Top / レイライン・ネットワーク概要
HTML convert time: 0.059 sec.

レイライン・ネットワーク概要

Last-modified: 2017-10-09 (月) 17:39:35

部品構造

-大部品: レイライン・ネットワーク(帝國魔力輸送網) RD:42 評価値:9
--大部品: レイライン・ネットワークの概要 RD:13 評価値:6
---部品: 検討の経緯
---部品: 魔力輸送効率の向上
---部品: 魔力需要の増大
---部品: 龍脈接続による魔力調整
---大部品: レイライン・ネットワーク理論 RD:5 評価値:3
----部品: レイライン・ネットワーク理論とは
----部品: レイラインとは
----部品: 龍脈とは
----部品: 風水とは
----部品: 風水を利用した龍脈の誘導
---大部品: 神々との関係 RD:4 評価値:3
----部品: 神々を祀る施設
----部品: 精製魔力の一部を奉納する
----部品: 魔力を使用しない国での魔力奉納
----部品: 祀られた神々の加護による霊的防御
--大部品: 管理組織 RD:4 評価値:3
---部品: 尚書省管轄下組織による管理
---部品: 龍脈管理事務所
---部品: 吏族による事務管理
---部品: 龍脈事務所分室における龍脈監視業務
--大部品: レイライン・ネットワークの保安管理 RD:15 評価値:6
---大部品: 龍脈管理の日常体制 RD:10 評価値:5
----大部品: 龍脈事務所本部の日常業務 RD:4 評価値:3
-----部品: 龍脈連携図による現状把握
-----部品: 各国龍脈管理事務所分室からの報告業務
-----部品: 龍脈関連の研究
-----部品: 龍脈関連における政治的調整
----大部品: 分室の日常業務 RD:6 評価値:4
-----部品: 各国龍脈図更新のための地形情報収集
-----部品: 各国担当部門との連絡体制
-----部品: 宗教関連担当部門との連携
-----部品: 国土管理部門との連携
-----部品: 治安維持部門との連携
-----部品: 魔力抽出量の記録
---大部品: 龍脈異常への対応 RD:5 評価値:3
----部品: 異常時の緊急連絡
----部品: 異常時の緊急遮断
----部品: 龍脈の物理的な異常
----部品: 龍脈の霊的な異常
----部品: 流れの調整
--大部品: 各藩国の龍脈と基点施設 RD:10 評価値:5
---大部品: 暁の円卓藩国の龍脈と基点施設 RD:10 評価値:5
----部品: 霊峰暁山とは
----部品: 暁山の龍脈の流れ
----部品: 龍脈の大社
----部品: 龍脈関連施設としての明刻社
----部品: 龍脈信仰
----部品: 龍脈神社大祭
----部品: 魔力精製工房群からの魔力精製物奉納
----部品: 奉納された魔力精製物の各神社への分配
----部品: 暁の円卓藩国神霊庁との連携
----部品: 東郷龍脈神社

部品定義

部品: 検討の経緯

元々東洋の魔術理論である風水の理論を応用し、帝國各国の龍脈をつなげることで各国で必要とされる魔力を供給することができないかということで検討された。

部品: 魔力輸送効率の向上

レイラインネットワークを経由して現地で魔力精製物を作り出す方法を取ることで、魔力精製物を直接輸送することにより供給する手段よりも遥かに効率が良いものとなった。

部品: 魔力需要の増大

帝國各国においては高物理国、低物理国と様々な国がある。
魔力は主に低物理国で需要が多かったが、高物理国においても個人ACEやPLACE、個人所有の魔力を必要とするアイテムなど、個人個別単位においては需要が発生していた。

部品: 龍脈接続による魔力調整

龍脈を接続する輸送以外のメリットとしては接続した龍脈全体で魔力を利用することができるため、それぞれの場所における魔力抽出に対しても多少偏りがあったとしても魔力平衡が保たれ調整することができることが挙げられる。

部品: レイライン・ネットワーク理論とは

【レイライン】で誘導された複数の【龍脈】同士を【神々を祀る施設】を通じて繋ぶことで、
【龍脈】の持つ霊力(魔力)を接続された【神々を祀る施設】が所在する遠隔地の持つ【龍脈】に接続することで、接続した龍脈間の魔力の共有状態を作り出す理論である。

部品: レイラインとは

元々は遺跡群が直線状に並ぶことに着目した魔術理論のことである。【龍脈】そのものは曲がりくねるほど強くなるといわれているが、
その噴出し口である【龍穴】の位置関係に直線(レイライン)を見立てることで、霊力(魔力)を意図する方向へ向かわせることができる。

部品: 龍脈とは

【龍脈】とは大地を流れる霊的な力の流れのことを指し、通常高い山を基点として尾根を走り、大地に流れていくものである。
これは霊力や魔力の流れと同一視され、この流れがある場所に魔力は集積されたり、魔力を好む植生が発生したりすることが多い。
【龍脈】を誘導するための魔術理論として【風水】がある。

部品: 風水とは

「気は風に乗せれば即ち散り、水に界せられば即ち止る。
 古人これを聚めて散らせしめず、これを行かせて止るをあらしむ。
 故にこれを風水と謂う。」
という葬書の言葉に由来している。
気(力)は風に晒される地においては拡散し、水に面する地においては溜まる傾向にある。
これを整えることで、力を拡散させずに集め、水に溜まらないように流すこともできるという魔術的な土木建築理論である。

部品: 風水を利用した龍脈の誘導

風水の理論を利用し龍脈の流れる先をコントロールすることで、各国の龍脈を接続することを試みる。
風の吹き抜ける場所では拡散し、水源では留める事ができることを利用するのが基本となる。
これは予想外の場所に霊的な力が溜まりそこで障害が発生することを防ぐ意味もある。

部品: 神々を祀る施設

レイラインネットワークの要である施設にはそれぞれの国の性質に合わせた神々が祀られる。
その施設には龍脈そのものを祀る社を分祀し、その本社との繋がりを持って境界を超えてレイラインを繋ぐ見立てを行っている。

部品: 精製魔力の一部を奉納する

神々を祀る施設にはレイラインの要や加護による霊的防御としての役割を担って頂く代わりに、精製魔力の一部を奉納することが取り決められている。
これは魔力を込めた装飾品を奉納することでも、魔力を蓄積する植物を使った料理を神饌として供えるでもよい。

部品: 魔力を使用しない国での魔力奉納

魔力をしない国においては魔力精製物が発生しないため奉納することができないが、
その国においては龍穴周辺で行う儀式等により奉納を行うことになる。

部品: 祀られた神々の加護による霊的防御

レイラインネットワークで供給される魔力を要となる神社や神殿などの神々に奉納することで、加護を頂き設置された宗教施設のある藩国の霊的防御を高める。

部品: 尚書省管轄下組織による管理

レイライン・ネットワークは【尚書省】の管轄下にある管理組織【霊脈管理事務所】によって管理されている。
これは即ち一国に依らない管理体制の構築を意味している。

部品: 龍脈管理事務所

龍脈管理事務所の本部は尚書省内にあり、その分室は各国に設置されている。ここで各国の龍脈の状況を集め、集約して維持管理に当たる。

部品: 吏族による事務管理

霊脈管理事務所においても管理事務として様々な事務作業が発生する。
これらの業務は霊脈そのものに関する知識はそれほど多く必要ないため吏族によりその業務が遂行される。

部品: 龍脈事務所分室における龍脈監視業務

各国に配置された分室ではその国に合わせた龍脈図が作成されており、その流れがに問題がないかどうかの監視を行う。

部品: 龍脈連携図による現状把握

龍脈の図を各国の龍脈の形と相似形にすることで、見立てにより魔術的な繋がりを作ることで各国の龍脈の現在の状況を把握することできる。
これは龍脈事務所本部に置かれており龍脈の異常の感知に用いられる。

部品: 各国龍脈管理事務所分室からの報告業務

各国に配置されている龍脈管理事務所分室からの報告事項を検討し、各国では対応できない事例については
本部にて対応処理する業務となる。

部品: 龍脈関連の研究

龍脈に関連する風水理論や全体の魔力を調整する理論研究はもともと魔力利用の盛んな国との共同で進められている。

部品: 龍脈関連における政治的調整

龍脈管理事務所本部としては龍脈関連で発生する藩国間、組織感の政治的な調整も業務の一環となる。
これらは魔力の抽出量調整や龍脈の流れの調整などの点で多く行われる。

部品: 各国龍脈図更新のための地形情報収集

各藩国の国土管理を司る藩国組織との連携を行い、その国における龍脈図の更新を行う。
この情報は国家機密に該当する場合があり、これらの取扱は厳重に注意が払われる。

部品: 各国担当部門との連絡体制

緊急時の連絡のみならず、日常においても各国の宗教関連の担当部門組織、国土管理の担当部門組織、治安維持の担当部門組織とは連絡体制を敷いている。

部品: 宗教関連担当部門との連携

各国の宗教関連部門との連携としては龍脈の活性化にも繋がる祭祀関連行事の調整や、魔力使用量統計等の管理業務などで行っている。
特に事務管理が必要な場合は派遣なども行う。

部品: 国土管理部門との連携

国土管理部門との連携については風水的に龍脈の寸断が発生しないように龍脈図と開発計画の突合が主な業務連携の一つとなる。
また、新規街道計画などによる龍脈影響の見積もりなども行う。

部品: 治安維持部門との連携

治安維持部門との連携は主に龍脈を途絶したり負荷をかけるなどの管理上のリスクになりうる行為を阻止するための治安維持活動の要請を行う場合の連携や
事務所の見回り業務との連携を中心とした業務連携である。

部品: 魔力抽出量の記録

各国における魔力抽出量の集計は龍脈管理事務所分室で行われるこれは龍脈の変化を記録することで行い、その記録は本部へ届けられる。

部品: 異常時の緊急連絡

日常における龍脈監視業務において龍脈に異常が発見された場合、龍脈管理事務所本部及び
それぞれの国の宗教関連を統括する藩国機関及び、国土管理を統括する藩国機関に緊急連絡を行う。

部品: 異常時の緊急遮断

龍脈異常の影響範囲が広範囲に及ぶと類推される場合は龍脈全体への影響を鑑みて、要となる施設の御神体を一時遷宮することで緊急的に龍脈の接続を遮断する。

部品: 龍脈の物理的な異常

龍脈の物理的な異常については龍脈の流れを途絶させる形で建物を建築する、勝手に水路を引き龍脈の流れを変える、尾根を崩すなど龍脈の流れに影響が起こる行為を指す。

部品: 龍脈の霊的な異常

龍脈について魔術・魔法的な仕掛けを施し、龍脈事態に異常な流れを発生させられるような仕掛けを施された要な場合を指す。

部品: 流れの調整

龍脈が寸断された場合は復旧工事を行う場合と、別の流れを調整し元の流れに近い形に復旧させる方法がある。
これは低物理では理力建築、高物理では土木工事で行われる。

部品: 霊峰暁山とは

暁の円卓藩国の地を見下ろす藩国最大の活火山である。藩国南西部に位置し、裾野には火山活動により作られた平野があり、そこに藩国の首都が存在している。
ここでいう暁山は暁山山系の最大の山のことを指す。ここが暁の円卓藩国における龍脈の起点である。

部品: 暁山の龍脈の流れ

暁山からの龍脈の流れは尾根伝いに龍脈の大社のある君影の地に伝わり、サウス街道沿いに明刻社方面に細かく折り曲がり伝わっていくものを主流とし、龍脈の大社から東へ流れていく支流の2つが大きく知られている。

部品: 龍脈の大社

暁の円卓藩国、暁山山中に走るサウス街道に設置されているレイラインネットワークの基幹となる大社。龍脈そのものの概念を祀った大社である。
君影町の魔力精製工房群が暁山から流れる龍脈を神に見立てて、工房の安全と安定した魔力の供給を祈願して作られた社を基礎としている。

部品: 龍脈関連施設としての明刻社

龍脈に対する信仰ではなく、暁山そのものに対する信仰の中心が明刻社である。明刻社の位置はレイラインで藩国の首都を結ぶ形をしており、その霊的なご利益を受けられるようになっている。
このレイラインの延長上には翠王神社および港近くの龍脈神社の分社が設置されており、外向きのラインが引かれている。

部品: 龍脈信仰

龍脈は暁山そのものの力であると信じられることから、龍脈に対する信仰が行われている。
その発露の一環として龍脈神社で行われる祭りであり、ゆるキャラたとしての龍脈ちゃんであったりする。

部品: 龍脈神社大祭

一年に一度秋に行われるその年の恵みを頂けたことを感謝する大きなお祭りの一つである。
明刻神宮の祭りとはまた少し趣が異なり、収穫祭的な意味合いが多く含まれる。

部品: 魔力精製工房群からの魔力精製物奉納

暁の円卓藩国においての魔力精製は魔力精製工房群により行われている。ここで作られた魔力精製物の中でもその年の最初に作られた精製物は龍脈の大社に奉納される事となっている。

部品: 奉納された魔力精製物の各神社への分配

奉納された魔力精製物は暁の円卓藩国各地にある神社へ分配され各地に祀られる神々へ奉納されることになる。
これにより、暁の円卓藩国の霊的防御を強化している。

部品: 暁の円卓藩国神霊庁との連携

暁の円卓藩国にある明刻神宮を頂点とした神社等の宗教関連施設を統括する藩国組織であり、龍脈管理事務所分室と連携し龍脈の維持管理を行っている。

部品: 東郷龍脈神社

龍脈神社の藩国内分社の一つ。この分社もレイラインの延長上にあり中継地点の一つとして機能している。
藩国内の龍脈神社分社は翠王湖を跨いで5つあり、それぞれの分社を繋ぐレイラインそのものが霊的防御機能を有する形を見立てる事ができる物となっている。

提出書式

 大部品: レイライン・ネットワーク(帝國魔力輸送網) RD:42 評価値:9
 -大部品: レイライン・ネットワークの概要 RD:13 評価値:6
 --部品: 検討の経緯
 --部品: 魔力輸送効率の向上
 --部品: 魔力需要の増大
 --部品: 龍脈接続による魔力調整
 --大部品: レイライン・ネットワーク理論 RD:5 評価値:3
 ---部品: レイライン・ネットワーク理論とは
 ---部品: レイラインとは
 ---部品: 龍脈とは
 ---部品: 風水とは
 ---部品: 風水を利用した龍脈の誘導
 --大部品: 神々との関係 RD:4 評価値:3
 ---部品: 神々を祀る施設
 ---部品: 精製魔力の一部を奉納する
 ---部品: 魔力を使用しない国での魔力奉納
 ---部品: 祀られた神々の加護による霊的防御
 -大部品: 管理組織 RD:4 評価値:3
 --部品: 尚書省管轄下組織による管理
 --部品: 龍脈管理事務所
 --部品: 吏族による事務管理
 --部品: 龍脈事務所分室における龍脈監視業務
 -大部品: レイライン・ネットワークの保安管理 RD:15 評価値:6
 --大部品: 龍脈管理の日常体制 RD:10 評価値:5
 ---大部品: 龍脈事務所本部の日常業務 RD:4 評価値:3
 ----部品: 龍脈連携図による現状把握
 ----部品: 各国龍脈管理事務所分室からの報告業務
 ----部品: 龍脈関連の研究
 ----部品: 龍脈関連における政治的調整
 ---大部品: 分室の日常業務 RD:6 評価値:4
 ----部品: 各国龍脈図更新のための地形情報収集
 ----部品: 各国担当部門との連絡体制
 ----部品: 宗教関連担当部門との連携
 ----部品: 国土管理部門との連携
 ----部品: 治安維持部門との連携
 ----部品: 魔力抽出量の記録
 --大部品: 龍脈異常への対応 RD:5 評価値:3
 ---部品: 異常時の緊急連絡
 ---部品: 異常時の緊急遮断
 ---部品: 龍脈の物理的な異常
 ---部品: 龍脈の霊的な異常
 ---部品: 流れの調整
 -大部品: 各藩国の龍脈と基点施設 RD:10 評価値:5
 --大部品: 暁の円卓藩国の龍脈と基点施設 RD:10 評価値:5
 ---部品: 霊峰暁山とは
 ---部品: 暁山の龍脈の流れ
 ---部品: 龍脈の大社
 ---部品: 龍脈関連施設としての明刻社
 ---部品: 龍脈信仰
 ---部品: 龍脈神社大祭
 ---部品: 魔力精製工房群からの魔力精製物奉納
 ---部品: 奉納された魔力精製物の各神社への分配
 ---部品: 暁の円卓藩国神霊庁との連携
 ---部品: 東郷龍脈神社
 
 
 部品: 検討の経緯
 元々東洋の魔術理論である風水の理論を応用し、帝國各国の龍脈をつなげることで各国で必要とされる魔力を供給することができないかということで検討された。
 
 
 部品: 魔力輸送効率の向上
 レイラインネットワークを経由して現地で魔力精製物を作り出す方法を取ることで、魔力精製物を直接輸送することにより供給する手段よりも遥かに効率が良いものとなった。
 
 部品: 魔力需要の増大
 帝國各国においては高物理国、低物理国と様々な国がある。
 魔力は主に低物理国で需要が多かったが、高物理国においても個人ACEやPLACE、個人所有の魔力を必要とするアイテムなど、個人個別単位においては需要が発生していた。
 
 
 部品: 龍脈接続による魔力調整
 龍脈を接続する輸送以外のメリットとしては接続した龍脈全体で魔力を利用することができるため、それぞれの場所における魔力抽出に対しても多少偏りがあったとしても魔力平衡が保たれ調整することができることが挙げられる。
 
 部品: レイライン・ネットワーク理論とは
 【レイライン】で誘導された複数の【龍脈】同士を【神々を祀る施設】を通じて繋ぶことで、
 【龍脈】の持つ霊力(魔力)を接続された【神々を祀る施設】が所在する遠隔地の持つ【龍脈】に接続することで、接続した龍脈間の魔力の共有状態を作り出す理論である。
 
 
 部品: レイラインとは
 元々は遺跡群が直線状に並ぶことに着目した魔術理論のことである。【龍脈】そのものは曲がりくねるほど強くなるといわれているが、
 その噴出し口である【龍穴】の位置関係に直線(レイライン)を見立てることで、霊力(魔力)を意図する方向へ向かわせることができる。
 
 
 
 部品: 龍脈とは
 【龍脈】とは大地を流れる霊的な力の流れのことを指し、通常高い山を基点として尾根を走り、大地に流れていくものである。
 これは霊力や魔力の流れと同一視され、この流れがある場所に魔力は集積されたり、魔力を好む植生が発生したりすることが多い。
 【龍脈】を誘導するための魔術理論として【風水】がある。
 
 部品: 風水とは
 「気は風に乗せれば即ち散り、水に界せられば即ち止る。
  古人これを聚めて散らせしめず、これを行かせて止るをあらしむ。
  故にこれを風水と謂う。」
 という葬書の言葉に由来している。
 気(力)は風に晒される地においては拡散し、水に面する地においては溜まる傾向にある。
 これを整えることで、力を拡散させずに集め、水に溜まらないように流すこともできるという魔術的な土木建築理論である。
 
 
 部品: 風水を利用した龍脈の誘導
 風水の理論を利用し龍脈の流れる先をコントロールすることで、各国の龍脈を接続することを試みる。
 風の吹き抜ける場所では拡散し、水源では留める事ができることを利用するのが基本となる。
 これは予想外の場所に霊的な力が溜まりそこで障害が発生することを防ぐ意味もある。
 
 
 部品: 神々を祀る施設
 レイラインネットワークの要である施設にはそれぞれの国の性質に合わせた神々が祀られる。
 その施設には龍脈そのものを祀る社を分祀し、その本社との繋がりを持って境界を超えてレイラインを繋ぐ見立てを行っている。
 
 部品: 精製魔力の一部を奉納する
 神々を祀る施設にはレイラインの要や加護による霊的防御としての役割を担って頂く代わりに、精製魔力の一部を奉納することが取り決められている。
 これは魔力を込めた装飾品を奉納することでも、魔力を蓄積する植物を使った料理を神饌として供えるでもよい。
 
 部品: 魔力を使用しない国での魔力奉納
 魔力をしない国においては魔力精製物が発生しないため奉納することができないが、
 その国においては龍穴周辺で行う儀式等により奉納を行うことになる。
 
 
 部品: 祀られた神々の加護による霊的防御
 レイラインネットワークで供給される魔力を要となる神社や神殿などの神々に奉納することで、加護を頂き設置された宗教施設のある藩国の霊的防御を高める。
 
 
 
 部品: 尚書省管轄下組織による管理
 レイライン・ネットワークは【尚書省】の管轄下にある管理組織【霊脈管理事務所】によって管理されている。
 これは即ち一国に依らない管理体制の構築を意味している。
 
 部品: 龍脈管理事務所
 龍脈管理事務所の本部は尚書省内にあり、その分室は各国に設置されている。ここで各国の龍脈の状況を集め、集約して維持管理に当たる。
 
 部品: 吏族による事務管理
 霊脈管理事務所においても管理事務として様々な事務作業が発生する。
 これらの業務は霊脈そのものに関する知識はそれほど多く必要ないため吏族によりその業務が遂行される。
 
 部品: 龍脈事務所分室における龍脈監視業務
 各国に配置された分室ではその国に合わせた龍脈図が作成されており、その流れがに問題がないかどうかの監視を行う。
 
 
 部品: 龍脈連携図による現状把握
 龍脈の図を各国の龍脈の形と相似形にすることで、見立てにより魔術的な繋がりを作ることで各国の龍脈の現在の状況を把握することできる。
 これは龍脈事務所本部に置かれており龍脈の異常の感知に用いられる。
 
 部品: 各国龍脈管理事務所分室からの報告業務
 各国に配置されている龍脈管理事務所分室からの報告事項を検討し、各国では対応できない事例については
 本部にて対応処理する業務となる。
 
 部品: 龍脈関連の研究
 龍脈に関連する風水理論や全体の魔力を調整する理論研究はもともと魔力利用の盛んな国との共同で進められている。
 
 
 部品: 龍脈関連における政治的調整
 龍脈管理事務所本部としては龍脈関連で発生する藩国間、組織感の政治的な調整も業務の一環となる。
 これらは魔力の抽出量調整や龍脈の流れの調整などの点で多く行われる。
 
 部品: 各国龍脈図更新のための地形情報収集
 各藩国の国土管理を司る藩国組織との連携を行い、その国における龍脈図の更新を行う。
 この情報は国家機密に該当する場合があり、これらの取扱は厳重に注意が払われる。
 
 部品: 各国担当部門との連絡体制
 緊急時の連絡のみならず、日常においても各国の宗教関連の担当部門組織、国土管理の担当部門組織、治安維持の担当部門組織とは連絡体制を敷いている。
 
 
 部品: 宗教関連担当部門との連携
 各国の宗教関連部門との連携としては龍脈の活性化にも繋がる祭祀関連行事の調整や、魔力使用量統計等の管理業務などで行っている。
 特に事務管理が必要な場合は派遣なども行う。
 
 部品: 国土管理部門との連携
 国土管理部門との連携については風水的に龍脈の寸断が発生しないように龍脈図と開発計画の突合が主な業務連携の一つとなる。
 また、新規街道計画などによる龍脈影響の見積もりなども行う。
 
 部品: 治安維持部門との連携
 治安維持部門との連携は主に龍脈を途絶したり負荷をかけるなどの管理上のリスクになりうる行為を阻止するための治安維持活動の要請を行う場合の連携や
 事務所の見回り業務との連携を中心とした業務連携である。
 
 部品: 魔力抽出量の記録
 各国における魔力抽出量の集計は龍脈管理事務所分室で行われるこれは龍脈の変化を記録することで行い、その記録は本部へ届けられる。
 
 部品: 異常時の緊急連絡
 日常における龍脈監視業務において龍脈に異常が発見された場合、龍脈管理事務所本部及び
 それぞれの国の宗教関連を統括する藩国機関及び、国土管理を統括する藩国機関に緊急連絡を行う。
 
 部品: 異常時の緊急遮断
 龍脈異常の影響範囲が広範囲に及ぶと類推される場合は龍脈全体への影響を鑑みて、要となる施設の御神体を一時遷宮することで緊急的に龍脈の接続を遮断する。
 
 部品: 龍脈の物理的な異常
 龍脈の物理的な異常については龍脈の流れを途絶させる形で建物を建築する、勝手に水路を引き龍脈の流れを変える、尾根を崩すなど龍脈の流れに影響が起こる行為を指す。
 
 
 部品: 龍脈の霊的な異常
 龍脈について魔術・魔法的な仕掛けを施し、龍脈事態に異常な流れを発生させられるような仕掛けを施された要な場合を指す。
 
 
 部品: 流れの調整
 龍脈が寸断された場合は復旧工事を行う場合と、別の流れを調整し元の流れに近い形に復旧させる方法がある。
 これは低物理では理力建築、高物理では土木工事で行われる。
 
 部品: 霊峰暁山とは
 暁の円卓藩国の地を見下ろす藩国最大の活火山である。藩国南西部に位置し、裾野には火山活動により作られた平野があり、そこに藩国の首都が存在している。
 ここでいう暁山は暁山山系の最大の山のことを指す。ここが暁の円卓藩国における龍脈の起点である。
 
 
 部品: 暁山の龍脈の流れ
 暁山からの龍脈の流れは尾根伝いに龍脈の大社のある君影の地に伝わり、サウス街道沿いに明刻社方面に細かく折り曲がり伝わっていくものを主流とし、龍脈の大社から東へ流れていく支流の2つが大きく知られている。
 
 
 
 部品: 龍脈の大社
 暁の円卓藩国、暁山山中に走るサウス街道に設置されているレイラインネットワークの基幹となる大社。龍脈そのものの概念を祀った大社である。
 君影町の魔力精製工房群が暁山から流れる龍脈を神に見立てて、工房の安全と安定した魔力の供給を祈願して作られた社を基礎としている。
 
 
 部品: 龍脈関連施設としての明刻社
 龍脈に対する信仰ではなく、暁山そのものに対する信仰の中心が明刻社である。明刻社の位置はレイラインで藩国の首都を結ぶ形をしており、その霊的なご利益を受けられるようになっている。
 このレイラインの延長上には翠王神社および港近くの龍脈神社の分社が設置されており、外向きのラインが引かれている。
 
 部品: 龍脈信仰
 龍脈は暁山そのものの力であると信じられることから、龍脈に対する信仰が行われている。
 その発露の一環として龍脈神社で行われる祭りであり、ゆるキャラたとしての龍脈ちゃんであったりする。
 
 
 部品: 龍脈神社大祭
 一年に一度秋に行われるその年の恵みを頂けたことを感謝する大きなお祭りの一つである。
 明刻神宮の祭りとはまた少し趣が異なり、収穫祭的な意味合いが多く含まれる。
 
 
 
 部品: 魔力精製工房群からの魔力精製物奉納
 暁の円卓藩国においての魔力精製は魔力精製工房群により行われている。ここで作られた魔力精製物の中でもその年の最初に作られた精製物は龍脈の大社に奉納される事となっている。
 
 
 部品: 奉納された魔力精製物の各神社への分配
 奉納された魔力精製物は暁の円卓藩国各地にある神社へ分配され各地に祀られる神々へ奉納されることになる。
 これにより、暁の円卓藩国の霊的防御を強化している。
 
 部品: 暁の円卓藩国神霊庁との連携
 暁の円卓藩国にある明刻神宮を頂点とした神社等の宗教関連施設を統括する藩国組織であり、龍脈管理事務所分室と連携し龍脈の維持管理を行っている。
 
 
 部品: 東郷龍脈神社
 龍脈神社の藩国内分社の一つ。この分社もレイラインの延長上にあり中継地点の一つとして機能している。
 藩国内の龍脈神社分社は翠王湖を跨いで5つあり、それぞれの分社を繋ぐレイラインそのものが霊的防御機能を有する形を見立てる事ができる物となっている。
 
 

インポート用定義データ

 [
   {
     "title": "レイライン・ネットワーク(帝國魔力輸送網)",
     "part_type": "group",
     "children": [
       {
         "title": "レイライン・ネットワークの概要",
         "part_type": "group",
         "children": [
           {
             "title": "検討の経緯",
             "description": "元々東洋の魔術理論である風水の理論を応用し、帝國各国の龍脈をつなげることで各国で必要とされる魔力を供給することができないかということで検討された。\n",
             "part_type": "part",
             "localID": 2
           },
           {
             "title": "魔力輸送効率の向上",
             "description": "レイラインネットワークを経由して現地で魔力精製物を作り出す方法を取ることで、魔力精製物を直接輸送することにより供給する手段よりも遥かに効率が良いものとなった。",
             "part_type": "part",
             "localID": 3
           },
           {
             "title": "魔力需要の増大",
             "description": "帝國各国においては高物理国、低物理国と様々な国がある。\n魔力は主に低物理国で需要が多かったが、高物理国においても個人ACEやPLACE、個人所有の魔力を必要とするアイテムなど、個人個別単位においては需要が発生していた。\n",
             "part_type": "part",
             "localID": 4
           },
           {
             "title": "龍脈接続による魔力調整",
             "description": "龍脈を接続する輸送以外のメリットとしては接続した龍脈全体で魔力を利用することができるため、それぞれの場所における魔力抽出に対しても多少偏りがあったとしても魔力平衡が保たれ調整することができることが挙げられる。",
             "part_type": "part",
             "localID": 5
           },
           {
             "title": "レイライン・ネットワーク理論",
             "description": "",
             "part_type": "group",
             "children": [
               {
                 "title": "レイライン・ネットワーク理論とは",
                 "description": "【レイライン】で誘導された複数の【龍脈】同士を【神々を祀る施設】を通じて繋ぶことで、\n【龍脈】の持つ霊力(魔力)を接続された【神々を祀る施設】が所在する遠隔地の持つ【龍脈】に接続することで、接続した龍脈間の魔力の共有状態を作り出す理論である。\n",
                 "part_type": "part",
                 "localID": 7,
                 "expanded": true
               },
               {
                 "title": "レイラインとは",
                 "description": "元々は遺跡群が直線状に並ぶことに着目した魔術理論のことである。【龍脈】そのものは曲がりくねるほど強くなるといわれているが、\nその噴出し口である【龍穴】の位置関係に直線(レイライン)を見立てることで、霊力(魔力)を意図する方向へ向かわせることができる。\n\n",
                 "part_type": "part",
                 "localID": 8,
                 "expanded": true
               },
               {
                 "title": "龍脈とは",
                 "description": "【龍脈】とは大地を流れる霊的な力の流れのことを指し、通常高い山を基点として尾根を走り、大地に流れていくものである。\nこれは霊力や魔力の流れと同一視され、この流れがある場所に魔力は集積されたり、魔力を好む植生が発生したりすることが多い。\n【龍脈】を誘導するための魔術理論として【風水】がある。",
                 "part_type": "part",
                 "localID": 9,
                 "expanded": true
               },
               {
                 "title": "風水とは",
                 "description": "「気は風に乗せれば即ち散り、水に界せられば即ち止る。\n 古人これを聚めて散らせしめず、これを行かせて止るをあらしむ。\n 故にこれを風水と謂う。」\nという葬書の言葉に由来している。\n気(力)は風に晒される地においては拡散し、水に面する地においては溜まる傾向にある。\nこれを整えることで、力を拡散させずに集め、水に溜まらないように流すこともできるという魔術的な土木建築理論である。\n",
                 "part_type": "part",
                 "localID": 10
               },
               {
                 "title": "風水を利用した龍脈の誘導",
                 "description": "風水の理論を利用し龍脈の流れる先をコントロールすることで、各国の龍脈を接続することを試みる。\n風の吹き抜ける場所では拡散し、水源では留める事ができることを利用するのが基本となる。\nこれは予想外の場所に霊的な力が溜まりそこで障害が発生することを防ぐ意味もある。\n",
                 "part_type": "part",
                 "localID": 11,
                 "expanded": true
               }
             ],
             "localID": 6,
             "expanded": true
           },
           {
             "title": "神々との関係",
             "part_type": "group",
             "children": [
               {
                 "title": "神々を祀る施設",
                 "description": "レイラインネットワークの要である施設にはそれぞれの国の性質に合わせた神々が祀られる。\nその施設には龍脈そのものを祀る社を分祀し、その本社との繋がりを持って境界を超えてレイラインを繋ぐ見立てを行っている。",
                 "part_type": "part",
                 "localID": 13
               },
               {
                 "title": "精製魔力の一部を奉納する",
                 "description": "神々を祀る施設にはレイラインの要や加護による霊的防御としての役割を担って頂く代わりに、精製魔力の一部を奉納することが取り決められている。\nこれは魔力を込めた装飾品を奉納することでも、魔力を蓄積する植物を使った料理を神饌として供えるでもよい。",
                 "part_type": "part",
                 "localID": 14
               },
               {
                 "title": "魔力を使用しない国での魔力奉納",
                 "description": "魔力をしない国においては魔力精製物が発生しないため奉納することができないが、\nその国においては龍穴周辺で行う儀式等により奉納を行うことになる。\n",
                 "part_type": "part",
                 "localID": 15
               },
               {
                 "title": "祀られた神々の加護による霊的防御",
                 "description": "レイラインネットワークで供給される魔力を要となる神社や神殿などの神々に奉納することで、加護を頂き設置された宗教施設のある藩国の霊的防御を高める。\n\n",
                 "part_type": "part",
                 "localID": 16
               }
             ],
             "localID": 12,
             "expanded": true
           }
         ],
         "localID": 1,
         "expanded": true
       },
       {
         "title": "管理組織",
         "part_type": "group",
         "children": [
           {
             "title": "尚書省管轄下組織による管理",
             "description": "レイライン・ネットワークは【尚書省】の管轄下にある管理組織【霊脈管理事務所】によって管理されている。\nこれは即ち一国に依らない管理体制の構築を意味している。",
             "part_type": "part",
             "localID": 18,
             "expanded": true
           },
           {
             "title": "龍脈管理事務所",
             "description": "龍脈管理事務所の本部は尚書省内にあり、その分室は各国に設置されている。ここで各国の龍脈の状況を集め、集約して維持管理に当たる。",
             "part_type": "part",
             "localID": 19,
             "expanded": true
           },
           {
             "title": "吏族による事務管理",
             "description": "霊脈管理事務所においても管理事務として様々な事務作業が発生する。\nこれらの業務は霊脈そのものに関する知識はそれほど多く必要ないため吏族によりその業務が遂行される。",
             "part_type": "part",
             "localID": 20,
             "expanded": true
           },
           {
             "title": "龍脈事務所分室における龍脈監視業務",
             "description": "各国に配置された分室ではその国に合わせた龍脈図が作成されており、その流れがに問題がないかどうかの監視を行う。\n",
             "part_type": "part",
             "localID": 21,
             "expanded": true
           }
         ],
         "localID": 17,
         "expanded": true
       },
       {
         "title": "レイライン・ネットワークの保安管理",
         "part_type": "group",
         "children": [
           {
             "title": "龍脈管理の日常体制",
             "description": "",
             "part_type": "group",
             "children": [
               {
                 "title": "龍脈事務所本部の日常業務",
                 "description": "",
                 "part_type": "group",
                 "children": [
                   {
                     "title": "龍脈連携図による現状把握",
                     "description": "龍脈の図を各国の龍脈の形と相似形にすることで、見立てにより魔術的な繋がりを作ることで各国の龍脈の現在の状況を把握することできる。\nこれは龍脈事務所本部に置かれており龍脈の異常の感知に用いられる。",
                     "part_type": "part",
                     "localID": 25,
                     "expanded": true
                   },
                   {
                     "title": "各国龍脈管理事務所分室からの報告業務",
                     "description": "各国に配置されている龍脈管理事務所分室からの報告事項を検討し、各国では対応できない事例については\n本部にて対応処理する業務となる。",
                     "part_type": "part",
                     "localID": 26
                   },
                   {
                     "title": "龍脈関連の研究",
                     "description": "龍脈に関連する風水理論や全体の魔力を調整する理論研究はもともと魔力利用の盛んな国との共同で進められている。\n",
                     "part_type": "part",
                     "localID": 27
                   },
                   {
                     "title": "龍脈関連における政治的調整",
                     "description": "龍脈管理事務所本部としては龍脈関連で発生する藩国間、組織感の政治的な調整も業務の一環となる。\nこれらは魔力の抽出量調整や龍脈の流れの調整などの点で多く行われる。",
                     "part_type": "part",
                     "localID": 28
                   }
                 ],
                 "localID": 24,
                 "expanded": true
               },
               {
                 "title": "分室の日常業務",
                 "description": "",
                 "part_type": "group",
                 "children": [
                   {
                     "title": "各国龍脈図更新のための地形情報収集",
                     "description": "各藩国の国土管理を司る藩国組織との連携を行い、その国における龍脈図の更新を行う。\nこの情報は国家機密に該当する場合があり、これらの取扱は厳重に注意が払われる。",
                     "part_type": "part",
                     "localID": 30
                   },
                   {
                     "title": "各国担当部門との連絡体制",
                     "description": "緊急時の連絡のみならず、日常においても各国の宗教関連の担当部門組織、国土管理の担当部門組織、治安維持の担当部門組織とは連絡体制を敷いている。\n",
                     "part_type": "part",
                     "localID": 31
                   },
                   {
                     "title": "宗教関連担当部門との連携",
                     "description": "各国の宗教関連部門との連携としては龍脈の活性化にも繋がる祭祀関連行事の調整や、魔力使用量統計等の管理業務などで行っている。\n特に事務管理が必要な場合は派遣なども行う。",
                     "part_type": "part",
                     "localID": 32
                   },
                   {
                     "title": "国土管理部門との連携",
                     "description": "国土管理部門との連携については風水的に龍脈の寸断が発生しないように龍脈図と開発計画の突合が主な業務連携の一つとなる。\nまた、新規街道計画などによる龍脈影響の見積もりなども行う。",
                     "part_type": "part",
                     "localID": 33
                   },
                   {
                     "title": "治安維持部門との連携",
                     "description": "治安維持部門との連携は主に龍脈を途絶したり負荷をかけるなどの管理上のリスクになりうる行為を阻止するための治安維持活動の要請を行う場合の連携や\n事務所の見回り業務との連携を中心とした業務連携である。",
                     "part_type": "part",
                     "localID": 34
                   },
                   {
                     "title": "魔力抽出量の記録",
                     "description": "各国における魔力抽出量の集計は龍脈管理事務所分室で行われるこれは龍脈の変化を記録することで行い、その記録は本部へ届けられる。",
                     "part_type": "part",
                     "localID": 35
                   }
                 ],
                 "localID": 29,
                 "expanded": true
               }
             ],
             "localID": 23,
             "expanded": true
           },
           {
             "title": "龍脈異常への対応",
             "description": "",
             "part_type": "group",
             "children": [
               {
                 "title": "異常時の緊急連絡",
                 "description": "日常における龍脈監視業務において龍脈に異常が発見された場合、龍脈管理事務所本部及び\nそれぞれの国の宗教関連を統括する藩国機関及び、国土管理を統括する藩国機関に緊急連絡を行う。",
                 "part_type": "part",
                 "localID": 37
               },
               {
                 "title": "異常時の緊急遮断",
                 "description": "龍脈異常の影響範囲が広範囲に及ぶと類推される場合は龍脈全体への影響を鑑みて、要となる施設の御神体を一時遷宮することで緊急的に龍脈の接続を遮断する。",
                 "part_type": "part",
                 "localID": 38
               },
               {
                 "title": "龍脈の物理的な異常",
                 "description": "龍脈の物理的な異常については龍脈の流れを途絶させる形で建物を建築する、勝手に水路を引き龍脈の流れを変える、尾根を崩すなど龍脈の流れに影響が起こる行為を指す。\n",
                 "part_type": "part",
                 "localID": 39
               },
               {
                 "title": "龍脈の霊的な異常",
                 "description": "龍脈について魔術・魔法的な仕掛けを施し、龍脈事態に異常な流れを発生させられるような仕掛けを施された要な場合を指す。\n",
                 "part_type": "part",
                 "localID": 40
               },
               {
                 "title": "流れの調整",
                 "description": "龍脈が寸断された場合は復旧工事を行う場合と、別の流れを調整し元の流れに近い形に復旧させる方法がある。\nこれは低物理では理力建築、高物理では土木工事で行われる。",
                 "part_type": "part",
                 "localID": 41
               }
             ],
             "localID": 36,
             "expanded": true
           }
         ],
         "localID": 22,
         "expanded": true
       },
       {
         "title": "各藩国の龍脈と基点施設",
         "description": "",
         "part_type": "group",
         "children": [
           {
             "title": "暁の円卓藩国の龍脈と基点施設",
             "description": "",
             "part_type": "group",
             "children": [
               {
                 "title": "霊峰暁山とは",
                 "description": "暁の円卓藩国の地を見下ろす藩国最大の活火山である。藩国南西部に位置し、裾野には火山活動により作られた平野があり、そこに藩国の首都が存在している。\nここでいう暁山は暁山山系の最大の山のことを指す。ここが暁の円卓藩国における龍脈の起点である。\n",
                 "part_type": "part",
                 "localID": 44
               },
               {
                 "title": "暁山の龍脈の流れ",
                 "description": "暁山からの龍脈の流れは尾根伝いに龍脈の大社のある君影の地に伝わり、サウス街道沿いに明刻社方面に細かく折り曲がり伝わっていくものを主流とし、龍脈の大社から東へ流れていく支流の2つが大きく知られている。\n\n",
                 "part_type": "part",
                 "localID": 45
               },
               {
                 "title": "龍脈の大社",
                 "description": "暁の円卓藩国、暁山山中に走るサウス街道に設置されているレイラインネットワークの基幹となる大社。龍脈そのものの概念を祀った大社である。\n君影町の魔力精製工房群が暁山から流れる龍脈を神に見立てて、工房の安全と安定した魔力の供給を祈願して作られた社を基礎としている。\n",
                 "part_type": "part",
                 "localID": 46
               },
               {
                 "title": "龍脈関連施設としての明刻社",
                 "description": "龍脈に対する信仰ではなく、暁山そのものに対する信仰の中心が明刻社である。明刻社の位置はレイラインで藩国の首都を結ぶ形をしており、その霊的なご利益を受けられるようになっている。\nこのレイラインの延長上には翠王神社および港近くの龍脈神社の分社が設置されており、外向きのラインが引かれている。",
                 "part_type": "part",
                 "localID": 47
               },
               {
                 "title": "龍脈信仰",
                 "description": "龍脈は暁山そのものの力であると信じられることから、龍脈に対する信仰が行われている。\nその発露の一環として龍脈神社で行われる祭りであり、ゆるキャラたとしての龍脈ちゃんであったりする。\n",
                 "part_type": "part",
                 "localID": 48
               },
               {
                 "title": "龍脈神社大祭",
                 "description": "一年に一度秋に行われるその年の恵みを頂けたことを感謝する大きなお祭りの一つである。\n明刻神宮の祭りとはまた少し趣が異なり、収穫祭的な意味合いが多く含まれる。\n\n",
                 "part_type": "part",
                 "localID": 49
               },
               {
                 "title": "魔力精製工房群からの魔力精製物奉納",
                 "description": "暁の円卓藩国においての魔力精製は魔力精製工房群により行われている。ここで作られた魔力精製物の中でもその年の最初に作られた精製物は龍脈の大社に奉納される事となっている。\n",
                 "part_type": "part",
                 "localID": 50
               },
               {
                 "title": "奉納された魔力精製物の各神社への分配",
                 "description": "奉納された魔力精製物は暁の円卓藩国各地にある神社へ分配され各地に祀られる神々へ奉納されることになる。\nこれにより、暁の円卓藩国の霊的防御を強化している。",
                 "part_type": "part",
                 "localID": 51
               },
               {
                 "title": "暁の円卓藩国神霊庁との連携",
                 "description": "暁の円卓藩国にある明刻神宮を頂点とした神社等の宗教関連施設を統括する藩国組織であり、龍脈管理事務所分室と連携し龍脈の維持管理を行っている。\n",
                 "part_type": "part",
                 "localID": 52
               },
               {
                 "title": "東郷龍脈神社",
                 "description": "龍脈神社の藩国内分社の一つ。この分社もレイラインの延長上にあり中継地点の一つとして機能している。\n藩国内の龍脈神社分社は翠王湖を跨いで5つあり、それぞれの分社を繋ぐレイラインそのものが霊的防御機能を有する形を見立てる事ができる物となっている。",
                 "part_type": "part",
                 "localID": 53
               }
             ],
             "localID": 43,
             "expanded": true
           }
         ],
         "localID": 42,
         "expanded": true
       }
     ],
     "expanded": true,
     "localID": 0,
     "description": ""
   }
 ]