Top / ばん馬
HTML convert time: 0.022 sec.

ばん馬

Last-modified: 2017-08-20 (日) 04:06:37

データ作成:はづきてる
チェック:暁の円卓

部品構造

  • 大部品: ばん馬 RD:10 評価値:5
    • 部品: ばん馬の特徴
    • 大部品: 馬の特徴 RD:5 評価値:3
      • 部品: 体が大きい
      • 部品: 足が速い
      • 部品: 馬力
      • 部品: 広い視野
      • 部品: 集団行動
    • 大部品: ばん馬用装備 RD:2 評価値:1
      • 部品: 耐久性の高い蹄鉄
      • 部品: 付け具
    • 大部品: ばん馬用訓練 RD:2 評価値:1
      • 部品: 人に慣れさせる
      • 部品: 耐重荷訓練

部品定義

部品: ばん馬の特徴

背中に乗せるのでなく、重いものを引きずるために育てられた馬。引きずるものによって、馬車馬、農耕馬など、呼び名が変わる。

部品: 体が大きい

乗れば群衆から頭一つ抜き出し、周りを見渡すことができる。また、走り向かう姿にも迫力が生まれ、慣れないものを震え上がらせる。

部品: 足が速い

肉食動物から逃げるために脚力が発達しており、特に早い種の馬では、人はおろか、より速く走れる動物は多くない。

部品: 馬力

仕事率の単位となるほどに象徴的であったその力は、瞬間的には原動機付自転車を越えるほどに出る。重いものを引くことも、上に乗せて運ぶことも出来る。

部品: 広い視野

目が離れて付いていることで、視野を広く保つことができる。天敵や目標物への方向を探すのに適しているが、その分立体視はできない。

部品: 集団行動

馬は群棲動物であり、集団生活を行うことが基本であり、その為集団で息を合わせて行動するのが得意で、より落ち着きやすい。

部品: 耐久性の高い蹄鉄

負担になりにくいように、多少重いものの耐久性の高い蹄鉄を使用する。蹄鉄自体の交換は少なく済み、外すのは大抵の場合蹄のケアのためとなる。

部品: 付け具

馬ぞりや荷馬車など、馬が引くものを取り付けるために、馬の体に通す。馬の負担になりにくいよう、馬との接触部分は広くなっている。

部品: 人に慣れさせる

仔馬の頃から、母牛以外にも人の手を受けつつ育てられることで、人に対する恐怖心が薄く、また従順となりやすい。

部品: 耐重荷訓練

専用の機器を取り付けて重いものを引く訓練をする。速さは求めず、蛇行したり、急に止まったりすることのないよう、一定のスピードで歩くことを心掛けさせる。

提出書式

 大部品: ばん馬 RD:10 評価値:5
 -部品: ばん馬の特徴
 -大部品: 馬の特徴 RD:5 評価値:3
 --部品: 体が大きい
 --部品: 足が速い
 --部品: 馬力
 --部品: 広い視野
 --部品: 集団行動
 -大部品: ばん馬用装備 RD:2 評価値:1
 --部品: 耐久性の高い蹄鉄
 --部品: 付け具
 -大部品: ばん馬用訓練 RD:2 評価値:1
 --部品: 人に慣れさせる
 --部品: 耐重荷訓練
 
 
 部品: ばん馬の特徴
 背中に乗せるのでなく、重いものを引きずるために育てられた馬。引きずるものによって、馬車馬、農耕馬など、呼び名が変わる。
 
 
 部品: 体が大きい
 乗れば群衆から頭一つ抜き出し、周りを見渡すことができる。また、走り向かう姿にも迫力が生まれ、慣れないものを震え上がらせる。
 
 部品: 足が速い
 肉食動物から逃げるために脚力が発達しており、特に早い種の馬では、人はおろか、より速く走れる動物は多くない。
 
 部品: 馬力
 仕事率の単位となるほどに象徴的であったその力は、瞬間的には原動機付自転車を越えるほどに出る。重いものを引くことも、上に乗せて運ぶことも出来る。
 
 部品: 広い視野
 目が離れて付いていることで、視野を広く保つことができる。天敵や目標物への方向を探すのに適しているが、その分立体視はできない。
 
 部品: 集団行動
 馬は群棲動物であり、集団生活を行うことが基本であり、その為集団で息を合わせて行動するのが得意で、より落ち着きやすい。
 
 部品: 耐久性の高い蹄鉄
 負担になりにくいように、多少重いものの耐久性の高い蹄鉄を使用する。蹄鉄自体の交換は少なく済み、外すのは大抵の場合蹄のケアのためとなる。
 
 
 部品: 付け具
 馬ぞりや荷馬車など、馬が引くものを取り付けるために、馬の体に通す。馬の負担になりにくいよう、馬との接触部分は広くなっている。
 
 
 部品: 人に慣れさせる
 仔馬の頃から、母牛以外にも人の手を受けつつ育てられることで、人に対する恐怖心が薄く、また従順となりやすい。
 
 
 部品: 耐重荷訓練
 専用の機器を取り付けて重いものを引く訓練をする。速さは求めず、蛇行したり、急に止まったりすることのないよう、一定のスピードで歩くことを心掛けさせる。
 
 
 

インポート用定義データ

 [
   {
     "title": "ばん馬",
     "children": [
       {
         "title": "ばん馬の特徴",
         "description": "背中に乗せるのでなく、重いものを引きずるために育てられた馬。引きずるものによって、馬車馬、農耕馬など、呼び名が変わる。\n",
         "part_type": "part"
       },
       {
         "title": "馬の特徴",
         "children": [
           {
             "title": "体が大きい",
             "description": "乗れば群衆から頭一つ抜き出し、周りを見渡すことができる。また、走り向かう姿にも迫力が生まれ、慣れないものを震え上がらせる。",
             "expanded": true,
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "足が速い",
             "description": "肉食動物から逃げるために脚力が発達しており、特に早い種の馬では、人はおろか、より速く走れる動物は多くない。",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "馬力",
             "description": "仕事率の単位となるほどに象徴的であったその力は、瞬間的には原動機付自転車を越えるほどに出る。重いものを引くことも、上に乗せて運ぶことも出来る。",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "広い視野",
             "description": "目が離れて付いていることで、視野を広く保つことができる。天敵や目標物への方向を探すのに適しているが、その分立体視はできない。",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "集団行動",
             "description": "馬は群棲動物であり、集団生活を行うことが基本であり、その為集団で息を合わせて行動するのが得意で、より落ち着きやすい。",
             "part_type": "part"
           }
         ],
         "expanded": true,
         "part_type": "group"
       },
       {
         "title": "ばん馬用装備",
         "children": [
           {
             "title": "耐久性の高い蹄鉄",
             "description": "負担になりにくいように、多少重いものの耐久性の高い蹄鉄を使用する。蹄鉄自体の交換は少なく済み、外すのは大抵の場合蹄のケアのためとなる。\n",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "付け具",
             "description": "馬ぞりや荷馬車など、馬が引くものを取り付けるために、馬の体に通す。馬の負担になりにくいよう、馬との接触部分は広くなっている。\n",
             "part_type": "part"
           }
         ],
         "expanded": true,
         "part_type": "group"
       },
       {
         "title": "ばん馬用訓練",
         "children": [
           {
             "title": "人に慣れさせる",
             "description": "仔馬の頃から、母牛以外にも人の手を受けつつ育てられることで、人に対する恐怖心が薄く、また従順となりやすい。\n",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "耐重荷訓練",
             "description": "専用の機器を取り付けて重いものを引く訓練をする。速さは求めず、蛇行したり、急に止まったりすることのないよう、一定のスピードで歩くことを心掛けさせる。\n",
             "part_type": "part"
           }
         ],
         "expanded": true,
         "part_type": "group"
       }
     ],
     "expanded": true,
     "part_type": "group"
   }
 ]