Top / 剣士の訓練所「義剣館」
HTML convert time: 0.060 sec.

剣士の訓練所「義剣館」

Last-modified: 2017-08-29 (火) 02:44:41

作成:gumholic
チェック:暁の円卓

部品構造

  • 大部品: 剣士の訓練所「義剣館」 RD:26 評価値:8
    • 部品: 剣士の訓練所「義剣館」の騎士:エストック・小島(52)
    • 部品: 剣士の訓練所「義剣館」の設立経緯
    • 部品: 剣士の訓練所「義剣館」の場所
    • 部品: 治安維持施設としての働き
    • 大部品: 剣士の訓練所 RD:22 評価値:7
      • 部品: 剣士の訓練所とは
      • 部品: 剣士の訓練所の教官達
      • 大部品: 剣士の訓練所の寮 RD:10 評価値:5
        ----部品: 厳しい規律
        ----大部品: 寮 RD:9 評価値:5
        -----部品: 寮とは
        -----部品: 複数室の家屋
        -----部品: 安い
        -----部品: 室数の節約
        -----部品: 食事が出る
        -----部品: 共同風呂
        -----部品: 共同トイレ
        -----部品: 門限の設置
        -----部品: 寮監
      • 大部品: 剣士の訓練施設 RD:10 評価値:5
        ----部品: 剣士訓練所での訓練
        ----大部品: 剣士訓練所での6年の修業 RD:9 評価値:5
        -----部品: 6年間の白兵戦闘訓練の継続
        -----部品: 剣士訓練所での厳しい規律
        -----部品: 矢落とし1000本ノックの試練
        -----部品: 戦術、武器、戦略講義(3年分)
        -----部品: 毎年の遠足(サバイバル訓練)
        -----部品: 日々の筋力トレーニング
        -----部品: 地獄の走力強化訓練
        -----部品: 雪中での水行
        -----部品: 剣士養成所卒業試験

部品定義

部品: 剣士の訓練所「義剣館」の騎士:エストック・小島(52)

エストック・小島(52)という名のベテランの剣士である。その名の通りエストックという細身の刺突剣の使い手で、数々の相手の鎧の継ぎ目を刺して勝利を重ねてきた技巧派の剣士である。人格的にも穏やかで理知的な老紳士。敵味方問わず人望があったために剣士の訓練所の騎士に任命された。

部品: 剣士の訓練所「義剣館」の設立経緯

剣士の訓練所は暁の円卓藩国において、剣士の技能を持ったものを増やす目的で設立された。学校要塞とは別に専門学校のような扱いで、学校要塞で農業科など白兵科以外のコースを受けたものを主な対象としている。。暁の円卓藩国から援助を受けており、国外からの留学生も受け入れつつ運営されている。貴族や商人、引退した剣士や大剣士からの寄付を受け付けており、入門者からは負担にならない程度の授業料を徴収する。

部品: 剣士の訓練所「義剣館」の場所

暁の円卓藩国の中央駅市の外れに位置する。中央駅市内はニューワールドらしい物理域であることから多くの国の人間が力を発揮できるようになっている。

部品: 治安維持施設としての働き

剣士の訓練所では定期的に地域の見回りなどを実施して治安の維持に貢献している。有事のときには避難誘導や警察機構への支援、助力が許可され、教官である剣士や優秀な訓練生が事態の対処に乗り出すこともある。

部品: 剣士の訓練所とは

剣士の訓練場は剣士を育成するための施設である。講師や教官は大剣士やベテランの剣士が努め、磨いてきた剣技と戦場で生き残るための技術を伝える。通常は全寮制で6年間を過ごすことになる。優秀なものや同様な職業の経験者はその実力によって卒業が早まる時もある。

部品: 剣士の訓練所の教官達

剣士の訓練所ではベテランの剣士や剣士としてのキャリアを終えたものが再雇用されることが多い。戦場を長年に渡り生き延びてきた経験と技術を次の世代に伝えるとともに、剣士として肉体の衰えが激しいものの再就職先という社会的な受け皿としての側面もある。

部品: 厳しい規律

人を殺傷する武器である剣を扱うことから、寮では厳しい規律が適用される。消灯や起床の時間は勿論のこと、自分の武器の管理方法や教官への報告の仕方、訓練場の掃除など様々なルールやすべきことが存在する。ただし外出の時間帯(当然門限有)や、休みの日もきちんと設定されており、軍隊的な厳しさとは少し異なる。規則を守れないものは剣士としての資格は認められず、著しい違反者はその実力を問わず最悪放校処分となることもある。

部品: 寮とは

寮とは、会社や学校などの組織が福利厚生の一環として置く居住施設である。普通の住居を借りるよりも安い代わりに何らかの制限があることが多い。

部品: 複数室の家屋

寮の家屋は、複数の居住用の部屋が用意されており、そこに複数人が住めるようになっているのが基本的である。

部品: 安い

様々な制限を駆けることで安くするほかに、組織側が一定の負担を受けることで同等の施設を借りるよりも安くなっている。

部品: 室数の節約

寮によっては、部屋数を節約するために複数人を同居させることがある。その場合には性別や種族などに配慮して部屋割りを行う。

部品: 食事が出る

寮によっては、朝や晩にご飯が出ることがある。事前申込制だったり、特定の時間帯に来なければ下げられるなどの制約があるのがふつうである。

部品: 共同風呂

一人ひと風呂でなく、大きめの風呂が一つ、あるいは複数あることが多い。また、施設によってはお湯の出る時間帯が制限されていることもある。

部品: 共同トイレ

各部屋にトイレが付いておらず、複数人当たりに一つの割合で、共同トイレが付いていることがある。通常一つの共同トイレには複数の便器が用意されている。

部品: 門限の設置

特に学校が設置する寮の場合、門限が設定されていることがある。門限後の戸締りを固くすることで深夜の警備を少なくできる為、防犯の費用を安くする意味もある。

部品: 寮監

寮の施設に不備が無いか、あるいは居住者がルール違反を犯していないかを見張る。ルール違反者に対しては厳しいが、基本的には利用者の相談に乗るためにいる。

部品: 剣士訓練所での訓練

剣士訓練所では日々、教官たちが訓練生を一人前の剣士になるように育てている。教官たちから出される課題を次々とこなし、6年分のカリキュラムを達成したものだけが剣士として正式に認められる。

部品: 6年間の白兵戦闘訓練の継続

剣を使った接近戦での戦闘技術を磨きます。対象を斬る、突く攻撃の技術と相手の攻撃を剣で受ける、受け流す技術や距離感、立ち位置の訓練。怪我や病気、特別な訓練や行事の日を除いてほぼ毎日行われます。

部品: 剣士訓練所での厳しい規律

部屋の掃除や消灯の時間、訓練に臨む心構え等ルールの厳守を求められる。成績の優劣、教官と訓練生、入所年度を問わず、規律違反や素行不良のものは放校含め相応の罰則が与えられる。

部品: 矢落とし1000本ノックの試練

放たれた矢を剣で弾く防御の訓練。先が丸くなっているとはいえ直撃すると痛い。この訓練は1000回成功するまで毎日繰り返し行われる。

部品: 戦術、武器、戦略講義(3年分)

戦場での単騎戦、集団戦の違いや剣士の運用と得手不得手を学ぶ。戦闘可能距離による相手との相性や不利な場合でいかに生き残るかの対策についての講義(実戦形式を含む)を受ける。1年毎に初級、中級、上級コースが約週2回のペースで開催される。

部品: 毎年の遠足(サバイバル訓練)

毎年遠足と称して山の中を行軍する行事が開催される。少ない糧食と粗末な装備で如何に生き延びつつ目的地に向かうか。基礎体力とサバイバル技術が試される。まれに猛獣に出くわすので命がけである。

部品: 日々の筋力トレーニング

剣の種類は軽い突剣から重量のある両手剣まで様々。自在に扱うための筋肉を作るために素振りや重量挙げで鍛え上げます。怪我や病気、特別な訓練や行事の日を除いてほぼ毎日行われます。

部品: 地獄の走力強化訓練

この訓練期間中、剣士たちはまず高山へ連れて行かれる。高山病手前の空気の薄い高山でいつもの訓練を行うことで持久力を付ける。訓練所に戻ると今度は自重と同じ程度の重りをつけての訓練が待っている。脱落者多いが乗り越えて開放された剣士は自分の体が羽根のように軽くなっていると感じる。

部品: 雪中での水行

精神力を涵養するために雪の中水にうたれる修行。身を切るほどに冷たく苦しいが、乗り越えれば苦難に負けない強い精神力が身に付くとされる。

部品: 剣士養成所卒業試験

6年間の厳しい修行に耐えたものだけが受けられる試験。教官を相手に馬上試合、徒手戦闘、サバイバル訓練、一対一の立会、そして最後に面接を行い、一定の水準に達したと認められたものだけが合格できる。

提出書式

 大部品: 剣士の訓練所「義剣館」 RD:26 評価値:8
 -部品: 剣士の訓練所「義剣館」の騎士:エストック・小島(52)
 -部品: 剣士の訓練所「義剣館」の設立経緯
 -部品: 剣士の訓練所「義剣館」の場所
 -部品: 治安維持施設としての働き
 -大部品: 剣士の訓練所 RD:22 評価値:7
 --部品: 剣士の訓練所とは
 --部品: 剣士の訓練所の教官達
 --大部品: 剣士の訓練所の寮 RD:10 評価値:5
 ---部品: 厳しい規律
 ---大部品: 寮 RD:9 評価値:5
 ----部品: 寮とは
 ----部品: 複数室の家屋
 ----部品: 安い
 ----部品: 室数の節約
 ----部品: 食事が出る
 ----部品: 共同風呂
 ----部品: 共同トイレ
 ----部品: 門限の設置
 ----部品: 寮監
 --大部品: 剣士の訓練施設 RD:10 評価値:5
 ---部品: 剣士訓練所での訓練
 ---大部品: 剣士訓練所での6年の修業 RD:9 評価値:5
 ----部品: 6年間の白兵戦闘訓練の継続
 ----部品: 剣士訓練所での厳しい規律
 ----部品: 矢落とし1000本ノックの試練
 ----部品: 戦術、武器、戦略講義(3年分)
 ----部品: 毎年の遠足(サバイバル訓練)
 ----部品: 日々の筋力トレーニング
 ----部品: 地獄の走力強化訓練
 ----部品: 雪中での水行
 ----部品: 剣士養成所卒業試験
 
 
 部品: 剣士の訓練所「義剣館」の騎士:エストック・小島(52)
 エストック・小島(52)という名のベテランの剣士である。その名の通りエストックという細身の刺突剣の使い手で、数々の相手の鎧の継ぎ目を刺して勝利を重ねてきた技巧派の剣士である。人格的にも穏やかで理知的な老紳士。敵味方問わず人望があったために剣士の訓練所の騎士に任命された。
 
 部品: 剣士の訓練所「義剣館」の設立経緯
 剣士の訓練所は暁の円卓藩国において、剣士の技能を持ったものを増やす目的で設立された。学校要塞とは別に専門学校のような扱いで、学校要塞で農業科など白兵科以外のコースを受けたものを主な対象としている。。暁の円卓藩国から援助を受けており、国外からの留学生も受け入れつつ運営されている。貴族や商人、引退した剣士や大剣士からの寄付を受け付けており、入門者からは負担にならない程度の授業料を徴収する。
 
 部品: 剣士の訓練所「義剣館」の場所
 暁の円卓藩国の中央駅市の外れに位置する。中央駅市内はニューワールドらしい物理域であることから多くの国の人間が力を発揮できるようになっている。
 
 部品: 治安維持施設としての働き
 剣士の訓練所では定期的に地域の見回りなどを実施して治安の維持に貢献している。有事のときには避難誘導や警察機構への支援、助力が許可され、教官である剣士や優秀な訓練生が事態の対処に乗り出すこともある。
 
 部品: 剣士の訓練所とは
 剣士の訓練場は剣士を育成するための施設である。講師や教官は大剣士やベテランの剣士が努め、磨いてきた剣技と戦場で生き残るための技術を伝える。通常は全寮制で6年間を過ごすことになる。優秀なものや同様な職業の経験者はその実力によって卒業が早まる時もある。
 
 部品: 剣士の訓練所の教官達
 剣士の訓練所ではベテランの剣士や剣士としてのキャリアを終えたものが再雇用されることが多い。戦場を長年に渡り生き延びてきた経験と技術を次の世代に伝えるとともに、剣士として肉体の衰えが激しいものの再就職先という社会的な受け皿としての側面もある。
 
 部品: 厳しい規律
 人を殺傷する武器である剣を扱うことから、寮では厳しい規律が適用される。消灯や起床の時間は勿論のこと、自分の武器の管理方法や教官への報告の仕方、訓練場の掃除など様々なルールやすべきことが存在する。ただし外出の時間帯(当然門限有)や、休みの日もきちんと設定されており、軍隊的な厳しさとは少し異なる。規則を守れないものは剣士としての資格は認められず、著しい違反者はその実力を問わず最悪放校処分となることもある。
 
 部品: 寮とは
 寮とは、会社や学校などの組織が福利厚生の一環として置く居住施設である。普通の住居を借りるよりも安い代わりに何らかの制限があることが多い。
 
 
 部品: 複数室の家屋
 寮の家屋は、複数の居住用の部屋が用意されており、そこに複数人が住めるようになっているのが基本的である。
 
 
 部品: 安い
 様々な制限を駆けることで安くするほかに、組織側が一定の負担を受けることで同等の施設を借りるよりも安くなっている。
 
 
 部品: 室数の節約
 寮によっては、部屋数を節約するために複数人を同居させることがある。その場合には性別や種族などに配慮して部屋割りを行う。
 
 
 部品: 食事が出る
 寮によっては、朝や晩にご飯が出ることがある。事前申込制だったり、特定の時間帯に来なければ下げられるなどの制約があるのがふつうである。
 
 
 部品: 共同風呂
 一人ひと風呂でなく、大きめの風呂が一つ、あるいは複数あることが多い。また、施設によってはお湯の出る時間帯が制限されていることもある。
 
 
 部品: 共同トイレ
 各部屋にトイレが付いておらず、複数人当たりに一つの割合で、共同トイレが付いていることがある。通常一つの共同トイレには複数の便器が用意されている。
 
 
 部品: 門限の設置
 特に学校が設置する寮の場合、門限が設定されていることがある。門限後の戸締りを固くすることで深夜の警備を少なくできる為、防犯の費用を安くする意味もある。
 
 
 部品: 寮監
 寮の施設に不備が無いか、あるいは居住者がルール違反を犯していないかを見張る。ルール違反者に対しては厳しいが、基本的には利用者の相談に乗るためにいる。
 
 
 部品: 剣士訓練所での訓練
 剣士訓練所では日々、教官たちが訓練生を一人前の剣士になるように育てている。教官たちから出される課題を次々とこなし、6年分のカリキュラムを達成したものだけが剣士として正式に認められる。
 
 部品: 6年間の白兵戦闘訓練の継続
 剣を使った接近戦での戦闘技術を磨きます。対象を斬る、突く攻撃の技術と相手の攻撃を剣で受ける、受け流す技術や距離感、立ち位置の訓練。怪我や病気、特別な訓練や行事の日を除いてほぼ毎日行われます。
 
 部品: 剣士訓練所での厳しい規律
 部屋の掃除や消灯の時間、訓練に臨む心構え等ルールの厳守を求められる。成績の優劣、教官と訓練生、入所年度を問わず、規律違反や素行不良のものは放校含め相応の罰則が与えられる。
 
 部品: 矢落とし1000本ノックの試練
 放たれた矢を剣で弾く防御の訓練。先が丸くなっているとはいえ直撃すると痛い。この訓練は1000回成功するまで毎日繰り返し行われる。
 
 部品: 戦術、武器、戦略講義(3年分)
 戦場での単騎戦、集団戦の違いや剣士の運用と得手不得手を学ぶ。戦闘可能距離による相手との相性や不利な場合でいかに生き残るかの対策についての講義(実戦形式を含む)を受ける。1年毎に初級、中級、上級コースが約週2回のペースで開催される。
 
 部品: 毎年の遠足(サバイバル訓練)
 毎年遠足と称して山の中を行軍する行事が開催される。少ない糧食と粗末な装備で如何に生き延びつつ目的地に向かうか。基礎体力とサバイバル技術が試される。まれに猛獣に出くわすので命がけである。
 
 部品: 日々の筋力トレーニング
 剣の種類は軽い突剣から重量のある両手剣まで様々。自在に扱うための筋肉を作るために素振りや重量挙げで鍛え上げます。怪我や病気、特別な訓練や行事の日を除いてほぼ毎日行われます。
 
 部品: 地獄の走力強化訓練
 この訓練期間中、剣士たちはまず高山へ連れて行かれる。高山病手前の空気の薄い高山でいつもの訓練を行うことで持久力を付ける。訓練所に戻ると今度は自重と同じ程度の重りをつけての訓練が待っている。脱落者多いが乗り越えて開放された剣士は自分の体が羽根のように軽くなっていると感じる。
 
 部品: 雪中での水行
 精神力を涵養するために雪の中水にうたれる修行。身を切るほどに冷たく苦しいが、乗り越えれば苦難に負けない強い精神力が身に付くとされる。
 
 部品: 剣士養成所卒業試験
 6年間の厳しい修行に耐えたものだけが受けられる試験。教官を相手に馬上試合、徒手戦闘、サバイバル訓練、一対一の立会、そして最後に面接を行い、一定の水準に達したと認められたものだけが合格できる。
 
 

インポート用定義データ

 [
   {
     "title": "剣士の訓練所「義剣館」",
     "part_type": "group",
     "children": [
       {
         "title": "剣士の訓練所「義剣館」の騎士:エストック・小島(52)",
         "description": "エストック・小島(52)という名のベテランの剣士である。その名の通りエストックという細身の刺突剣の使い手で、数々の相手の鎧の継ぎ目を刺して勝利を重ねてきた技巧派の剣士である。人格的にも穏やかで理知的な老紳士。敵味方問わず人望があったために剣士の訓練所の騎士に任命された。",
         "part_type": "part",
         "expanded": true
       },
       {
         "title": "剣士の訓練所「義剣館」の設立経緯",
         "description": "剣士の訓練所は暁の円卓藩国において、剣士の技能を持ったものを増やす目的で設立された。学校要塞とは別に専門学校のような扱いで、学校要塞で農業科など白兵科以外のコースを受けたものを主な対象としている。。暁の円卓藩国から援助を受けており、国外からの留学生も受け入れつつ運営されている。貴族や商人、引退した剣士や大剣士からの寄付を受け付けており、入門者からは負担にならない程度の授業料を徴収する。",
         "part_type": "part",
         "expanded": true
       },
       {
         "title": "剣士の訓練所「義剣館」の場所",
         "description": "暁の円卓藩国の中央駅市の外れに位置する。中央駅市内はニューワールドらしい物理域であることから多くの国の人間が力を発揮できるようになっている。",
         "part_type": "part",
         "expanded": true
       },
       {
         "title": "治安維持施設としての働き",
         "description": "剣士の訓練所では定期的に地域の見回りなどを実施して治安の維持に貢献している。有事のときには避難誘導や警察機構への支援、助力が許可され、教官である剣士や優秀な訓練生が事態の対処に乗り出すこともある。",
         "part_type": "part",
         "expanded": true
       },
       {
         "title": "剣士の訓練所",
         "part_type": "group",
         "children": [
           {
             "title": "剣士の訓練所とは",
             "description": "剣士の訓練場は剣士を育成するための施設である。講師や教官は大剣士やベテランの剣士が努め、磨いてきた剣技と戦場で生き残るための技術を伝える。通常は全寮制で6年間を過ごすことになる。優秀なものや同様な職業の経験者はその実力によって卒業が早まる時もある。",
             "part_type": "part",
             "expanded": true
           },
           {
             "title": "剣士の訓練所の教官達",
             "description": "剣士の訓練所ではベテランの剣士や剣士としてのキャリアを終えたものが再雇用されることが多い。戦場を長年に渡り生き延びてきた経験と技術を次の世代に伝えるとともに、剣士として肉体の衰えが激しいものの再就職先という社会的な受け皿としての側面もある。",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "剣士の訓練所の寮",
             "part_type": "group",
             "children": [
               {
                 "title": "厳しい規律",
                 "description": "人を殺傷する武器である剣を扱うことから、寮では厳しい規律が適用される。消灯や起床の時間は勿論のこと、自分の武器の管理方法や教官への報告の仕方、訓練場の掃除など様々なルールやすべきことが存在する。ただし外出の時間帯(当然門限有)や、休みの日もきちんと設定されており、軍隊的な厳しさとは少し異なる。規則を守れないものは剣士としての資格は認められず、著しい違反者はその実力を問わず最悪放校処分となることもある。",
                 "part_type": "part",
                 "expanded": true
               },
               {
                 "title": "寮",
                 "part_type": "group",
                 "children": [
                   {
                     "title": "寮とは",
                     "description": "寮とは、会社や学校などの組織が福利厚生の一環として置く居住施設である。普通の住居を借りるよりも安い代わりに何らかの制限があることが多い。\n",
                     "part_type": "part"
                   },
                   {
                     "title": "複数室の家屋",
                     "description": "寮の家屋は、複数の居住用の部屋が用意されており、そこに複数人が住めるようになっているのが基本的である。\n",
                     "part_type": "part"
                   },
                   {
                     "title": "安い",
                     "description": "様々な制限を駆けることで安くするほかに、組織側が一定の負担を受けることで同等の施設を借りるよりも安くなっている。\n",
                     "part_type": "part"
                   },
                   {
                     "title": "室数の節約",
                     "description": "寮によっては、部屋数を節約するために複数人を同居させることがある。その場合には性別や種族などに配慮して部屋割りを行う。\n",
                     "part_type": "part"
                   },
                   {
                     "title": "食事が出る",
                     "description": "寮によっては、朝や晩にご飯が出ることがある。事前申込制だったり、特定の時間帯に来なければ下げられるなどの制約があるのがふつうである。\n",
                     "part_type": "part"
                   },
                   {
                     "title": "共同風呂",
                     "description": "一人ひと風呂でなく、大きめの風呂が一つ、あるいは複数あることが多い。また、施設によってはお湯の出る時間帯が制限されていることもある。\n",
                     "part_type": "part"
                   },
                   {
                     "title": "共同トイレ",
                     "description": "各部屋にトイレが付いておらず、複数人当たりに一つの割合で、共同トイレが付いていることがある。通常一つの共同トイレには複数の便器が用意されている。\n",
                     "part_type": "part"
                   },
                   {
                     "title": "門限の設置",
                     "description": "特に学校が設置する寮の場合、門限が設定されていることがある。門限後の戸締りを固くすることで深夜の警備を少なくできる為、防犯の費用を安くする意味もある。\n",
                     "part_type": "part",
                     "expanded": true
                   },
                   {
                     "title": "寮監",
                     "description": "寮の施設に不備が無いか、あるいは居住者がルール違反を犯していないかを見張る。ルール違反者に対しては厳しいが、基本的には利用者の相談に乗るためにいる。\n",
                     "part_type": "part"
                   }
                 ],
                 "expanded": true
               }
             ],
             "expanded": true
           },
           {
             "title": "剣士の訓練施設",
             "part_type": "group",
             "children": [
               {
                 "title": "剣士訓練所での訓練",
                 "description": "剣士訓練所では日々、教官たちが訓練生を一人前の剣士になるように育てている。教官たちから出される課題を次々とこなし、6年分のカリキュラムを達成したものだけが剣士として正式に認められる。",
                 "part_type": "part",
                 "expanded": true
               },
               {
                 "id": 67158,
                 "title": "剣士訓練所での6年の修業",
                 "description": null,
                 "part_type": "group",
                 "created_at": "2017-08-24 16:11:53.785679",
                 "updated_at": "2017-08-24 16:11:53.785679",
                 "children": [
                   {
                     "id": 67159,
                     "title": "6年間の白兵戦闘訓練の継続",
                     "description": "剣を使った接近戦での戦闘技術を磨きます。対象を斬る、突く攻撃の技術と相手の攻撃を剣で受ける、受け流す技術や距離感、立ち位置の訓練。怪我や病気、特別な訓練や行事の日を除いてほぼ毎日行われます。",
                     "part_type": "part",
                     "created_at": "2017-08-24 16:11:53.786814",
                     "updated_at": "2017-08-24 16:11:53.786814",
                     "children": [],
                     "character": {
                       "id": 1967,
                       "name": "ガムホリック・草薙"
                     }
                   },
                   {
                     "id": 67160,
                     "title": "剣士訓練所での厳しい規律",
                     "description": "部屋の掃除や消灯の時間、訓練に臨む心構え等ルールの厳守を求められる。成績の優劣、教官と訓練生、入所年度を問わず、規律違反や素行不良のものは放校含め相応の罰則が与えられる。",
                     "part_type": "part",
                     "created_at": "2017-08-24 16:11:53.804042",
                     "updated_at": "2017-08-24 16:11:53.804042",
                     "children": [],
                     "character": {
                       "id": 1967,
                       "name": "ガムホリック・草薙"
                     }
                   },
                   {
                     "id": 67161,
                     "title": "矢落とし1000本ノックの試練",
                     "description": "放たれた矢を剣で弾く防御の訓練。先が丸くなっているとはいえ直撃すると痛い。この訓練は1000回成功するまで毎日繰り返し行われる。",
                     "part_type": "part",
                     "created_at": "2017-08-24 16:11:53.819989",
                     "updated_at": "2017-08-24 16:11:53.819989",
                     "children": [],
                     "character": {
                       "id": 1967,
                       "name": "ガムホリック・草薙"
                     }
                   },
                   {
                     "id": 67162,
                     "title": "戦術、武器、戦略講義(3年分)",
                     "description": "戦場での単騎戦、集団戦の違いや剣士の運用と得手不得手を学ぶ。戦闘可能距離による相手との相性や不利な場合でいかに生き残るかの対策についての講義(実戦形式を含む)を受ける。1年毎に初級、中級、上級コースが約週2回のペースで開催される。",
                     "part_type": "part",
                     "created_at": "2017-08-24 16:11:53.83611",
                     "updated_at": "2017-08-24 16:11:53.83611",
                     "children": [],
                     "character": {
                       "id": 1967,
                       "name": "ガムホリック・草薙"
                     }
                   },
                   {
                     "id": 67163,
                     "title": "毎年の遠足(サバイバル訓練)",
                     "description": "毎年遠足と称して山の中を行軍する行事が開催される。少ない糧食と粗末な装備で如何に生き延びつつ目的地に向かうか。基礎体力とサバイバル技術が試される。まれに猛獣に出くわすので命がけである。",
                     "part_type": "part",
                     "created_at": "2017-08-24 16:11:53.853169",
                     "updated_at": "2017-08-24 16:11:53.853169",
                     "children": [],
                     "character": {
                       "id": 1967,
                       "name": "ガムホリック・草薙"
                     }
                   },
                   {
                     "id": 67164,
                     "title": "日々の筋力トレーニング",
                     "description": "剣の種類は軽い突剣から重量のある両手剣まで様々。自在に扱うための筋肉を作るために素振りや重量挙げで鍛え上げます。怪我や病気、特別な訓練や行事の日を除いてほぼ毎日行われます。",
                     "part_type": "part",
                     "created_at": "2017-08-24 16:11:53.871408",
                     "updated_at": "2017-08-24 16:11:53.871408",
                     "children": [],
                     "character": {
                       "id": 1967,
                       "name": "ガムホリック・草薙"
                     }
                   },
                   {
                     "id": 67165,
                     "title": "地獄の走力強化訓練",
                     "description": "この訓練期間中、剣士たちはまず高山へ連れて行かれる。高山病手前の空気の薄い高山でいつもの訓練を行うことで持久力を付ける。訓練所に戻ると今度は自重と同じ程度の重りをつけての訓練が待っている。脱落者多いが乗り越えて開放された剣士は自分の体が羽根のように軽くなっていると感じる。",
                     "part_type": "part",
                     "created_at": "2017-08-24 16:11:53.891215",
                     "updated_at": "2017-08-24 16:11:53.891215",
                     "children": [],
                     "character": {
                       "id": 1967,
                       "name": "ガムホリック・草薙"
                     }
                   },
                   {
                     "id": 67166,
                     "title": "雪中での水行",
                     "description": "精神力を涵養するために雪の中水にうたれる修行。身を切るほどに冷たく苦しいが、乗り越えれば苦難に負けない強い精神力が身に付くとされる。",
                     "part_type": "part",
                     "created_at": "2017-08-24 16:11:53.910261",
                     "updated_at": "2017-08-24 16:11:53.910261",
                     "children": [],
                     "character": {
                       "id": 1967,
                       "name": "ガムホリック・草薙"
                     }
                   },
                   {
                     "id": 67167,
                     "title": "剣士養成所卒業試験",
                     "description": "6年間の厳しい修行に耐えたものだけが受けられる試験。教官を相手に馬上試合、徒手戦闘、サバイバル訓練、一対一の立会、そして最後に面接を行い、一定の水準に達したと認められたものだけが合格できる。",
                     "part_type": "part",
                     "created_at": "2017-08-24 16:11:53.928738",
                     "updated_at": "2017-08-24 16:11:53.928738",
                     "children": [],
                     "character": {
                       "id": 1967,
                       "name": "ガムホリック・草薙"
                     }
                   }
                 ],
                 "character": {
                   "id": 1967,
                   "name": "ガムホリック・草薙"
                 },
                 "expanded": true
               }
             ],
             "expanded": true
           }
         ],
         "expanded": true
       }
     ],
     "expanded": true
   }
 ]