Top / 屠殺場
HTML convert time: 0.032 sec.

屠殺場

Last-modified: 2017-08-29 (火) 02:38:26

作成:gumholic
チェック:暁の円卓

部品構造

  • 大部品: 屠殺場 RD:13 評価値:6
    • 部品: 屠殺の歴史
    • 部品: 屠殺場の概要
    • 部品: 屠殺場での禁止事項
    • 大部品: 屠殺場の作業 RD:4 評価値:3
      • 部品: 屠殺する家畜の検査
      • 部品: 屠殺
      • 部品: 解体作業と内臓検査
      • 部品: 出荷準備
    • 大部品: 屠殺場で生産されるもの RD:4 評価値:3
      • 大部品: 枝肉 RD:2 評価値:1
        ----部品: 枝肉とは
        ----部品: 大きなお肉の塊
      • 大部品: 皮(材料) RD:2 評価値:1
        ----部品: 動物の皮
        ----部品: 皮革の材料
    • 部品: 廃棄物の処理と再利用
    • 部品: 慰霊碑

部品定義

部品: 屠殺の歴史

屠殺は遥か太古から人間がおこなってきた営みである。狩猟採集の生活においては罠にかかった動物を屠殺して解体するのは日常の中に組み込まれた生活の一部であった。社会が発展するに連れて高度な分業化が進んでいくと、次第に人々の生活から屠殺が認識されなくなっていく。これは屠殺が家畜たちの血や内臓と家畜の死を直視する行為にほかならず、普段の生活からできれば遠ざけたいことであったからである。

部品: 屠殺場の概要

各地から出荷された牛や豚や鶏、羊などの家畜を殺して、食肉や薬品、皮製品として利用するための枝肉や内臓、原皮等に仕分けする機能を持った施設である。家畜たちの検査を厳格に行い、安全な食肉を供給するとともに、なるべく家畜たちを苦しまないように屠殺する努力がおこなわれている。

部品: 屠殺場での禁止事項

家畜や食用とされる以外の動物を屠殺することは禁じられる。当然人間、知的生命体の屠殺は厳禁である。屠殺する前の動物の虐待や、違法な薬物の混入、施設の損壊、その他社会に対して害となる行為は禁じられる。

部品: 屠殺する家畜の検査

家畜が健康であるかどうかを検査する。出荷されたときの情報とチェックをおこない、舌や目、鼻などの粘膜に異常は無いかや足のふらつき等の外観の確認をして、食用にするのに安全な個体かどうかを見極める。

部品: 屠殺

屠殺する前に電気やガス等(低物理なら魔法)で家畜を失神させて意識を失わせる。家畜が意識を失っている間に家畜の頸動脈などの大動脈を切除し、失血死させると同時に血抜きを行う。

部品: 解体作業と内臓検査

屠殺して血抜きが終わった家畜を台に乗せて専用の刃物で切り分けていく作業。家畜の頭や尾、四肢、内蔵、胴体などの部位に別々に切り分けられる。切り分ける際に家畜の内蔵を検査して病気や異常がないかを確認し、病気や異常があったものについては焼却処分する。

部品: 出荷準備

出荷するのにちょうどよい大きさの枝肉に再度加工したり、内臓や皮と一緒に水で血を洗い流すことで腐敗や病害虫の発生を防いで肉を長持ちさせる。

部品: 枝肉とは

枝肉とは家畜たちを屠殺して頭や四肢を切り取り、骨、内蔵、皮や尾などの非可食部位を取り除いたものをさす。通常食肉加工施設や屠殺場で一頭単位で加工処理し出荷され、精肉店や肉屋で料理しやすいサイズに切り分けられる。

部品: 大きなお肉の塊

とても大きなお肉の塊でそのままでは料理に使うことは難しい。この状態では大きすぎて専用の調理器具以外では扱うことが出来ないからである。切り分けて扱いやすくすることで料理の材料として使えるようになる。

部品: 動物の皮

皮は動物の皮を剥いだものである。模様や毛の付き具合は剥ぎ取った動物に由来する。この状態ではまだ加工するのに適切ではなく長期間の保存は難しい状態である。

部品: 皮革の材料

皮は皮革の材料である。皮をなめし加工して、何かを作る際の材料として使える状態にしたものを皮革といい、武器防具から日用雑貨、装飾品まで多様な皮革製品の生産、製造に使用される。

部品: 廃棄物の処理と再利用

家畜を屠殺した際に出る廃棄物は肥料や薬品として使われる。不要な内蔵やクズ肉、皮の余りは焼却されて灰として処分される。屠殺した時に出る大量の血液は医療用の接着剤として利用される他、加熱凝固させると肥料として利用できることから独自に集めて加熱処理される。骨は判子などの材料となる骨材や、砕いて肥料として再利用される。

部品: 慰霊碑

家畜たちにも感情がないわけではなく、殺されるときは涙を浮かべるものもいる。家畜たちの死によって我々の食生活が成り立っていることを忘れないために、慰霊碑を建てて年に一回、宗教関係の専門化を招いて鎮魂の供養をおこなっている。

提出書式

 大部品: 屠殺場 RD:13 評価値:6
 -部品: 屠殺の歴史
 -部品: 屠殺場の概要
 -部品: 屠殺場での禁止事項
 -大部品: 屠殺場の作業 RD:4 評価値:3
 --部品: 屠殺する家畜の検査
 --部品: 屠殺
 --部品: 解体作業と内臓検査
 --部品: 出荷準備
 -大部品: 屠殺場で生産されるもの RD:4 評価値:3
 --大部品: 枝肉 RD:2 評価値:1
 ---部品: 枝肉とは
 ---部品: 大きなお肉の塊
 --大部品: 皮(材料) RD:2 評価値:1
 ---部品: 動物の皮
 ---部品: 皮革の材料
 -部品: 廃棄物の処理と再利用
 -部品: 慰霊碑
 
 
 部品: 屠殺の歴史
 屠殺は遥か太古から人間がおこなってきた営みである。狩猟採集の生活においては罠にかかった動物を屠殺して解体するのは日常の中に組み込まれた生活の一部であった。社会が発展するに連れて高度な分業化が進んでいくと、次第に人々の生活から屠殺が認識されなくなっていく。これは屠殺が家畜たちの血や内臓と家畜の死を直視する行為にほかならず、普段の生活からできれば遠ざけたいことであったからである。
 
 部品: 屠殺場の概要
 各地から出荷された牛や豚や鶏、羊などの家畜を殺して、食肉や薬品、皮製品として利用するための枝肉や内臓、原皮等に仕分けする機能を持った施設である。家畜たちの検査を厳格に行い、安全な食肉を供給するとともに、なるべく家畜たちを苦しまないように屠殺する努力がおこなわれている。
 
 部品: 屠殺場での禁止事項
 家畜や食用とされる以外の動物を屠殺することは禁じられる。当然人間、知的生命体の屠殺は厳禁である。屠殺する前の動物の虐待や、違法な薬物の混入、施設の損壊、その他社会に対して害となる行為は禁じられる。
 
 部品: 屠殺する家畜の検査
 家畜が健康であるかどうかを検査する。出荷されたときの情報とチェックをおこない、舌や目、鼻などの粘膜に異常は無いかや足のふらつき等の外観の確認をして、食用にするのに安全な個体かどうかを見極める。
 
 部品: 屠殺
 屠殺する前に電気やガス等(低物理なら魔法)で家畜を失神させて意識を失わせる。家畜が意識を失っている間に家畜の頸動脈などの大動脈を切除し、失血死させると同時に血抜きを行う。
 
 部品: 解体作業と内臓検査
 屠殺して血抜きが終わった家畜を台に乗せて専用の刃物で切り分けていく作業。家畜の頭や尾、四肢、内蔵、胴体などの部位に別々に切り分けられる。切り分ける際に家畜の内蔵を検査して病気や異常がないかを確認し、病気や異常があったものについては焼却処分する。
 
 部品: 出荷準備
 出荷するのにちょうどよい大きさの枝肉に再度加工したり、内臓や皮と一緒に水で血を洗い流すことで腐敗や病害虫の発生を防いで肉を長持ちさせる。
 
 部品: 枝肉とは
 枝肉とは家畜たちを屠殺して頭や四肢を切り取り、骨、内蔵、皮や尾などの非可食部位を取り除いたものをさす。通常食肉加工施設や屠殺場で一頭単位で加工処理し出荷され、精肉店や肉屋で料理しやすいサイズに切り分けられる。
 
 部品: 大きなお肉の塊
 とても大きなお肉の塊でそのままでは料理に使うことは難しい。この状態では大きすぎて専用の調理器具以外では扱うことが出来ないからである。切り分けて扱いやすくすることで料理の材料として使えるようになる。
 
 部品: 動物の皮
 皮は動物の皮を剥いだものである。模様や毛の付き具合は剥ぎ取った動物に由来する。この状態ではまだ加工するのに適切ではなく長期間の保存は難しい状態である。
 
 部品: 皮革の材料
 皮は皮革の材料である。皮をなめし加工して、何かを作る際の材料として使える状態にしたものを皮革といい、武器防具から日用雑貨、装飾品まで多様な皮革製品の生産、製造に使用される。
 
 部品: 廃棄物の処理と再利用
 家畜を屠殺した際に出る廃棄物は肥料や薬品として使われる。不要な内蔵やクズ肉、皮の余りは焼却されて灰として処分される。屠殺した時に出る大量の血液は医療用の接着剤として利用される他、加熱凝固させると肥料として利用できることから独自に集めて加熱処理される。骨は判子などの材料となる骨材や、砕いて肥料として再利用される。
 
 部品: 慰霊碑
 家畜たちにも感情がないわけではなく、殺されるときは涙を浮かべるものもいる。家畜たちの死によって我々の食生活が成り立っていることを忘れないために、慰霊碑を建てて年に一回、宗教関係の専門化を招いて鎮魂の供養をおこなっている。
 
 

インポート用定義データ

 [
   {
     "title": "屠殺場",
     "part_type": "group",
     "children": [
       {
         "title": "屠殺の歴史",
         "description": "屠殺は遥か太古から人間がおこなってきた営みである。狩猟採集の生活においては罠にかかった動物を屠殺して解体するのは日常の中に組み込まれた生活の一部であった。社会が発展するに連れて高度な分業化が進んでいくと、次第に人々の生活から屠殺が認識されなくなっていく。これは屠殺が家畜たちの血や内臓と家畜の死を直視する行為にほかならず、普段の生活からできれば遠ざけたいことであったからである。",
         "part_type": "part",
         "expanded": true
       },
       {
         "title": "屠殺場の概要",
         "description": "各地から出荷された牛や豚や鶏、羊などの家畜を殺して、食肉や薬品、皮製品として利用するための枝肉や内臓、原皮等に仕分けする機能を持った施設である。家畜たちの検査を厳格に行い、安全な食肉を供給するとともに、なるべく家畜たちを苦しまないように屠殺する努力がおこなわれている。",
         "part_type": "part",
         "expanded": true
       },
       {
         "title": "屠殺場での禁止事項",
         "description": "家畜や食用とされる以外の動物を屠殺することは禁じられる。当然人間、知的生命体の屠殺は厳禁である。屠殺する前の動物の虐待や、違法な薬物の混入、施設の損壊、その他社会に対して害となる行為は禁じられる。",
         "part_type": "part",
         "expanded": true
       },
       {
         "title": "屠殺場の作業",
         "part_type": "group",
         "children": [
           {
             "title": "屠殺する家畜の検査",
             "description": "家畜が健康であるかどうかを検査する。出荷されたときの情報とチェックをおこない、舌や目、鼻などの粘膜に異常は無いかや足のふらつき等の外観の確認をして、食用にするのに安全な個体かどうかを見極める。",
             "part_type": "part",
             "expanded": true
           },
           {
             "title": "屠殺",
             "description": "屠殺する前に電気やガス等(低物理なら魔法)で家畜を失神させて意識を失わせる。家畜が意識を失っている間に家畜の頸動脈などの大動脈を切除し、失血死させると同時に血抜きを行う。",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "解体作業と内臓検査",
             "description": "屠殺して血抜きが終わった家畜を台に乗せて専用の刃物で切り分けていく作業。家畜の頭や尾、四肢、内蔵、胴体などの部位に別々に切り分けられる。切り分ける際に家畜の内蔵を検査して病気や異常がないかを確認し、病気や異常があったものについては焼却処分する。",
             "part_type": "part",
             "expanded": true
           },
           {
             "title": "出荷準備",
             "description": "出荷するのにちょうどよい大きさの枝肉に再度加工したり、内臓や皮と一緒に水で血を洗い流すことで腐敗や病害虫の発生を防いで肉を長持ちさせる。",
             "part_type": "part",
             "expanded": true
           }
         ],
         "expanded": true
       },
       {
         "title": "屠殺場で生産されるもの",
         "part_type": "group",
         "children": [
           {
             "title": "枝肉",
             "part_type": "group",
             "children": [
               {
                 "title": "枝肉とは",
                 "description": "枝肉とは家畜たちを屠殺して頭や四肢を切り取り、骨、内蔵、皮や尾などの非可食部位を取り除いたものをさす。通常食肉加工施設や屠殺場で一頭単位で加工処理し出荷され、精肉店や肉屋で料理しやすいサイズに切り分けられる。",
                 "part_type": "part",
                 "expanded": true
               },
               {
                 "title": "大きなお肉の塊",
                 "description": "とても大きなお肉の塊でそのままでは料理に使うことは難しい。この状態では大きすぎて専用の調理器具以外では扱うことが出来ないからである。切り分けて扱いやすくすることで料理の材料として使えるようになる。",
                 "part_type": "part"
               }
             ],
             "expanded": true
           },
           {
             "title": "皮(材料)",
             "part_type": "group",
             "children": [
               {
                 "title": "動物の皮",
                 "description": "皮は動物の皮を剥いだものである。模様や毛の付き具合は剥ぎ取った動物に由来する。この状態ではまだ加工するのに適切ではなく長期間の保存は難しい状態である。",
                 "part_type": "part",
                 "expanded": true
               },
               {
                 "title": "皮革の材料",
                 "description": "皮は皮革の材料である。皮をなめし加工して、何かを作る際の材料として使える状態にしたものを皮革といい、武器防具から日用雑貨、装飾品まで多様な皮革製品の生産、製造に使用される。",
                 "part_type": "part",
                 "expanded": true
               }
             ],
             "expanded": true
           }
         ],
         "expanded": true
       },
       {
         "title": "廃棄物の処理と再利用",
         "description": "家畜を屠殺した際に出る廃棄物は肥料や薬品として使われる。不要な内蔵やクズ肉、皮の余りは焼却されて灰として処分される。屠殺した時に出る大量の血液は医療用の接着剤として利用される他、加熱凝固させると肥料として利用できることから独自に集めて加熱処理される。骨は判子などの材料となる骨材や、砕いて肥料として再利用される。",
         "part_type": "part",
         "expanded": true
       },
       {
         "title": "慰霊碑",
         "description": "家畜たちにも感情がないわけではなく、殺されるときは涙を浮かべるものもいる。家畜たちの死によって我々の食生活が成り立っていることを忘れないために、慰霊碑を建てて年に一回、宗教関係の専門化を招いて鎮魂の供養をおこなっている。",
         "part_type": "part",
         "expanded": true
       }
     ],
     "expanded": true
   }
 ]