Top / 大吟醸・暁神楽
HTML convert time: 0.099 sec.

大吟醸・暁神楽

Last-modified: 2017-08-15 (火) 22:38:37

作成:時雨野椿
チェック:暁の円卓

部品構造

  • 大部品: 大吟醸・暁神楽 RD:7 評価値:4
    • 部品: 暁神楽とは
    • 部品: 暁神楽の原料米
    • 部品: 暁神楽の仕込み水
    • 部品: 暁神楽誕生の経緯
    • 部品: 暁神楽の躍進
    • 部品: 暁神楽の影響
    • 部品: 暁神楽の蔵元

部品定義

部品: 暁神楽とは

暁の円卓の名酒の中でも、代表格とされる大吟醸が「暁神楽」である。
元々は神前に捧げる奉納酒の杜氏が作り上げた酒であり、清冽で辛口、郷土料理野食中手に最適、という暁の清酒のイメージを築き上げた。

部品: 暁神楽の原料米

暁神楽は原料として、暁後で古くから生産が続いていた「ほほにしき」を用いている。
ほほにしきは食用米として知られているが、古くは食用、酒用問わず、優良な米に与えられる銘であった。

部品: 暁神楽の仕込み水

暁神楽は仕込み水として山間部の清水を用いている。この水はミネラルの含有率が高い硬水であり、暁神楽の辛口の味わいに強く影響している。

部品: 暁神楽誕生の経緯

暁神楽の原料となるほほにしきは長年発育が悪く、大量生産が難しいとされていた。
これが近年改善されたことにより、暁神楽という清酒の原料として利用できるようになったのである。

部品: 暁神楽の躍進

ほほにしきの大量生産実現は暁の食に大きな影響を与えたが、酒の分野でもそれは例外ではなかった。
それまでお神酒として細々と作られていた暁神楽が、曲がりなりにも酒屋に並ぶようになったのだ。
高価であっても、それまでの清酒とは次元の違う味わいを持つ暁神楽は瞬く間に、藩国の代表銘柄となった。

部品: 暁神楽の影響

暁神楽の存在は暁の酒造業界そのものに与えた影響は大きかった。
それまでの大衆酒とも、高級酒とも全く違うその味わいに衝撃を受けた各蔵元は、暁神楽を徹底研究した。
現在では、新たに出回る清酒の大半が大なり小なり、暁神楽の影響を受けていると言われる。

部品: 暁神楽の蔵元

暁神楽の醸造元は、ファング浩一という人物が作り上げた神楽酒造である。
元々酒屋を営んでいたファング氏は神前酒の杜氏であったバッカス舞という女性と偶然出会い、
暁神楽の原型となる酒を知った。
それを広く世に知らしめるため、蔵を作り上げたのである。

提出書式

 大部品: 大吟醸・暁神楽 RD:7 評価値:4
 -部品: 暁神楽とは
 -部品: 暁神楽の原料米
 -部品: 暁神楽の仕込み水
 -部品: 暁神楽誕生の経緯
 -部品: 暁神楽の躍進
 -部品: 暁神楽の影響
 -部品: 暁神楽の蔵元
 
 
 部品: 暁神楽とは
 暁の円卓の名酒の中でも、代表格とされる大吟醸が「暁神楽」である。
 元々は神前に捧げる奉納酒の杜氏が作り上げた酒であり、清冽で辛口、郷土料理野食中手に最適、という暁の清酒のイメージを築き上げた。
 
 部品: 暁神楽の原料米
 暁神楽は原料として、暁後で古くから生産が続いていた「ほほにしき」を用いている。
 ほほにしきは食用米として知られているが、古くは食用、酒用問わず、優良な米に与えられる銘であった。
 
 部品: 暁神楽の仕込み水
 暁神楽は仕込み水として山間部の清水を用いている。この水はミネラルの含有率が高い硬水であり、暁神楽の辛口の味わいに強く影響している。
 
 部品: 暁神楽誕生の経緯
 暁神楽の原料となるほほにしきは長年発育が悪く、大量生産が難しいとされていた。
 これが近年改善されたことにより、暁神楽という清酒の原料として利用できるようになったのである。
 
 部品: 暁神楽の躍進
 ほほにしきの大量生産実現は暁の食に大きな影響を与えたが、酒の分野でもそれは例外ではなかった。
 それまでお神酒として細々と作られていた暁神楽が、曲がりなりにも酒屋に並ぶようになったのだ。
 高価であっても、それまでの清酒とは次元の違う味わいを持つ暁神楽は瞬く間に、藩国の代表銘柄となった。
 
 部品: 暁神楽の影響
 暁神楽の存在は暁の酒造業界そのものに与えた影響は大きかった。
 それまでの大衆酒とも、高級酒とも全く違うその味わいに衝撃を受けた各蔵元は、暁神楽を徹底研究した。
 現在では、新たに出回る清酒の大半が大なり小なり、暁神楽の影響を受けていると言われる。
 
 部品: 暁神楽の蔵元
 暁神楽の醸造元は、ファング浩一という人物が作り上げた神楽酒造である。
 元々酒屋を営んでいたファング氏は神前酒の杜氏であったバッカス舞という女性と偶然出会い、
 暁神楽の原型となる酒を知った。
 それを広く世に知らしめるため、蔵を作り上げたのである。
 
 

インポート用定義データ

 [
   {
     "title": "大吟醸・暁神楽",
     "part_type": "group",
     "children": [
       {
         "title": "暁神楽とは",
         "description": "暁の円卓の名酒の中でも、代表格とされる大吟醸が「暁神楽」である。\n元々は神前に捧げる奉納酒の杜氏が作り上げた酒であり、清冽で辛口、郷土料理野食中手に最適、という暁の清酒のイメージを築き上げた。",
         "part_type": "part"
       },
       {
         "title": "暁神楽の原料米",
         "description": "暁神楽は原料として、暁後で古くから生産が続いていた「ほほにしき」を用いている。\nほほにしきは食用米として知られているが、古くは食用、酒用問わず、優良な米に与えられる銘であった。",
         "part_type": "part"
       },
       {
         "title": "暁神楽の仕込み水",
         "description": "暁神楽は仕込み水として山間部の清水を用いている。この水はミネラルの含有率が高い硬水であり、暁神楽の辛口の味わいに強く影響している。",
         "part_type": "part"
       },
       {
         "title": "暁神楽誕生の経緯",
         "description": "暁神楽の原料となるほほにしきは長年発育が悪く、大量生産が難しいとされていた。\nこれが近年改善されたことにより、暁神楽という清酒の原料として利用できるようになったのである。",
         "part_type": "part"
       },
       {
         "title": "暁神楽の躍進",
         "description": "ほほにしきの大量生産実現は暁の食に大きな影響を与えたが、酒の分野でもそれは例外ではなかった。\nそれまでお神酒として細々と作られていた暁神楽が、曲がりなりにも酒屋に並ぶようになったのだ。\n高価であっても、それまでの清酒とは次元の違う味わいを持つ暁神楽は瞬く間に、藩国の代表銘柄となった。",
         "part_type": "part"
       },
       {
         "title": "暁神楽の影響",
         "description": "暁神楽の存在は暁の酒造業界そのものに与えた影響は大きかった。\nそれまでの大衆酒とも、高級酒とも全く違うその味わいに衝撃を受けた各蔵元は、暁神楽を徹底研究した。\n現在では、新たに出回る清酒の大半が大なり小なり、暁神楽の影響を受けていると言われる。",
         "part_type": "part"
       },
       {
         "title": "暁神楽の蔵元",
         "description": "暁神楽の醸造元は、ファング浩一という人物が作り上げた神楽酒造である。\n元々酒屋を営んでいたファング氏は神前酒の杜氏であったバッカス舞という女性と偶然出会い、\n暁神楽の原型となる酒を知った。\nそれを広く世に知らしめるため、蔵を作り上げたのである。",
         "part_type": "part"
       }
     ],
     "expanded": true
   }
 ]