うことがあり、特別作業参加者には働いた時間に応じて給与が払われる。
 藩国内での業務については藩国が労うこと。
 
 
 部品: 不正に対する罰則について
 また、不正を行った者についっては、吏族の地位の剥奪、階級の降格、制裁金を課せられる場合がある。
 藩国内業務での不正については藩国内の法によって裁かれるが、その影響により尚書省より照会があった際には藩国に罰則が課せれることもある。
 
 部品: 報告と連絡と相談
 基本的に業務は報告と連絡と相談が重要である。作業の報告、関連の部署及び人への連絡、上司への相談は必ず行うべきだ。これを行っている限りにおいては責任は上司が取ることになる。
 
 部品: 平坦な土地
 幾つもの店舗を建てることが出来る程度の広い土地がある。基本的に平坦であり、店舗を建築する以外にも屋台や露天商が商売を始めやすい。
 
 部品: 歩行者優先の道
 輸送車両や輸送用の動物は市場が開催されている間は立ち入りが制限される。歩行者の通行を優先することで人々がスムーズに移動して商品を見定めることができる。
 
 部品: 一物多価の原則
 一つの品物には複数の売り手がおり値段は統一されていない。買い手と売り手が時々によって適切な価格を決めており、特別な法律によらなければ経済活動は統制されない。
 
 部品: 軒を連ねる店舗や屋台
 店舗や屋台が所狭しと出店している。商業施設が密集することで人、物の集積が起こり、情報交換や取引が活発に行われる。
 
 部品: 店舗集積による効果
 買い手は品物の探索コストを減らすことが出来るし、売り手は買い手を探すコストを減らすことが出来る。集積が進めば市場に流通する品目も増え、買い手は目的により合致した物を適切な価格で買うことが出来る。
 
 部品: 人々の喧騒
 商業地区に店舗を構える商人たちと人々の間でのやり取り活発に行われている証左。納得の行く取引をしようと話し合ったり、時には情報交換をしたり、冗談をいったりして人々の声がそこかしこから聞こえる。
 
 部品: 街道に接続している
 街道に接続していることことで交通の便が良い。別の目的地に行く人間も立ち寄って行くことが出来る。整備された街道であれば輸送器具を使った運搬も容易である。
 
 部品: 主要な道の交差点近く
 ある街道とをある街道が交差した点に近い場所に存在する。主要な道を往来する人間が交差した街道分集まるため、単線の場所よりも人で賑わっている。
 
 部品: 通行し易い地理条件
 山間や森林地帯、湿地や起伏のある丘陵地帯ではなく、平原に近い場所にあることで交通の便が良い。建物を建てるためにも土地が平坦であることが望ましい。
 
 部品: 河川の近くに位置する
 水運を利用するために河川や海の近くに位置している。流れは急流よりも幅広で穏やかなほうが良く、治水工事と港湾の整備がされているのが良い。
 
 部品: 施設に隣接する
 政庁や宗教施設、教育施設、広場や時計塔(低物理では鐘楼等)、門、港湾など、市場の効率性や安全性を高める施設に隣接して建設されることが多い。何もないところよりも人通りが多く、他の施設と協力することで人員や資源の有効活用が図られる。
 
 部品: 市場の基本的な機能
 市場は商人が商品を陳列し、買い手が商品を求める広場であり、取引の場である。生産者と消費者を結びつけ、適正な価格で取引することによて物資を諸人に分配する機能持つ。
 
 部品: 市場の個性
 市場は立地や扱う品目、法律や取引の規模よって様々な性格を持つ。市場は大別して対外市場、中央卸売市場、地域市場に分類され、一つあるいは複数の特徴を持つ。
 
 部品: 対外市場
 遠方の地からの商人を相手に物品を取引する市場。対外市場によって外貨の獲得が可能となる。国内の特産品を取りあつかい、取引はその地域に住まう住民よりも専業の商人や輸出入業者を中心にして行われる。先物市場や保険、手形などの金融機能を付随する場合がある。また宿泊施設や情報を取り扱う施設も存在する。
 
 部品: 中央卸売市場
 国内の各地域から物資を集積させてから分配を行うことを目的にした市場。国内から集まるために物資は豊富である。ただし輸送や保存の技術が発達していないと生鮮食品を扱うことは難しいとされる。
 
 部品: 地域市場
 市場の近縁の物資を集積し、取引によって分配することを目的とした市場。この市場は地域の生活と密接に結びついており、物々交換や互酬などの非市場経済的な取引が行われることもある。地域の生活を安定させることを第一に考えられている。
 
 部品: 防御壁とは
 防御壁とは特定の対象を囲むまたは区切り、防御壁の内側にあるものを外敵の攻撃から護るために建設された壁のことを指す。
 
 
 部品: 防御壁に使われる構造材
 防御壁の構造材には石材、コンクリート材、レンガ材、木材、土など様々なものがある。場合によっては金属により補強したり、もっと適した素材が生み出されていればそちらが使われることもある。
 
 
 

インポート用定義データ

 [
   {
     "title": "市場",
     "children": [
       {
         "title": "市司",
         "children": [
           {
             "title": "市司の概要",
             "description": "市司は市場の機能を保全することを目的とした管理人である。吏族から選抜され、不正の摘発、度量衡の管理、物価や違法な商品の調査、トラブルの仲裁等の多彩な仕事を行う。市場の規模によって分業体制が組まれることもある。",
             "expanded": true,
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "物価の調査",
             "description": "市場で売られている商品の価格を記録することで、物価を把握している。特に生活必需品に重点が置かれており、主婦との接触や原材料の動向を注視して情報を集めている。",
             "expanded": true,
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "違法な商品の排除",
             "description": "市場に違法な商品が並んでいないかを調査する。麻薬、殺傷兵器、人身売買、著しい偽りのある商品などを調査し摘発する。市場に変装して出入りしたり、失業者、浮浪者や孤児、商売敵を上手く使って生の情報を引き出す。",
             "expanded": true,
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "出店店舗の認可と取りやめ",
             "description": "市場に出店する店を認可する役割を持つ。人物の来歴や売る商品、営業時間などを記録し、年一回その情報を更新していく。暴力的な商取引の強要や違法な物品の売買が認められた場合は店舗の認可をとりやめし、市場から退出させる権限を持つ。",
             "expanded": true,
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "トラブルの仲裁",
             "description": "市場で起こったトラブルを仲裁する役割を持つ。双方の言い分をよく聞き、罰によらず調停することを最良とする。悪質な場合は店舗の退去や時限での店舗閉鎖を命じることが出来る。",
             "expanded": true,
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "違反者の追放と治安維持",
             "description": "違法な物品や人身売買、詐欺や窃盗、暴力的な言動をするものには即座の市場からの追放を命じることが出来、暴力的行為に対抗して行政や組織に応援を呼ぶことができる。",
             "expanded": true,
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "利益供与の禁止",
             "description": "特定の商人や店舗と結託して、市司の権力を乱用することは禁じられている。市司は市場全体の奉仕者であることを義務付けられており、特定の便宜を図った場合は即座に解雇される。",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "優良な店舗の表彰",
             "description": "人々の役に立った店舗を表彰する。人々の生活水準を向上させる商品の開発や新たな店舗形態、その他市場に貢献したとされる人物を表彰することができる。",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "設備の補修と市場の拡張",
             "description": "市場の発展や時間の経過に伴って古くなった設備や店舗は必要に応じて改修する。また店舗が出店する土地がなくなった場合は都度市場を拡張する工事を行うことができる。ただし拡張に伴い街道や民家、公共施設に悪影響が出る場合はその限りではない。また拡張によって違法な物品の横行、詐欺や暴力的言動の増加、環境破壊が発生する場合もその限りではない。",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "衛生管理と疾病予防",
             "description": "市場は人が多く集まるために伝染病対策などの衛生管理が必要である。店舗ごとに清掃地域を割り当てて指導すると共に、医療施設とも連携し、流行の病への対策、啓蒙に務める。",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "市場への情報提供",
             "description": "政策や店舗の入退出、違反者のブラックリスト、物価等の情報を提供している。情報は広場にある掲示板に掲示され都度更新される。",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "吏族",
             "children": [
               {
                 "title": "尚書省への出仕",
                 "description": "各藩国から吏族は尚書省へ出仕することになるが、吏族の出仕先は大きく分けて三部門に別れていた。\nそれぞれ工部省、紋章省、財務省という。後に兵部省(参謀)より分かれて運輸省が設立されている。\nまた、出仕中は所属国に何があったとしてもその身分は保障される。",
                 "expanded": true,
                 "part_type": "part"
               },
               {
                 "title": "工部事務",
                 "description": "工部事務とは、申請物の整合性のチェック、新規事業などの審査などを担当する部門での事務作業のことである。",
                 "part_type": "part"
               },
               {
                 "title": "紋章事務",
                 "description": "紋章事務とは、いわゆる戸籍や資格、所有権などの国民に関する管理などを担当する部門での事務作業のことである。",
                 "part_type": "part"
               },
               {
                 "title": "財務事務",
                 "description": "財務事務とは、各藩国の財務状況の管理を担当する部門での事務作業のことである。資金、燃料、資源、生物資源等から、生産されたI=Dまであらゆる資産に関する業務がここで行われていた。",
                 "part_type": "part"
               },
               {
                 "title": "運輸事務",
                 "description": "兵部事務(参謀)から分化した、輜重分野(運輸計画等)を計画立案する部門での事務作業のことである。主に運輸計画等の運用をに携わる。",
                 "part_type": "part"
               },
               {
                 "title": "出仕者の作業",
                 "description": "出仕者は主に高位吏族の立案したチェック作業を分担して遂行することが求められる。\nこれらの作業には作業広報、進捗報告、クロスチェックなどの業務が含まれる。",
                 "part_type": "part"
               },
               {
                 "title": "吏族試験",
                 "description": "吏族は共通試験を受け、高位吏族による採点を受けた結果、内容により資格を得ることができる。場合によっては高位吏族に抜擢されることもある。受験については年齢制限はなく、その能力によって評価されるものである。",
                 "expanded": true,
                 "part_type": "part"
               },
               {
                 "title": "藩国における役割",
                 "description": "藩国において吏族は政治を動かす官僚的な役割を果たしている。尚書省の定めに準拠した様式を整えたり、収支記録を正しくつけたりすることは吏族の仕事である。",
                 "part_type": "part"
               },
               {
                 "title": "起家・栄達",
                 "description": "これまでの作業の結果、十分な実力を認められたものは天戸吏族として起家することができる。\nまた、一定水準以上の実力を認められたものは尚書の推薦により高位吏族へ栄達することもある。",
                 "part_type": "part"
               },
               {
                 "title": "功労に対する対価",
                 "description": "尚書省内で特に功績があった者は特別に栄達を行うことがあり、特別作業参加者には働いた時間に応じて給与が払われる。\n藩国内での業務については藩国が労うこと。\n",
                 "expanded": true,
                 "part_type": "part"
               },
               {
                 "title": "不正に対する罰則について",
                 "description": "また、不正を行った者についっては、吏族の地位の剥奪、階級の降格、制裁金を課せられる場合がある。\n藩国内業務での不正については藩国内の法によって裁かれるが、その影響により尚書省より照会があった際には藩国に罰則が課せれることもある。",
                 "expanded": true,
                 "part_type": "part"
               },
               {
                 "title": "報告と連絡と相談",
                 "description": "基本的に業務は報告と連絡と相談が重要である。作業の報告、関連の部署及び人への連絡、上司への相談は必ず行うべきだ。これを行っている限りにおいては責任は上司が取ることになる。",
                 "expanded": true,
                 "part_type": "part"
               }
             ],
             "expanded": true,
             "part_type": "group"
           }
         ],
         "expanded": true,
         "part_type": "group"
       },
       {
         "title": "商業区域",
         "children": [
           {
             "title": "平坦な土地",
             "description": "幾つもの店舗を建てることが出来る程度の広い土地がある。基本的に平坦であり、店舗を建築する以外にも屋台や露天商が商売を始めやすい。",
             "expanded": true,
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "歩行者優先の道",
             "description": "輸送車両や輸送用の動物は市場が開催されている間は立ち入りが制限される。歩行者の通行を優先することで人々がスムーズに移動して商品を見定めることができる。",
             "expanded": true,
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "一物多価の原則",
             "description": "一つの品物には複数の売り手がおり値段は統一されていない。買い手と売り手が時々によって適切な価格を決めており、特別な法律によらなければ経済活動は統制されない。",
             "expanded": true,
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "軒を連ねる店舗や屋台",
             "description": "店舗や屋台が所狭しと出店している。商業施設が密集することで人、物の集積が起こり、情報交換や取引が活発に行われる。",
             "expanded": true,
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "店舗集積による効果",
             "description": "買い手は品物の探索コストを減らすことが出来るし、売り手は買い手を探すコストを減らすことが出来る。集積が進めば市場に流通する品目も増え、買い手は目的により合致した物を適切な価格で買うことが出来る。",
             "expanded": true,
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "人々の喧騒",
             "description": "商業地区に店舗を構える商人たちと人々の間でのやり取り活発に行われている証左。納得の行く取引をしようと話し合ったり、時には情報交換をしたり、冗談をいったりして人々の声がそこかしこから聞こえる。",
             "part_type": "part"
           }
         ],
         "expanded": true,
         "part_type": "group"
       },
       {
         "title": "市場の立地条件",
         "children": [
           {
             "title": "街道に接続している",
             "description": "街道に接続していることことで交通の便が良い。別の目的地に行く人間も立ち寄って行くことが出来る。整備された街道であれば輸送器具を使った運搬も容易である。",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "主要な道の交差点近く",
             "description": "ある街道とをある街道が交差した点に近い場所に存在する。主要な道を往来する人間が交差した街道分集まるため、単線の場所よりも人で賑わっている。",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "通行し易い地理条件",
             "description": "山間や森林地帯、湿地や起伏のある丘陵地帯ではなく、平原に近い場所にあることで交通の便が良い。建物を建てるためにも土地が平坦であることが望ましい。",
             "expanded": true,
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "河川の近くに位置する",
             "description": "水運を利用するために河川や海の近くに位置している。流れは急流よりも幅広で穏やかなほうが良く、治水工事と港湾の整備がされているのが良い。",
             "expanded": true,
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "施設に隣接する",
             "description": "政庁や宗教施設、教育施設、広場や時計塔(低物理では鐘楼等)、門、港湾など、市場の効率性や安全性を高める施設に隣接して建設されることが多い。何もないところよりも人通りが多く、他の施設と協力することで人員や資源の有効活用が図られる。",
             "expanded": true,
             "part_type": "part"
           }
         ],
         "expanded": true,
         "part_type": "group"
       },
       {
         "title": "市場の種類と機能",
         "children": [
           {
             "title": "市場の基本的な機能",
             "description": "市場は商人が商品を陳列し、買い手が商品を求める広場であり、取引の場である。生産者と消費者を結びつけ、適正な価格で取引することによて物資を諸人に分配する機能持つ。",
             "expanded": true,
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "市場の個性",
             "description": "市場は立地や扱う品目、法律や取引の規模よって様々な性格を持つ。市場は大別して対外市場、中央卸売市場、地域市場に分類され、一つあるいは複数の特徴を持つ。",
             "expanded": true,
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "対外市場",
             "description": "遠方の地からの商人を相手に物品を取引する市場。対外市場によって外貨の獲得が可能となる。国内の特産品を取りあつかい、取引はその地域に住まう住民よりも専業の商人や輸出入業者を中心にして行われる。先物市場や保険、手形などの金融機能を付随する場合がある。また宿泊施設や情報を取り扱う施設も存在する。",
             "expanded": true,
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "中央卸売市場",
             "description": "国内の各地域から物資を集積させてから分配を行うことを目的にした市場。国内から集まるために物資は豊富である。ただし輸送や保存の技術が発達していないと生鮮食品を扱うことは難しいとされる。",
             "expanded": true,
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "地域市場",
             "description": "市場の近縁の物資を集積し、取引によって分配することを目的とした市場。この市場は地域の生活と密接に結びついており、物々交換や互酬などの非市場経済的な取引が行われることもある。地域の生活を安定させることを第一に考えられている。",
             "expanded": true,
             "part_type": "part"
           }
         ],
         "expanded": true,
         "part_type": "group"
       },
       {
         "title": "防御壁",
         "children": [
           {
             "title": "防御壁とは",
             "description": "防御壁とは特定の対象を囲むまたは区切り、防御壁の内側にあるものを外敵の攻撃から護るために建設された壁のことを指す。\n",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "防御壁に使われる構造材",
             "description": "防御壁の構造材には石材、コンクリート材、レンガ材、木材、土など様々なものがある。場合によっては金属により補強したり、もっと適した素材が生み出されていればそちらが使われることもある。\n",
             "expanded": true,
             "part_type": "part"
           }
         ],
         "expanded": true,
         "part_type": "group"
       }
     ],
     "expanded": true,
     "part_type": "group"
   }
 ]