Top / 個人の鍛冶場
HTML convert time: 0.051 sec.

個人の鍛冶場

Last-modified: 2017-08-15 (火) 21:48:23

作成:gumholic
チェック:暁の円卓

部品構造

  • 大部品: 個人の鍛冶場 RD:23 評価値:7
    • 大部品: 鍛冶場の設備と機能 RD:7 評価値:4
      • 部品: 炉
      • 部品: 鞴
      • 部品: 金床
      • 部品: 金槌
      • 部品: 研磨台
      • 部品: 燃料置場(離れ小屋)
      • 部品: 水桶と側溝
    • 大部品: 個人の鍛冶場の社会的環境 RD:6 評価値:4
      • 大部品: 個人の鍛冶場の環境活動 RD:4 評価値:3
        ----部品: 水の浄化と再利用
        ----部品: 植林の励行
        ----部品: 廃棄物の再利用
        ----部品: 神事と清潔さの保全
      • 部品: 商業店舗としての扱い
      • 部品: 他の鍛冶場との連携
    • 大部品: 刀剣、武器類売買の制限制度 RD:4 評価値:3
      • 部品: 刀剣、武器類の許認可制
      • 部品: 3年に一回の認可証更新
      • 部品: 違反の罰則
      • 部品: 刀剣、武器類の不法投棄の禁止
    • 大部品: 鍛冶場の生産物 RD:6 評価値:4
      • 部品: 一般的な刃物、武器類の生産
      • 部品: 地味な防具類の生産
      • 部品: 手作りの建築資材、工具類の生産
      • 部品: 一般家庭の調度類の生産
      • 部品: 普段使いの調理器具の生産
      • 部品: 農具や生活用具などの生産

部品定義

部品: 炉

燃料を燃焼させることで内部の温度を上昇させ、金属を加熱する設備、装置。厚く頑丈な外殻に覆われている。一般的には火の元や火力を調節するための羽口は下部に付いている。

部品: 鞴

ふいごと読む。羽口から空気を送るために効率的に風を起こす器具。密閉部分を伸縮させることで空気を吸い込んで吐き出すことができる。この器具によって通常よりも大きな火力を得ることができる。

部品: 金床

金属を加工するための台。炉で熱した金属を金床に乗せて金鎚で叩くことで、結晶方向を安定させると同時に任意の形に成形することができる。

部品: 金槌

金属を金床に乗せて叩くために使う器具。強い衝撃を与えて金属を打ちつけることで、成形しつつ金属を鍛え上げる。

部品: 研磨台

金属を研磨して磨きあげるための設備。研ぎ石を回転させることで金属の表面を僅かに削り、光沢をもたせたり、滑らかにすることができる。

部品: 燃料置場(離れ小屋)

燃料を貯蓄しておくための小屋。湿気がこもりにくいように床が高くなっており風通しが良い。離れの小屋である理由は失火対策で、延焼を最小限に留めるため。

部品: 水桶と側溝

熱した鉄を水に浸して焼き入れし、強靭な鉄に鍛えていくことに使われる水桶。不純物が混ざらないように中身は常に清潔に保たれている。また、水が溢れても側溝に自然と流れるようになっており、そのおかげで鍛冶場は清掃しやすくなっている。

部品: 水の浄化と再利用

焼入れに使用した廃棄水は、側溝に落ちて流れていくように設計されている。第一の沈殿槽に貯めた後に上澄みの水を活性炭を重ねた桶の中に入れて浄化し再利用が可能となる。

部品: 植林の励行

鍛冶師は火を起こすために大量の木炭を使うため、野放図に鍛冶を続ければすぐに森はハゲ山になってしまう。これを防ぐために定期的に植林することが推奨されている。油分の多い松や火持ちの良い楢などは特に推奨されている。

部品: 廃棄物の再利用

鍛冶場から出た廃棄物は一部を除いて再利用される。鉱滓は粘土と一緒に混ぜて道の舗装に使われ、木炭の灰は田畑や植林のための肥料として使用される。

部品: 神事と清潔さの保全

神社へ刀剣の奉納を行ったり、季節の神事が行われるため、鍛冶場の中は常に清潔を保つように手入れされている。。炉の火を落とした後には毎回丁寧に掃除される。

部品: 商業店舗としての扱い

個人事業主として、一般の商業店舗店舗と変わらない扱いを受ける。人を殺傷する可能性のあるもの(兵器、武器、爆発物、劇薬等)の売買は許可がないと販売できない。

部品: 他の鍛冶場との連携

植林計画等は他の鍛冶場と連携しつつ行われる。地域の最も大きな鍛冶場の代表者に個人の鍛冶場の年間木炭消費量を報告し、植林計画の割当が行われる。また、仕事の依頼や人事交流などもあり、ご近所同士のおつきあいや、お祭り、神事などでは一緒になって酒を飲むことが多い。

部品: 刀剣、武器類の許認可制

刀剣、武器として使用できるものは基本的に許認可制で販売される。これらは無用な殺傷を禁ずるために実施されており吏族に認められた販売者が購入者の情報を記録して刀剣購入認可証(以下認可証)を発行する必要がある。

部品: 3年に一回の認可証更新

認可証は購入した日から3年に一回、販売者の元へ行って更新する必要がある。その際購入者の登録の更新や、傷んだ部品の取り替えや刃を研ぎ直したりすることもある。これによってある程度の武器のトレーサビリティが確保されている。

部品: 違反の罰則

認可証無く刀剣、武器類を所持していたものは一時的に刀剣を没収される。罰則者は新たに植林活動に一週間従事し、許認可制の講義をうけることで刀剣類の認可証が発行される。

部品: 刀剣、武器類の不法投棄の禁止

刀剣、武器類を廃棄するときは販売店か鍛冶場に引き取ってもらわなければならない。引き取られた刀剣、武器類は溶かして鋳物や鋳造品に再利用される。不法投棄を行ったものは植林活動を2週間行えば罪は減免される。

部品: 一般的な刃物、武器類の生産

剣や槍、斧、鏃などの武器類が生産されている。品質は一般的で目立った特徴はないが、使用の際に特に不都合は無い。材質は鉄。鍛冶場によって性能や意匠に若干の違いが出る。

部品: 地味な防具類の生産

兜や鎧、盾、手甲、具足などの防具類が生産されている。品質はある程度の水準で安定しているもののやや地味である。材質は鉄。鍛冶場によって性能や意匠に若干の違いが出る。

部品: 手作りの建築資材、工具類の生産

釘や鎹、鉄瓦などの建築資材や建築に使われる工具類が生産される。これらは一つ一つ手づくりのため、品質には若干のバラツキが出てしまう。材質は鉄。鍛冶場によって性能や意匠に若干の違いが出る。

部品: 一般家庭の調度類の生産

一般家庭で使われるような調度類が生産されている。机や椅子、額縁など鉄製のため丈夫であるが、やや重く地味な印象を与える。材質は鉄。鍛冶場によって性能や意匠に若干の違いが出る。

部品: 普段使いの調理器具の生産

家庭用に使われる一般的な調理器具が生産されている。包丁や鍋、鉄器などは特に使用に際して不都合はないが若干重く地味である。材質は鉄。鍛冶場によって性能や意匠に若干の違いが出る。

部品: 農具や生活用具などの生産

農業で使用する鍬や鋤などの農具や、梃子、火箸などの生活用具が生産されている。普段使いする分には何の問題もない。材質は鉄。鍛冶場によって性能や意匠に若干の違いが出る。

提出書式

 大部品: 個人の鍛冶場 RD:23 評価値:7
 -大部品: 鍛冶場の設備と機能 RD:7 評価値:4
 --部品: 炉
 --部品: 鞴
 --部品: 金床
 --部品: 金槌
 --部品: 研磨台
 --部品: 燃料置場(離れ小屋)
 --部品: 水桶と側溝
 -大部品: 個人の鍛冶場の社会的環境 RD:6 評価値:4
 --大部品: 個人の鍛冶場の環境活動 RD:4 評価値:3
 ---部品: 水の浄化と再利用
 ---部品: 植林の励行
 ---部品: 廃棄物の再利用
 ---部品: 神事と清潔さの保全
 --部品: 商業店舗としての扱い
 --部品: 他の鍛冶場との連携
 -大部品: 刀剣、武器類売買の制限制度 RD:4 評価値:3
 --部品: 刀剣、武器類の許認可制
 --部品: 3年に一回の認可証更新
 --部品: 違反の罰則
 --部品: 刀剣、武器類の不法投棄の禁止
 -大部品: 鍛冶場の生産物 RD:6 評価値:4
 --部品: 一般的な刃物、武器類の生産
 --部品: 地味な防具類の生産
 --部品: 手作りの建築資材、工具類の生産
 --部品: 一般家庭の調度類の生産
 --部品: 普段使いの調理器具の生産
 --部品: 農具や生活用具などの生産
 
 
 部品: 炉
 燃料を燃焼させることで内部の温度を上昇させ、金属を加熱する設備、装置。厚く頑丈な外殻に覆われている。一般的には火の元や火力を調節するための羽口は下部に付いている。
 
 部品: 鞴
 ふいごと読む。羽口から空気を送るために効率的に風を起こす器具。密閉部分を伸縮させることで空気を吸い込んで吐き出すことができる。この器具によって通常よりも大きな火力を得ることができる。
 
 部品: 金床
 金属を加工するための台。炉で熱した金属を金床に乗せて金鎚で叩くことで、結晶方向を安定させると同時に任意の形に成形することができる。
 
 部品: 金槌
 金属を金床に乗せて叩くために使う器具。強い衝撃を与えて金属を打ちつけることで、成形しつつ金属を鍛え上げる。
 
 部品: 研磨台
 金属を研磨して磨きあげるための設備。研ぎ石を回転させることで金属の表面を僅かに削り、光沢をもたせたり、滑らかにすることができる。
 
 部品: 燃料置場(離れ小屋)
 燃料を貯蓄しておくための小屋。湿気がこもりにくいように床が高くなっており風通しが良い。離れの小屋である理由は失火対策で、延焼を最小限に留めるため。
 
 部品: 水桶と側溝
 熱した鉄を水に浸して焼き入れし、強靭な鉄に鍛えていくことに使われる水桶。不純物が混ざらないように中身は常に清潔に保たれている。また、水が溢れても側溝に自然と流れるようになっており、そのおかげで鍛冶場は清掃しやすくなっている。
 
 部品: 水の浄化と再利用
 焼入れに使用した廃棄水は、側溝に落ちて流れていくように設計されている。第一の沈殿槽に貯めた後に上澄みの水を活性炭を重ねた桶の中に入れて浄化し再利用が可能となる。
 
 部品: 植林の励行
 鍛冶師は火を起こすために大量の木炭を使うため、野放図に鍛冶を続ければすぐに森はハゲ山になってしまう。これを防ぐために定期的に植林することが推奨されている。油分の多い松や火持ちの良い楢などは特に推奨されている。
 
 部品: 廃棄物の再利用
 鍛冶場から出た廃棄物は一部を除いて再利用される。鉱滓は粘土と一緒に混ぜて道の舗装に使われ、木炭の灰は田畑や植林のための肥料として使用される。
 
 部品: 神事と清潔さの保全
 神社へ刀剣の奉納を行ったり、季節の神事が行われるため、鍛冶場の中は常に清潔を保つように手入れされている。。炉の火を落とした後には毎回丁寧に掃除される。
 
 部品: 商業店舗としての扱い
 個人事業主として、一般の商業店舗店舗と変わらない扱いを受ける。人を殺傷する可能性のあるもの(兵器、武器、爆発物、劇薬等)の売買は許可がないと販売できない。
 
 部品: 他の鍛冶場との連携
 植林計画等は他の鍛冶場と連携しつつ行われる。地域の最も大きな鍛冶場の代表者に個人の鍛冶場の年間木炭消費量を報告し、植林計画の割当が行われる。また、仕事の依頼や人事交流などもあり、ご近所同士のおつきあいや、お祭り、神事などでは一緒になって酒を飲むことが多い。
 
 部品: 刀剣、武器類の許認可制
 刀剣、武器として使用できるものは基本的に許認可制で販売される。これらは無用な殺傷を禁ずるために実施されており吏族に認められた販売者が購入者の情報を記録して刀剣購入認可証(以下認可証)を発行する必要がある。
 
 部品: 3年に一回の認可証更新
 認可証は購入した日から3年に一回、販売者の元へ行って更新する必要がある。その際購入者の登録の更新や、傷んだ部品の取り替えや刃を研ぎ直したりすることもある。これによってある程度の武器のトレーサビリティが確保されている。
 
 部品: 違反の罰則
 認可証無く刀剣、武器類を所持していたものは一時的に刀剣を没収される。罰則者は新たに植林活動に一週間従事し、許認可制の講義をうけることで刀剣類の認可証が発行される。
 
 部品: 刀剣、武器類の不法投棄の禁止
 刀剣、武器類を廃棄するときは販売店か鍛冶場に引き取ってもらわなければならない。引き取られた刀剣、武器類は溶かして鋳物や鋳造品に再利用される。不法投棄を行ったものは植林活動を2週間行えば罪は減免される。
 
 部品: 一般的な刃物、武器類の生産
 剣や槍、斧、鏃などの武器類が生産されている。品質は一般的で目立った特徴はないが、使用の際に特に不都合は無い。材質は鉄。鍛冶場によって性能や意匠に若干の違いが出る。
 
 部品: 地味な防具類の生産
 兜や鎧、盾、手甲、具足などの防具類が生産されている。品質はある程度の水準で安定しているもののやや地味である。材質は鉄。鍛冶場によって性能や意匠に若干の違いが出る。
 
 部品: 手作りの建築資材、工具類の生産
 釘や鎹、鉄瓦などの建築資材や建築に使われる工具類が生産される。これらは一つ一つ手づくりのため、品質には若干のバラツキが出てしまう。材質は鉄。鍛冶場によって性能や意匠に若干の違いが出る。
 
 部品: 一般家庭の調度類の生産
 一般家庭で使われるような調度類が生産されている。机や椅子、額縁など鉄製のため丈夫であるが、やや重く地味な印象を与える。材質は鉄。鍛冶場によって性能や意匠に若干の違いが出る。
 
 部品: 普段使いの調理器具の生産
 家庭用に使われる一般的な調理器具が生産されている。包丁や鍋、鉄器などは特に使用に際して不都合はないが若干重く地味である。材質は鉄。鍛冶場によって性能や意匠に若干の違いが出る。
 
 部品: 農具や生活用具などの生産
 農業で使用する鍬や鋤などの農具や、梃子、火箸などの生活用具が生産されている。普段使いする分には何の問題もない。材質は鉄。鍛冶場によって性能や意匠に若干の違いが出る。
 
 

インポート用定義データ

 [
   {
     "title": "個人の鍛冶場",
     "children": [
       {
         "title": "鍛冶場の設備と機能",
         "children": [
           {
             "title": "炉",
             "description": "燃料を燃焼させることで内部の温度を上昇させ、金属を加熱する設備、装置。厚く頑丈な外殻に覆われている。一般的には火の元や火力を調節するための羽口は下部に付いている。",
             "expanded": true,
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "鞴",
             "description": "ふいごと読む。羽口から空気を送るために効率的に風を起こす器具。密閉部分を伸縮させることで空気を吸い込んで吐き出すことができる。この器具によって通常よりも大きな火力を得ることができる。",
             "expanded": true,
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "金床",
             "description": "金属を加工するための台。炉で熱した金属を金床に乗せて金鎚で叩くことで、結晶方向を安定させると同時に任意の形に成形することができる。",
             "expanded": true,
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "金槌",
             "description": "金属を金床に乗せて叩くために使う器具。強い衝撃を与えて金属を打ちつけることで、成形しつつ金属を鍛え上げる。",
             "expanded": true,
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "研磨台",
             "description": "金属を研磨して磨きあげるための設備。研ぎ石を回転させることで金属の表面を僅かに削り、光沢をもたせたり、滑らかにすることができる。",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "燃料置場(離れ小屋)",
             "description": "燃料を貯蓄しておくための小屋。湿気がこもりにくいように床が高くなっており風通しが良い。離れの小屋である理由は失火対策で、延焼を最小限に留めるため。",
             "expanded": true,
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "水桶と側溝",
             "description": "熱した鉄を水に浸して焼き入れし、強靭な鉄に鍛えていくことに使われる水桶。不純物が混ざらないように中身は常に清潔に保たれている。また、水が溢れても側溝に自然と流れるようになっており、そのおかげで鍛冶場は清掃しやすくなっている。",
             "expanded": true,
             "part_type": "part"
           }
         ],
         "expanded": true,
         "part_type": "group"
       },
       {
         "title": "個人の鍛冶場の社会的環境",
         "children": [
           {
             "title": "個人の鍛冶場の環境活動",
             "children": [
               {
                 "title": "水の浄化と再利用",
                 "description": "焼入れに使用した廃棄水は、側溝に落ちて流れていくように設計されている。第一の沈殿槽に貯めた後に上澄みの水を活性炭を重ねた桶の中に入れて浄化し再利用が可能となる。",
                 "expanded": true,
                 "part_type": "part"
               },
               {
                 "title": "植林の励行",
                 "description": "鍛冶師は火を起こすために大量の木炭を使うため、野放図に鍛冶を続ければすぐに森はハゲ山になってしまう。これを防ぐために定期的に植林することが推奨されている。油分の多い松や火持ちの良い楢などは特に推奨されている。",
                 "expanded": true,
                 "part_type": "part"
               },
               {
                 "title": "廃棄物の再利用",
                 "description": "鍛冶場から出た廃棄物は一部を除いて再利用される。鉱滓は粘土と一緒に混ぜて道の舗装に使われ、木炭の灰は田畑や植林のための肥料として使用される。",
                 "expanded": true,
                 "part_type": "part"
               },
               {
                 "title": "神事と清潔さの保全",
                 "description": "神社へ刀剣の奉納を行ったり、季節の神事が行われるため、鍛冶場の中は常に清潔を保つように手入れされている。。炉の火を落とした後には毎回丁寧に掃除される。",
                 "expanded": true,
                 "part_type": "part"
               }
             ],
             "expanded": true,
             "part_type": "group"
           },
           {
             "title": "商業店舗としての扱い",
             "description": "個人事業主として、一般の商業店舗店舗と変わらない扱いを受ける。人を殺傷する可能性のあるもの(兵器、武器、爆発物、劇薬等)の売買は許可がないと販売できない。",
             "expanded": true,
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "他の鍛冶場との連携",
             "description": "植林計画等は他の鍛冶場と連携しつつ行われる。地域の最も大きな鍛冶場の代表者に個人の鍛冶場の年間木炭消費量を報告し、植林計画の割当が行われる。また、仕事の依頼や人事交流などもあり、ご近所同士のおつきあいや、お祭り、神事などでは一緒になって酒を飲むことが多い。",
             "expanded": true,
             "part_type": "part"
           }
         ],
         "expanded": true,
         "part_type": "group"
       },
       {
         "title": "刀剣、武器類売買の制限制度",
         "children": [
           {
             "title": "刀剣、武器類の許認可制",
             "description": "刀剣、武器として使用できるものは基本的に許認可制で販売される。これらは無用な殺傷を禁ずるために実施されており吏族に認められた販売者が購入者の情報を記録して刀剣購入認可証(以下認可証)を発行する必要がある。",
             "expanded": true,
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "3年に一回の認可証更新",
             "description": "認可証は購入した日から3年に一回、販売者の元へ行って更新する必要がある。その際購入者の登録の更新や、傷んだ部品の取り替えや刃を研ぎ直したりすることもある。これによってある程度の武器のトレーサビリティが確保されている。",
             "expanded": true,
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "違反の罰則",
             "description": "認可証無く刀剣、武器類を所持していたものは一時的に刀剣を没収される。罰則者は新たに植林活動に一週間従事し、許認可制の講義をうけることで刀剣類の認可証が発行される。",
             "part_type": "part",
             "expanded": true
           },
           {
             "title": "刀剣、武器類の不法投棄の禁止",
             "description": "刀剣、武器類を廃棄するときは販売店か鍛冶場に引き取ってもらわなければならない。引き取られた刀剣、武器類は溶かして鋳物や鋳造品に再利用される。不法投棄を行ったものは植林活動を2週間行えば罪は減免される。",
             "expanded": true,
             "part_type": "part"
           }
         ],
         "expanded": true,
         "part_type": "group"
       },
       {
         "title": "鍛冶場の生産物",
         "children": [
           {
             "title": "一般的な刃物、武器類の生産",
             "description": "剣や槍、斧、鏃などの武器類が生産されている。品質は一般的で目立った特徴はないが、使用の際に特に不都合は無い。材質は鉄。鍛冶場によって性能や意匠に若干の違いが出る。",
             "expanded": true,
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "地味な防具類の生産",
             "description": "兜や鎧、盾、手甲、具足などの防具類が生産されている。品質はある程度の水準で安定しているもののやや地味である。材質は鉄。鍛冶場によって性能や意匠に若干の違いが出る。",
             "expanded": true,
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "手作りの建築資材、工具類の生産",
             "description": "釘や鎹、鉄瓦などの建築資材や建築に使われる工具類が生産される。これらは一つ一つ手づくりのため、品質には若干のバラツキが出てしまう。材質は鉄。鍛冶場によって性能や意匠に若干の違いが出る。",
             "expanded": true,
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "一般家庭の調度類の生産",
             "description": "一般家庭で使われるような調度類が生産されている。机や椅子、額縁など鉄製のため丈夫であるが、やや重く地味な印象を与える。材質は鉄。鍛冶場によって性能や意匠に若干の違いが出る。",
             "expanded": true,
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "普段使いの調理器具の生産",
             "description": "家庭用に使われる一般的な調理器具が生産されている。包丁や鍋、鉄器などは特に使用に際して不都合はないが若干重く地味である。材質は鉄。鍛冶場によって性能や意匠に若干の違いが出る。",
             "expanded": true,
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "農具や生活用具などの生産",
             "description": "農業で使用する鍬や鋤などの農具や、梃子、火箸などの生活用具が生産されている。普段使いする分には何の問題もない。材質は鉄。鍛冶場によって性能や意匠に若干の違いが出る。",
             "expanded": true,
             "part_type": "part"
           }
         ],
         "expanded": true,
         "part_type": "group"
       }
     ],
     "expanded": true,
     "part_type": "group"
   }
 ]