Top / 助監督
HTML convert time: 0.021 sec.

助監督

Last-modified: 2017-08-20 (日) 03:34:51

データ作成:はづきてる
チェック:暁の円卓

部品構造

  • 大部品: 助監督 RD:12 評価値:6
    • 大部品: 業務内容 RD:2 評価値:1
      • 部品: スケジュールの管理
      • 部品: 各セクションとの橋渡し
    • 大部品: 修行 RD:5 評価値:3
      • 部品: 人付き合い
      • 部品: 業務経験
      • 部品: メモ取り
      • 部品: 多方面の会話のネタを仕入れる
      • 部品: 礼儀作法
    • 大部品: 特技 RD:4 評価値:3
      • 部品: コネ
      • 部品: 情報の整理
      • 部品: 人当たりがいい
      • 部品: 対人に対する度胸
    • 部品: プロにしかできない

部品定義

部品: スケジュールの管理

多忙な役者のスケジュールや、撮影所、ロケ地の利用予定など、必要となるリソースを抑える仕事。調整能力はもちろんのこと、多少の融通を利かせるための交渉能力が必要とされる。

部品: 各セクションとの橋渡し

監督の意図や意思をくみ取り、他部署に伝え調整する。監督の小間使いとして、ではなく、同じ映画を作成する仲間として、より良い映画の為に意思の統一を図っていく。

部品: 人付き合い

自分の交流の枠を広げるために行動する。自分と同じ趣味を持つ者は当然ながら、全くかかわりのないと思える所にでも、機会さえあれば顔を出すようにすることで、コネを広げる。

部品: 業務経験

年単位で行った業務経験が、作業に慣れと効率化を生む。スケジュール調整の感覚などは、どうしても実際に行ってみないと分からないものだ。

部品: メモ取り

人から言われたことだけでなく、何か気になったことがあればとにかくメモを取り、後にまとめることで、情報の整理能力を高める。

部品: 多方面の会話のネタを仕入れる

様々な業種の人とかかわるため、その際の会話のネタを収集し、相手を退屈させないようにすることを目指す。知ったかぶるためではなく、会話のきっかけになるようなところを仕入れる。

部品: 礼儀作法

目上の人と接する機会が少なくない為、少しでも印象をよくするために、様々な礼儀作法を実践して身に着ける。異文化の人と知り合うことが事前に分かっているのであれば、少しでもそのあたりの知識も手に入れようとする。

部品: コネ

業界関係者のみならず、ともすると業界とは無関係とも思える人とも知り合いである。何か思いついた時に、誰に詳しく聞けばいいかが分かっている。

部品: 情報の整理

他人に自分の持っている情報を整理して伝える能力。結論から話す、項目数を伝えるなど、種々のテクニックを利用して、相手に混乱を生まないように出来る。

部品: 人当たりがいい

様々な人とかかわりを持つがゆえ、他人の嫌がるラインを読む力が他人よりも強い。それを駆使して、なるべく人から嫌われないように接することができる。

部品: 対人に対する度胸

仕事柄、初めて会う人や目上の人と接することも多い。その為か、あまり物怖じしないで、しかし礼儀は忘れずに対話を取ることができる。

部品: プロにしかできない

「映画監督は素人にもできるが、助監督はプロにしかできない」という言葉がある。助監督の仕事は、様々な分野との円滑なコミュニケーションが必要となるため、ただ映画の知識を持っているだけの人間には勤まらない仕事である。

提出書式

 大部品: 助監督 RD:12 評価値:6
 -大部品: 業務内容 RD:2 評価値:1
 --部品: スケジュールの管理
 --部品: 各セクションとの橋渡し
 -大部品: 修行 RD:5 評価値:3
 --部品: 人付き合い
 --部品: 業務経験
 --部品: メモ取り
 --部品: 多方面の会話のネタを仕入れる
 --部品: 礼儀作法
 -大部品: 特技 RD:4 評価値:3
 --部品: コネ
 --部品: 情報の整理
 --部品: 人当たりがいい
 --部品: 対人に対する度胸
 -部品: プロにしかできない
 
 
 部品: スケジュールの管理
 多忙な役者のスケジュールや、撮影所、ロケ地の利用予定など、必要となるリソースを抑える仕事。調整能力はもちろんのこと、多少の融通を利かせるための交渉能力が必要とされる。
 
 
 部品: 各セクションとの橋渡し
 監督の意図や意思をくみ取り、他部署に伝え調整する。監督の小間使いとして、ではなく、同じ映画を作成する仲間として、より良い映画の為に意思の統一を図っていく。
 
 
 部品: 人付き合い
 自分の交流の枠を広げるために行動する。自分と同じ趣味を持つ者は当然ながら、全くかかわりのないと思える所にでも、機会さえあれば顔を出すようにすることで、コネを広げる。
 
 
 部品: 業務経験
 年単位で行った業務経験が、作業に慣れと効率化を生む。スケジュール調整の感覚などは、どうしても実際に行ってみないと分からないものだ。
 
 
 部品: メモ取り
 人から言われたことだけでなく、何か気になったことがあればとにかくメモを取り、後にまとめることで、情報の整理能力を高める。
 
 
 部品: 多方面の会話のネタを仕入れる
 様々な業種の人とかかわるため、その際の会話のネタを収集し、相手を退屈させないようにすることを目指す。知ったかぶるためではなく、会話のきっかけになるようなところを仕入れる。
 
 
 部品: 礼儀作法
 目上の人と接する機会が少なくない為、少しでも印象をよくするために、様々な礼儀作法を実践して身に着ける。異文化の人と知り合うことが事前に分かっているのであれば、少しでもそのあたりの知識も手に入れようとする。
 
 
 部品: コネ
 業界関係者のみならず、ともすると業界とは無関係とも思える人とも知り合いである。何か思いついた時に、誰に詳しく聞けばいいかが分かっている。
 
 
 部品: 情報の整理
 他人に自分の持っている情報を整理して伝える能力。結論から話す、項目数を伝えるなど、種々のテクニックを利用して、相手に混乱を生まないように出来る。
 
 
 部品: 人当たりがいい
 様々な人とかかわりを持つがゆえ、他人の嫌がるラインを読む力が他人よりも強い。それを駆使して、なるべく人から嫌われないように接することができる。
 
 
 部品: 対人に対する度胸
 仕事柄、初めて会う人や目上の人と接することも多い。その為か、あまり物怖じしないで、しかし礼儀は忘れずに対話を取ることができる。
 
 
 部品: プロにしかできない
 「映画監督は素人にもできるが、助監督はプロにしかできない」という言葉がある。助監督の仕事は、様々な分野との円滑なコミュニケーションが必要となるため、ただ映画の知識を持っているだけの人間には勤まらない仕事である。
 
 
 

インポート用定義データ

 [
   {
     "title": "助監督",
     "part_type": "group",
     "children": [
       {
         "title": "業務内容",
         "part_type": "group",
         "children": [
           {
             "title": "スケジュールの管理",
             "description": "多忙な役者のスケジュールや、撮影所、ロケ地の利用予定など、必要となるリソースを抑える仕事。調整能力はもちろんのこと、多少の融通を利かせるための交渉能力が必要とされる。\n",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "各セクションとの橋渡し",
             "description": "監督の意図や意思をくみ取り、他部署に伝え調整する。監督の小間使いとして、ではなく、同じ映画を作成する仲間として、より良い映画の為に意思の統一を図っていく。\n",
             "part_type": "part"
           }
         ],
         "expanded": true
       },
       {
         "title": "修行",
         "part_type": "group",
         "children": [
           {
             "title": "人付き合い",
             "description": "自分の交流の枠を広げるために行動する。自分と同じ趣味を持つ者は当然ながら、全くかかわりのないと思える所にでも、機会さえあれば顔を出すようにすることで、コネを広げる。\n",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "業務経験",
             "description": "年単位で行った業務経験が、作業に慣れと効率化を生む。スケジュール調整の感覚などは、どうしても実際に行ってみないと分からないものだ。\n",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "メモ取り",
             "description": "人から言われたことだけでなく、何か気になったことがあればとにかくメモを取り、後にまとめることで、情報の整理能力を高める。\n",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "多方面の会話のネタを仕入れる",
             "description": "様々な業種の人とかかわるため、その際の会話のネタを収集し、相手を退屈させないようにすることを目指す。知ったかぶるためではなく、会話のきっかけになるようなところを仕入れる。\n",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "礼儀作法",
             "description": "目上の人と接する機会が少なくない為、少しでも印象をよくするために、様々な礼儀作法を実践して身に着ける。異文化の人と知り合うことが事前に分かっているのであれば、少しでもそのあたりの知識も手に入れようとする。\n",
             "part_type": "part"
           }
         ],
         "expanded": true
       },
       {
         "title": "特技",
         "part_type": "group",
         "children": [
           {
             "title": "コネ",
             "description": "業界関係者のみならず、ともすると業界とは無関係とも思える人とも知り合いである。何か思いついた時に、誰に詳しく聞けばいいかが分かっている。\n",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "情報の整理",
             "description": "他人に自分の持っている情報を整理して伝える能力。結論から話す、項目数を伝えるなど、種々のテクニックを利用して、相手に混乱を生まないように出来る。\n",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "人当たりがいい",
             "description": "様々な人とかかわりを持つがゆえ、他人の嫌がるラインを読む力が他人よりも強い。それを駆使して、なるべく人から嫌われないように接することができる。\n",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "対人に対する度胸",
             "description": "仕事柄、初めて会う人や目上の人と接することも多い。その為か、あまり物怖じしないで、しかし礼儀は忘れずに対話を取ることができる。\n",
             "part_type": "part"
           }
         ],
         "expanded": true
       },
       {
         "title": "プロにしかできない",
         "description": "「映画監督は素人にもできるが、助監督はプロにしかできない」という言葉がある。助監督の仕事は、様々な分野との円滑なコミュニケーションが必要となるため、ただ映画の知識を持っているだけの人間には勤まらない仕事である。\n",
         "part_type": "part"
       }
     ],
     "expanded": true
   }
 ]